おはぎ レシピ 人気。 炊飯器でつくる 2色おはぎ 作り方・レシピ

炊飯器でつくる 2色おはぎ 作り方・レシピ

おはぎ レシピ 人気

おはぎを手作りしようとすると、あんこやもち米を炊いたりしなければならず大変で面倒なイメージがありますよね。 初心者さんや手作りしたいけれど忙しい方などには、あんこは市販のもので済ませて、お米はいつも食べている白米で作る方法もおすすめです。 1ご飯は白米でも麦飯でも雑穀米でもOKです。 うちでは麦2:米8の麦飯を使っています。 2ご飯に片栗粉と水をふり入れ、しゃもじでよく混ぜる。 ラップしてレンジであつあつになるまでチン。 鍋の場合は弱火にかけ蒸らす。 3しゃもじでモチモチ感が出るようによく混ぜる。 4すりこぎで軽く粒々をつぶす。 5粗熱が取れたら、手に水をつけ、10個に丸める。 1個50gくらい。 6【きなこ版】きなこと砂糖と塩を器に混ぜておく。 砂糖の量はお好みで。 7あんこ玉を丸める。 1個10gくらい。 8手に水をつけて、ご飯玉の真ん中を深くくぼませ、あんこ玉を入れる。 9周りのご飯で包む。 10きなこをよくまぶす。 11【あんこ版】手を水で濡らし、あんこを手のひらに取り、うすく広げる。 1個あたり50g弱。 12ごはん玉を乗せてあんこを引っ張るようにして包み込む。 裏側が足りなければあんこを足す。 ご飯は雑穀米にしたり大麦を入れたり、キヌアなどのスーパーフードと一緒に炊き込んだものを使ってもいいですね。 もち米でなく、白米で作るからこそのおはぎが作れそう。 お米をつぶしてあんこを包んで、さらにきなこやあんこや抹茶などで包めばあっという間に手作りおはぎの出来上がりです。 あんこは100円ショップでも売っていることがあるので、気軽に作ってみたい方にはおすすめです。 こんな風に作ってみたい、手作りおはぎアレンジ やっぱり落ち着くあんこ&きなこの組み合わせ こんなに可愛いおはぎを知ってしまうと、おはぎで作るデコスイーツにも挑戦してみたくなりますよね。 トトロと真っ黒くろすけなら必要な色が少なくてよいので初めてのおはぎでもデコスイーツ作りにはもってこいかもしれません。 キャラクターものは目や鼻などの位置のバランスが難しいので、そこは練習あるのみ! 簡単レシピで手作りおはぎをもっと身近に おはぎなどの和菓子って、クッキーやケーキなどのような感覚で普段から気軽に作ることは少ないように感じます。 和菓子作りに必要な材料がぱっと浮かばなかったり、手に入りにくかったりという背景もあるのかも。 その中でもおはぎは簡単に作れる和菓子ではないでしょうか。 簡単にアレンジできるところは工夫して、もっとおはぎの手作りを身近に感じて楽しみましょう! 関連記事:.

