ネスプレッソ ヴァーチュオ。 【比較】ネスプレッソ「ヴァーチュオ」:オリジナルと味や使用感の違いを解説

【ネスプレッソ】2つのエスプレッソマシンが無料で使えるキャンペーン

ネスプレッソ ヴァーチュオ

ネスプレッソヴァーチュオカプセル全種類の価格一覧表 このカプセル価格一覧表はネスプレッソヴァーチュオ(ヴァーチュオネクスト)で使える専用カプセルです。 なめらかなキャラメルとトーストしたパンのような香りが豊かに広がるコーヒーです。 抽出の終わりにかけて低速で湯を透過させることにより、コーヒー豆の持つコクを引き出しながら、厚みのあるクレマを作り上げ、絶妙なバランスの一杯が完成します。 加えて長く続く後味と厚みのあるクレマも楽しめる、力強い味わいのコーヒーです。 中米産水洗ロブスタ豆に、メキシコなどの中南米産のアラビカ豆をブレンドしました。 ロブスタ豆特有の力強さとアラビカ豆の繊細なアロマが絶妙に溶け合うなめらかなブレンドです。 マイルドな味わいのグランルンゴでありながら、穀物のような香りの奥に秘めた力強さ、かすかな酸味、そしてほのかに感じるロブスタ豆ならではの魅力を兼ね備えたブレンドです。 ミルクと合わせることにより、味わいの特徴はそのままに、穀物のような香りがやわらかい印象に変化します。 中南米産アラビカ豆のブレンドコーヒーです。 非常に短時間の深煎りを施すことで、木々や土を想わせるアロマとともに力強い味わいを引き出しました。 このダブル・エスプレッソ(約80ml)は、お食事の最後に味わうのがおすすめです。 コーヒーとミルクのハーモニーを楽しみたい時には、ビアンコ・フォルテ、ビアンコ・レジェロがおすすめです。 フレーバコーヒー 【NEW】ヘーゼリーノ・マフィン 中南米産とアフリカ産アラビカ豆を主としたブレンドはまろやかな味わいを引き出し、ビスケットを想わせる香りがやわらかにカップに広がります。 焙煎後のコーヒーにヘーゼルナッツのフレーバーを加えることで、ビスケットやアーモンドを想わせる香りとヘーゼルナッツの香りが新しいハーモニーを奏でます。 厳選したケニア産とインドネシア産アラビカ豆のブレンドでブルックリンのバリスタの作るコーヒーの味わいを再現しました。 ミルクを加えることで、クリーミーなキャラメルや甘いビスケットを想わせる香りと、なめらかな風味が引き立ちます。 「ビアンコ・レジェロ」(抽出量約80ml)に120mlのフォームミルクを加えてお楽しみください。 コロンビア産とケニア産アラビカ豆を厳選し、さらにスプリット・ロースティングで対照的な焙煎度合いのコーヒーを組み合わせた、ミルクと相性のよいブレンドを完成させました。 豊かな焙煎香と穀物のような香りの「ビアンコ・フォルテ」は、ミルクの甘みを一層引き立ててくれます。 カップに冷たい牛乳を少量注ぎ、その上から「ビアンコ・フォルテ」(抽出量約230ml)を抽出してお楽しみください。 >><< ネスプレッソで利用する専用カプセルを1か月毎または2か月毎のどちらかで定期購入するとネスプレッソ本体が無料で利用できます。 定期購入を続けている限りマシンが故障しても修理はずっと無料です。 無料で利用できるネスプレッソマシンは2種類あります。 ショートサイズのリスレット(約25ml)、エスプレッソ(約40ml)、ルンゴ(約110ml)が楽しめる基本的なエスプレッソマシン「ネスプレッソエッセンサミニ」と エスプレッソ(約40ml)、ダブルエスプレッソ(約80ml)、グランルンゴ(約150ml)、マグ(約230ml)、アルオ(約414ml)が楽しめる本格的なクレマコーヒーマシン「ヴァーチュオネクスト」です。 それぞれのコーヒーマシンで飲めるカップサイズやカプセルが異なります。 ネスプレッソエッセンサミニはエスプレッソ抽出が基本で産地の特性や固有のアロマなど、際立った個性を持つ多彩で本格的なエスプレッソを楽しみたい方におすすめです。 ヴァーチュオネクストは革新的な抽出テクノロジーが実現する、やわらかで豊かなクレマが特徴で5種類のカップサイズで幅広いニーズに応えてくれるコーヒーマシンです。 この2つのマシンはそれぞれ専用カプセルを1か月毎または2か月毎のどちらかで定期購入するとマシン本体が無料で利用できます。 >><< >><< ネスプレッソ無料レンタル「マグプレゼントキャンペーン」 持ち歩きもできる限定600個のステンレススチール製のマグをプレゼント!ホットでもアイスでもどちらでも使用できます。 ネスカフェアンバサダーになれば職場でコーヒーマシンが無料で利用できます。 またネスカフェアンバサダー限定のキャンペーンや特典もあります。 >> ネスプレッソエッセンサミニ、ネスプレッソヴァーチュオネクストはネスレ公式サイトにて無料で利用できます。 >> もうひとつのネスプレッソ専用カプセルについて >> ネスプレッソ専用カプセルの最安値について >> ネスプレッソ互換カプセルについて >>.

