魔剣士のレイピア。 魔剣士

細剣 (さいけん)とは【ピクシブ百科事典】

魔剣士のレイピア

今日は魔理沙の方が起きるのが早かったので、魔理沙が朝食を作っていた。 輪花はまだ起きてこないようだ。 「輪花、どうやってあの吸い物作ったんだろうな…。 今度教えてもらうか。 」 などということをつぶやきつつ、朝食が出来上がった。 …しかし、まだ輪花が部屋からでてこない。 「輪花ー。 朝ごはんできたぜー!」 すると、 「はーい。 」 と、返事が返ってくると同時に、ガチャリと音がして、輪花が出てきた。 「遅かったな。 」 「ごめんごめん。 」 「よし、食うか!」 「う、うん…。 」 口ではそう言ったものの、なにか気にしているようだった。 「…輪花?」 魔理沙が聞いてくると、 「あ、いや、何でもない!」 慌てて答えた。 「そうか…。 結果は…昨日と同じような結果だった。 一回目。 魔理沙の方に向かって転送魔法発動。 魔理沙は僅かに避けきれず、一度被弾。 二回目。 分身魔法発動。 周りの木々の葉っぱが綺麗にとれた。 魔理沙はボムを発動してしまい、輪花に直撃。 マスタースパークのフルヒット。 これは痛い。 残りの結果は 略 「結局転送魔法と分身魔法ばっかだぜ…。 なぜなんだ?」 魔理沙は悩んでいた。 と、その時、 「あのさ…。 ちょっと取ってくる。 」 と、輪花がいきなり言った。 「は?なにを…って、ちょっ!」 魔理沙の質問を聞いていないかのように、輪花は中に入っていった。 「なんだ、それは?」 「朝、起きたらあったんだ。 」 「は?入ってきたら気配とかで気づくはずなんだが…。 輪花はそれに見覚えが有るのか?」 「いや…。 どうやら記憶が飛び飛びになってるみたいだね。 」 「そうか…。 」 「とりあえず使ってみるよ。 」 と、輪花が持ち直したとき、刀で言う 鍔 つば の部分に緑色の魔法陣ができた。 「「おお…。 」」 しかも、その魔法陣は中の文様が違った。 (いわゆる六芒星である。 「…あれ?」 輪花は結果が同じだったことに少し落ち込む。 が、魔理沙は何か違うのを感じていた。 (…そうか!転送魔法か分身魔法が発動していない…。 ) 初日の二回以外は、全て転送魔法と分身魔法が発動していた。 だが、それが発動していなかったのである。 「…輪花。 」 「なに?」 「これからはそれを持って戦うんだぜ!慣れてきたら実践だ!」 「え…!う、うん。 」 いきなりレイピアの二刀流と、近々実践をするということを告げられた輪花は、多少戸惑ったが、すぐに持ち直した。 そうして、魔剣士・輪花は誕生した…。 しかし実践は、翌日行われることに…。

