楽天 キャッシュ。 楽天ペイでポイント/楽天キャッシュの使用を優先する方法|KW BLOG

楽天キャッシュとは?使ってわかったメリットと注意点!使い方から出金方法まで解説!

楽天 キャッシュ

楽天キャッシュと楽天ポイントは楽天内での買い物は基本同じ この二つは別々のポイントのように見えますが、楽天市場のお買い物に使うという意味では、下の図のように共通して利用することができるようになっています。 たとえば、楽天スーパーポイントが2000ポイント、楽天キャッシュが3000ポイントある場合、合計5000円のお買い物まで一度の買い物で使えます。 楽天ポイントと楽天キャッシュの違いを比較 つづいて、楽天スーパーポイント(楽天ポイント)と楽天キャッシュの違いについてみていきましょう。 楽天ポイント 楽天キャッシュ 入手方法 ・楽天市場でのお買い物で付与 ・楽天カードの利用で付与 ・楽天ポイントカードの利用で付与 ・楽天市場のキャンペーン ・購入 ・楽天アフィリエイト 有効期限 最終利用から1年間 ただし、は延長の対象外。 楽天キャッシュは入手する機会がかなり限られていることがわかりますね。 自分自身でわざわざ楽天キャッシュを購入するか、楽天アフィリエイトの報酬として受け取るというくらいしかありません。 楽天キャッシュは楽天カード(クレジットカード)で購入すれば手数料無料で購入できますが、あえて、購入するメリットがないです。 昔は楽天市場でもクレジットカード不可のお店があり、そういうお店で買い物をするときには楽天キャッシュを利用するメリットがありましたが、今は楽天市場にカード不可のお店はないはずなので、あえて楽天キャッシュを使う必要はないはずです。 人に贈ることができるという点もありますが、皆が皆、楽天を使っているというわけではないでしょう。 それなら、ギフト券やなどのようなもので贈った方が喜ばれるのではないかなと思います。 楽天キャッシュは現金化が難しい 楽天キャッシュは一応、現金化が可能です。 そうするくらいなら生活必需品などを楽天市場で買うほうが圧倒的にお得です。 楽天ポイントと楽天キャッシュはどちらを先に消化すべき? 楽天ポイントと楽天キャッシュの両方を持っている人は、楽天市場などでのお買い物でポイントを使って買う時、楽天スーパーポイントと楽天キャッシュのどちらから先に消化すべきでしょうか? 楽天ポイントは使い道が豊富 まず、利用の汎用性を考えた時、 楽天ポイント(スーパーポイント)の方が使い道が広いです。 楽天ポイント加盟店で使うことができる• ANAマイルや楽天Edyと交換できる• 楽天証券を通じて投資信託の購入が可能 楽天スーパーポイントは、楽天ポイントとしてアプリやポイントカードを使ってリアル店舗でも使うことができます。 また、マイルなどの他のポイントへ移行することができるというのも大きなメリットといえそうです。 また、2017年8月からは楽天証券を経由させることになりますが、投資信託の購入も可能になります(要、楽天証券の口座) さらに、以下の記事でも詳しく紹介しますが、ポイントで買った投資信託をすぐに売ってしまえば楽天ポイントの現金化もほぼ100%に近いレートでできてしまいます。 楽天キャッシュは使いにくい? 一方の楽天キャッシュは楽天市場の中でしか利用できません。 そう考えると汎用性の低い楽天キャッシュから先に使うのが正解といそうです。 ちなみに、楽天市場でお買い物をするときに、楽天スーパーポイントと楽天キャッシュの両方を保有している状態でお買い物でポイントを使う場合、デフォルトではキャッシュが優先して使われるようになっています。 期間限定ポイントがあるときは注意して 原則的には楽天キャッシュを優先消費でよいと思いますが、その例外としては、保有する楽天ポイントに期間限定ポイントがあるというケースはポイント優先にした方がいいかもしれません。 楽天の期間限定ポイントについては「」でも紹介している通り、使用期限が短いポイントです。 楽天ポイント加盟店では利用できますが、ANAマイルや楽天Edyとの交換はできなくなっています。 そうしたポイントがあり、特に、期限が近いようなケースでは楽天ポイントを先に使うという選択肢の方が有効になりそうです。 以上、楽天スーパーポイントと楽天キャッシュの違い、使い分けのコツを紹介しました。

