タンポ ん 漏れる 原因。 水筒から漏れる原因は?対策や予防法はある?

【衝撃】タンポンが原因でモデルが両足を切断!身近に潜むトキシックショック症候群とは!?

タンポ ん 漏れる 原因

尿漏れとは、自分の意思に反して尿が漏れてしまう症状を指します。 高齢者特有の症状だと思われがちですが、性別・年齢を問わず誰にでも起こりえるものです。 くしゃみをしたときに尿が少しだけ漏れてしまう• 急に強い尿意がきて、すぐにトイレに行くも間に合わず漏れてしまう• 尿漏れのほかにも頻尿や残尿感がある このような症状がみられる場合、何が原因になっているのでしょうか。 尿が漏れる場合に考えられる病気 病気が原因で尿漏れが起こることもあります。 尿漏れを引き起こす原因は、泌尿器の病気と泌尿器以外の病気に大別されます。 泌尿器に問題がある場合 尿漏れの原因となる泌尿器の病気としては、主に以下のようなものがあります。 前立腺肥大症 ぜんりつせんひだいしょう 前立腺は男性だけにある臓器で、膀胱の下に位置しています。 この前立腺が大きくなる病気をといい、肥大化に伴って尿道が細くなることで、排尿困難や頻尿、残尿感、尿意切迫感(突然現れる強い尿意)、尿漏れなど、排尿に関わるさまざまな症状が現れるようになります。 膀胱瘤 ぼうこうりゅう 膀胱瘤(膀胱脱)は女性にみられるもので、膀胱が腟から出てくる状態を指します。 膀胱が脱出することで、腟の入口にピンポン大の塊(膀胱)を触れます。 また、一般的に軽度であれば咳などでお腹に力が入ったときに尿漏れが生じ、中等度から重度ではや頻尿、残尿感などの症状が現れます。 泌尿器以外の病気 尿漏れの原因となる泌尿器以外の主な病気には、以下のようなものが挙げられます。 子宮脱 は、子宮が腟から出てくる状態を指します。 膀胱瘤と同様、女性にみられる病気です。 腟の入口にピンポン大の塊(子宮)を自覚し、腟にものが挟まったような違和感が生じる場合があります。 進行すると常に子宮が脱出した状態になることで、子宮が下着などで擦れると出血やおりものの増加などの症状が現れることもあります。 通常は子宮と共に膀胱も下がってくることから、尿漏れやといった排尿に関わる症状が伴う場合も多くあります。 受診の目安とポイント 尿漏れの原因の中には早期治療が望ましい病気もあります。 また、尿漏れによってQOL(生活の質)が大きく損なわれます。 頻尿やなどの排尿に関わる症状、出血やおりものの増加など、何かしらの症状が伴う場合には早めに受診するのがよいでしょう。 症状が尿漏れだけであっても、外出に不安を感じるなど日常生活に支障をきたしていれば受診を検討しましょう。 尿漏れにはさまざまな原因が考えられますが、受診先としてはまず内科または泌尿器科がよいでしょう。 薬を服用してから尿漏れが起きた場合には、処方された病院を受診しましょう。 受診時には、どのような症状があるか、どのようなときに尿漏れが起こるか、尿漏れの頻度や程度などを詳しく伝えると医師の診断に役立ちます。 日常生活上の原因と対処法 病気以外に、日常生活上の原因で尿漏れが起こることも多くあります。 考えられる原因とその対処には、以下のようなものがあります。 骨盤底筋 こつばんていきん の衰え 骨盤底筋は、骨盤内の臓器を支えたり排泄をコントロールしたりする役割を持つ筋肉です。 加齢や出産などによって骨盤底筋の衰えや緩みが生じることがあり、お腹に力が加わったときに尿道が閉まらず、尿漏れが生じるようになります。 また、骨盤内の臓器を支えられなくなることで、膀胱瘤やの原因になりえます。 骨盤底筋を鍛えるには 骨盤底筋は、肛門を締めるなどの動作である程度鍛えることができます。 ただし、間違った方法で行うと逆効果になる場合もあるため、取り組む際には医師や看護師の指導を受けるようにしましょう。 肥満 も骨盤底筋の機能低下の原因になりえます。 骨盤底筋の力が弱まることによって尿道の締まりも悪くなるため、尿漏れが起こりやすくなります。 肥満を解消するには が原因となっている場合、減量によって尿漏れが改善される場合があります。 の解消には食事量を減らす、規則正しい食生活を送る、定期的に運動をするなど、日常生活上の取り組みが大切です。 できることから始めてみましょう。 自分で取り組むことが難しい場合には、外来などを受診するのもよいでしょう。 よくならないときには 日常生活上の取り組みを行っても尿漏れが続く場合、病気が原因になっているかもしれません。 原因を特定するためにも、病院を受診し、検査を受けるようにしましょう。

次の

【衝撃】タンポンが原因でモデルが両足を切断!身近に潜むトキシックショック症候群とは!?

