ハルヒ 監督。 「ハルヒ」の総作画監督=京アニ取締役も-池田晶子さん:時事ドットコム

山本寛とは (ヤマモトユタカとは) [単語記事]

ハルヒ 監督

放送中の大人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」が、5話連続同じような内容になっていることについて、ネットで大バッシングが起こっている。 そうした中、以前「ハルヒ」アニメ制作に関わっていた山本寛監督が今回の「ハルヒ」について「責任を感じています」と謝罪する動画が投稿動画サイト「ユーチューブ」にアップされ、これもネットで騒ぎになっている。 「ずっと待ってた新作がこんなありさま」 「涼宮ハルヒの憂鬱」は過去にTV放送されたものを中心に2009年4月から放送を開始した。 途中から新作が登場するのではないか、とファンは期待を膨らませていた。 新作のタイトルは「笹の葉ラプソディ」が1話、6月から「エンドレスエイト」が始まった。 しかしこの「エンドレスエイト」、現在まで5話放送されているが、異なるカットはあるのだが内容もあまり変わらないため、ネットで大バッシングされた。 同アニメの公式ホームページで紹介されている「あらすじ」も全く一緒だった。 テレビを観たファンは、「なんで同じ話何回もやってんのw」と腹を立て、「ずっと待ってた新作がこんなありさまだ」とし、「ハルヒ」の人形を破壊しそれをネットで公開するファンまで現れた。 「エンドレスエイト」は原作の文庫本「涼宮ハルヒの暴走」の7ページから85ページに書かれている。 主人公の「ハルヒ」が高校生として夏休みを過ごすが、夏休み中に望んでいた出来事に遭遇できなかったため、「特殊能力」によって夏休みを1万5498回繰り返す ループする 、という筋書きだ。 「ハルヒ」制作会社の京都アニメーションは、 「内容についてコメントすることはできませんし、 角川書店が主体になっている 制作委員会が窓口になっています」とだけ話している。 そうした中、「ハルヒ」の制作に関わり、京アニをすでに退社した山本寛監督が今回の「ハルヒ」について謝罪する映像が「ユーチューブ」にアップされた。 映像はアメリカのボルチモアで09年7月19日に開催されたアニメイベント「Otakon 2009」の模様で、山本監督はパネラーとして登場している。 会場から「エンドレスエイトをいつまで作り続けるのか」と聞かれると、山本監督は、こういう質問が出るのは「覚悟していた」と話を切り出した。 「この場でお詫びしたいと思います。 申し訳ない!」 山本監督は1年以上前から「ハルヒ」がこのような展開になることを知っていたという。 「自己弁護するわけではありませんが、京アニにいたとき、このアイデアはありました。 僕は反対をしました。 2話が限度だろうと」 すると会場から大きな拍手が起こった。 ただし、山本監督はこのアニメが制作される前に退社。 自分が退社しなければこんな展開にはならなかった可能性があり、責任を感じている、とし、 「制作委員会、SOS団(ハルヒのプロジェクト名)を代表して、この場でお詫びしたいと思います。 申し訳ない!」 と頭を下げ謝罪した。 この動画は09年7月21日までに4万回以上閲覧され、100近いコメントが付いている。 「ハルヒの監督はヤマカン以外には考えられない」 「まあ、普通に考えれば2話が限度だよなぁ」 「彼が京アニを止められなかった事は残念に思いますが、彼が今できることは何もない」 などという内容だ。 京アニは今回の山本監督の謝罪について、 「当社とは一切関係のない人の話です」 と話している。

