面白い バトル 漫画。 【漫画】「出会って5秒でバトル」あらすじ&おすすめポイント&試し読み

バトル 漫画一覧

面白い バトル 漫画

ゴンは8歳の時、森でキツネグマに襲われたところを、通りがかりのハンターのカイトによって助けられる。 ゴンはハンターに対して強い憧れを抱き、自分もハンターになって、父親に会いたいと思うようになる。 成長して12歳になったゴンは育ての母ミトを説得し、超難関のハンター試験を受けるために、生まれ故郷を旅立つ。 この世の全てを手に入れた男、海賊王ゴールド・ロジャー。 彼が遺したひとつなぎの大秘宝(ワンピース)をめぐり、幾多の海賊達が覇権を賭けて争う大海賊時代が始まった。 イーストブルーのフーシャ村に住む主人公の少年モンキー・D・ルフィは海賊の赤髪のシャンクスと親しくなる。 ある日ルフィはゴムゴムの実という悪魔の実を食べ、一生泳げない体になる代わりに、全身が伸び縮みするゴム人間になった。 その後ルフィはシャンクスを貶める山賊たちから怒りを買い、海に投げ込まれてしまう。 溺れかけ、巨大魚に食われそうになったルフィを、シャンクスは片腕を犠牲にして助け出した。 ルフィは、村を去る間際のシャンクスからトレードマークの麦わら帽子を託され、将来立派な海賊になって再会することを約束する。 ワンピースの情報• 1986年に週刊少年ジャンプで連載開始• シリーズ累計100巻以上• 累計発行部数1億部以上 4位はワールドトリガー ワールドトリガー 面白さが伝わりづらい作品だと思うけどぜひ読んでほしい。 独特な世界観で魅力あるキャラクターが繰り広げる集団戦!燃える。 一人で突っ込んで必殺技ドーン!とかダメ、ゼンゼンダメ。 戦いは数だよ兄貴。 三門市人口28万人、ある日この街に異世界への門が開いた。 『近界民 ネイバー 』、後にそう呼ばれる異次元からの侵略者が門付近の地域を蹂躙、街は恐怖に包まれた。 こちらの世界とは異なる技術を持つ近界民には地球上の兵器は効果が薄く誰もが都市の壊滅は時間の問題と思い始めた。 その時突如現れた謎の一団が近界民を撃退しこう言った 「こいつらのことは任せてほしい 」 「我々はこの日のためにずっと備えてきた 」近界民の技術を独自に研究し「こちら側」の世界を守るため戦う組織界境防衛機関「ボーダー」。 彼らはわずかな期間で巨大な基地を作り上げ近界民に対する防衛体制を整えた。 それから4年、門は依然開いているにも拘らず三門市を出て行く人間は驚くほど少なくボーダーへの信頼に因るものか多くの住人は時折届いてくる爆音や閃光に慣れてしまっていた…。 ワールドトリガーの情報• 2001年から2010年まで月刊少年ガンガンで連載された• 累計発行部数7000万部• 全27巻 6位は ドラゴンボール 今更ながらドラゴンボール面白すぎるな!ピッコロとベジータ推せるわ。