次の

楽天ペイ、7月から「楽天キャッシュ」と「楽天ポイント」での支払いも1%還元対象に

楽天 キャッシュ

0~1. 5%のポイント還元を受けられるようになります。 しかし、「楽天キャッシュって何?」という人もいると思います。 楽天キャッシュとは、楽天市場などで使える電子マネーのひとつです。 オンライン決済にも使えますが、現在は楽天ペイのチャージ用に使う人が大半を占めるサービスです。 楽天キャッシュを使うと、楽天ペイを 楽天銀行やラクマ売上金からチャージできるようになります。 クレジットカードを持っていない人も、気軽に楽天ペイを利用できます。 ほかにも、個人間送金やチャージ残高の出金など、楽天ペイだけではできない使い方をするのに必要なサービスです。 楽天ペイのチャージ• 楽天市場・ラクマでの支払い• 個人間送金 かつて楽天キャッシュは、楽天市場やラクマでのオンライン決済にしか使えませんでした。 現在は、楽天ペイへチャージすることで、チャージ残高をリアル店舗で利用できます。 楽天ペイを使えば、セブンイレブンやローソンなどの主要コンビニだけでなく、ドラックストアや百貨店、本屋など、幅広いお店で決済できます。 楽天キャッシュは、フリマアプリ「ラクマ」の売上金をチャージできます。 楽天キャッシュが楽天ペイで使えるようになったことで、 ラクマの売上金をコンビニなどで使い切れるようになりました。 また、楽天キャッシュの利用者同士なら、 個人間送金もできます。 友人が食事代を立て替えて払ってくれたときなどに、楽天キャッシュからサッと送れます。 楽天キャッシュのチャージ方法 楽天キャッシュを利用するには、 事前チャージが必要です。 チャージ方法は、 楽天カード・楽天銀行の口座残高・ラクマ売上金の3種です。 楽天カード・楽天銀行チャージ 楽天キャッシュの主要チャージ方法は、 楽天カードもしくは 楽天銀行です。 どちらも、手数料なしでチャージできます。 楽天カード以外のクレジットカードや、楽天銀行以外の口座からはチャージできません。 楽天カードから楽天キャッシュにチャージすると、楽天スーパーポイントが0. 5%分還元されます(200円ごとに1ポイント)。 少しでもお得にポイントを貯めたい人は、楽天カードからのチャージをおすすめします。 楽天キャッシュへのチャージは、楽天ペイアプリから行います。 楽天ペイアプリの「チャージ」というボタンをタップすると、すぐにチャージ画面で手続きできます。 メルカリのメルペイと同じような使い方です。 今までラクマの売上金は、ラクマの買い物で使い切るか、銀行振込をしてもらうかしか使い道がありませんでした。 振込申請をすれば銀行口座に入金してもらえますが、振込手数料がかかるというデメリットがあります。 しかし、 ラクマの売上金を楽天キャッシュへチャージすれば、手数料が一切かかりません。 楽天市場でネットショッピングをよくする人や、楽天ペイが使えるお店によく行く人は、楽天キャッシュへのチャージがおすすめです。 「振込手数料を取られたくない」「売上金をラクマの買い物で使い切れない」という人も、日頃の買い物で売上金を使い切れるので便利です。 楽天キャッシュの使い方 楽天キャシュに残高をチャージすれば、いつでもキャッシュレス決済として活用できます。 楽天市場・ラクマで支払う 楽天キャッシュは、楽天市場とラクマでの支払方法として選べます。 楽天市場では、注文確認画面で「 ポイント利用」を選ぶと、ポイントや楽天キャッシュを使うよう設定できます。 ポイントより楽天キャシュを優先的に支払う設定も可能です。 ラクマでも、「 楽天ポイント/キャッシュ」から利用設定すればOKです。 楽天ペイから支払う 楽天ペイで楽天キャッシュのチャージ残高を使う際は、 QRコード決済を利用します。 アプリのQRコードをお店で読み取ってもらうか、こちらがお店のQRコードをスキャンします。 楽天ペイが使える加盟店は、全国にあります。 セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• 上島珈琲• エディオン• 洋服の青山• AOKI• アーバンリサーチ• ジュンク堂• 楽天市場• 楽天トラベル• ラクマ• 無印良品• TOHO CINEMAS• ドミノ・ピザ 個人間送金 2019年3月のアップデートで、楽天ペイアプリで 個人間送金を利用できるようになりました。 個人間送金とは、楽天キャッシュにチャージした残高を知人や友人に送ることができるサービスです。 銀行振込に近いイメージです。 