ジャニーズ 劣化。 櫻井翔のデカ顔問題&嵐の中年化に高須院長「劣化してないのはひとりだけ!」

【2020最新】ジャニーズ派閥相関図まとめ!現在の体制から今後の流れを予想|RealVoice

ジャニーズ 劣化

企業コンサルタント・大関暁夫氏に、ジャニーズの男性アイドルグループの「寿命」について考察してもらったインタビュー前編。 後編では、SMAP解散騒動以降、タレントの不祥事や流出が続く事務所が、今後アイドルグループをどのように扱うべきか、話を聞いた。 大関暁夫氏(以下、大関) 大野さんは、3年前くらいから「一度何事にも縛られず、自由な生活をしてみたい」という気持ちが出てきたそうですが、恐らく15年を過ぎた頃から、グループを続けていくことへの緊張感がゆるんだのではないでしょうか。 それはごく自然なことだと思いますよ。 今回のケースで良かったなと思うのは、「メンバーの仲が良い」という点。 大野さんの申し出を、ほかのメンバーが突っぱねるのではなく、ちゃんと耳を傾けて受け入れた。 もしかしたら、彼らも「嵐は一回終わりにした方がいい」と感じていたのかもしれませんね。 大正解と言えるでしょう。 もし活動を無理に引っ張っていたら、後味の悪い終わり方をすることになったかもしれません。 大関 5人グループだと、メンバーごとに人気や仕事量の差が生まれ、嫉妬や妬みが生まれやすくなるもの。 人間関係がうまくいっていないと、事務所を通じて「なぜアイツにばかり仕事が」などと文句を言うメンバーも出てくるでしょう。 人数が増えれば増えるほど、グループというのは運営が難しくなるものなんですが、嵐にはそういったことがなかったように思いますね。 大関 「同窓会」のような形で単発のコンサートを開催し、昔を懐かしむというのが限界だと思います。 今と同じような……例えば、「グループのレギュラー番組を週に2本持つ」「年に何枚もCDリリースをして音楽番組に多数出演する」といった形に戻ることはないでしょう。 事務所としても、やらせてはいけないことだと思います。 一般的にも、一度ライフサイクルを終えた商品が、復刻版として再登場することはあれど、それがまたメインの商品に戻るのはあり得ません。 大関 昨年、渋谷すばるさんが事務所を退所した一件も、グループとしてのピークアウトを迎えつつあることの現われだったのでは。 個のタレントとしての自我を感じ始めているのではないでしょうか。 大関 「花形」段階でのピークの高さによって、寿命が短くなったり長くなったりするのですが、ピークが低いと、グループの空中分解や問題が早い段階から目に見えて起こるというのはあるかもしれませんね。

次の

劣化ぶりが話題の木村拓哉フライデー独占インタビュー記事はヤラセ? 動画公開にジャニーズ激怒し圧力の噂、テレビ局は使用はNG?