次の

尖剣

魔剣士のレイピア

今日は魔理沙の方が起きるのが早かったので、魔理沙が朝食を作っていた。 輪花はまだ起きてこないようだ。 「輪花、どうやってあの吸い物作ったんだろうな…。 今度教えてもらうか。 」 などということをつぶやきつつ、朝食が出来上がった。 …しかし、まだ輪花が部屋からでてこない。 「輪花ー。 朝ごはんできたぜー!」 すると、 「はーい。 」 と、返事が返ってくると同時に、ガチャリと音がして、輪花が出てきた。 「遅かったな。 」 「ごめんごめん。 」 「よし、食うか!」 「う、うん…。 」 口ではそう言ったものの、なにか気にしているようだった。 「…輪花?」 魔理沙が聞いてくると、 「あ、いや、何でもない!」 慌てて答えた。 「そうか…。 結果は…昨日と同じような結果だった。 一回目。 魔理沙の方に向かって転送魔法発動。 魔理沙は僅かに避けきれず、一度被弾。 二回目。 分身魔法発動。 周りの木々の葉っぱが綺麗にとれた。 魔理沙はボムを発動してしまい、輪花に直撃。 マスタースパークのフルヒット。 これは痛い。 残りの結果は 略 「結局転送魔法と分身魔法ばっかだぜ…。 なぜなんだ?」 魔理沙は悩んでいた。 と、その時、 「あのさ…。 ちょっと取ってくる。 」 と、輪花がいきなり言った。 「は?なにを…って、ちょっ!」 魔理沙の質問を聞いていないかのように、輪花は中に入っていった。 「なんだ、それは?」 「朝、起きたらあったんだ。 」 「は?入ってきたら気配とかで気づくはずなんだが…。 輪花はそれに見覚えが有るのか?」 「いや…。 どうやら記憶が飛び飛びになってるみたいだね。 」 「そうか…。 」 「とりあえず使ってみるよ。 」 と、輪花が持ち直したとき、刀で言う 鍔 つば の部分に緑色の魔法陣ができた。 「「おお…。 」」 しかも、その魔法陣は中の文様が違った。 (いわゆる六芒星である。 「…あれ?」 輪花は結果が同じだったことに少し落ち込む。 が、魔理沙は何か違うのを感じていた。 (…そうか!転送魔法か分身魔法が発動していない…。 ) 初日の二回以外は、全て転送魔法と分身魔法が発動していた。 だが、それが発動していなかったのである。 「…輪花。 」 「なに?」 「これからはそれを持って戦うんだぜ!慣れてきたら実践だ!」 「え…!う、うん。 」 いきなりレイピアの二刀流と、近々実践をするということを告げられた輪花は、多少戸惑ったが、すぐに持ち直した。 そうして、魔剣士・輪花は誕生した…。 しかし実践は、翌日行われることに…。

次の

【小説】タイスの魔剣士(グイン・サーガ111): 八人目の魔道師(ネタバレ読書ノート)

