ピクルス 液 残り。 作りすぎて余ったピクルスを使い切る!活用アイデア&レシピ

《女子に大人気!》プロが教える絶対失敗しないピクルスのレシピ

ピクルス 液 残り

漬物っぽい美味しそうな匂いなのです。 普通であれば、「食材を浸けた調味液」なんてものは一度で廃棄するものだと思います。 けれどこのピクルス液の場合どうなんだろう? お酢がもったいない 捨てようかなとも思ったのですが、透明感ある見た目と美味しそうな匂いにその気持ちも揺らぎます。 それに、このピクルス液を作るのに、良いお酢()を100mlも使っているんだよなあ。 それを、たった一回、ズッキーニ一本をピクルスにしたくらいで捨てるなんてもったいないなあ。 一体、皆さんはどうしているんだろう? そう思い、調べてみたところ、に参考になることが書いてありました。 「乳酸発酵(長期漬け込み)」を目指すピクルス液なら、 元のピクルス液は煮沸せず(乳酸菌が湧いていれば、他の菌は基本的に寄り付きませんから) 継ぎ足すピクルス液のみを煮沸して滅菌、手で触れるくらいの温度になってから継ぎ足し。 そこに野菜を漬け込めばOKです。 なるほど。 乳酸菌が育ってきているかもしれないんだな? それを聞くとますます捨てられません。 ということで、元の液に、新たなピクルス液をつぎ足して使うことにしました。 ……このまま「先祖代々受け継がれた老舗うなぎ屋の秘伝のタレ」のように、ピクルス液をつぎ足しつぎ足し使っていけるのか? 様子を見ていきたいと思います。 (母に、「このピクルス液がどう変化したら"傷んだ"ということだと思う?」と聞いたところ、 「濁ったら」という答えが返ってきました。 なるほど。 透明感があるうちは大丈夫かな……?).

次の

ピクルス液は再利用法できるの?使い回し簡単アレンジレシピ

ピクルス 液 残り

漬物っぽい美味しそうな匂いなのです。 普通であれば、「食材を浸けた調味液」なんてものは一度で廃棄するものだと思います。 けれどこのピクルス液の場合どうなんだろう? お酢がもったいない 捨てようかなとも思ったのですが、透明感ある見た目と美味しそうな匂いにその気持ちも揺らぎます。 それに、このピクルス液を作るのに、良いお酢()を100mlも使っているんだよなあ。 それを、たった一回、ズッキーニ一本をピクルスにしたくらいで捨てるなんてもったいないなあ。 一体、皆さんはどうしているんだろう? そう思い、調べてみたところ、に参考になることが書いてありました。 「乳酸発酵(長期漬け込み)」を目指すピクルス液なら、 元のピクルス液は煮沸せず(乳酸菌が湧いていれば、他の菌は基本的に寄り付きませんから) 継ぎ足すピクルス液のみを煮沸して滅菌、手で触れるくらいの温度になってから継ぎ足し。 そこに野菜を漬け込めばOKです。 なるほど。 乳酸菌が育ってきているかもしれないんだな? それを聞くとますます捨てられません。 ということで、元の液に、新たなピクルス液をつぎ足して使うことにしました。 ……このまま「先祖代々受け継がれた老舗うなぎ屋の秘伝のタレ」のように、ピクルス液をつぎ足しつぎ足し使っていけるのか? 様子を見ていきたいと思います。 (母に、「このピクルス液がどう変化したら"傷んだ"ということだと思う?」と聞いたところ、 「濁ったら」という答えが返ってきました。 なるほど。 透明感があるうちは大丈夫かな……?).

次の

「おいしいピクルスのレシピ」

ピクルス 液 残り

そもそもピクルスとは、漬物で長期保存を前提とした食品です。 本来は、冷蔵庫がない時代からあったと思います。 日本の漬物もそうですが野菜を冬の間、食するための方法であったり、航海などのためだったのではないでしょうか。 近年の食文化を考えると、賞味期限、消費期限等問題もありまた、冷蔵庫・冷凍庫の発達・普及もあり鮮度・腐敗などに敏感な方が多いと思いますが、自家消費であったらおいしく食べることを最優先に保存を考えてもいいのではないでしょうか。 冷蔵庫に保存して十分だと思います。 ピクルスの種類にもよりますがみじん切りにしてマヨネーズに合わせればタルタルソース風になります。 これにケッチャップと少々の市販のフレンチドレッシングで伸ばせばサウザンアイランドドレシングに近くなります。 たまねぎみじん切りや、ゆで卵刻んで加えれば完全に冷製ソースです。 基本的に魚料理やサラダに合います。 長くなって少々生意気な物言いになってしまいましたが、冷凍はピクルスが可哀想な気がします。 カビなければ結構持ちますよ。 賞味期限過ぎてたっておいしく食べれますよ。 漬物ですから。

次の