次の

「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」などのアニメ監督、“ヤマカン”山本寛氏が破産

ハルヒ 監督

白石稔は踊らない。 しかし白石EDは実写好きのヤマカンによる企画なので実写ED自体は存在すると思われる。 DVD初回特典のEDにて踊る?• 最後までカラオケEDだったためにどこからか著作権で訴えられる。 流石にそれはないと思う。 が一部現実に。 兄沢命斗は登場しなかった。 最終回はチアダンスではなくてかなたが登場する22話になっていた。 22話と最終回が入れ替わっていたかもしれない。 ハルヒや他作品のパロディは無くオリジナル路線を突っ走っていた。 当然OVAなんてものもない。 かんなぎを見てる限り、あまり変わってないと思う。 よって結局3. は現実どおりって訳?• 当然名言バルサミコ酢もない。 むしろが元祖になってた可能性が。 八坂こう達は当然出演している。 パティはその代り出演しなかったかもしれない。 背景コンビ等の出番も減っていた。 その代わりみゆきさんの影が史実ほど薄くはならなかった。 かんなぎのアニメ化は無かった。 むしろ京アニ制作で放送。 その場合ヤマカンの自虐ネタは無かった。 ハルヒの二期も当然ヤマカンが監督を務めていた。 よってエンドレスエイトが無限ループ化しなかった。 そしてヤマカンが謝罪しなかった。 当然作画混同もしていないはずなのでハルヒとうんたんの顔がごちゃごちゃにならない。 消失の映画化は無かった。 仮に二期のOP・EDが冒険とハレ晴れではなかったとしても「Super Driver」か「止マレ! 」のどちらかは作られず代わりにハレ晴れやもってけ! の様な踊り系の主題歌となっていた可能性がある。 つまりは『もし山本寛が京都アニメーションを退社しなかったら』ってことだよね?• 実質的にそうなってしまうので仕方が無い。 (監督交代騒動の後にヤマカンはフリーランスとなったため)• 当然けいおん! の監督もヤマカン。 3回に1回はライブアライブのクオリティで作ろうとしてスケジュール破綻。 結局交代。 むしろハルヒ二期が1クール 3ヵ月 ずれてしまう代わりに、12月に消失が放映されていた。 むしろけいおん! が作られずに当初の予定通りとなりの801ちゃんが京アニによって作られる。 作られたにせよ、放送されるのは早くても史実よりも一年後になっている。 「日常」は別のところ(シャフトあたり?)が作ってたかもしれない。 2011年2月現在、ノイタミナ枠で放送中のフラクタルも京アニが制作していた。 京アニオリジナルアニメ第二弾というふれこみでだ、ちなみに実写映画にも手をだし「私に優しくない先輩」も京アニが制作。 京アニ初の実写映画作品として公開。 でもまどかやISと張り合えるかは微妙。 MUNTOという前例があるし• 結局こけて、「京アニのオリジナル作品は失敗する」というジンクスが生まれそうだ。 「Wake Up, Girls! 」はOrdetではなく、京アニが制作している。 「ラブライブ! 」といい勝負になった可能性もあるでしょうな。 「宮河家の空腹」も最初から30分のテレビアニメ化されるなど厚遇され史実より遥かにヒットしていた。 京アニがブラック企業大賞にノミネートされていた可能性がある。

次の

涼宮ハルヒの憂鬱とは (スズミヤハルヒノユウウツとは) [単語記事]

