晴海 カジカ。 「Tokyo 7th シスターズ」,晴海カジカの誕生日を記念したキャンペーンが開催

晴海カジカが大健闘!! 総合キャラ人気ランキング12月3日までの結果を発表

晴海 カジカ

カジカ。 カサゴ目カジカ科に属する魚。 地方名ゴリ、ドンコ。 最大全長15cm。 清涼な流れの中に住み、一生を川で過ごす。 西暦2034年現在、多くの書籍が電子化され、タップ一つで閲覧が可能だというのに、少女は分厚い紙の塊とにらめっこしていた。 魚類大全と銘をうたれたそれの前半部。 河川、湖沼の魚類にカテゴライズされるそのページ。 海のものに比べて地味と表現して差し支えのない魚類が並ぶそこに、彼女の名前の響きと同じその魚はいた。 なんというか、パッとしない魚だ。 第一印象はそんなものだった。 普段店で扱う魚とはまるで違う。 しいて言うなら秋口に扱うハゼのそれに近いけれど、それと比べても幾分か頭が大きいぼってりとした見た目だ。 愛嬌があると言えばなんとなくそう思えてくるようなユーモラスな見た目だが、鈍臭そうと片付けられてしまえばそれまで。 あまり人好きのする類の魚であるようには思えなかった。 カジカはホロコンを取り出すと、図鑑の右下部、参考リンクとして載せられたデータを読み取った。 紙媒体ではわからない生態が、今ではデータに繋げば立体となって目の前に現れる。 パクパクと口を開いたり閉じたりする小さな魚は、まるでそこに本当にいるみたいだった。 ごろごろとした岩の上をひょこりひょこりと這うような、跳ねるような、なんとも形容しがたい動き。 カジカが店で扱うような真鯛や鰤とは異なるあまり見たことのない挙動だ。 ハゼだとかマゴチだとか、海底を這って泳ぐような魚に似ているが、更に幾分が大人しい印象の動き。 あまり積極的な方ではない自分とどこか近しいものを感じて、カジカは一つ大きな溜息を吐いた。 なんで私はカジカなんだろう。 呟きは誰に聞かれるでもなく虚空に溶けて、消えていく。 酸素が抜けて空っぽになったはずの胸は、ひどく重い何かがつっかえているように感じてしかたがなかった。 こんなこと知らなければよかったのに。 好奇心というのは厄介なもので、時に知りたくなかったことまで掘り起こしてしまう。 ひどく辛いだとか悲しいだとか、ぼろぼろと涙を流せるようなことならばかえってよかったのかもしれない。 喉の奥に骨が引っかかったような。 胸の奥に何かねばねばとしたものが詰まったような。 そんな感覚がカジカの中で強く主張して、なにも手につかない。 気にする必要なんてなにもないことなのかもしれないけれど、一度気になったらそれは彼女にはひどく大きなことのように思えて、どうしようもなかった。 はぁ……。 何度目の溜息か。 数えることも億劫になるようなそれは、誰にも知られることなく虚空に消えて溶けていく。 抱えきれない胸の重さを、どうにかして吐き出してしまいたい。 そんな気持ちの混じった湿っぽいそれは、ただの空気の塊でしかなくて、カジカの気持ちを軽くしてくれることなんてはないはずだった。 「暗い顔しちゃってどうしたのかじかぁ?」 けれど、そんなちっぽけなそれは当たり前みたい拾われた。 