大阪 ライブ ハウス アーク。 コロナ感染拡大ライブハウスArcの出演者は誰?なぜ全国から客が来る?

飛沫感染防止のアクリル板 逆手に取って斬新な演出生み出したライブハウス

大阪 ライブ ハウス アーク

【速報】愛媛県内初感染者 … 大阪・高知・札幌の感染者と同じ京橋のライブハウス Arc を2月15日に訪れていた〜ネットの反応「たった100人のライブでこんなに広域から来てたのか」「潜伏なげぇし感染力つえーしすげぇな本当」 — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 vG2AZlCr4F3hx6Y これまでこの 「ライブハウスArc」で行われた 2月15日のイベントに参加して感染が確認されているのは ・京都の50代女性 ・高知の30代女性看護婦 ・大阪府内の3名 ・愛媛県40代女性 ・世田谷区世田谷区40代女性 ・神戸市内の40代女性 ・熊本県40代女性 ・札幌40代男性 ・ 現時点で、この「ライブハウスArc」のコンサートに参加され感染が確認された方は、 15名と報告されています。 出演者は ZILCONIA GRAND COLOR STONE KING フラチナリズム というアーティストの方々でした。 どんな方々なのでしょうか? ZILCONIA(ジルコニア) 大阪で結成したバンドで、 ボーカル&ギターを担当する今津直之さんと、ベース&コーラス担当の藤田克洋さんに加え サポートメンバーを迎えたフルバンド編成を中心に アコースティック編成など多種多様なライブを行っています。 2004年には恵比寿でワンマンライブを行い、メジャーデビューもされていました。 東京・大阪・名古屋等、年間120~130本という精力的なライブ活動を行っていらっしゃいます。 フラチナリズム 日本のPOPROCKバンド。 こんな説明がありました。 なんだか陽気そうなバンドですね。 合言葉は『困った時の フラチナリズム』 引用:Wikipedia 旧メンバーに 大木凡人さんがいらっしゃったという情報があり、気になります。 (笑) フラチナリズムのボーカルは 高知出身の森尚文さん ギターは 愛媛県 出身の田村優太さん ドラム担当の都築聡二さんも、 育ちは高知県 なんですよね。 コロナに感染された方の中に、 高知県と愛媛県の方がいらっしったので、 もしかしたら、メンバーが地元でバンド活動をされていた頃からのファンの方だったのかなと思いました。 全国からファンやって来るのは何故? 今回コロナ感染が拡大してしまった 「ライブハウスArc」 大阪のライブハウスなら、せいぜい 京都・大阪・兵庫在住の人が行くくらいのイメージだったので、 小規模なライブハウスに、全国あらゆるところから足を運ばれる方が大勢いらっしゃることに驚きました。 私が個人的にライブハウス等には行かない生活をしているので、驚くだけで 大好きなアーティストのライブに通い慣れた方々にしてみれば、 遠征という感じなのかもしれませんね。 またライブハウスという マイノリティな空間が好き、そこで夢を追いかける アーティストの成長を応援したい! という感覚なのかな・・と思いました。 サンドウィッチマンが大好きで、どこまでも追っかける 小島さんの心理なのかな。 人によって、価値観は異なりますが、そこまで大好きで夢中になれるアーティストが居るのが羨ましくなりましたね! まとめ コロナ感染で有名になってしまったライブハウス「ARC」 全国からやって来るライブハウスに出演されているアーティストがいったいどんな方々なのか 気になったのでまとめてみました。 出演者は ZILCONIA GRAND COLOR STONE KING フラチナリズム という面々でした。 ライブハウスでも活動されていますが、どの方々も大勢のお客さんが入る 大きな会場でもライブされているキャリアの長い方も多く、 コアなファンが多くいらっしゃる印象も受けました。 コロナの影響で、アーティストの方々も苦しんでられる事と思います。 アーティストもファンの皆さんも何の不安もなくライブが思いっきり楽しめる日が早く来るといいのですが・・.

