猫 フロント ライン。 犬猫 のレボリューションとフロントラインは併用できる?

【楽天市場】猫用 フロントラインプラス

猫 フロント ライン

出典:• 室内飼いの猫向き• ピペットを首筋に滴下するだけの簡単投与• 滴下後24時間以内にほぼ100%のノミを駆除• 滴下後48時間以内にほぼ100%のマダニを駆除• 妊娠、授乳期の母猫にも投与可能• 生後12週齢からの子猫に投与可能• 投与前後2日はシャンプー不可(獣医師に相談)• 投与後1ヶ月間効果が持続する フロントライン スポットオンは、 ピペットに入った薬剤を猫の首筋に滴下するだけで、有効成分であるフィプロニルが、皮膚表面の皮脂の層に広がり、ノミやマダニを駆除する事ができる駆除薬です。 猫の肩甲骨辺りの毛をかき分け、皮膚の上に垂らすだけなのでお家でも簡単に投与する事ができます。 滴下後、24時間以内に寄生するノミ、48時間以内に寄生するマダニをほぼ100%駆除できるとされており、効果は1ヶ月持続します。 妊娠中、授乳中の母猫や、生後12週齢からの子猫にも使用できます。 フロントラインは、シャンプーによる影響は少ないとされていますが、念のため滴下前後2日間は、シャンプーをしないようにとの記載がありますので注意しましょう。 野良猫を保護した場合等で、なるべく早くシャンプーしてあげたい場合は、獣医師に相談して下さい。 出典:• 野良猫、外飼いの猫向き• 猫の体表に噴霧するスプレータイプ• 滴下後24時間以内にほぼ100%のノミを駆除• 滴下後48時間以内にほぼ100%のマダニを駆除• 妊娠、授乳期の母猫にも投与可能• 生後2日齢からの子猫に投与可能• 投与前後2日はシャンプー不可(獣医師に相談)• 投与後1ヶ月間効果が持続する スプレータイプのフロントラインです。 使用方法は、猫の毛の根元に向けて噴霧するだけなので、そう難しくはありません。 有効成分に関しても、上記のフロントライン スポットオンと同じですが、即効性と持続性に長けているとされています。 ただ、フロントラインスプレーの使用方法として屋外で使用する事と記載されているので、完全室内飼いの猫ちゃんの場合には不向きかもしれません。 また、フロントラインスプレーを噴霧後、自然に乾燥するまで 火気に近づけてはいけない事や、全身(首・脚・しっぽ・お腹等)にフロントラインスプレーを振りかけなければいけないので、嫌がる猫ちゃんも多いでしょう。 完全室内飼いの場合は、スポットオンタイプを選び、野良猫や、自由に出入りしている猫ちゃんに、大量のノミが寄生してしまった場合等にスプレータイプを使用するといいかもしれません。 また、フロントラインスプレーは 生後2日齢の猫にも使用できるとされています。 生まれたばかりの子猫を保護した際は、フロントラインスプレーを使用しましょう。 ただ、念のため獣医師に相談して下さい。 出典:• ピペットを首筋に滴下するだけの簡単投与• 滴下後24時間以内にほぼ100%のノミを駆除• 滴下後48時間以内にほぼ100%のマダニを駆除• ハジラミの駆除• ノミの卵の孵化、幼虫を駆除• 妊娠、授乳期の母猫にも投与可能• 生後8週齢からの子猫に投与可能• 投与前後48時間後にシャンプー可能• 投与前は皮膚が乾いていれば投与可能• 投与後1ヶ月以上効果が持続する フロントライン スポットオン(以下、フロントライン)と同じ、ピペットに入った薬剤を猫の 首筋に垂らすだけで簡単に滴下する事ができます。 