ハルヒ 監督

人物 [ ] 出身。 を経て を卒業後に入社 、その後京都アニメーションの一部門だったに移籍し2007年に退社。 退社後はアニメ制作のかたわら、自ら立ち上げたOrdetの代表取締役と同社の親会社になったウルトラスーパーピクチャーズの取締役を務めた。 2015年から翌2016年にかけて両社を退き2016年にに所属しているのが確認されている。 アニメーション監督としては『』などを手掛け、また2010年には、唯一の実写映画『』の監督を務めた。 自分の関わったアニメの主題歌・挿入歌等の作詞を担当することもある。 別名義に 辛矢 凡(からや ぼん)がある。 経歴 [ ] 大学時代 - 京都アニメーション時代 - アニメーションDo時代 [ ] 1997年、京都大学アニメーション同好会にて制作した『』に監督として関わる。 卒業後は株式会社京都アニメーションに入社。 デジタル映像開発室勤務を経て演出助手や撮影などを経験した後、1999年『』の第10話「夢で見た赤い月」で演出デビュー。 その後同社の大阪スタジオであるアニメーションDoへ移籍し、同じく演出を務めた。 2007年『』でアニメ初監督を務めるも、社内判断により第5話からに交代となる。 同年6月23日をもってアニメーションDoを退社しフリーとなる。 Ordet設立後 [ ] 2008年、『』誌上にてにの設立を発表。 が元請制作した『』の監督を務めた。 2010年、商業実写映画『』を監督として制作。 また同年、Ordet初の元請作品版『』のを担当。 2011年1月より自身初のオリジナルアニメ『』の監督を務めた。 8月、設立に伴ってOrdetはUSPの傘下に入りに移転、自身はUSPのに就任する。 2012年3月、ショートアニメ『blossom』 の企画を発表。 3月24日のにて、ワールドプレミアと銘打ったステージで予告編を公開 し、翌13年3月からYouTubeほかで配信された。 シリーズ化や海外アーティストとのコラボ企画、チャリティ展開を随時告知すると発表していた がいずれも実現せず、Zapuni というチャリティー団体を通じた募金活動が行われるのみにとどまった。 山本寛事務所設立後 [ ] 2015年10月23日、東京都に自身を代表 として個人事務所の株式会社山本寛事務所 を設立。 10月30日、ウルトラスーパーピクチャーズ取締役を辞任。 2016年3月25日、Ordet取締役辞任。 2016年5月30日、体調不良による無期限の休養を自身のTwitterにて発表 、約3ヶ月後の8月18日にブログで休養からの復帰を報告。 2017年2月25日、Project Twilight 名義で「山本寛オリジナル作品「」アニメ制作プロジェクト」とするがにて開始され 、約2100万円の資金を集めて成功。 当初は2018年に完成し劇場公開される予定としていた。 同年10月11日、『薄暮』の制作を行うの公式サイトが開設され、同社の就任。 2019年6月21日、3年ぶりの新作『薄暮』が公開。 作品 [ ] アニメーション [ ] 京都アニメーション・アニメーションDo時代• 1999年 [演出助手、18話絵コンテ・演出、10話演出]• 1999年-2000年 [「季節はずれのクリスマス」「ぼくたちの卒業式」絵コンテ・演出]• 2001年-2004年 [(無印:8,20話絵コンテ・演出 4話演出)(デラックス OVA :3,9,10話絵コンテ・演出)(FINAL OVA :3,9,10話絵コンテ・演出)]• 2001年-2002年 [16話絵コンテ・演出、22話演出]• 2002年-2009年 [演出]• 2003年 OVA [演出助手]• 2003年 [2話絵コンテ・演出、9話演出]• 2005年 OVA [演出補佐]• 2005年 [2,5,8話絵コンテ・演出]• 2005年 [10話脚本、6話脚本・絵コンテ・演出、2,11話絵コンテ・演出]• 2006年 [ シリーズ演出、エンディング絵コンテ・演出、1,12話脚本・絵コンテ・演出(演出補佐に)(12話の絵コンテはと連名)、3,5話脚本、9話絵コンテ、劇中歌作詞、CM出演]• 2006-2007年 [5,11話絵コンテ・演出(11話は演出補佐に)]• 2007年 [ 監督(第1-4話)、エンディング脚本、4,10,23話脚本(23話はが修正)、オープニング、エンディング絵コンテ・演出、1話絵コンテ・演出、2,18話絵コンテ(18話はと連名)] Ordet時代以降• 2007年 (OVA) [3話絵コンテ・演出]• 2007年 [11話演出]• 2008年 [6話絵コンテ]• 2008年 [11話絵コンテ(と連名)]• 2008年 [8話絵コンテ]• 2008年 [2話脚本・絵コンテ・演出、7話脚本]• 2008年-2009年 [ 監督、オープニング・エンディング絵コンテ・演出、1,13,14話絵コンテ・演出(13話の絵コンテはと連名)、7話絵コンテ、声優(学生役)]• 2009年 [ 監督(オープニング)]• 2009年 [ 監修]• 2009年 [3期エンディング絵コンテ]• 2010年 [第6話絵コンテ]• 2010年 [ 監修]• 2011年 [ 原作(、と連名、マンデルブロ・エンジン名義)、 監督、1,11話絵コンテ・演出(11話の絵コンテは吉岡忍、と連名)オープニング・エンディング絵コンテ・演出]• 2012年 [ 監督、脚本、原案]• 2012年 CM『しよ子シリーズ第4弾「お花見編」』[ 監督]• 2012年 [2話演出]• 2012年 [8話絵コンテ]• 2013年 [ 監督、1,2,3話絵コンテ、5,6,9,10話脚本、エンディング絵コンテ・演出]• 2013年 戦勇。 