ブロッコリー 冷凍。 「冷凍」が便利な野菜、主婦が選ぶ2位はブロッコリー、1位は…?

冷凍の方が栄養価が高い?!冷凍ブロッコリーの豆知識

ブロッコリー 冷凍

武蔵裕子 料理研究家。 両親と息子2人、3世代の食卓を切り盛りしてきた経験から生まれた和食をベースとしたレシピは多くの支持を集めている。 雑誌、書籍、web、企業のメニュー開発などで活躍中。 『味つけ冷凍で作りおき』(PHP研究所)、『15分で一汁一菜 毎日のごはんはこれでいい!』(講談社)など著書も多数。 ブロッコリーの正しい冷凍保存&解凍方法 新鮮なブロッコリーを入手したら、正しい方法で冷凍保存をしましょう! 気になる解凍方法、保存期間も解説します。 ブロッコリーの冷凍保存方法 冷凍するブロッコリーは必ず新鮮なものにて。 黄色になっているものや、茎が乾いているようなものは避けてくださいね。 蒸す際にオリーブオイルをかけて、ブロッコリーのツヤを出すのがポイント。 「ブロッコリーは茹でるよりも蒸したほうが味が濃く、栄養成分が抜けにくいですよ。 ふたをして蒸し煮にしたほうが時短になります」(武蔵さん) 【ブロッコリーの冷凍保存方法】• ブロッコリーは包丁を使って小房に分ける。 茎の部分は根元のかたい部分を切り落とし、縦に4〜5㎜厚さに切ってから、さらに5〜6㎜幅の棒状の切る。 1のブロッコリーを洗って、フライパンに並べ入れ、水を入れる。 オリーブオイルを回しかけ、ふたをして弱めの中火で3〜4分蒸し煮にする。 ブロッコリーをざるに取り、そのまま充分に冷まし、水気を取り、保存袋に入れて空気を抜き、冷凍庫に。 冷凍した日を必ず記入する。 【保存期間】約3~4週間 ブロッコリーの硬さは好みがあるので、蒸し時間は調整してください。 冷凍ブロッコリーの解凍方法 先ほど紹介した方法で冷凍したブロッコリーは、そのまま調理ができます。 冷凍ブロッコリーをそのままフライパンで炒めたり、さっと煮たりしてもOK。 流水解凍や冷蔵庫での自然解凍もできるから、サラダにも使えます。 冷凍ブロッコリーを少量使う場合は、別のポリ袋に使う量だけ入れ、水を入れたボウルに浮かして解凍する方法がおすすめ。 【こんな冷凍保存方法もおすすめ!】 7~8mmの薄切りにしたニンジンとカボチャをブロッコリーとセットで冷凍保存するのもおすすめ。 ヘルシーな温野菜サラダをすぐ食卓に出せますよ。 冷凍ブロッコリーのレシピ&活用法 冷凍したブロッコリーを美味しくいただくためのレシピをご紹介。 大量にブロッコリーを冷凍した時の活用法も必見です。 【冷凍ブロッコリーのレシピ】ブロッコリーと豚肉の塩炒め 冷凍したブロッコリーをそのままフライパンで炒めるレシピ。 わずか3STEP、5分でメインおかずができるから、忙しい方にもおすすめです! 【作り方】• 豚肉は2〜3㎝に切る。 Aは混ぜ合わせておく。 フライパンにサラダ油を入れ、中火で熱し、豚肉を炒める。 豚肉の色が変わってきたら冷凍ブロッコリーを加えて炒め合わせる。 その後、ふたをして1〜2分蒸し煮にする。 ふたを取り、火を強めて Aを再度混ぜてから加え、大きく炒め合わせる。 たくさん余った時に!冷凍ブロッコリーの活用法 「冷凍したブロッコリーを使いきれない・・・」。 冷凍したブロッコリーを消費できない方は、次のような活用法も試してみて!• カレーやシチューの彩りとして冷凍ブロッコリーを入れる• 冷凍ブロッコリーを小さく刻みチャーハンの具として使う• 和風のおひたしやゴマあえに ブロッコリーの冷凍保存方法はいかがでしたか? 冷凍方法から解凍、活用レシピまでマスターすれば、ブロッコリーを美味しくいただけます。 ぜひ覚えてくださいね。 撮影/武蔵英介.