相手も楽天キャッシュを利用していれば、かんたんにお金を送ることが可能です。 食事代を立て替えてもらった相手にその場で送金したり、遠く離れている家族に仕送りをしたりと、幅広い使い方ができます。 食事代の割り勘• 子どもに仕送り• 買い物を代行してもらった友達に送金• フリマや手作り市での会計 スマホのアドレス帳にメールアドレスや電話番号を登録している相手なら、楽天ペイアプリの「送り先一覧」から相手を選ぶだけで送金できます。 メールアドレスなどを知らない相手にも、「受け取りリンク」を発行してURLをラインなどで送れば、受け取ってもらえます。 銀行振込のように、支店名・口座番号を教えてもらう手間がいらないので手軽です。 現金として出金 楽天キャッシュのチャージ残高は、楽天銀行の口座に出金することができます。 たとえば、楽天キャッシュで送金をしてもらったお金を現金として引き出せます。 ただし、出金できるのは自分名義の 楽天銀行口座のみで、他の銀行口座は使えません。 出金手数料が10%かかるため、あまりおすすめできません。 ローソンやファミリーマートなど、普段の買い物で楽天キャッシュを使い切るほうがお得です。 出金は1,000円単位• 1回の上限は10万円まで• 1ヶ月の上限は100万円まで 将来的には、楽天キャッシュで 現金の受け取りができるようになる予定です。 楽天キャッシュで送金したお金が現金で受け取れるようになると、楽天キャッシュから銀行口座へ換金する手間がなくなります。 今後のアップデートに期待です。 楽天ペイと楽天キャッシュの違い 楽天ペイも楽天キャッシュには、共通点があります。 どちらもクレジットカードを登録して使え、オンライン決済に対応している点などです。 楽天ペイでクレジットカードを使う際、以下2通りの方法があります。 楽天ペイにクレジットカードを登録し、 クレジットカード払い• 楽天キャッシュに楽天カードで事前チャージし、 楽天キャッシュ支払い 楽天ペイで支払う際は、「お支払い元」を選べます。 楽天ペイに楽天カードを直接登録すれば、事前チャージ不要で決済できます。 楽天キャッシュに楽天カードを登録し、事前チャージしておき、楽天ペイの「お支払い元」で楽天キャッシュを選ぶことも可能です。 楽天カードを持っている人は、「 楽天カードでチャージした楽天キャッシュ」で楽天ペイを利用するほうが、還元率が高くなります。 2020年7月から、楽天ペイのポイント還元率が支払方法によって変わります。 いちいち楽天キャッシュにチャージするのが面倒で、還元率1. 0%でもよい人は、クレジットカード払いを使ってもよいと思います。 ただし、楽天カード以外のクレジットカードではポイント還元が受けられないので要注意です。 楽天キャッシュから支払う際は、「お支払い元の設定」から楽天キャッシュを選ぶか、アプリトップで「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れます。 楽天Edyは、 実店舗での支払いに強い電子マネーです。 楽天Edyは電子マネーのトップシェアを誇り、楽天ペイより加盟店が多いです。 楽天Edyのプラスチックカードもあるので、スマホ決済がよくわからない人にも使いやすいのが特徴です。 楽天スーパーポイントのチャージは可能ですが、期間限定ポイントは非対応です。 ポイント還元率も、楽天ペイよりやや低めです。 通常還元率は0. 5%、楽天カードからチャージして支払えば1. 0%還元です。 楽天カードからのチャージなら、楽天キャッシュを経由して楽天ペイを使って1. 5%還元にするほうがお得です。 楽天ペイが使えるお店では、楽天ペイを優先的に使うほうがおすすめです。 おサイフケータイ機能のあるスマートフォンなら、楽天ペイで楽天Edy決済も可能です。 スマホ1つで、楽天ペイと楽天Edyを使い分けられます。 楽天ペイ併用で利用代金の1. 0~1. 5%がポイント還元• 銀行口座やラクマ売上金からもチャージ可能• 個人間送金できる 楽天ペイの相棒的存在、楽天キャッシュ 楽天キャッシュは、今や楽天ペイをより便利に使うための相棒のような存在です。 単体で使う機会は少ないと思います。 楽天ペイに銀行口座からチャージしたいときや、ラクマの売上金を使い切りたいときは、楽天キャッシュを使えばOKです。 楽天カードを持っている人は、楽天キャッシュにチャージしてから楽天ペイ決済することで 還元率1. 5%まで引き上げられます。 楽天キャッシュは、基本的には楽天ペイアプリやラクマアプリから使えます。 個別アプリが必要ない点も、個人的には便利だと思っています。