次の

【漫画】「出会って5秒でバトル」あらすじ&おすすめポイント&試し読み

面白い バトル 漫画

*今回の記事は後編です、前編を読んでない方はこちらの記事からどうぞ。 人生スクイズ 年相応の悩みというものがある。 男性なら腹が出てきたり頭皮が怪しくなってきたり変なおっさんの匂いがしてきたりと、主に自分の体に異変が生じるわけだが、女性の場合は悩みの種が違ってくる。 どこかの調べによると女性の結婚適齢期は平均で29. 4歳となっていて、30過ぎた独身女性にとっては生きづらい世の中だなと常々思う。 そんななか、平山は頭を抱えていた。 仕事の悩みだろうか。 いや違う、彼女も30過ぎた独身女性のひとり。 誰が頼んだわけでもない結婚適齢期の調査結果によって生きづらくなっているに違いない。 だとすれば、僕にできることはひとつ。 優しく、けれど深入りしすぎず寄り添ってあげることだけだ。 今までで一番優しい「なんかあったら話、聞くよ?」が出せたはずだ。 この優しさに包まれたならきっと、目にうつる全てのことはメッセージだ。 細かいルールはよくわかんないけど、ギャグセンス高くて普通に笑っちゃう そう!野球漫画として面白いのはもちろん、バトスタの魅力はそこだけじゃない! 怖〜い先輩からの圧や緊迫した試合のシーンがあるからこそ生まれる笑いがそこにはある。 まさに緊張と緩和だ。 読み始めるのに時間はかかったが、もう大丈夫でしょう。 日常エンドラン 元々漫画が好きな平山(31歳・独身)は、一度ハマってしまうと周りが見えなくなってしまうタイプの人間だ。 この一週間、彼女は仕事の合間にバトスタを読み続けた。 電車待ちでも… 信号待ちでも。 なんなら信号が青になっても。 時にはニャンコを愛でながら。 買い物中はもちろん… 半身浴の時でさえ。 いくらなんでも周りが見えなくなりすぎだろうとは思ったが、とにかく仕事の合間をぬってバトスタを読む日々は続いた。 そして一週間が経ち、運命の再テストの日がやってきた。 覚醒フィルダースチョイス 前回は半ば突発的に始まったテストだったが、今回は違う。 あらかじめテストをやると告げ、バトルスタディーズだって読み終えた。 なんなら読み終えた直後だ。 もうこの状態で結果が出せなければ終わりである。 ついでに言えば、散々名前を出しておいて「バトスタ読んでも野球のことよくわかりませんでした」なんてことになったら、確実に両者の関係にヒビが入る。 そんなプレッシャーなんてつゆ知らず、平山の顔は自信に満ち溢れていた。 逆になんで同じ問題出ると思ってたんだよ 一週間で築き上げたはずの自信が一瞬で崩れ落ちたところで、「第二回野球を全く知らない・興味がない女性がバトルスタディーズを読んだら野球の面白さが理解できるのかテスト」、スタートです! 問題を変えたとは言え前回と同じのが3つもあるし、バトスタ読んだ直後ならだいたいわかりそうな問題ばかり。 オーナー松本の優しさと、バトスタ側との関係を悪化させたくないという想いが組み込まれていますね。 1問目はサービス問題ってのもあるけど、今回は安心して見れるかもしれない。 2問目も前回と同じだ、珍回答を期待して読んでいる方々にとっては少し物足りない結果になってしまうかもしれない。 覗き込む松本 !!? なんでー!!! エマージェンシー!今回も駄目そうです! ダブルスチール 押しだし Q10. このシーンにおいてそれぞれの適切なセリフを答えよ。 出てますねー珍回答。 参ったねこれは。 え、読んでたよね?電車待ちでも信号待ちでも、なんなら半身浴しながらも読んでたよね?なに、野球のシーン飛ばして読んでたの?とまぁ言いたいことは山程ありますが、ここは一回落ち着いて振り返ってみましょうか。 まずは問1)野球は何人で何回まで。 同じ過ちを繰り返すような人間ではないんですよ、うちの平山は。 なんてったって慶応大学卒業の秀才ですからね、学習能力が凡人とは違うわけです。 ザクとは違うのだよ、ザクとは! そこに来て問2は前回と同じ。 ラッキー問題ですよ。 まぁ前回は「マジックフラワー」とか答えちゃったけど今回はもう楽勝楽勝、同じ過ちは繰り返しません。 なんでかなぁ! たしかに同じ過ちは繰り返してないけども!なんで急にONE PIECE出てくるの。 校庭に白い線引く石灰と勘違いしたのかな。 