マンウィズ 茨城出身。 [おぬ]🏳️‍🌈🌈(@ymok01)のプロフィール

NGT48メンバー一覧

マンウィズ 茨城出身

2010年、突如として現れたオオカミバンド 「MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)」 音楽フェスに、その姿を表し、どんどんと音楽好きを魅了し、一気に知名度をあげました。 それは決して、 「バンドのメンバーが、オオカミの被り物」をして物珍しいという理由で、 人気が出たのではなくやはり、彼らの 「音楽性」が認められての結果。 しかし、誰もが、「マンウィズの正体」について、1度は疑問に思ったことがあると思います。 実は、最近何気に、インターネットで検索していると MAN WITH A MISSIONの正体は、 Grantzというバンドであるという噂があることを知りました。 ちなみに、テーマソングにもなっていたみたいですね。 MAN WITH A MISSIONのデビューアルバムが発売されたのが、2010年のことです。 ボーカルの、タナカさんだけは、声を聞く限り間違いないとは思いますが、 公式発表はされていません。 地元の茨城県筑波及び都内で勢力的にライブを展開。 03年夏アパレルブランドSeedleSs企画イベント 『LINKAGE ATTACK!! 』出演。 独特の世界観のある曲と詩。 ファンクのビート、 ストリートなスタイルのミクスチャー。 あまり聴き慣れないDJのスクラッチの音が耳を 刺激する。 Grantz グランツ のメンバープロフィール 出典: Dr:Yumiza(ゆみざ とものり):栃木県出身 Grantz グランツ 発表作品 アマゾンで、Grantzのアルバムを検索すると、とんでもない金額で売られています。 もう、製造販売されていないのでしょうか。 ちなみに、アマゾンで「Grantz」と検索すると、MAN WITH A MISSIONの作品も、引っかかってきます。 ELLEGARDENだって、細美武士さんは、the HIATUS、MONOEYESという別バンドをつくって活躍しています。 そういう意味では、元GrantzのメンバーがMAN WITH A MISSIONというバンドを新たにつくっていたとしても おかしくありません。 ようは、 「公式発表」するか、しないか?の違いだと思います。 しかし、Grantzの曲を聴いていて思ったのは「いい曲ばかり」ということ。 それだけに、MAN WITH A MISSIONが売れて、バンドは 「いい曲、カッコイイ曲」だけでは売れないんだなと 音楽業界の厳しさを実感させられます。 きっと、MAN WITH A MISSIONがでてきたのも、 「Grantzの曲は、カッコイイ!ぜったいに売れなきゃおかしい」と 周りの人たちが思ったのではないか?と思います。 見事、オオカミバンドとして売り出すことで、プロモーションは成功。 もともと、カッコイイ曲だったため、必然的に、マンウィズに人気が出たのは間違いないでしょう。 無論、公式発表されているわけではないので、あくまで個人的な予測ですが、 どちらにせよ、今後も、MAN WITH A MISSIONの活躍を期待しています。