魔剣士のレイピア

概要 魔剣とは、何かしらの不思議な力を宿したのことである。 基本的には 人を惹きつける不思議な魔力や 使用すると特殊な効果を発揮する刀剣であり、特に 人を危うい道へと誘う邪悪な力を持つ刀剣を指して「魔剣」と呼ぶことが多い。 対比として、 神聖な力を宿した刀剣である「」がしばしば引き合いに出される。 魔剣の定義 基本的に以下のようなものを魔剣と指す場合が多い。 人を魅惑したり、正気を失わせる• 呪いや魔法がかかっている• 凄まじい切れ味を誇る• 使うと特殊な効果がある• なにかしらの特別な素材でできている etc… 特に1. の特徴をもつものを魔剣とする場合が多いが、明確に区別する際に必要な条件は、その剣がなんらかの効果(伝説や俗信でも可)を有し、なおかつ「神などの加護や祝福を受けているかどうか」である。 この祝福を受けていない(=聖なるものでない)ものは総じて魔剣と定義されている。 『魔剣=邪悪』…? 「魔剣」はその言葉の響きから邪悪な存在に思われがちである。 事実、に登場する魔剣 ダーインスレイヴは凄まじい切れ味を持つ名剣である一方、 一度抜かれると血を見るまで止まらず、持ち主に破滅をもたらすという呪いがかかっている。 同じく北欧神話に登場する魔剣 ティルフィングも、 持ち主の願いを三度まで叶えるが最後には持ち主を呪い殺すという魔法がかかっている。 その一方で、もともとは神の手で造られた北欧神話に登場する剣 グラム(別称・バルムンク、ノートゥングとも)は、神剣とされておかしくない出自にもかかわらず魔剣扱いされることがある。 またに登場する魔剣 カラドボルグも、凄まじい威力を持つことを除けばこれといって呪いのようなものはない。 つまり魔剣とは「魔法の剣」であって、「悪魔の剣」ではない(悪魔の剣とする場合、 「」と呼ぶことがある)。 魔剣に分類されている武器に正邪の区別はなく、単に上記にあるように祝福を受けているかどうかが問題なのである。 代表的な魔剣 に登場する多くの魔剣はや出身のものが多い。 北欧神話の英雄・シグルズ()の愛剣。 逸話によって「」「」などの別称で語られることもある。 凄まじい切れ味を誇り、魔竜の鱗をも斬り裂いてみせた。 「ダインスレイヴ」「ダインスレイフ」とも呼ばれる。 北欧神話の登場人物・デンマーク王ホグニの所有物。 ダーインの遺産という意味であり凄まじい切れ味を持つ名剣である一方で一度抜かれると血を見るまで止まらず、斬れば外すことはなく、つけられた傷は癒えないと言う性質を持つ。 フレイヤの陰謀によって持ち主であるホグニ王はヘジンと言う名の王と永遠に殺し合う羽目となる。 オーディンの末裔である人間の王が、土精を脅して造らせた魔剣。 柄や装身具が黄金で、鉄を引き裂き、狙った相手にかなず当たる無敵の魔力を有する。 しかし土精が脅された報復として、 一度抜くと誰かを殺さなければ納まらず、三度願いを叶えると持ち主に死の運命をもたらすという、強力な呪いが掛かっている。 「呪われた魔剣」の典型であり、その元祖ともいえるかもしれない。 『』に登場する生きた魔剣「」の原形ともいわれる。 北欧神話に登場する邪神によって作り上げられた武器。 神話中では名前に言及されるのみで正確な形状については不明であり、ともとも、ともとも解釈される。 炎の国(ムスピスヘイム)の王・の妻であるシンモラが保管しており、ヴィゾーヴニルという雄鶏を唯一殺せる武器だと言われている。 伝承のの・の持つ魔剣。 英訳では 【Answerer】と呼ばれ、その名は「応える者」を意味する。 鋭い切れ味もさることながら、最大の特徴は 自動的に敵を捕捉して攻撃するという驚異のロックオン補正がかかること。 これにより、フラガラッハによって狙われた敵は必ずのその斬撃を受けることになる。 主の意思に【応える】からこそ、この名が付いているのである。 ただ昨今では原版の翻訳に際して造形された可能性が濃厚となっており、原典には存在しない神剣である疑惑が浮上している。 ケルト伝承の英雄フェルグス・マック・ロイの愛剣。 「(硬い稲妻、稲妻の一撃)」を意味する剣で、の原形の一つとも言われる。 一瞬で無尽に伸びる刃を持つ魔剣で、フェルグスはこれで向かい側の三つ丘の頂を切り落としたという。 伝承に登場する魔剣。 その名は「光の剣」を意味する。 様々なや伝承の要素が混ざっているため、原形については不明な点が多いものの、 光の力を持つ剣であることは一貫している。 その他の付属設定として有名なのが 相手を自動追尾して攻撃するという特性で、一種ののようにも使えるというもの。 