ポップアップ テント 畳み 方。 ポップアップテントのたたみ方 たためない時に確認するコツ

ポップアップテントの色選び!おすすめの色!数年使って分かった感想│ヨワタリブログ

ポップアップ テント 畳み 方

Villimetsa ポップアップテント メリット その1 非常に使いやすい テントと言えばポールを繋いで生地にポールを入れて組み立てるのが普通です。 その点Villimetsaのポップアップテントは、女性であっても簡単に運ぶことができ、 ワンタッチでテントを張ることができます。 片付けも、女性一人で片付けることができるほど工夫されています。 軽量化でありながら、かなりの強度を持っておりちょっとした風でも骨が折れることはありません。 雨が降っても防水加工が施されていて、雨水を弾いてくれるので夏場の急なスコールなどにも対応することができます。 その2 とってもおしゃれ テントは機能性が非常に重要です。 今までのテントは機能性ばかりを追求し、ファッション性は二の次でした。 しかし、 Villimetsaのポップアップテントはデザインもや形も豊富で色も何種類もあります。 テントを張る場所でかぶる確率は少ないと思います。 お気に入りのおしゃれなテントの中でくつろぎ、日頃のストレスを解消しましょう。 その3 機能性も抜群 非常にファッション性に優れた可愛らしいポップアップテントですが機能性も非常に優れています。 例えば、夏場アウトドアに行くと困ることが、虫の存在です。 特に女性は虫が苦手な人がとても多いので、虫がきっかけでアウトドアを止めてしまう方も多いようです。 自然の中に行くのですから、ある程度の虫にも慣れなければいけないという考えもありますが、初心者はやはり苦手な方も多いと思います。 しかしこのポップアップテントの中に蚊帳がついているのでポップアップテントの中で休む時も、虫に刺されることなく快適に過ごすことができます。 また、アウトドアの環境によってポップアップテントの形を変えることができるのも、非常に優れた点です。 風が心地よい時は、テントの両サイドを開けることができます。 虫が多い時は両サイドに蚊帳をつけることも可能ですし、一つの入り口に蚊帳と通常のクローズタイプを組み合わせることも可能です。 ちょうど、ドアの網戸とガラス戸を組み合わせたそのようなイメージです。 風通しを調節することができるので、他にはない機能だと思います。 通常のポップアップテントはテントの中でしかくつろぐことはできませんが、 Villimetsaのポップアップテントは外側にも布が広がるのでレジャーシートのように使うこともできます。 アウトドアだけでなく、公園や海などちょっとしたレジャーにも利用することができるので、 使い方によっては用途が広がるでしょう。 まずシートをテントの中に入れます• 左右を合わせて畳み床に寝せます• 床に寝せたらはみ出たシートを中に入れます• テントのボトムを足で抑えながらテントのトップを手前に折り曲げます• ボトムとトップを重ねて膝で抑えます• 左右の骨組みを内側に折り込む• はみ出たシートを内側に入れて専用のバッグに入れれば終了 慣れると1分かからないで収納できますよ! テントの掃除 テントの中の掃除は基本は箒で掃いてゴミを集めて捨てます、簡単な掃除であればテントを持って手前に傾けてトントン、右か左に傾けてトントン、これでゴミが集まります。 海などで使った場合は水洗いが必要です、ただ水洗いしただけでも構いませんが良く乾かすことが重要です!乾かさないまま収納してしまうとカビが発生して次に使うときに大変ことになります。 よく乾かした後に防水スプレーをしておくとより効果的です。 因みにテント用の洗剤なんかも売っていますので参考にしてみてください。