次の

冷凍ブロッコリーの解凍を簡単においしくするベストな方法まとめ

ブロッコリー 冷凍

武蔵裕子 料理研究家。 両親と息子2人、3世代の食卓を切り盛りしてきた経験から生まれた和食をベースとしたレシピは多くの支持を集めている。 雑誌、書籍、web、企業のメニュー開発などで活躍中。 『味つけ冷凍で作りおき』(PHP研究所)、『15分で一汁一菜 毎日のごはんはこれでいい!』(講談社)など著書も多数。 ブロッコリーの正しい冷凍保存&解凍方法 新鮮なブロッコリーを入手したら、正しい方法で冷凍保存をしましょう! 気になる解凍方法、保存期間も解説します。 ブロッコリーの冷凍保存方法 冷凍するブロッコリーは必ず新鮮なものにて。 黄色になっているものや、茎が乾いているようなものは避けてくださいね。 蒸す際にオリーブオイルをかけて、ブロッコリーのツヤを出すのがポイント。 「ブロッコリーは茹でるよりも蒸したほうが味が濃く、栄養成分が抜けにくいですよ。 ふたをして蒸し煮にしたほうが時短になります」(武蔵さん) 【ブロッコリーの冷凍保存方法】• ブロッコリーは包丁を使って小房に分ける。 茎の部分は根元のかたい部分を切り落とし、縦に4〜5㎜厚さに切ってから、さらに5〜6㎜幅の棒状の切る。 1のブロッコリーを洗って、フライパンに並べ入れ、水を入れる。 オリーブオイルを回しかけ、ふたをして弱めの中火で3〜4分蒸し煮にする。 ブロッコリーをざるに取り、そのまま充分に冷まし、水気を取り、保存袋に入れて空気を抜き、冷凍庫に。 冷凍した日を必ず記入する。 【保存期間】約3~4週間 ブロッコリーの硬さは好みがあるので、蒸し時間は調整してください。 冷凍ブロッコリーの解凍方法 先ほど紹介した方法で冷凍したブロッコリーは、そのまま調理ができます。 冷凍ブロッコリーをそのままフライパンで炒めたり、さっと煮たりしてもOK。 流水解凍や冷蔵庫での自然解凍もできるから、サラダにも使えます。 冷凍ブロッコリーを少量使う場合は、別のポリ袋に使う量だけ入れ、水を入れたボウルに浮かして解凍する方法がおすすめ。 【こんな冷凍保存方法もおすすめ!】 7~8mmの薄切りにしたニンジンとカボチャをブロッコリーとセットで冷凍保存するのもおすすめ。 ヘルシーな温野菜サラダをすぐ食卓に出せますよ。 冷凍ブロッコリーのレシピ&活用法 冷凍したブロッコリーを美味しくいただくためのレシピをご紹介。 大量にブロッコリーを冷凍した時の活用法も必見です。 【冷凍ブロッコリーのレシピ】ブロッコリーと豚肉の塩炒め 冷凍したブロッコリーをそのままフライパンで炒めるレシピ。 わずか3STEP、5分でメインおかずができるから、忙しい方にもおすすめです! 【作り方】• 豚肉は2〜3㎝に切る。 Aは混ぜ合わせておく。 フライパンにサラダ油を入れ、中火で熱し、豚肉を炒める。 豚肉の色が変わってきたら冷凍ブロッコリーを加えて炒め合わせる。 その後、ふたをして1〜2分蒸し煮にする。 ふたを取り、火を強めて Aを再度混ぜてから加え、大きく炒め合わせる。 たくさん余った時に!冷凍ブロッコリーの活用法 「冷凍したブロッコリーを使いきれない・・・」。 冷凍したブロッコリーを消費できない方は、次のような活用法も試してみて!• カレーやシチューの彩りとして冷凍ブロッコリーを入れる• 冷凍ブロッコリーを小さく刻みチャーハンの具として使う• 和風のおひたしやゴマあえに ブロッコリーの冷凍保存方法はいかがでしたか? 冷凍方法から解凍、活用レシピまでマスターすれば、ブロッコリーを美味しくいただけます。 ぜひ覚えてくださいね。 撮影/武蔵英介.