次の

楽天キャッシュとは?使ってわかったメリットと注意点!使い方から出金方法まで解説!

楽天 キャッシュ

あなたはスマホ決済 キャッシュレス決済 を利用していますか。 私は2019年に楽天カードを手に入れ、楽天ペイを利用してきました。 支払い方がスマートであることも魅力ですが、 その一番の理由は 「お得だから」です。 ただ、実は「お得な条件」は時期ごとに変わっています。 これを知らないと、気づいたときには「お得の取りこぼしをしていた」ということにもなりかねません。 実際、2019年10月から経済産業省が実施するキャッシュレス・消費者還元制度にあわせて、楽天ペイは「5%の還元キャンペーン」を2回行っていました。 しかし、このキャンペーンは3月頭で終了しています。 コロナのこともあって、私はこのことに気づいていませんでした。 このようなことが起きないためにも、「今後お得に楽天ペイを利用するためのポイント」を確認していきましょう。 えっ?!楽天ペイの支払いは「クレジットカード」で行った方がお得じゃないの? と思った人もいるかもしれません。 ただ、実は2020年7月以降、楽天ペイでは「楽天キャッシュ」での支払いが一番お得となるのです。 ひょっとすると、「とにかく〇〇しておけばお得だった時代」は終わったのかもしれません。 これからは「知っている人だけお得になる時代」を迎えていきます。 大丈夫です。 「細かい部分については、実はよくわかっていなかった」という人も、この先を読むことでバッチリ理解できるようになります。 正直、もうここまで「〇〇ペイ」が浸透していくと、 「今さら恥ずかしくて聞けない」という人もいるかもしれませんね。 結論はすでに出ていますが、今後のために「楽天ペイ」と「楽天キャッシュ」や「楽天カード」の位置づけから確認をしてきます。 楽天ペイ、楽天キャッシュ、楽天カードの位置づけとは まず、「〇〇ペイ」とは、「スマホ決済アプリ」のことです。 このアプリを使うことで、スマホだけで決済 支払い を行うことができます。 つまり、 「楽天ペイ」とは、「楽天会員向けのスマホ決済アプリ」のことなのです。 楽天会員向けということからもわかりますが、楽天ポイントが使える・貯まるのが特徴です。 通常の支払いでは、レジで現金を用いて支払いを行いますが、楽天ペイでは現金を用いません。 楽天ペイでは、現金の代わりに「楽天キャッシュ」や「楽天カード」を用いるのです。 「楽天キャッシュ」と「楽天カード」の違いとは そして、「楽天キャッシュ」と「楽天カード」の違いは、以下の表の通り。 「事前のチャージ」が 必要かどうか• 「ポイント還元率」が 1. 5%か1%か です。 私と同じく 「お得さを求める」のであれば、「楽天キャッシュ」一択であることがわかります。 「まだ楽天カードを持っていない」という人は、こちらから申し込みを。 「楽天キャッシュ」のチャージ方法は3つ 「楽天キャッシュは事前のチャージが必要」ということでしたが、実はその方法は3つあります。 楽天銀行から• 但し、カード払いには対応していますが、 チャージには対応していません。 事前チャージの方法は3つもあるのに、「1」しかも、「楽天カード」限定でお伝えしているのには理由があります。 