次の

【画像入り】ポップアップ・タッチアップテントの畳み方(しまい方)│ヨワタリブログ

ポップアップ テント 畳み 方

動画などではするする〜と簡単にやってのけていますが、これが初めてだと「無理!!!」となり、また必要以上に力を入れてしまい、ポップアップテントのワイヤーを歪めて壊してしまう原因になったりもします(涙)。 写真にすると結構簡単ですが、やってみると、慣れるまでが難しい。。。 でも、ポップアップテントのたたみ方のコツに気づけばすぐできるようになります。 では、このたたみ方のコツを詳しく説明していきましょう!! ポップアップテントがたためない時にチェックするコツ 実は、ご紹介した動画を見ながらでも、私は何回かポップアップテントがたためない状況に悩みました(汗)。 で、何回か動画を確認し、格闘すること1時間。 ポップアップテントのたたみ方のあるコツを発見しました!!! それは、ポットアップテントを3つの円にをたたみこむ時に、 トップの部分を折り曲げて膝で抑えていた部分を少し緩め、内側に滑らすように押し込むことです。 (「 押し込む」のがポイント!!!) こちらの動画でも、膝で押し込んでいるのがわかると思います。 私「昨日ポップアップテント買ったんだけど、たたむのが大変で。。。 」 友「あー、八の字のコツがわかれば簡単なんだけどね。 」 私「そう!おる時に押し込むコツがわかった時は感動(笑)」 友「そうそう、抑えたままだと無理なんだけど、できてない人多いよー。 私、たためてない人手伝うもん」 私「マジ(笑)?!」 友「マジ(笑)。 たためてない人多いから、「やりましょうか??」って手伝いまくってる(笑)」 と。 外でたたむのに苦労してる人の多さと、私の発見したコツが間違いなくポップアップテントをたたむコツであることが確認できました(笑)。 もう、このコツさえわかれば、ポップアップがたためない!!なんてことはなくなるはずですよね。 もし今ポップアップテントがたためない〜って場合は、もうこれで大丈夫ですね。

次の

ワンタッチテントのたたみ方!ポップアップテントの綺麗な畳み方を動画と画像で解説!

ポップアップ テント 畳み 方

Villimetsa ポップアップテント メリット その1 非常に使いやすい テントと言えばポールを繋いで生地にポールを入れて組み立てるのが普通です。 その点Villimetsaのポップアップテントは、女性であっても簡単に運ぶことができ、 ワンタッチでテントを張ることができます。 片付けも、女性一人で片付けることができるほど工夫されています。 軽量化でありながら、かなりの強度を持っておりちょっとした風でも骨が折れることはありません。 雨が降っても防水加工が施されていて、雨水を弾いてくれるので夏場の急なスコールなどにも対応することができます。 その2 とってもおしゃれ テントは機能性が非常に重要です。 今までのテントは機能性ばかりを追求し、ファッション性は二の次でした。 しかし、 Villimetsaのポップアップテントはデザインもや形も豊富で色も何種類もあります。 テントを張る場所でかぶる確率は少ないと思います。 お気に入りのおしゃれなテントの中でくつろぎ、日頃のストレスを解消しましょう。 その3 機能性も抜群 非常にファッション性に優れた可愛らしいポップアップテントですが機能性も非常に優れています。 例えば、夏場アウトドアに行くと困ることが、虫の存在です。 特に女性は虫が苦手な人がとても多いので、虫がきっかけでアウトドアを止めてしまう方も多いようです。 自然の中に行くのですから、ある程度の虫にも慣れなければいけないという考えもありますが、初心者はやはり苦手な方も多いと思います。 しかしこのポップアップテントの中に蚊帳がついているのでポップアップテントの中で休む時も、虫に刺されることなく快適に過ごすことができます。 また、アウトドアの環境によってポップアップテントの形を変えることができるのも、非常に優れた点です。 風が心地よい時は、テントの両サイドを開けることができます。 虫が多い時は両サイドに蚊帳をつけることも可能ですし、一つの入り口に蚊帳と通常のクローズタイプを組み合わせることも可能です。 ちょうど、ドアの網戸とガラス戸を組み合わせたそのようなイメージです。 風通しを調節することができるので、他にはない機能だと思います。 通常のポップアップテントはテントの中でしかくつろぐことはできませんが、 Villimetsaのポップアップテントは外側にも布が広がるのでレジャーシートのように使うこともできます。 アウトドアだけでなく、公園や海などちょっとしたレジャーにも利用することができるので、 使い方によっては用途が広がるでしょう。 まずシートをテントの中に入れます• 左右を合わせて畳み床に寝せます• 床に寝せたらはみ出たシートを中に入れます• テントのボトムを足で抑えながらテントのトップを手前に折り曲げます• ボトムとトップを重ねて膝で抑えます• 左右の骨組みを内側に折り込む• はみ出たシートを内側に入れて専用のバッグに入れれば終了 慣れると1分かからないで収納できますよ! テントの掃除 テントの中の掃除は基本は箒で掃いてゴミを集めて捨てます、簡単な掃除であればテントを持って手前に傾けてトントン、右か左に傾けてトントン、これでゴミが集まります。 海などで使った場合は水洗いが必要です、ただ水洗いしただけでも構いませんが良く乾かすことが重要です!乾かさないまま収納してしまうとカビが発生して次に使うときに大変ことになります。 よく乾かした後に防水スプレーをしておくとより効果的です。 因みにテント用の洗剤なんかも売っていますので参考にしてみてください。

次の