次の

ブロッコリーの長持ち保存方法…選び方のコツから冷凍保存の仕方まで

ブロッコリー 冷凍

ブロッコリーの茹で方と保存方法 ブロッコリーはとても鮮度が落ちやすく、出荷される時は氷と一緒に詰められるほどです。 なので、できれば買ったらすぐに食べてしまうのが一番です。 実は、ブロッコリーは生でも食べられる野菜なんです。 アメリカなど海外では、よくそのままサラダとして食べられています。 でも、日本では、一般的に茹でて食べることが多いですよね。 そこで、ブロッコリーを上手に美味しく茹でる方法です。 蒸し煮だと割と固めに仕上がるので、離乳食に使うなど、しっかり柔らかく茹でたい時は、多めの水で茹でるのがオススメです。 ブロッコリーは茹でる前に下準備をしておきます。 1.ブロッコリーをよく洗います。 房の間や細かいツボミの間に虫が隠れていることがあるので、開いて隙間もしっかり洗います。 ボウルに水を入れ、逆さに持ったブロッコリーをザバザバと上下させると汚れが落ちやすいです。 しばらく、逆さまに水につけておいても汚れが浮いてきますよ。 2.小房に切り分けます。 茎は、硬い部分(下から2cmくらい)を切り落とし、皮をむき、食べやすい大きさに切ります。 ブロッコリーをフライパンで蒸す方法 1.フライパンに小房に分けたブロッコリーと水50ccを入れます。 2.蓋をして、中火で2分蒸します。 時間はブロッコリーの大きさによって加減してください。 3.蒸し終わったらザルにあげて冷まします。 蒸し終わったブロッコリーに塩を振りかけても良いですが、我が家では、最初に入れる水に少し塩を入れて、蒸しながらたまに揺らします。 すると、全体的に塩味がうっすらついて美味しくできますよ。 ブロッコリーが少ない時は、小さめのフライパンか鍋に水を1cmくらい入れて、同じように蒸します。 ブロッコリーを茹でる方法 3.鍋にお湯を沸かします。 ブロッコリー1株につき、塩小さじ1杯をよく溶かします。 4.ブロッコリーを茎から先に投入し、2分くらい茹でます。 ブロッコリーの大きさによって加減してください。 5.ざるにあげ、そのまま冷まします。 茹でた後、水にさらすと水っぽくなるので、おすすめしません。 茹でるのはビタミンCが減るのが心配、 という場合は、電子レンジでもOKです。 2.濡れたままの状態で皿に並べ、さらに水を振りかけて、ふんわりと軽くラップをして、 500Wで2分半~3分くらい加熱します。 (600Wで2分~2分半、1000Wで1分~1分半 お好みの硬さに合わせて時間は加減してください) 3.ラップをはずして、水気を切るためにザルにうつして冷まします。 この場合も、熱いうちに塩を振りかけます。 塩味が付いてそのまま食べても美味しいですよ。 楽天で購入 茹でてから保存する場合、冷蔵だと1~2日が限度です。 嫌な臭いがしたり、ぬるっとしたら、あきらめて処分してください。 冷蔵の場合はあまり長持ちしないので、保存するなら冷凍の方がオススメです。 ブロッコリーの保存方法は冷凍がオススメ! ブロッコリーを使い切れない時やすぐに使わない時は、 冷凍保存しましょう。 生のままでも冷凍できますが、蕾がポロポロと壊れてしまうことがあるので、茹でたりレンジで加熱してからの方が、良いですよ。 それに、使う時もすぐに使えて便利です。 この時、時間を1分くらい短くしてください。 (30秒~1分くらいで。 ) 固めに茹でたほうが、美味しい状態が保てます。 2.しっかり冷まし、ジッパー袋に入れます。 冷凍庫に入れる時は、出来るだけブロッコリー同士がくっつかないようにすると、後で使いやすくなります。 固めに茹でないと、解凍したときにぐったりした感じで歯ごたえもなく、美味しくなくなってしまうので注意です。 冷凍ブロッコリーの解凍方法は? 冷凍したブロッコリーは、 自然解凍できるのでそのままお弁当に入れられます。 うちでは、カップの底にマヨネーズを敷き、その上にのせています。 マヨネーズは冷凍ブロッコリーに冷やされるので、安心です。 とはいっても、夏場はちょっと心配なので保冷剤をお忘れなく! 冷凍ブロッコリーの茹で方は? 冷凍したブロッコリーを茹でると、ぐったりしたり、柔らかくなりすぎて溶けたようになってしまうことがあります。 なので、お湯にさっとくぐらせるか、電子レンジで1分くらい加熱してください。 凍ったまま、スープや炒めものに入れても使えますよ。 おわりに ブロッコリーは栄養もいっぱいです。 食事に気軽に野菜を取り入れられるので、本当にオススメですよ。 コメントありがとうございます。 記事内の2分半~3分は500Wの電子レンジを想定しています。 600Wの場合は2分~2分半、1000Wの場合は1分~1分半で加熱してみてください。 個人的には2分半~3分(500Wの場合)が最適と思いますが、 茹で上がりの硬さには好みもありますので、一度お試しいただいてから、 時間を加減していただければと思います。 電子レンジの機種によって、同じワット数・時間でも、 出来上がりに差があるようです。 また、ターンテーブルかそうでないかでも、経験上、違いがあると思います。 何度か試されると、これだ!という時間が発見できます。 >下記のウェブサイトの書き込み方が分かりません。 何を書き込むのでしょうか? こちらのご質問ですが、メッセージ欄の「名前」「メールアドレス」「ウェブサイト」「コメント」の 「ウェブサイト」の部分のことでしょうか? こちらは、「もしウェブサイトをお持ちでしたら、良ければご紹介ください」ということで、 必須ではないので、ご安心ください。 ぜひ、ブロッコリーの最適な茹で時間を見つけて、美味しく食べてくださいね。

次の