フロントラインとの違いは、その効果です。 フロントラインプラスには、フロントラインに含まれる有効成分フィプロニルに加え、有効成分(S)-メトプレンが追加されています。 この有効成分(S)-メトプレンは、ノミやマダニの成虫を駆除する事はもちろん、 ハジラミの駆除、ノミの卵の孵化や幼虫の発育を阻止し、その効果は1ヶ月以上持続します。 また、妊娠中や授乳中の母猫、生後8週齢からの子猫にも安心して使用する事ができ、シャンプーに関しては投与後 48時間、投与前は毛や皮膚が乾いていればすぐにでも滴下する事が可能とされています。 つまり、フロントラインプラスは、フロントラインの効果に卵や幼虫、ハジラミへの効果を追加したノミマダニ駆除薬という事になります。 フロントラインと、フロントラインプラスに関しては、やはり卵や幼虫も駆除できるという点から、フロントラインプラスを選ぶと安心かもしれません。 フロントラインスプレーは、ノミが大量寄生してしまった場合等に使用するのがいいですね。 愛猫の状態に合わせて、使用するフロントライン選びましょう! スポットオンタイプ• 薬剤を舐めてしまう可能性• 投薬した箇所の脱毛する場合がある 毎月のように愛猫を動物病院へ連れて行くのは、とても大変ですよね。 動物病院へノミダニ駆除薬だけを購入しに行き、自宅で投与する方が多いのではないでしょうか。 この時、心配なのが滴下した薬剤を猫が舐めてしまう事ですよね。 フロントラインシリーズに含まれる有効成分フィプロニルは、猫や犬、人間などの脊椎動物には安全性の高い薬剤である事から、少し舐めてしまった程度であれば 問題ないとされています。 ただ、猫が滴下した薬剤を舐めてしまった場合、よだれを垂らす事があるようです。 また、猫の体質によって滴下した部分の 毛が抜けたり、嘔吐下痢などの症状が出たりする場合もあるようですので、念の為しっかりと様子を見ましょう。 特に、多頭飼いの場合は、お互いをグルーミングする事で多量に薬剤を舐めてしまう可能性があります。 フロントラインシリーズを滴下した後は、薬剤が乾くまで目を離さず見守りましょう。 スプレータイプ• 舐めないようにする• 目や傷口に入らないようにする スプレータイプのフロントラインも、上記のスポットタイプと成分は同じです。 ただ、スプレーの基材成分の刺激によって、よだれが垂れる等の症状が多いようです。 猫は体が濡れるとグルーミングする習性がある為、薬剤が完全に乾くまで体を舐めさせないのは難しいですよね。 フロントラインスプレーを使用した後は、スポットタイプと同様に完全に乾くまでしっかりと様子を見守り、できれば体を舐めさせないよう エリザベスカラー等を使用してもいいですね。 また、フロントラインスプレーを使用する際は、猫の 目や傷口に薬剤が入らないよう十分に注意して下さい。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