タンポ ん 漏れる 原因

1、心タンポナーデとは 出典: 心タンポナーデとは、心嚢内に多量の液体が貯留することで、心臓が十分に拡張できなくなった状態のことです。 心臓は2枚の薄い膜で覆われています。 この2枚の膜を心膜と言います。 この2枚の心膜の間のスペースが心嚢です。 心嚢には健康な状態でも10~50cc程度の心嚢液が貯留しています。 この心嚢液は心臓が拡張・収縮を繰り返すための潤滑油になったり、外部からの衝撃を和らげるクッションのような役割を担っています。 この心嚢液が何らかの原因で急速かつ多量に増えてしまうと、心臓が拡張できなくなってしまうので、心拍出量が低下し、心原性ショックを引き起こします。 急速に心嚢液が増加した場合は、100ml程度の比較的少量の貯留でも心タンポナーデの症状が現れますが、ゆっくりと少しずつ心嚢液が貯留した場合は、多量に貯留するまで無症状であることも珍しくありません。 1-1、心タンポナーデの症状 心タンポナーデは心臓が拡張できなくなることで、心拍出量が低下します。 そうすると、様々な症状が現れます。 心タンポナーデの典型的な症状は、Beckの3徴です。 <Beckの3徴> ・血圧低下 ・静脈圧上昇 ・心音微弱 心拍出量が低下すれば、血圧が低下します。 また、心拍出量が低下すれば、血液の流れが滞り、心臓に戻れなくなりますので、静脈圧が上昇します。 静脈圧の上昇しているかどうかは、頸静脈の怒張が見られるかどうかで確認することができます。 また、心タンポナーデは心臓が拡張できず、収縮が弱くなりますので、心音も弱くなります。 このほか胸の痛みや胸部圧迫感、胸の不快感、奇脈(吸気時に脈圧が小さくなり、呼気時には大きくなる)、チアノーゼ、クスマウル徴候(吸気時に頸静脈が怒張する)、呼吸困難、意識レベルの低下などの症状が現れます。 2、心タンポナーデの原因 心タンポナーデは心嚢内に液体が貯留することで起こる疾患ですが、この液体は血液とそれ以外の2種類に分けることができます。 ・胸部外傷(交通事故、刺創、銃創) ・急性大動脈解離 ・急性心筋梗塞 ・心臓カテーテル中の穿孔 交通外傷等で心臓に強い衝撃が加わることで、心破裂が起こると、心嚢に血液が溜まります。 また、刺創や銃創で心臓に傷がつくことでも、心嚢に血液が流れ込んでしまいます。 大動脈解離が心臓まで及ぶことで、心タンポナーデを起こすこともありますし、心筋梗塞で心破裂が起こることもあります。 心臓カテーテル治療中に誤って心臓の血管や筋肉を破ってしまうと、血液が心嚢に溜まってしまいますので、心タンポナーデが起こります。 ・悪性腫瘍 ・急性心筋炎 食道がんや肺がんなどの悪性腫瘍が心膜に転移したり、心膜炎(ウイルス性、細菌性、結核性)が原因で、心嚢液が貯留することがあります。 3、心タンポナーデの治療 心タンポナーデを発症すると、心拍出量が低下することで、心原性ショックを起こし、心停止に至る可能性がありますので、できるだけ早く心嚢に貯留した液体を排出する必要があります。 心嚢に貯留した液体を排出するためには、心嚢穿刺を行います。 出典: 心嚢穿刺は動いている心臓に針を刺して行いますので、非常に危険が高い治療法になります。 救急現場で時間的余裕がない、心停止を起こしているという状態であれば、盲目的に心嚢穿刺を行うこともありますが、基本的には心臓カテーテル検査室で、エコーやレントゲン装置を使って、穿刺部位を確認しながら、慎重に行います。 <心嚢穿刺の手順>• 局所麻酔をする• 心嚢を試験穿刺する• カテラン針による本穿刺を行う• カテラン針からガイドワイヤーを挿入し、ガイドワイヤー沿いにカテーテル挿入する• 心嚢液を採取・排出する 心タンポナーデの状態によっては、心嚢穿刺後にそのままドレーンを留置して、持続的に心嚢に貯留した液体を排出することがあります。 また、心破裂や大動脈解離による心タンポナーデの場合、心嚢穿刺は救命のための一時的な処置になりますので、心嚢穿刺後に原因疾患の治療のための緊急手術が必要になります。 3-1、心タンポナーデの治療による合併症 心タンポナーデを治療するためには、心嚢穿刺を行わなければいけませんが、心嚢穿刺は動いている心臓に針を刺すのですから、とても危険な処置になります。 そのため、合併症が起こることもあります。 <心嚢穿刺の合併症> ・心筋や冠動脈の損傷 ・不整脈 ・消化管穿孔 ・気胸や血胸 ・空気塞栓 心タンポナーデを起こしている患者は、すでに循環動態が非常に不安定であり、合併症を起こさなくても、心嚢穿刺中に急変することもあり、救命できないことも少なくありません。 4、心タンポナーデの看護計画 心タンポナーデの患者の看護は、異常の早期発見と心嚢ドレーンの管理が主になります。 OP(観察項目) ・バイタルサイン ・冷汗、チアノーゼなどの臨床症状 ・水分出納 ・頸静脈の怒張の有無 ・意識レベル ・検査データ ・胸部レントゲン ・各種モニター TP(ケア項目) ・血管確保の準備や介助 ・医師の指示に基づいた輸液の投与、管理 ・心嚢穿刺の介助 心タンポナーデ発症直後は、モニターを装着し、Beckの3徴である血圧低下、静脈圧の上昇、心音微弱には特に注意して観察を行います。 静脈圧の上昇はCVが入っている患者はCVPを測定することで観察できますが、CVが未挿入の患者は頸静脈の怒張の有無を観察します。 また、CVPを測定している患者でも、頸静脈の怒張を観察することで、クスマウル徴候の有無が分かりますので、頸静脈の観察は続けましょう。 心嚢穿刺時は合併症が起こりやすいので、循環動態に注視して、心嚢穿刺の介助をしなければいけないのはもちろんですが、呼吸状態にも注意する必要があります。 心嚢穿刺時は血胸や気胸などの肺損傷が起こり、呼吸困難や息切れ、SpO2の低下、呼吸促迫などの症状が現れることああります。 OP(観察項目) ・排液の量 ・排液の色や性状 ・挿入部の感染兆候 ・挿入部のズレ、抜けの有無 TP(ケア項目) ・ドレーンのミルキング ・ドレーンのマーキングでのチェック ・挿入部の清潔操作 EP(教育項目) ・ドレーンの重要性を説明する ・ドレーンに触れないように説明する ・安静度を守るように伝える 心嚢ドレーンからの排液が鮮血であり、さらに1時間に200ml以上の排液が続く場合は、開胸手術が考慮されますので、ドレーンからの排液の量と性状はきちんと確認しておきましょう。 また、排液の性状によっては、ドレーンが詰まりやすいので、適宜ミルキングをして排出を促さなくてはいけません。 もし、突然排液が減ってしまった場合、ドレーンの閉塞が考えられます。 ドレーンが閉塞すると、また心嚢内に排液が貯留して、心タンポナーデを起こす可能性がありますので、排液量の変化にも注意を払いましょう。 まとめ 心タンポナーデの基礎知識や原因、治療法、看護計画をまとめました。 心タンポナーデは心原性ショックを起こし、心停止に至る疾患ですので、迅速に心嚢穿刺を行わなければいけません。 心嚢穿刺後も循環動態は不安定ですので、バイタルサインやドレーンからの排液に注意して観察を行う必要があります。 jdepo.