次の

NGT48メンバー一覧

マンウィズ 茨城出身

MAN WITH A MISSIONの正体はGrantz説 そもそも「Grantz」とは、 どのようなバンドだったのかというと、 2002年から本格的にバンド活動を始めて、 茨城県のつくば市出身として、 2010年まで8年間活動されたバンドです。 Grantzのバンドメンバーは、 Tsuyoshi:ボーカル Nishida:ベース Hiroshi:ボーカル兼ギター Nakajima:DJ Yumiza:ドラム と、構成はマンウィズと丸かぶりです。 グランツの意味は、スラング語で「クソがき」という意味だそうです。 2003年には人気の10FEETとも共演しており、 業界では知る人ぞ知るカッコイイバンドだったのです。 現在のマンウィズも10FEETと良い関係にあるとされ、 それは前身と噂されているグランツ時代の繋がりではないか?と言われてます。 さらには マンウィズはグランツの曲を歌ったこともあり、 その演奏される曲のクオリティが、 まさかまさかの 本家のグランツにそっくりなのです! 疑われてもおかしくない・・・、 むしろ隠すつもりもない・・・と噂されてます。。 笑 ボーカルの片岡剛さんとトーキョー・タナカさんに関しては、隠すことは難しいですね・・・。 声は楽器と違って覆しようのない証拠となってしまいます・・笑。 でも、あくまで公表されていない情報なので、惑わされないでください! マンウィズの素顔と証拠 画像。 タナカ・リブ・モニカ・カミカゼ・ジョニー ちなみにマンウィズが歌ってるとされる、 グランツ先輩の楽曲というのは、 「Rock in the House」です。 マンウィズバージョンと、 グランツバーションとでは、 微妙に違いはありますが、 ボーカルの声はほぼ同じです・・笑。 また、過去に流行した ミクシィでは、 グランツのコミニティがあったそうですが、 そこで 「オオカミ野郎」というアカウントから、 グランツの告知の書き込みがあったりしたのです。 楽器構成や、ツインボーカルのスタイルなど、 メンバーの人数までもが同じということで、 多くの人がグランツのメンバーがそのままマンウィズになったと思っているいみたいですが。 マンウィズから何も公表されていないということで、 ボーカルの方以外は、誰が他の方と入れ替わってるかは謎です。 元グランツメンバーの全員が全員、 そのままマンウィズになったとは言い難いです。 噂では元グランツのメンバー3名のみが、マンウィズに加わったとも。 (真相は謎) もともと作る楽曲自体はイカしてたグランツですが、 人気が頭打ちにあっていたということで、 なかなか厚い壁を打ち破れなかったそうです。 しかし、マンウィズになってからの快進撃を見ると、 ロックの世界も個性や見せ方も重要なんだなと実感します。 これからも、あえてずっと非公開でやってこそ、 マンウィズの可愛らしさが引き立つと思うので、 ずっと変わらないマンウィズでいてほしいですね! それでも気になるのは マンウィズの由来とされる「使命」です。 もしかして、ある日、 マンウィズでの使命を果たした頃に、被り物を脱ぐ時が・・・?ジミーさんとグランツ先輩とのつながりなど、裏の設定がある可能性も?? すでに多くのファンに囲まれているマンウィズだけに、これからどれだけ売れても、マスクを脱ぐ時は来ないかも・・・。

次の

MAN WITH A MISSIONが長崎でライブ開催!チケットは争奪戦間違いなし!

マンウィズ 茨城出身

2010年、突如として現れたオオカミバンド 「MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)」 音楽フェスに、その姿を表し、どんどんと音楽好きを魅了し、一気に知名度をあげました。 それは決して、 「バンドのメンバーが、オオカミの被り物」をして物珍しいという理由で、 人気が出たのではなくやはり、彼らの 「音楽性」が認められての結果。 しかし、誰もが、「マンウィズの正体」について、1度は疑問に思ったことがあると思います。 実は、最近何気に、インターネットで検索していると MAN WITH A MISSIONの正体は、 Grantzというバンドであるという噂があることを知りました。 ちなみに、テーマソングにもなっていたみたいですね。 MAN WITH A MISSIONのデビューアルバムが発売されたのが、2010年のことです。 ボーカルの、タナカさんだけは、声を聞く限り間違いないとは思いますが、 公式発表はされていません。 地元の茨城県筑波及び都内で勢力的にライブを展開。 03年夏アパレルブランドSeedleSs企画イベント 『LINKAGE ATTACK!! 』出演。 独特の世界観のある曲と詩。 ファンクのビート、 ストリートなスタイルのミクスチャー。 あまり聴き慣れないDJのスクラッチの音が耳を 刺激する。 Grantz グランツ のメンバープロフィール 出典: Dr:Yumiza(ゆみざ とものり):栃木県出身 Grantz グランツ 発表作品 アマゾンで、Grantzのアルバムを検索すると、とんでもない金額で売られています。 もう、製造販売されていないのでしょうか。 ちなみに、アマゾンで「Grantz」と検索すると、MAN WITH A MISSIONの作品も、引っかかってきます。 ELLEGARDENだって、細美武士さんは、the HIATUS、MONOEYESという別バンドをつくって活躍しています。 そういう意味では、元GrantzのメンバーがMAN WITH A MISSIONというバンドを新たにつくっていたとしても おかしくありません。 ようは、 「公式発表」するか、しないか?の違いだと思います。 しかし、Grantzの曲を聴いていて思ったのは「いい曲ばかり」ということ。 それだけに、MAN WITH A MISSIONが売れて、バンドは 「いい曲、カッコイイ曲」だけでは売れないんだなと 音楽業界の厳しさを実感させられます。 きっと、MAN WITH A MISSIONがでてきたのも、 「Grantzの曲は、カッコイイ!ぜったいに売れなきゃおかしい」と 周りの人たちが思ったのではないか?と思います。 見事、オオカミバンドとして売り出すことで、プロモーションは成功。 もともと、カッコイイ曲だったため、必然的に、マンウィズに人気が出たのは間違いないでしょう。 無論、公式発表されているわけではないので、あくまで個人的な予測ですが、 どちらにせよ、今後も、MAN WITH A MISSIONの活躍を期待しています。

次の