ベッドにうつ伏せになって、ぐるぐると頭を悩ませていたから、カジカはまるでそんなことに気付かなかったけれど、姉のサワラはこんな時いつだってカジカをほっといてはくれないのだった。 「お姉ちゃん……? 」 「そうでーす、お姉ちゃんでーす」 いつも通り。 サワラは努めて明るく答えた。 ひどく気が重い時でも、姉が、サワラが同じように笑ってくれるだけでなんだかなんでもないことのように思えてくるのだから不思議だ。 はぁ……。 けれど、今日ばかりはなんだかそれでも憂鬱でカジカはまた小さな溜息を吐いた。 「むぅ〜? なにか悲しいことがあったんならお姉ちゃんに言ってごらん。 可愛いお顔が台無しだぞ〜」 サワラの手がくしゃくしゃとカジカの髪を撫でる。 柔らかな手のひらがくすぐったくて、カジカの両の瞳がじぃとサワラを見つめ返した。 「ほら、お姉ちゃんに言ってごらん」 サワラの柔らかな視線が、カジカのそれと合わさる。 カジカの小さな口がなにか言い淀むようにぱくぱくと開いた。 「あのね、えっと、お姉ちゃんは私の名前のこと……変に思ったことない? 」 ぽつりぽつりと吐き出すように漏れたか細いそれは、いつもの明るくて柔らかいカジカの声色からは想像できないものだ。 ちらちらとサワラの瞳と虚空を行き来する視線が、おずおずとサワラをうかがう。 「それはカジカって名前のこと?うーんカジカが生まれた時からお姉ちゃんにとってはカジカだったからねぇ」 やっぱりカジカはカジカよねぇ。 そんな風に繋げて、サワラは笑った。 けれどカジカはそれでもなんだかもやもやしたものが吐きだせなくて、なんとなく心地が悪かった。 「私もね、変わった名前だって言われることもあったけどあんまり気にしたことなかったんだ」 お魚屋さんだからお魚の名前なんだなぁ。 それぐらいに思ってたんだ。 繋げた言葉のトーンがだんだんと小さくなるのを感じて、サワラがじぃと目を細める。 「でもお姉ちゃんは4月生まれだよね。 だから鰆なんだなぁって思ったんだけど私はね……魚に秋でカジカなんだって……」 なんとか吐き出すように漏らした言葉と共に、カジカは首を垂れた。 サワラはそこでやっとカジカが言いたいことが分かった。 魚の名前はたくさんあるけれど、それにはどれもその魚を表す漢字がある。 サワラは魚編に春でサワラと読むけれど、カジカは魚編に秋でカジカと読む。 どうして冬に生まれた自分が鰍なのか。 それがわからなくてカジカは自分の名前が……自分がなんなのかよくわからなくなってしまったのだ。 「カジカが落ち込むのもお姉ちゃんわかるよ……お姉ちゃんはなんでカジカがカジカなのか知ってるけど……」 「えっ、お姉ちゃん知ってるの? 」 サワラの言葉にカジカが驚嘆の声を上げる。 「カジカが自分の名前に向き合えるようにナナスタのみんなにも名前の由来を聞きに行こう! 」 「お姉ちゃんが教えてくれればいいよね? 」 「ほら、しぃちゃんも連れて行くよ! 」 カジカの言葉に有無を言わせず、動き出したサワラはもう止まらない。 けれどなんとなく気分は軽くなっている。 サワラの唐突な行動にはいつも引っ張り回されるけれど、不思議とそれが心地良いと感じていた。