そもそも、 「楽天カード」 以外での支払いは キャンペーンの対象外です。 つまり、還元なし。 そして、 「楽天カード」 以外では、 楽天キャッシュにチャージができません。 また、「2」「3」だとお得さが減ってしまいます。 ですから、「楽天カードからの楽天キャッシュのチャージ払い」という結論になるのです。 まだ「楽天カード」を持っていないという人は、こちらから申し込みができます。 「楽天キャッシュ」を使うことで見えてきた、メリット・デメリット もともと私は、楽天ペイの支払いは「楽天カード」で行っていました。 そして、2020年6月から「楽天キャッシュ」に切り替えたのです。 そこで感じた、ポイント還元率以外の、メリット・デメリットについてまとめます。 メリット:計画性が上がり家計管理がしやすくなる 決まった金額をチャージすることで、計画性が上がります。 例えば、使う金額を「月間20,000円」「月間40,000円」などと決めておけば、1回あたりのチャージ金額が決まってきます。 レジで支払うたびにチャージした残高が減っていくため、「財布の中の現金」と同じ感覚で管理ができるのです。 クレジットカード払いのときは、正直な話、財布のひもが緩かったと思います。 それに加えて、端数の積み重ねが意外と大きいと感じました。 そうです。 いくらでも使えるので「大雑把な家計管理」になってしまっていたのです。 それに対して、事前チャージの「楽天キャッシュ」に切り替えてからは、「使いすぎているからこれは我慢しよう」という感覚が出てきました。 「家計管理が計画的にしやすい」ということが、「楽天キャッシュ」の最大のメリットでしょう。 デメリット:必要以上にチャージしてしまう 支払いをするときに、私が一番避けたいのは「残高不足」です。 レジで「残高不足」って言われると、何か恥ずかしいですし、ちょっと焦ってしまいませんか。 ひょっとして、そんなことを考えるのは私だけでしょうか。 どちらにせよ、「支払う金額以上にチャージする必要がある」ということがデメリットかもしれません。 まとめ:楽天ペイの支払いは「楽天キャッシュ」の一択 「あるときお得だったもの」が、今もお得とは限りません。 そして、キャンペーンや情報は「活用してなんぼ」です。 最新の情報をキャッチして、しっかりと波に乗ることで「プラスアルファのお得」を取りこぼさないようにしてください。 楽天ペイをお得に利用するために必要となるのは「楽天カード」です。 ここから申し込みをして、一日でも早く「お得」を手に入れてください。 誰かのお金で損をしないためのお役に立てていれば幸いです。 この先は個人の責任で:さらにお得に楽天ペイを使う方法 2020年9月以降 2020年9月以降は、新たなキャンペーンが用意されています。 それが、「マイナポイント」といわれているものです。 「マイナンバーカードとキャッシュレス決済のサービスをリンクさせることで、大量のポイントが還元される」というものです。 このキャンペーンは2020年9月からです。 マイナンバーカードについては、パスワードの管理や個人情報漏洩の危険性も指摘されていますので、ここからは個人の責任のもと決定してもらえれば、と思います。 マイナンバーカードを作りたい人は、こちらを参考に。

次の