インスタ 背景 色変える。 あの子のストーリーっておしゃれだよね♩実は簡単にできちゃう、ストーリーズの文字や背景色を変える方法!

動画の背景を合成!スマホでカンタンに背景を変えられる動画編集アプリ

インスタ 背景 色変える

背景を工夫して周りと差をつけるパワポ作りを! PowerPointのスライドにどんな色や模様を付けるかで、プレゼンテーションの印象が大きく変わります。 あらかじめ用意されている 「テーマ」を設定するのが一般的ですが、PowerPointがビジネスシーンで多くの人に利用されている現在、他の人と同じテーマになる可能性もあります。 このようなときは、スライドの背景にちょっと手を加えるのがお勧めです。 いちからデザインを考える時間やセンスがなくても大丈夫。 背景の色を変えたり、スライド全体に大きく写真を敷くなどすると、オリジナリティのある背景に生まれ変わります。 ここでは、スライドの背景で差を付ける3つの方法を解説します。 上図と同じ背景色でも、文字の色を黒にすると読みやすい また、スライドの背景を一色で塗りつぶすと、その分色の面積が増えるため、 色の持つ意味が重要になります。 スライドの内容にあった色を使うとか、コーポレートカラーの色を使うのもいいでしょう。 なお、冷静で落ち着いた印象を与える「黒」や「青」はビジネスシーンでよく使われる背景色のひとつです。 パワーポイント背景編集2. 印象的な画像を敷く 2つ目は、 スライドの背景全体に大きく写真を敷く方法です。 プレゼンテーション全体を象徴する写真を使えば、唯一無二のデザインになります。 このとき、どんな写真を使うかでデザインの完成度が左右されます。 新製品案内のプレゼンテーションであれば新製品の写真やイメージ写真、旅行の企画書であれば現地の写真といったように、プレゼンテーションの内容をイメージしやすい横長の写真をパソコンに保存しておきます。 写真の準備ができたら、表紙のスライドを表示して、「デザイン」タブの「背景の書式設定」ボタンをクリックします。 写真がスライドの背景として表示された。 ここでは、文字の色とフォント、位置を調整して、空の部分にタイトルが収まるようにした スライドの背景に写真を大きく表示するとインパクトがあり、聞き手の関心を集める効果は絶大です。 だからこそ、1枚目の表紙のスライドや、新製品を紹介するスライドなど、ここぞというスライドに1か所だけ使いましょう。 すべてのスライドの背景に写真があると、肝心の内容が読みづらくなってしまうからです。 テーマが適用されているスライドでも、同じ操作で1枚目のスライドの背景だけを写真に変更して使えます。 パワーポイント背景編集3. ロゴを透かし文字でデザインする 3つ目の方法は、 スライドの背景に透かし文字を入れる方法です。 「社外秘」とか「見本」といった文字を透かし文字にすることもできますが、ここでは、会社のロゴ画像を透かし文字にして、デザインの一部として挿入します。 すべてのスライドにロゴ画像を入れるには、「表示」タブの「スライドマスター」をクリックして、スライドの設計図である「スライドマスター」を表示します。

次の

スマホで画像の色を置き換えたいなら画像編集アプリ「PicsArt」を使おう

インスタ 背景 色変える

Contents• ストーリーの文字が目立たないときの背景色 そもそも文字の背景色ってなんなの?っていう方のために基本の背景色の付け方を解説します。 文字に背景をつけて目立たせる効果 わざと背景がゴチャついた写真を選んで文字を配置してみましたが背景があるのとないのでは一目瞭然ですね。 文字背景のつけ方はとても簡単 文字を入力したら完了ボタンを押さず写真の『A』マークをタップします 『A』マークをタップすると 文字の背景に帯がついて文字が目立つようになります好きな色をカラーパレットから選択して色を変更できます。 パレットを左にスワイプ(指で触ったまま左に動かす)することでもっと色が出てきます。 こまでは私も知っていたのですが・・ 文字の背景色を半透明にできる! 冒頭でも書きましたが、この背景色は写真や動画の背景に色がたくさんあって文字が目立たないときに便利なのですがベタ塗り感が嫌でした。 それを解決するのに半透明にするという画像に馴染みやすい背景を簡単に作ることができるのです。 2回タップするだけで半透明の背景色ができるよ 普通に文字を入力したら完了ボタンを押さず写真の『A』マークをタップしますがこれを2回タップするだけなんです。 2回タップすると白から白が半透明に変わって向こうの電柱や木が透けて見えるとおもいます。 白のベタ塗りだと浮いた感じで違和感がありますが半透明にすると画像に馴染んでいい感じです。 カラーパレット使いこなすとおしゃれな感じのストーリーに! この背景色も文字色もパレットから色を好きに選ぶことができます パレットを横にスワイプすると基本の27色これだけの色が選べます もっと色がたくさん欲しいときのカラーパレット この中でもしっくりくる色がないなあと思ったら、近い色を長押ししてみてください。 文字色や背景色を微妙な色にを自由に変更するための『カラーパレット』がでてきます。 指を動かして自由に色を決める事ができます。 スポイト機能で画面にある色を抽出する方法 上のカラーパレットも自由に文字色や背景色を変更できますが、もっと簡単に画像と同系色の色にしたい時はパレットの左端にあるスポイトを使って写真の中の色を抽出できます。 画面上の色と同じ色を作ることができるので文字だけ浮くっていうのがなくてカッコイイ感じが表現できます。 ちょっと文字色にこだわったストーリーができますよ試してみてください。

次の

動画の背景を合成!スマホでカンタンに背景を変えられる動画編集アプリ

インスタ 背景 色変える

もくじ• 画面下で背景に使いたい色を選択します。 色の部分を左右にスワイプすれば他の色も出せます。 一番左が選択した色に変わっていることを確認してください。 背景色を変える 色を選択したら背景のどこでもいいので 3秒ぐらい長押ししてください。 以下の画像のように背景の色が変わるので、右上の「完了」をタップすれば完了です。 写真の背景を変えるには、背景の作成と写真を貼り付ける作業の2段階必要ですので順番に解説していきます。 ) 画面下で背景色を選択します。 写真のどの部分でもいいので3秒ぐらい長押しします。 写真が塗りつぶされたら右上の「完了」をタップします。 これを背景とします。 背景に写真を貼り付ける 背景を作成したら インスタは閉じずにそのままの状態で、iPhoneの写真アプリを開きます。 ストーリーに貼り付けたい写真を開いて、画面下の「共有ボタン(上向き矢印)」をタップします。 写真の下のメニューから「写真をコピー」を選択します。 インスタの画面に戻る インスタの画面を開くと「スタンプを追加」というボタンが自動で表示されるのでタップします。 ) 以下の画像のように写真が貼り付けられます。 貼り付けた写真はスワイプすれば移動や拡大・縮小することもできます。 こちらの記事もどうぞ.

次の