次の

晴海カジカ

晴海 カジカ

カジカ。 カサゴ目カジカ科に属する魚。 地方名ゴリ、ドンコ。 最大全長15cm。 清涼な流れの中に住み、一生を川で過ごす。 西暦2034年現在、多くの書籍が電子化され、タップ一つで閲覧が可能だというのに、少女は分厚い紙の塊とにらめっこしていた。 魚類大全と銘をうたれたそれの前半部。 河川、湖沼の魚類にカテゴライズされるそのページ。 海のものに比べて地味と表現して差し支えのない魚類が並ぶそこに、彼女の名前の響きと同じその魚はいた。 なんというか、パッとしない魚だ。 第一印象はそんなものだった。 普段店で扱う魚とはまるで違う。 しいて言うなら秋口に扱うハゼのそれに近いけれど、それと比べても幾分か頭が大きいぼってりとした見た目だ。 愛嬌があると言えばなんとなくそう思えてくるようなユーモラスな見た目だが、鈍臭そうと片付けられてしまえばそれまで。 あまり人好きのする類の魚であるようには思えなかった。 カジカはホロコンを取り出すと、図鑑の右下部、参考リンクとして載せられたデータを読み取った。 紙媒体ではわからない生態が、今ではデータに繋げば立体となって目の前に現れる。 パクパクと口を開いたり閉じたりする小さな魚は、まるでそこに本当にいるみたいだった。 ごろごろとした岩の上をひょこりひょこりと這うような、跳ねるような、なんとも形容しがたい動き。 カジカが店で扱うような真鯛や鰤とは異なるあまり見たことのない挙動だ。 ハゼだとかマゴチだとか、海底を這って泳ぐような魚に似ているが、更に幾分が大人しい印象の動き。 あまり積極的な方ではない自分とどこか近しいものを感じて、カジカは一つ大きな溜息を吐いた。 なんで私はカジカなんだろう。 呟きは誰に聞かれるでもなく虚空に溶けて、消えていく。 酸素が抜けて空っぽになったはずの胸は、ひどく重い何かがつっかえているように感じてしかたがなかった。 こんなこと知らなければよかったのに。 好奇心というのは厄介なもので、時に知りたくなかったことまで掘り起こしてしまう。 ひどく辛いだとか悲しいだとか、ぼろぼろと涙を流せるようなことならばかえってよかったのかもしれない。 喉の奥に骨が引っかかったような。 胸の奥に何かねばねばとしたものが詰まったような。 そんな感覚がカジカの中で強く主張して、なにも手につかない。 気にする必要なんてなにもないことなのかもしれないけれど、一度気になったらそれは彼女にはひどく大きなことのように思えて、どうしようもなかった。 はぁ……。 何度目の溜息か。 数えることも億劫になるようなそれは、誰にも知られることなく虚空に消えて溶けていく。 抱えきれない胸の重さを、どうにかして吐き出してしまいたい。 そんな気持ちの混じった湿っぽいそれは、ただの空気の塊でしかなくて、カジカの気持ちを軽くしてくれることなんてはないはずだった。 「暗い顔しちゃってどうしたのかじかぁ?」 けれど、そんなちっぽけなそれは当たり前みたい拾われた。 ベッドにうつ伏せになって、ぐるぐると頭を悩ませていたから、カジカはまるでそんなことに気付かなかったけれど、姉のサワラはこんな時いつだってカジカをほっといてはくれないのだった。 「お姉ちゃん……? 」 「そうでーす、お姉ちゃんでーす」 いつも通り。 サワラは努めて明るく答えた。 ひどく気が重い時でも、姉が、サワラが同じように笑ってくれるだけでなんだかなんでもないことのように思えてくるのだから不思議だ。 はぁ……。 けれど、今日ばかりはなんだかそれでも憂鬱でカジカはまた小さな溜息を吐いた。 「むぅ〜? なにか悲しいことがあったんならお姉ちゃんに言ってごらん。 可愛いお顔が台無しだぞ〜」 サワラの手がくしゃくしゃとカジカの髪を撫でる。 柔らかな手のひらがくすぐったくて、カジカの両の瞳がじぃとサワラを見つめ返した。 「ほら、お姉ちゃんに言ってごらん」 サワラの柔らかな視線が、カジカのそれと合わさる。 カジカの小さな口がなにか言い淀むようにぱくぱくと開いた。 「あのね、えっと、お姉ちゃんは私の名前のこと……変に思ったことない? 」 ぽつりぽつりと吐き出すように漏れたか細いそれは、いつもの明るくて柔らかいカジカの声色からは想像できないものだ。 ちらちらとサワラの瞳と虚空を行き来する視線が、おずおずとサワラをうかがう。 「それはカジカって名前のこと?うーんカジカが生まれた時からお姉ちゃんにとってはカジカだったからねぇ」 やっぱりカジカはカジカよねぇ。 そんな風に繋げて、サワラは笑った。 けれどカジカはそれでもなんだかもやもやしたものが吐きだせなくて、なんとなく心地が悪かった。 「私もね、変わった名前だって言われることもあったけどあんまり気にしたことなかったんだ」 お魚屋さんだからお魚の名前なんだなぁ。 それぐらいに思ってたんだ。 繋げた言葉のトーンがだんだんと小さくなるのを感じて、サワラがじぃと目を細める。 「でもお姉ちゃんは4月生まれだよね。 だから鰆なんだなぁって思ったんだけど私はね……魚に秋でカジカなんだって……」 なんとか吐き出すように漏らした言葉と共に、カジカは首を垂れた。 サワラはそこでやっとカジカが言いたいことが分かった。 魚の名前はたくさんあるけれど、それにはどれもその魚を表す漢字がある。 サワラは魚編に春でサワラと読むけれど、カジカは魚編に秋でカジカと読む。 どうして冬に生まれた自分が鰍なのか。 それがわからなくてカジカは自分の名前が……自分がなんなのかよくわからなくなってしまったのだ。 「カジカが落ち込むのもお姉ちゃんわかるよ……お姉ちゃんはなんでカジカがカジカなのか知ってるけど……」 「えっ、お姉ちゃん知ってるの? 」 サワラの言葉にカジカが驚嘆の声を上げる。 「カジカが自分の名前に向き合えるようにナナスタのみんなにも名前の由来を聞きに行こう! 」 「お姉ちゃんが教えてくれればいいよね? 」 「ほら、しぃちゃんも連れて行くよ! 」 カジカの言葉に有無を言わせず、動き出したサワラはもう止まらない。 けれどなんとなく気分は軽くなっている。 サワラの唐突な行動にはいつも引っ張り回されるけれど、不思議とそれが心地良いと感じていた。