次の

尿漏れの原因

タンポ ん 漏れる 原因

意思に反して便が漏れる便失禁、どのような原因が考えられるのでしょうか。 自らの意思に反して、液状または固形の便が漏れる症状を便失禁といい、気づかぬうちに漏れる、お腹に力が入ったときに漏れる、トイレに間に合わなくて漏れるなど、状況はさまざまです。 転んでおしりを強く打ってから便が漏れるようになった• 最近、腹痛と下痢が続いて便が漏れてしまう。 便に血が混じることもある• ずっと便秘と下痢を繰り返していて、突然くる激しい便意のときに漏れてしまう このような場合に考えられる原因とは一体何なのでしょうか。 便が漏れるときに考えられる病気 便が漏れるのは、肛門を締める 肛門括約筋 こうもんかつやくきん やそれを動かす神経の損傷、腸・肛門・体の病気など、さまざまな原因が考えられます。 筋肉・神経が原因で起こる場合 便が漏れる原因のうち、肛門括約筋などの筋肉や神経が関わっているものとしては、主に以下のようなものがあります。 出産やけがによるもの 出産やけが(おしりを強く打った場合など)などによって、肛門の筋肉である肛門括約筋やそれを動かす神経が損傷すると、括約筋がうまく機能せずに便が漏れてしまう場合があります。 出産においては、出産後すぐに便失禁が起こることもありますが、あとになってから起こることも少なくありません。 症状としては通常、損傷した部分に痛みが生じます。 手術の後遺症 の手術やなどの手術では、病変を切除するなどの方法がとられます。 このとき、肛門括約筋やそれを動かす神経が傷ついたり、病変とともに肛門括約筋を一部切除したりすると、術後の後遺症として便失禁が生じることがあります。 また、肛門括約筋や神経が傷つかなくても、術後に便失禁が起こる場合もあります。 脊椎損傷 脊椎とは、いわゆる首からお尻にかけて伸びる背骨のことで、頚椎・胸椎・腰椎・仙椎・尾骨で構成されています。 このいずれかが折れたり、したものをといい、損傷した部位に強い痛みと腫れが生じます。 脊椎だけでなく、脊髄(脊椎の中を通る神経)も損傷した場合には、しびれや麻痺などの神経症状、、(便秘・下痢・便が漏れる)などが起こることがあります。 認知機能障害や脳神経疾患 の後遺症や、などによる排便にかかわる神経経路の障害が原因と考えられます。 直腸・肛門が原因で起こる場合 直腸や肛門の病気が原因となって便失禁が起こることがあります。 考えられる病気は以下の通りです。 直腸脱 とは、直腸(大腸のうちで最も肛門に近い部位)が肛門の外に出てしまう病気です。 直腸が常に外に出た状態になると排便困難になったり、反対に便が漏れてしまったりすることがあります。 また、直腸から分泌される粘液によって、肛門周辺の皮膚や下着が汚れる場合もあります。 炎症性腸疾患 やなど、腸に炎症を起こす病気を総称して炎症性腸疾患といいます。 病気によって症状は異なりますが、共通するものとしては下痢と腹痛で、持続的な下痢などの影響から便が漏れてしまうこともあります。 ほかにも出血による・、体のだるさや、体重減少、発熱などの全身症状が現れる場合もあります。 明らかな原因(病気)がないこともある 病気が原因となって便失禁が起こるだけでなく、加齢など、明らかな原因(病気)がないにもかかわらず便失禁が生じることもあります。 加齢 加齢によって排便にかかわる内肛門括約筋や骨盤底筋群の筋力が衰えると便が漏れやすくなるほか、ガスや尿も漏れやすくなります。 65歳以上の高齢者のうち便失禁の有症者は6~8%程度とされ、気づかぬうちに便が漏れることもあれば、咳などの影響でお腹に力が加わったときに漏れる、トイレに間に合わなくて漏れるなど、状況は人によって異なります。 特に、便が柔らかいときや下痢のときに便が漏れやすい傾向にあります。 特発性便失禁 明らかな原因がなく、便失禁を起こしてしまうものを特発性便失禁といいます。 何らかの原因による肛門括約筋の機能低下、直腸感覚の低下、肛門上皮の感覚低下などが関与していると考えられています。 受診の目安とポイント 便失禁が続く場合、腹痛や下痢など他の症状が伴っている場合には、一度内科や肛門科、大腸肛門科などを受診しましょう。 また、出産後や腸・肛門などの手術後に便失禁が生じている場合には、そのときにかかった病院に相談するのがよいでしょう。 受診の際には、便失禁が起こるようになった時期、頻度、きっかけ(出産やけが、手術をしたか)、便失禁が起こる状況(無意識に漏れる・お腹に力を入れたときに漏れる・トイレに間に合わないなど)、便の性状(硬い・柔らかい・下痢)、ほかの症状などを具体的に伝えましょう。

次の