琵琶湖 大橋 通行 料。 琵琶湖大橋とは

滋賀県道路公社/琵琶湖大橋有料道路

琵琶湖 大橋 通行 料

概要 [ ] 湖南横断橋とも呼ばれ、国道1号のバイパスとしての機能を持つ。 船の航路にあたる部分のみがややせり上がり、それ以外の部分は湖面約10 m()を直線状にのびる構造である。 橋梁データ [ ]• 全長 : 1,290m• 最高点における水面からの高さ : 11. 7m 旧橋(東行き)• 橋梁施工 : 1974年(昭和49年)9月• 幅員 : 11. 75m 新橋(西行き)• 橋梁施工 : 1985年(昭和60年)3月• 幅員 : 10. 35m 歴史 [ ]• (昭和49年):開通。 (昭和60年):4車線化拡幅完成。 (7年):完成。 (平成25年):無料開放。 近江大橋有料道路 [ ] 近江大橋料金所跡。 2013年12月26日の無料化後、31日までに大部分が撤去された。 路線名:・• 起点:滋賀県大津市丸の内町• 終点:滋賀県草津市木川町• 延長:6. 1km(内1. 29kmが近江大橋)• 車線数:4車線• 事業費:約205億円• 無料開放日:• 無料開放予定日は当初であった。 これについて、(平成23年)2月23日ので、知事は「補強工事の点検調査中で、結果によって料金徴収期限の延長がありうる」と語り、無料化時期がずれこむ可能性を示した。 その後、約1年3ヶ月の有償期間延期が決定されている。 無料開放について、2013年7月30日に・を除く県内11市長が「維持管理費が道路財源を圧迫する」として再検討を求める要望書を滋賀県に提出した。 これに対し、嘉田知事は「国から有料継続を拒否された。 『国と交渉してください』としか言えない」と述べ、大津市の市長は地元の要望や渋滞緩和の期待を理由に予定通りの無料化を主張した。 の利用者数と拮抗している。 無料化前の通行料金 [ ] 車種 料金 等 100円 150円 260円 570円 等 20円 無料 (無料化直前の2013年12月25日現在の料金) 地理 [ ] 周辺施設 [ ] 大津側• 跡公園 草津側• 脚注 [ ] []• 滋賀県 2012年4月13日. 2013年12月22日閲覧。 1138. 琵琶湖大橋の取付道路も同様に無料である。 滋賀県道路公社. 2013年12月22日閲覧。 [ ]• - ケンプラッツ2011年11月6日• 滋賀県道路公社. 2013年12月22日閲覧。 参考文献 [ ]• 滋賀県史編さん委員会『滋賀県史 昭和編 第四巻商工編』滋賀県、1980年3月31日。 関連項目 [ ]• - 1975年から1980年までコースに含まれていた。 外部リンク [ ]• - 滋賀県ウェブサイト :.

次の

近江八幡市から京都への裏道、琵琶湖大橋でETCが運用開始(2019/2月~)

琵琶湖 大橋 通行 料

琵琶湖の東西両岸を結ぶ「琵琶湖大橋」(滋賀県守山市今浜町-大津市今堅田)について、同県は通行料金を車種によって50~210円値下げする案をまとめた。 11月議会で関連議案を提出する方針。 議案が可決された上で、国土交通省の許可が得られれば、来年4月から新料金で営業する。 一方、追加事業として、琵琶湖大橋の耐震化や、これまで2車線だった周辺道路の4車線化、自動料金収受システム(ETC)の導入を計画。 ETC利用者には、料金を2割引にすることも検討している。 これに伴い、総事業費は約84億円増加。 料金徴収期限は平成33年9月から41年8月に延び、さらに未償還額が約100億円となる見込み。 未償還額については、県の債務保証を充てる方針。 琵琶湖大橋をめぐっては、県道路公社の琵琶湖大橋有料道路に関する借金残高が、公社の損失補填(ほてん)引当金を充てれば一括償還が可能なため、県などは料金を無料化すべきかどうかを検討。 今年6月の県議会本会議で、三日月大造知事は料金を値下げした上で徴収を続ける考えを示していた。

次の

近江八幡市から京都への裏道、琵琶湖大橋でETCが運用開始(2019/2月~)

琵琶湖 大橋 通行 料

Photo by Wikipedia 滋賀県大津市と草津市を結び、国道1号線の重要なバイパスとなる近江大橋が1974年の完成から39年を経て本日無料化されました。 琵琶湖の南端、滋賀県の大津市と草津市を繋いで架かるが本日午前0時から通行無料となりました。 1974年の利用開始から39年を経て総事業費204億円を償還。 年平均1億4千万円かかる維持管理費については今年度から基金を設けてまかないます。 当初の通行料(普通車150円)の徴収期限は2002年9月であったものの、4車線化などの事業で2度延長されており、今回ようやく利用者にとっては待望の無料化が実現しました。 本件に関しては今年7月時点で滋賀県内の11市長から有料化継続を求める要請書が提出されるなど混乱が続いていましたが、この無料化で決着した形に。 大津市内の国道1号線は慢性的に渋滞がひどく、他に琵琶湖南岸に架かる無料の橋は有名なしかなかったのが現状。 琵琶湖から流れ出る瀬田川の京滋バイパスに並走する1号バイパスや南郷洗堰まで下ると京都方面へのアクセスが悪く使いにくかったため、今回の無料化に伴う渋滞の解消にも期待が寄せられます。 なお、琵琶湖の中ほど、大津市と守山市を結ぶもう1本の有料道路の琵琶湖大橋については2021年までの無料化が予定されていましたが、こちらはさらに有料期間が延長される可能性も残されています。 琵琶湖大橋の東岸には近年「生ける廃墟」一躍有名となったも位置しており、アクセス改善の必要もひしひしと感じられますがどのような結果になるのか、さらに注目されます。

次の