『』に登場するほか、ロシア民話の幾人かの英雄たちが携えた魔法剣。 「抜かずとも自動的に敵を攻撃する」という、自動迎撃機能を有するとされる。 そのほかにもや(、)など、魔剣は多数存在する。 創作における魔剣• 『』に登場する魔剣。 普段は物理的に存在せず、使い手の意思で、もしくは使い手が危機に陥った際に発現する。 その際に使い手は白い長髪に蒼白の肌、剣と同じ色の瞳という姿と化して、背後に茨の冠のような光の輪が現れる。 システム的には戦闘中のコマンド、あるいは戦闘不能時に自動的に発動(+全回復で復活)し、能力を強化するうえに、暴走召喚(召喚石を破壊する危険がある代わりに、召喚術を強化して放つ)もできるようになる。 しかし、使い手の意思により発言する性質上、その力は使い手の精神力に依存しており、使い手が魔剣の力を疑えば、途端になまくら以下の性能になってしまう。 関連する小説版等では「フォイアルディア」、「バルバリーア」、「ヴェルディグリオン」といった新たな魔剣が登場している。 同名の格闘ゲーム『ソウルエッジ』とその続編『』に登場する魔剣、というか邪剣。 『』における魔剣• ラクシア世界の生物の創造主である「始まりの剣」ルミエル、イグニス、カルディアは、それを手に取った人型生物(人族と蛮族)を神にするほどの力を持つ。 「始まりの剣」の複製である魔剣(剣でない武器でも「魔剣」と呼ぶ)には様々な物があるが、所持者がいない状態では新たな持ち主を選定するために迷宮を作り上げる事がある(強力な物ではほぼ確実に。 普通に店売りしているレベルでも可能性は0ではない)。 ゴシックホラーRPGの金字塔『邪聖剣ネクロマンサー』の表題にもなっている、魔王を討つために必要な剣。 使い手によって魔を断つ剣とも、災いを呼ぶ凶刃ともなる。 かつて同じ魔王を封印したのち、力を剣と3つのに分割し、さらに特殊な魔術によって固く封印されていた。 魔王に対抗できる最強の剣であると同時に、人を魔道へと落とす危うさを秘めている。 実際、初代主人公は魔王討伐後にこの剣の危うさを知ったことから地下深くに埋めて封印している。 しかし幾年もの年月ののちに強欲な人間によって掘り起こされ、魔剣として猛威を振るうようになってしまう。 日本のダークファンタジー漫画の大作『』を象徴する無骨な。 後天的に魔剣へと変質した稀有な例で、元はの馴染みの・ゴドーが当時の領主に「竜をも殺せる 荘厳で美麗な 剣を作れ」と命じられるも、貴族趣味に辟易していたゴドーが意趣返しに「竜をも殺せる ほどに巨大で頑丈な 剣」として鍛えたもの。 何十何百という魔性を斬り伏せ続けた結果、 剣自体が斬った魔性の怨念で闇の力を帯びており、生半可な退魔用の武器では及ばないほどの威力を示す。 幽界 かくりよ の深淵『クリフォト』で出現したの顕現体を 本体の片鱗程度の体とはいえ 一撃でぶち抜き、屠り去っている。 のスタイリッシュアクションゲーム『』の主人公・の愛剣であり、「エボニー」「アイボリー」と対を為すダンテの象徴的な武器。 また彼の父「魔剣士スパーダ」の形見でもある。 柄と鍔が骸骨を模しており、ときどき髑髏の目が紅く輝く。 剣としては魔妖の類いを斬れる以外は大きな特徴はないが、その分使い勝手が良く臨機応変な立ち回りを実現してくれる。 どうやら使い手の成長と共にその力が強まる特性をもつことが示唆されている。 の看板ゲーム『』に登場する魔剣。 主人公の振るう意思を持つ剣であり、ランスシリーズ世界の魔人・魔王の持つ「無敵結界」を中和する特性を持つ。 規格外の威力を誇るが、真価を発揮するには魔族への憎悪かエロへの情熱を燃やす必要がある。 対魔族用の最強武器の一つである一方、持ち主の精神力が弱ければ副作用がある。 その出自にはが隠されている。 リプレイ『』、及び関連作品などに登場する魔剣。 メディア(、、)によって設定に差異はあるが、「血肉や生命を欲する、意志のある剣」という部分が基本設定である。 アクションゲーム『』シリーズで、主人公がより授かった双剣。 鍛冶の神ヘファエストスが、冥府の深淵にて鍛えたもので、一度使用すると、剣の柄に繋がった鎖が使用者の腕に絡み付いて焼き付き、死ぬまで取れることはない。 斬撃にはタルタロスの業火が宿り、あらゆる世界の武器が通用しないとされるヘルヘイムのモンスターや茨を断ち斬ることが出来る。 ファンタジーにおける魔剣の役割 基本的には悪役の武器として、ときには主人公サイドにおけるキーアイテムともされる。 RPGなどでは特殊効果を持ったレアアイテムとして扱われる場合が多い。 また、魔剣そのものが主人公の作品(『』)も存在する。 関連イラスト.

次の