次の

【比較】ネスプレッソ「ヴァーチュオ」:オリジナルと味や使用感の違いを解説

ネスプレッソ ヴァーチュオ

ヴァーチュオとは 「 ヴァーチュオ」とは、ネスプレッソの新コーヒーシリーズの名前です。 その中でヴァーチュオ〇〇と名前がついていきます。 カプセルは、ヴァーチュオのカプセル。 コーヒーマシンはヴァーチュオ ネクスト。 ヴァーチュオ ネクストとは 前述の通り 「 ヴァーチュオ ネクスト」は、ヴァーチュオシリーズのコーヒーマシンのことです。 今のところヴァーチュオのマシンはこの「ネクスト」のみです。 4色展開で2万円台で購入できます。 日本では未発売ですが、「ヴァーチュオ プラス」というマシンもあるみたいです。 このマシンのネクストを省略して、ただ単にヴァーチュオと呼ぶことがあり、混乱の元となっています。 従来のシリーズは 従来の小さいカプセルのシリーズは、 「 オリジナル」という名前がつきました。 ヴァーチュオが発売される前はおそらく名前がついてなかったのではないでしょうか。 今まではネスプレッソといえば、この従来のシリーズの事を指していたのですが、これからは「オリジナル」と「ヴァーチュオ」と使い分ける必要がありますね。 オリジナルのマシンは様々な種類があって名前も違います。 エッセンサやピクシー、ラティシマなどがあります。 まとめ• ヴァーチュオは、ネスプレッソの新シリーズ• ヴァーチュオ ネクストは、ヴァーチュオシリーズのコーヒーマシン• オリジナルは、ネスプレッソの従来のシリーズ 今回はネスプレッソのヴァーチュオ関係のネーミングをまとめました。 ヴァーチュオとオリジナルの違いについて比較レビューもしています。 こちらはマシンの使い勝手やコーヒーの味について書いています。