猫向けノミダニ駆除製品「フロントライン®」の効果と副作用

猫 フロント ライン

こんにちは。 こみひです。 こみひ家の3猫は、ノミダニ予防に、獣医師推奨のレボリューションを使ってきました。 家計の見直しにより、1猫はレボリューション、完全室内飼いの2猫はフロントラインプラスに変えることにしました。 比較 ノミダニ駆除薬の比較です。 レボリューション その名の通り、革命的だったようです。 それまでは、内容ごとに薬が必要でしたが、レボリューションはこれ1つでいろいろな予防、駆除に対応してくれます。 メリット• ノミ、ダニの駆除、予防• フィラリア(蚊から感染する病気)予防• 猫回虫駆除• 対応している内容が最も多い デメリット• 値段が高い• 動物病院での購入( 大手ショッピングサイトで販売されていない) 包装• 体重2. 5kg未満:0. 25mlピペット• 体重2. 5kg以上7. 5kg未満:0. レボリューションとの違い• レボリューションプラスは、マダニも駆除 包装• 体重2. 5kg未満:0. 25mlピペット• 体重2. 5kg以上 5. 0kg未満:0. 5mlピペット• 体重5. 0kg以上10. 0kg未満:1. 0mlピペット 薬の量が、レボリューションと異なっています。 体重2. 5kg以上5. 0kg未満の猫には、薬の量が少なくて済みます。 ただ、利用者から 「レボリューションよりくさい」という意見があるそうです。 フロントラインプラス メリット• ノミ、 マダニ、ハジラミの駆除、ノミの予防• レボリューションより安い、大手ショッピングサイトで販売 デメリット• 回虫やフィラリアには対応していない ジェネリック 動物の薬にも、ジェネリックがあることを初めて知りました。 こみひ家 虎太郎、みかん、柊の3猫います。 柊は、自由に外へ出られるようにしています。 虎太郎とみかんは、保護団体を介してだったので、里親の条件だった完全室内飼いです。 外に出る柊には、フィラリア予防もしておきたいので、レボリューションを。 室内飼いの虎太郎とみかんは、フロントラインプラスに変えることにしました。 これで様子を見て、ジェネリックも検討したいと思います。 レボリューションは病院から、フロントラインプラスは、6個入りを安いネットから購入することにしました。 柊はレボリューションをチュッと。 虎太郎とみかんは、いつもと薬が違うことに気づいている感じ。 特に体調にも変化はなかったので、大丈夫そうです。 薬は、夫にお願いしています。 レボリューションとフロントラインプラスを使ってみて、違いを聞いてみました。 フロントラインプラスの方が水っぽいな。 レボリューションの方が少しトロミがあって、毛が濡れる範囲が小さいです。 フロントラインプラスは、レボリューションより広範囲に濡れていました。 獣医師からは、 レボリューションを投与したら、30分間は投与したところをなめないように注意してください。 と言われているので、フロントラインプラスも運用は同じでやっていきます。 ちなみに。 虎太郎とみかんは、30分間監視をしていますが、柊は投与後、外に出かけてしまうことが多く、ちゃんと監視出来ていません。 そのことを獣医師に伝えたら、 なめていたら、あきらかに体調が悪くなっています。 今まで特に調子悪くなっていたことはなく、大丈夫そうでホッとしました。

次の

疥癬|フロントラインcom

猫 フロント ライン

ナメてしまうと とんでもないことに 刺激が強いので猫の舌が強烈にシビレ ヨダレや嘔吐などで ニャンコはパニック状態になります ビックリして飛び跳ねて 家中を走り回ったりもするので ケガの注意も必要です 滴下するタイミングも考えて もしも猫が舐めてしまったら・・・ という事態を考慮すると 食後すぐは避けた方がいいと思います 我が家ではこんなやり方 うちの猫は全員嫌がるので 安全に滴下するために以下のようにしています• 猫を洗濯用ネット 大きいサイズ に入れファスナーを閉じる 頭から入れてあげましょう• 猫サイズのカゴに入れる 動き回らない対策• ネットのファスナーを滴下する箇所に合わせ少し開く この時ネットの角に頭がキッチリおさまっているとよい• 滴下する箇所の毛をかきわけて皮膚が見える状態でスポット開始• 一気に液体を出すと周辺にたれるので少しずつゆっくりと! 少し垂らしたら少し乾くのを待って・・・を繰り返す• 全部スポットしたらファスナーを閉じてしばらく抱っこして落ち着かせる• そしてキャリーケースに少しの間入ってもらう 30分程度• ネットから出しサークルに入れて隔離• しばらく様子をみてあげましょう• 体についた液体を舐めそうになったら 名前を呼んで舐めないように気をそらしてあげる• できれば1日 最低でも半日は他の猫と接触させないようにする デリケートなニャンコのために 刺激の強い液体なので 目もシバシバするようです 服を嫌がらないようなら 数時間だけでも ちょっと覆ってあげるといいかもしれません 綿素材のは吸収してしてしまうので化繊素材がベター 1分でできる! 犬・猫の超かんたん洋服作り ペットのサイズに合った靴下を用意 子猫・子犬 できればよく伸びるモコっとしたタイプのがいいです 大きさに合わせて、人間の洋服の腕部分など古着を活用するといいです 肩甲骨の所を隠すだけの目的なら 靴下のつま先の部分を切って 筒状になればOK 前脚を入れる位置を十字にカットして あとは着せるだけ 生後3ヶ月の仔猫3匹には この服を着て過ごしてもらいました 母猫も舐めてしまうことなく 無事に経過したので ホッとしています 参考になれば幸いです.

次の