次の

感染3人、100人規模のライブ参加 2週間前、大阪で:朝日新聞デジタル

大阪 ライブ ハウス アーク

【速報】愛媛県内初感染者 … 大阪・高知・札幌の感染者と同じ京橋のライブハウス Arc を2月15日に訪れていた〜ネットの反応「たった100人のライブでこんなに広域から来てたのか」「潜伏なげぇし感染力つえーしすげぇな本当」 — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 vG2AZlCr4F3hx6Y これまでこの 「ライブハウスArc」で行われた 2月15日のイベントに参加して感染が確認されているのは ・京都の50代女性 ・高知の30代女性看護婦 ・大阪府内の3名 ・愛媛県40代女性 ・世田谷区世田谷区40代女性 ・神戸市内の40代女性 ・熊本県40代女性 ・札幌40代男性 ・ 現時点で、この「ライブハウスArc」のコンサートに参加され感染が確認された方は、 15名と報告されています。 出演者は ZILCONIA GRAND COLOR STONE KING フラチナリズム というアーティストの方々でした。 どんな方々なのでしょうか? ZILCONIA(ジルコニア) 大阪で結成したバンドで、 ボーカル&ギターを担当する今津直之さんと、ベース&コーラス担当の藤田克洋さんに加え サポートメンバーを迎えたフルバンド編成を中心に アコースティック編成など多種多様なライブを行っています。 2004年には恵比寿でワンマンライブを行い、メジャーデビューもされていました。 東京・大阪・名古屋等、年間120~130本という精力的なライブ活動を行っていらっしゃいます。 フラチナリズム 日本のPOPROCKバンド。 こんな説明がありました。 なんだか陽気そうなバンドですね。 合言葉は『困った時の フラチナリズム』 引用:Wikipedia 旧メンバーに 大木凡人さんがいらっしゃったという情報があり、気になります。 (笑) フラチナリズムのボーカルは 高知出身の森尚文さん ギターは 愛媛県 出身の田村優太さん ドラム担当の都築聡二さんも、 育ちは高知県 なんですよね。 コロナに感染された方の中に、 高知県と愛媛県の方がいらっしったので、 もしかしたら、メンバーが地元でバンド活動をされていた頃からのファンの方だったのかなと思いました。 全国からファンやって来るのは何故? 今回コロナ感染が拡大してしまった 「ライブハウスArc」 大阪のライブハウスなら、せいぜい 京都・大阪・兵庫在住の人が行くくらいのイメージだったので、 小規模なライブハウスに、全国あらゆるところから足を運ばれる方が大勢いらっしゃることに驚きました。 私が個人的にライブハウス等には行かない生活をしているので、驚くだけで 大好きなアーティストのライブに通い慣れた方々にしてみれば、 遠征という感じなのかもしれませんね。 またライブハウスという マイノリティな空間が好き、そこで夢を追いかける アーティストの成長を応援したい! という感覚なのかな・・と思いました。 サンドウィッチマンが大好きで、どこまでも追っかける 小島さんの心理なのかな。 人によって、価値観は異なりますが、そこまで大好きで夢中になれるアーティストが居るのが羨ましくなりましたね! まとめ コロナ感染で有名になってしまったライブハウス「ARC」 全国からやって来るライブハウスに出演されているアーティストがいったいどんな方々なのか 気になったのでまとめてみました。 出演者は ZILCONIA GRAND COLOR STONE KING フラチナリズム という面々でした。 ライブハウスでも活動されていますが、どの方々も大勢のお客さんが入る 大きな会場でもライブされているキャリアの長い方も多く、 コアなファンが多くいらっしゃる印象も受けました。 コロナの影響で、アーティストの方々も苦しんでられる事と思います。 アーティストもファンの皆さんも何の不安もなくライブが思いっきり楽しめる日が早く来るといいのですが・・.

次の

「LIVE HOUSE Arc(ライブハウスアーク)」(大阪市都島区

大阪 ライブ ハウス アーク

大阪市内の2つのライブハウスで、新型コロナウイルスの小規模な集団感染「クラスター」が発生した可能性が高まっている。 大阪府は国との合同調査を進め、感染経路や今後リスクが高いエリアを推定し、さらなる拡大を封じ込めたい考えで、双方のライブハウスに滞在していた人が引き金になった可能性があるとみている。 「ライブハウス、窓はない」 2月15日夜、大阪市都島区のライブハウス「Arc(アーク)」は約120人の観客でにぎわっていた。 この日のコンサートは午後6時半から9時ごろまで開かれ、4人組ロックバンドなど4組が出演。 観客は音楽に合わせて歌を口ずさんだり、拳を天井に突き上げたりした。 翌16日は前日のアーティストら約10人が出演し、約100人が集まった。 会場は身動きが取れないほどの「密閉空間」だったという。 昨年10月にArcのコンサートに客として参加した大阪市の会社役員の男性(46)によると、客席は出入り口から階段で少し下りた場所で窓はない。 男性は「広さは20畳くらい。 スタンディング(立ったまま)なら100人くらい入る。 客同士の距離はかなり近く、感染者がいれば飛沫(ひまつ)感染するだろう。 新型コロナウイルスによってライブハウスの印象が悪くなったのは残念」と話した。 そのArcでクラスターの可能性が強まったのは、2月29日。 この日感染が確認された高知市の30代女性だけでなく、すでに感染した大阪市と大阪府の40代男性2人がArcを訪れたことが判明した。 吉村洋文知事は「15日の会場で感染は広がっている」と危機感を示した。 PR 大阪府は翌1日、厚生労働省に国立感染症研究所の専門家らによる「クラスター対策班」の派遣を要請。 2日からArc訪問者らについて、大阪市保健所で国との合同調査を始めた。 調査でつかんだ接点 クラスターの連鎖を封じ込めるには発生の端緒を早期に把握し、対策を講じることがカギになる。 感染者に自覚症状がないまま行動し、感染を広げる危険性があるためだ。 地方独立行政法人「大阪健康安全基盤研究所」の奥野良信理事長は「閉鎖された狭い空間に、感染者を含む不特定多数の人が集まるとクラスターが発生する。 そうした環境を作らないことだ」と指摘する。 全国の保健所から報告を受ける調査チームは、感染経路を時系列でまとめたチャート図や感染者ごとの症状の推移に関する一覧表を作成。 感染した訪問者の容体や接触歴に関する疫学調査に活用した。 また接触者の健康状態を確認し、新たなクラスターの発生を防ぐことも重視した。 PR Arc訪問者と接触し、2日に感染が判明した大阪市内の50代男性への聞き取りで、この男性が2月19、23両日にSoap-を訪問していたことを把握。 その後もほかの同店の訪問者に相次ぎ感染が確認されたため、Soap-でも新たにクラスター発生の可能性が高いと判断し、今月4日に公表した。 ここで確認された感染者のうち、大阪市の30代男性はArcにも滞在していたことが判明。 5日午後9時現在、Arcで17人、Soap-で4人の感染が確認された(重複含む)。 東北大大学院の押谷仁教授(ウイルス学)は「30代男性の感染力が強ければ、Arcと同様に、(Soap-でも)集団感染が起こる可能性があるので、周辺の人の健康状態をしっかり確認することが重要だ」と話す。

次の