でも投手が滑り止めに使うっていう用途はわかってたみたいです。 なんやねんスリップストップ。 次、問5)ダブルスチールの説明、「打者が2回バットをまわす」こと。 本当に何を言ってるのかわからないので先生に説明してもらいました。 これ ホイールか!間違った! 説明しよう。 いや、説明できるかな。 まず突然出てきたホイール。 これは車のタイヤホイールですね、 綺麗な円です。 次に、バッターが打席に入ってバットをくるくると回す仕草ありますよね。 ここでくるくる回す バットを回して円を描く、 「これはまるでホイールだ!」平山はそう連想しました。 2回くるくる回すと「ダブルホイール」 3回くるくる回すと「トリプルホイール」 「スチール」どこいったの? 以上、平山が思う「ダブルスチール」の説明でした。 続けて問6、これは惜しかった。 せっかく「甘い球」と「厳しい球」は正解だったのに、遊び球の説明が「遊び人のようにどこに行くかわからない」と。 それはこっちがわからない。 既にお腹いっぱいですが、最終問題の解説も一応聞いておきましょう。 「ボールをよこせ!」 「よこすな!」 なにを言ってるんでしょうか。 アウトにするから早くボールをよこせ!と、アウト嫌だからよこすな!って心の中で思ってるシーンでしょ? あ、これまだボール持ってないのね。 そして勝手に心で思ってる風なポワワ〜ン付け足すんじゃないよ。 Fly Me To The Moon まぁ今回も酷かったですね。 ただ、前回は1点で今回は3点。 着実に進歩はしているんですよ。 あと、惜しい解答がいくつかありました。 問7も問8も惜しい。 問3なんかは広義では合ってる。 そうなると実質、半分以上正解ってことになりますよね?前回10問中1問しか正解できなかった野球に興味のない女性が、今回は実質半分以上正解。 これはもうバトルスタディーズを読んで野球の面白さが理解できたと言っても過言ではないでしょう。 え?無理がある? じゃあこの際だから僕からも言わせてもらっていいですか? そもそもね、このテスト自体に無理があるんですよ。 個人的には、面白さを語るのに知識はそんなに必要ないと思っています。 そりゃあもちろんルールを知ってたほうが奥深さも出てくるし、知っておいて損はない。 ただ、知らないと魅力を理解することはできないのか?という問いに対しての答えはNOです。 サッカーで言えば、ワールドカップの時だけ日本代表のユニフォーム着て盛り上がる系の女子が「オフサイドとかよくわかんな〜い」つってよく叩かれていますが、個人的には肯定派なんです。 細かいルールなんて分からなくても「すごい!」「面白い!」「かっこいい!」みたいなシンプルな感情は沸くし、その根っこの感情さえあれば充分。 結果的には、バトルスタディーズを読んでも野球のルールはほとんど覚えられなかった。 これは確かな事実です。 ただ、だからといって野球の面白さを理解できなかったわけではない。 彼女は野球を全く知らないのだ。 彼女は野球に全く興味がないのだ。 そんな人でも純粋な感情で興奮できる、それが世界でも多くの人を魅了する「野球」というスポーツなのではないか。 そう思うわけですよ。 そして、彼女が楽しそうにバトルスタディーズを読んでいたのを知っている。 野球のルールは全くわからないけど、そんな人でも「面白い!」と思って読めるのがバトルスタディーズの魅力であり、大きく言えば漫画の魅力だと思う。 結局なにが言いたかったのかというと、 細かいことなんて気にせず、面白い!って気持ちがあればそれでいいんじゃない? ということです。 面白いと思えるものがひとつでもあった方が、人生は豊かになりますよ、きっと。 みなさんにとっての『バトルスタディーズ』が見つかることを願っています。 少しでも多くの人に『バトルスタディーズ』のことを知ってもらいたい。 そして、堺シュライクスで野球に人生をかける選手がいることを知ってもらいたい。 オーナーが熱い想いを綴ったクラウドファンディングのページをご覧いただければ幸いです。 おまけ 問9)の答えが「押しだし」で正解だったときの喜びよう。 よくわかったねと聞いたら「ピンと来たけど、相撲の押しだしと混同したから不安だった」という返しが。 正解なのに説明の意味はわからなかった。