ジャニーズ 劣化

代表取締役: ジャニー喜多川 (2019年7月死去)• 代表取締役副社長:メリー喜多川• 代表取締役副社長:藤島ジュリー景子• 取締役:近藤真彦• 旧取締役:東山紀之• 元マネジメント室長・ジェイドリーム旧取締役: 飯島三智 (2016年2月退社) マッチや東山さんなど、タレントから取締役へ登りつめた方もいるんですね。 後ほど詳しく解説しますが、 亡くなったジャニー喜多川さんの跡を継ぐ新社長は 藤島ジュリー景子さんが就任され、取締役副社長には、タッキーこと 滝沢秀明さんが就任されました。 ジャニーズ三大派閥の相関図 ジャニーズ事務所内部に存在すると言われているのが、 三大派閥です。 かなり複雑に見えますが、 紅白歌合戦、年末のカウントダウンコンサート、Mステは例外とされています。 派閥はいつから始まった? ジャニーズ事務所の派閥はいつから存在しているのでしょうか? 三大派閥や対立構造が大きく取り上げられたのは、2015年1月の週刊文春の報道からです。 ジャニー喜多川さんの後継者問題からくる確執を取り上げた報道でしたが、 メリー喜多川さんはこの時のインタビューでは派閥の存在を真っ向から否定していました。 ですが、2016年には飯島派の筆頭であるSMAPの解散が現実のものとなり、一部のメンバーが飯島さんと新事務所を立ち上げました。 そして、ジャニー喜多川さんが亡くなった直後、 新事務所の3人に対してジャニーズ事務所が圧力をかけていたことを公正取引員会が注意したことが報道されました。 やはり、派閥の存在は周知の事実だったようです。 対立構造の始まりは、 嵐が売れたことがきっかけだったとも言われています。 SMAP一強時代は事務所内も大きな対立はありませんでしたが、嵐が売れたことでバランスが崩れ始め、共演問題などが目立つようになったんだとか。 多くのグループが売れるのは良いことですが、想像以上に嵐が売れまくってしまったため事務所内の近郊が崩れてしまったようです… ジャニーズ事務所の派閥の現在 SMAPの解散へと繋がったジャニーズ事務所の派閥の対立問題。 現在は飯島三智さんも事務所を去り、ジャニー喜多川社長も亡くなってしまいましたが、派閥の存在はどうなっているのでしょうか? ここでは、今のジャニーズ事務所の派閥問題を探ってみたいと思います。 派閥はなくなった? 飯島派のボス、飯島三智さんは2016年2月にジャニーズ事務所を退社されました。 一部報道では、これ以降 ジャニーズ事務所の派閥対立はなくなったと言われていました。 ジャニーズ野球大会はジャニー派と藤島派のタレントが中心のものでしたので、この時は派閥をまたいだ共演が話題になっていました。 また、2016年7月に放送されたフジテレビの27時間番組では、 Kis-My-Ft2とHey! Say! JUMPの共演もありました。 キスマイはこれまでSMAP以外のグループとの共演はほとんどありませんでしたが、こうして共演が実現したことから「派閥は無くなった」と言われるようになったのです。 飯島派が藤島派に移っただけ? キスマイが他の派閥のグループと共演したことから、派閥の存在は無くなったと言われています。 しかしながら、これは 飯島派にいたグループがジュリー派に移っただけと言えるでしょう。 2016年時点でも、こんな報道が出ていました。 新組織編成もこのたび行われたよう。 センターを張っていた玉森裕太に代わり、藤ヶ谷太輔を推していくとも。 さっそく先日、NHKでHey! Say! (引用:) 当然と言ったら当然なのですが、ただ単に横移動しただけということですね。 旧飯島派は待遇に差がある 飯島三智さんが退社したことで、キスマイやSexyZoneなどの旧飯島派が藤島派に吸収合併される形となりました。 これにて派閥問題は解決!かと思いますが、まだまだ問題は根深そうです。 ファンの声を見てみると、 旧飯島派のグループは藤島派のグループよりも待遇が悪いという声が上がっています。 事務所がプッシュするグループは当然副社長たちの裁量で決まりますから、藤島親子がトップの座にいる限りは 旧飯島派は圧倒的に不利だと言えますね。

次の

紅白歴代最低視聴率の元凶はジャニーズか!松田聖子の超絶劣化ぶりを最大の原因とする声も多数

ジャニーズ 劣化

木村拓哉と滝沢秀明 公開初週の土日で興行収入6億円(興行通信社調べ)を越すヒットをみせている、映画『マスカレード・ホテル』。 主演の木村拓哉も安定感が十分に発揮されていると好評のようだ。 滝沢秀明は昨年9月に、2018年いっぱいでアイドルとしての活動を引退すると発表し、現在はジャニーズ事務所の裏方として仕事をしている。 先月17日には、ジャニーズ事務所の子会社「ジャニーズ・アイランド」の設立が発表され、その社長に滝沢が就任した。 滝沢秀明と木村拓哉の間には壁がある? 滝沢秀明は「週刊文春」2018年9月27日号(文藝春秋)で、元SMAPの中居正広のほか、藤島ジュリー景子副社長や今井翼との確執が報じられた。 しかし翌週の「週刊新潮」2018年10月4日号(新潮社)でロングインタビューに応じた滝沢は、そのすべてを否定。 <今回の発表で、一番最初に心配して連絡くださったのは、中居くんなんです。 「飯食えてんのか?」ってすごく心配してくれて> <「全然大丈夫です」と返しましたが、だから本当に……いい関係なんです(笑)> また、東山紀之や近藤真彦からも「何かあったらすぐに言え」との連絡をもらったというが、木村拓哉からは「会社を通じて連絡があった」だけだという。 木村だけ「会社を通して」の連絡だったということから、「木村拓哉と滝沢秀明の間には壁があるのでは」「二人は実は不仲なのでは」という憶測が広まったのだった。 このような二人の関係性を踏まえたうえで、今年に入ってからは、滝沢が木村の「スター」というイメージを払拭させるために様々なバラエティ番組に出演させているという噂が飛び交っている。 しかしどうも胡散臭い。 滝沢秀明が裏方に回ったからといって、彼が木村拓哉をプロデュースする立場になったわけではないからだ。 の育成やプロデュースをする「ジャニーズ・アイランド」の社長である。 以外の所属タレントを管理する立場ではない。 木村拓哉は2019年1月28日号の「AERA」(朝日新聞出版)の取材で、ホテルマンは理不尽な要求をされるという話をしていた。 <ホテルマンだけでなく、いろんな職業で理不尽なことってあると思う。

次の