第2期 [ 監督、25,26話絵コンテ、エンディング絵コンテ・演出]• 2014年 劇場版 [ 原案、 監督、絵コンテ・演出(演出は久保田雄大、有冨興二、榎本守と連名)]• 2014年 TVアニメWake Up, Girls! [ 原案、 監督、12話絵コンテ(中山奈緒美と共同)、5・12話演出(5話の演出は有冨興二、榎本守、橋口洋介と連名、12話の演出は有冨興二、伊藤祐毅、中山奈緒美と連名)、脚本(OVA)]• 2014年 [監修(待田堂子と共同)]• 2014年 - MV [スーパーバイザー]• 2015年 Wake Up, Girls!続・劇場版 青春の影 [ 原案、 監督、絵コンテ(山崎雄太と共同)、演出(山崎雄太・有富興ニ・渡邊政治・村田光と共同)]• 2015年 Wake Up, Girls!続・劇場版 Beyond the bottom [ 原案、 監督、絵コンテ(山崎雄太・渡邊政治と共同)、演出(村田光・白石道太・山崎雄太・たかたまさひろと共同)]• 2016年 Wake Up, Girls!の宮城PRやらせてください! [ 総監督、脚本]• 2016年 うぇいくあっぷがーるZOO! [原案・監修]• 2019年 [ 原作・脚本・監督・音響監督・プロデュース] アニメーション外 [ ] 実写映画• 2010年 [ 監督] 脚本• 誌上通販かんなぎドラマCDVol,1 小説• (発行、月刊2009年8月号 - 2010年8月号) 2010年10月に学研パブリッシングより単行本化。 アインザッツ2(-ツバイテ)(発行、発売、増刊 ティーンのための吹奏楽雑誌季刊『アインザッツ』2011年Vol. 真夜中のスーパームーン(原案担当、作:、イラスト:近岡直、発行、月刊2013年8月号 - 2014年7月号) 「アインザッツ」以外は単行本化されていない。 妄想ノォト出張版(誌連載、終了) 作詞• 2006年 ()• 2008年 ()• 2008年 () 下記の作詞は全て辛矢凡名義。 2008年 ()• 2008年 (戸松遥)• 2009年 ()• 2014年 ()• 2014年 (I-1クラブ)• 2014年 ()• 2014年 (Wake Up, Girls! 2015年 (Wake Up, Girls! 2015年 (Wake Up, Girls! 2016年 (ネクストストーム)• 2019年• 2019年 AZUMA HITOMI 出演 [ ]• (2014年9月13日放送分、) 番組中では「愛」をテーマにした自作のショートムービーが公開された。 ゼミ(、配信分)岡田斗司夫 Official YouTube• (配信分、)• LUST FM(2017年3月12日放送分、) 受賞歴 [ ]• 2010年度(第2回)(私の優しくない先輩) 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• アニメイトタイムズ. アニメイトラボ 2013年12月16日. 2016年12月26日閲覧。 2016年12月11日. 2017年1月8日閲覧。 2010年8月10日. 2019年7月10日閲覧。 2014年3月12日. 2019年7月10日閲覧。 2017年3月16日閲覧。 山本寛オフィシャルブログ 2019年9月13日. 2019年9月14日閲覧。 2017年10月18日閲覧。 Internet Archive• Gigazine 2012年3月25日. 2013年4月5日閲覧。 アニメイトTV 2012年3月25日. 2017年1月12日閲覧。 震災から5年を経過した16年に活動を終了し閲覧不可• 株式会社山本寛事務所登記簿記載事項(法人番号8012401030666)• 株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ登記簿記載事項(法人番号1011301017904)• 株式会社Ordet登記簿記載事項(法人番号9012401021128)• ORICON STYLE. 2016年5月31日. 2016年5月31日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月18日. 2016年12月17日閲覧。 Twitter• CAMPFIRE、2018年9月3日閲覧。 2018年10月1日閲覧。 劇場アニメ『薄暮』公式サイト NEWS 2019年6月21日. 2019年7月1日閲覧。 けらえいこ公式サイト. 2019年10月16日閲覧。 及び山本寛公式ブログでの公言に基づく。 外部リンク [ ]• - 公式ウェブサイト• yamacane0901 -• - 要ログイン• - Ameba.

次の