次の

今一番面白い漫画はこれ!「全国書店員が選んだおすすめコミック 2019」ランキング発表!

面白い バトル 漫画

性格も明るく、それでいて突拍子もない行動ばかりとるので見ていて飽きません。 親友のサリーはメイプルをゲームに誘った張本人で、メイプルの相棒役として要所要所で支えてくれます。 この2人を軸にして物語は進行しますが、見ていて楽しい2人なので、楽しく作品を視聴できます。 中には出番が少なめのキャラもいますが、みんな豊かな個性を持っているので、きっとお気に入りのキャラが見つかるはずです。 性格の悪い、嫌なキャラがいない いくら魅力的なキャラがいても、生理的に無理なキャラがいては視聴を断念したくなるかもしれません。 個性の濃い面々が揃う防振りですが、 性格が悪い、腹立たしいと感じるキャラは一人もいません。 むしろいい人ばかりなので、 この作品に入って一緒にゲームしたい!と思わせてくれます。 実際のネットゲームもこれくらい平和ならなぁ……と思ってしまうくらいです。 悪役が存在しない 主人公たちと同じようにゲームで遊ぶプレイヤーが、一時的に敵となるケースはありますが、悪役として立ちはだかるわけではありません。 もちろん チートを使い、ずるをして勝つキャラなんてのも存在しません。 ゲーム内でのボスはモンスターなので、純粋な敵役として機能しています。 ゲームのようなストーリー展開 実際にゲームを舞台にした作品なのですが、これがどういうことかというと、探索、戦い、成長、出会い、等々……これらがバランスよく練り込まれています。 ゲームが舞台であることを最大限に活かしているように思えますね。 スキル取得 メイプルは度々、面白い方法で面白いスキルを取得していきます。 そうなると当然その一連の流れが面白くなり、次のスキルはどんなものだろう、どのように取得するのだろうという期待感を受けます。 また、まともなスキルでもまともじゃない運用をしてくれるのがメイプルなので、その辺りも見ていて楽しいですね。 こういうところも嬉しいポイントですね。 イベント 実際のネットゲームと同じく、定期的にイベントが開催されます。 当然イベント期間中はそのイベントをプレイするので、それに沿った展開が見られます。 イベントの期間外は、通常のステージを攻略したりキャラの育成に努めたりするので、自然と緩急のある物語になる作りになっています。 実際のゲームでも基本そのプレイスタイルになるので、 ゲームであることを利用したストーリー展開が上手いですね。 現実ではなくゲームが舞台ということもあり、安心して戦いを見守れます。 メイプルのバトル 主人公のメイプルの戦闘面での特徴は、防御力に特化していることと、ぶっ飛んだスキルを扱うことです。 そのことから、他のキャラよりも安心感と面白さが増した戦いを楽しむことができます。 もちろんそんなメイプルもピンチに陥ることがあるので、適度な緊張感を持って楽しめます。 防振り11話、いよいよペイン動き出したな。 性格だけでなく戦法も個性豊かなので、見ていて目が離せません。 何より、メイプルと組んだり相対したりするときは一味違う一面が見れることが多いのが、防振りの特徴といえますね。 勝敗はあるけれど命のやり取りは無し ゲームなので、やられても死ぬことはありません。 命もしくは大切な存在を賭けての戦いも存在しない、 純粋にゲームでのバトルです。 これはかなりの嬉しいポイントですね。 筆者は登場人物が死ぬ作品は避けたいタイプなので、そのような方が見るバトル要素があるアニメとしておすすめの一作です。 久しぶりに防振り見たけどメイプルちゃんの安定した戦いが見れて面白かったです。 ああ言ったのほほんとしたキャラなのに蓋を開けたらチート級というあたりがギャップが萌え〜なのでしょうねぇ。

次の