次の

晴海カジカが大健闘!! 総合キャラ人気ランキング12月3日までの結果を発表

晴海 カジカ

Tokyo 7th シスターズ 新曲「Hello... my friend EMO edit 」及び 「晴海カジカ」の 新 EPISODE. 5 が登場! 株式会社 Donuts(本社:東京都渋谷区、代表取締役:西村啓成、以下 Donuts)の、App Store及び Google Play にて提供中のスマートフォン向けゲームアプリ「Tokyo 7th シスターズ」は、2017 年 5 月 25 日(木)にアップデートを行ないました。 これにより Ver. 0 による機能の改修されたほか、新曲「Hello... my friend EMO edit 」がゲーム内に登場し、それを祝したイベントやキャンペーンを開催。 また、「晴海カジカ」の新 EPISODE を公開し、そちらにちなんだ「7th LOVELY SISTER ガチャ」なども開始いたしました事をお知らせいたします。 my friend EMO edit 」が、ゲーム内に登場いたします。 別ボーカルバージョンがゲーム内に実装されるのは初の試みとなります。 本曲のリリースを祝した記念キャンペーンとして、期間限定でライブステージが全曲開放されるほか、4U モチーフのコーデアイテムが獲得できるイベント「第 15 回 Try The New Number!! 」が開催されます。 5「私のファン」リリース!記念ガチャも登場! 今春スタートし、順次実装を行なっております EPISODE. その新たな物語として、「晴海カジカ 私のファン」を公開いたしました。 「サワラとシンジュのおまけ」「普通で平凡」を自認するカジカがビデオメッセージでファンに伝えたけなげな想いとは…… EPISODE を読むためには、i-n-gLV を上げて EPISODE. 5 ミッションをクリアする必要があります。 6 月1日までの期間、i-n-gEXP が 1. 5 倍のプライベートレッスン応援キャンペーンも実施しておりますので、そちらも是非ご活用ください。 5 公開に合わせ、期間限定で「7th LOVELY SISTER ガチャ」が登場いたしました。 初回 11 連は 1000 セブンスコインとお得になっております。 ガチャを開放するためには、「晴海カジカ」のi-n-gLV を上げエピソードを読む必要がありますが、初回の 1 連は無料ですので、i-n-gLV を上げて挑戦しよう!! 0 実装で、エピソード検索や i-n-g システムが便利にアップデート! 本日のアップデートにより、ゲームバージョンが 4. 0 となりゲーム内改修が行われました。 それにより、エピソード機能及び i-n-g システムがより使いやすくなりました。

次の