次の

【比較】ネスプレッソ「ヴァーチュオ」:オリジナルと味や使用感の違いを解説

ネスプレッソ ヴァーチュオ

こんにちはJyoneです。 1月30日にネスプレッソより新たな新商品「ヴァーチュオ」が発売となりました。 調べてみれば、コーヒーとクレマを一緒に楽しむ新感覚の珈琲のようです。 クレマとは表面に浮かぶ泡のことで、豆の油分や甘みなどが詰まっているのですが一言でお伝えしてしまっては珈琲好きに怒られてしまうような気がしてしまいます。 この泡には、豆の鮮度や焙煎具合、抽出方法などが関係し奥が深く、とてもこだわるコーヒー愛好家は多くいらっしゃるのです。 そんなクレマを簡単に自宅で楽しめるかもと思うと気になってしまいます。 商品説明の一文には「もはやコーヒーに新たな驚きはないと思っていませんか?」なんて書いてあるんです。 早速、発売記念イベントが六本木のヒルズカフェにて行われているとの事で行ってきました。 試飲し、実機に触れてきましたよ~。 先日、オススメなコーヒーメーカーとしてネスプレッソを紹介させていただいたばかりなので実にタイムリーですね。 お近くに店舗が無かったり、忙しかったりで購入前に試飲できない。 そんな方の参考になればと私が感じたことをお伝えしたいと思います。 試飲してみて感じた事 CMで飲んだ瞬間に柔らかいって表現されているシーンもあり、「こんな感じなのかな?」なんて想像していたのですが、試飲してみて良い意味で期待を裏切ってくれました。 口に触れた瞬間、柔らかいけど程よく重たくて美味しいって言葉が出ました。 これが第一印象でした。 そのクレマは自分の珈琲の中でも新しく感じたし、もっと楽しんで飲んでみたいと思いましたよ。 また、漠然と「こんなコーヒーアレンジをしたら美味しそうだなぁ~」とか色々と想像が膨らみました。 店員さんのお話では、ほんの少しクレマを楽しみ後はスプーンの裏側で泡を押し込み全体に混ぜて飲むのがおすすめだそうです。 ヴァーチュオ(VERTUO)ってこんな製品 やっぱりコーヒーとクレマがご自宅で簡単に楽しめるのが最大の魅力な製品。 これだけでも、存在感のある製品だと思いますが、ネスプレッソの機械は大きく分類してオリジナルとヴァーチュオの2シリーズがあります。 それらと比較しても、多くの違いがありますよ。 それらと合わせて比較しながら、感じた事なども含めてご紹介してみようと思います。 ・ワンプッシュで管理された美味しいコーヒーが飲める 本当に美味しい珈琲を飲もうと思えば、豆選び、焙煎、抽出技術など多くの工程があります。 例えば、抽出のスピード。 時間をかけ過ぎれば渋みやえぐみが強くなってしまったりと手間もかかるし大変。 そんな大変な管理をしなくてもボタン一つで気軽に自宅で楽しめるのは魅力です。 それぞれがバーコードで管理され最適な条件で淹れてくれるそうです。 ・カプセルコーヒーが変わった オリジナルの中身は液体でしたが、ヴァーチュオは挽かれた豆が入っています。 飲んだ時、フレッシュさを感じたのはそのためかなと思いました。 豆を挽く作業は、味を左右する大事な工程の一つ。 粗さや挽きムラなど細かな違いが影響すると言われています。 そんな難し技術も気にせずに本格的なコーヒーを楽しむことが出来るのは嬉しい。 選べる種類も25種と多いです。 ・選べるサイズが増えた 5つのカップサイズが楽しめるようになりました。 最も大きいサイズは抽出量が約414mlのアルトと呼ばれるサイズになります。 オリジナルは110mlのルンゴが最も大きく、設定変更をして最大で250mlまで可能でしたがメーカーによる最適な量ではありませんでした。 今回は、アルトサイズの量でカプセルが用意されているのは嬉しいポイントです。 抽出量 エスプレッソ 約40ml ダブル・エスプレッソ 約80ml グランルンゴ 約150ml マグ 約230ml アルト 約414ml ・デザインも新しくお洒落 実機を生でみた感想は、スタイリッシュでお洒落だなと思いました。 個人的に、ホワイトはカッコ良さや可愛さも併せ持っている気がして好印象で、写真だと解りずらいかも知れませんが、色の光沢具合などとてもいい感じでしたよ。 最近は、曲線を多く取り入れたコーヒーメーカーはいくつかありますが、珈琲ポットが大きい分(仕方のない事ですが)やっぱり受ける印象は違うなと感じました。 やっぱりカプセルコーヒーだからできるスタイリッシュなデザインですね。 色の種類は、ホワイト、チェリーレッド、クラシックブラック、ダーククロームの4種類。 クラシックブラックはメーカー公式サイトからのみ購入できるそうです。 1L 本体寸法 WxDxH)cm 14. 0x37. 4x31. 8 定格消費電力 1500W 機能 ・電源オンから抽出可能まで25秒。 ・コーヒー予熱時間(低温のマシン)30秒。 ・詳しくはメーカー公式または販売店ページにてご確認ください。 ・クラシックブラックのお取り扱いは公式サイトのみ。

次の