次の

やわらかおはぎのレシピを伝授! 固くならないおはぎの作り方と保存方法

おはぎ レシピ 人気

美味しいおはぎの作り方(レシピ) 基本のおはぎ:美味しいおはぎ(ぼたもち)の作り方です。 米と餅米を混ぜて炊き、お餅を丸めてあんこで包みます。 炊飯器で餅米を炊くので、作り方は簡単。 お米を加えて炊くと、おはぎが冷めても硬くなりません。 あんこも手作りしましょう。 きな粉のおはぎ:きな粉のおはぎの作り方です。 きな粉の風味は、おはぎやぼたもちに満足感を与えてくれます。 特に青(うぐいす)きな粉は風味が素晴らしいです。 おはぎが翌日になっても固くならないようにするには、炊いた餅米にお砂糖を加えます。 黒ごまおはぎ:黒ごまおはぎの作り方です。 餅の中に丸めたあんこを包み、砂糖と塩を混ぜたすり黒ごまをまぶします。 抗酸化作用の高い黒ごまが若返りに効きます。 餅米にお米を加えて炊くと、翌日でも餅が固くなりにくいです。 よくある質問 おはぎに関連したよくある質問の答えです 白米を入れる理由は? 餅米だけだと翌日固くなりやすいことと、歯ごたえがやわらかすぎること。 餅米7:白米3の割合で入れることによって、 食感の満足感が生まれます。 水加減は? 普通のお米を炊く時よりもやや 少なめの水加減にするのがポイントです。 うるち米は米の1. 2倍の水で炊きますが、餅米は1倍(同量の水)で炊きます。 このレシピでは、すし飯のラインか、目盛がなければ2mmほど下まで入れます。 寿司飯の水加減は1. 1倍なので、硬すぎず、やわらすぎず、ほどよい食感が味わえます。 翌日でもおはぎが固くならない方法は?• 餅米だけで炊くと、翌日にはおはぎが固くなります。 餅米7:白米3の割合で入れることで、カチカチに固くなるのを防ぐことができます。 砂糖を入れることによっても、おはぎが固くなるのを防ぐことができます。 炊きあがった餅米に砂糖を少量入れるか、ほんの少し砂糖を加えた手水で餅米を丸めるかしてみて下さい。 冷蔵庫に入れると固くなるの? 冷蔵庫で冷やしてしまうと、もちが固くなってしまいます。 乾燥しないようにラップして涼しい所に置き、その日のうちに食べましょう。 心配な場合は、野菜庫やチルド室など低温になりすぎない場所に置きましょう。 おはぎは冷凍保存できるの? 1個ずつラップに包んで冷凍保存します。 食べるときは自然解凍でも、軽く電子レンジで温めてもOK。 残ったあんこの保存方法は? 残ったあんこは、冷凍用の密封袋などに入れて保存しましょう。 使うときは冷蔵庫などで自然解凍します。 餅米1合で何個ぐらい作れるの? 1合で8個くらいできます。 小さめの上品なサイズです。 残りのあんこを使ったレシピは? 食パンをトーストした後にバターを塗り、小倉餡をはさんで小倉トーストで食べましょう。 お餅を焼いてあんこをからめて食べてもいいでしょう。 バニラアイスや抹茶アイスにトッピングしても美味しいです。 おはぎのカロリーは? 一般的なもので100gが268kcal。 1個67gで180kcal。 目安として1個約200kcalと覚えておきましょう。 このレシピのおはぎのカロリーは、1個180kcalです。 関西の三色おはぎは青海苔? 関東で三色おはぎといえば、あんこ、ごま、きな粉ですが、関西では、ごまの代わりに 青海苔を用います。 黒胡麻おはぎの栄養は? 胡麻(ごま)は、アルコールや脂肪のとりすぎから肝臓を守ります。 若返り、健脳、有害重金属の解毒効果も。 特に、白髪を予防するといわれる黒胡麻のおはぎやぼたもちを食べましょう。 きな粉のおはぎの栄養は? きな粉は消化も良く、食物繊維が豊富。 黄な粉の大豆イソフラボンは、更年期障害の改善や、骨粗しょう症予防になります。 黄な粉のおはぎやぼたもちで、女性ホルモンを整えましょう。 おはぎの語源・由来は? 呼び方の由来や諺などのおもしろ豆知識です おはぎとぼたもちの違いは? ぼたもちとおはぎは、基本的には同じものですが、季節によって呼び名が変わります。 また、大きさと形、粒あんかこしあんかの違いでも区別されることがあります。 季節における呼び名の違い ぼたもちとおはぎは基本的には同じものですが、季節によって4通りもの呼び名があります。 夏の呼び名は 夜船(よふね) おはぎは餅と違ってペッタン、ペッタンと音を出さずに作るのでいつ搗(つ)いたのか分からない。 冬の呼び名は 北窓(きたまど) 「搗き知らず」が、「月知らず」と洒落て、月を知らない、月が見えないのは北側の窓の意。 春の呼び名は ぼたもち(牡丹餅) 春の彼岸の時期に咲く牡丹の花に見立てたことから。 秋の呼び名は おはぎ(御萩) 秋の彼岸の時期に咲く萩の花に見立てたことから。 大きさと形の違いにおける呼び名の違い ぼたもちとおはぎは基本的には同じものですが、大きさと形の違いでも呼び分けられるることがあります。 ぼたもちは大きい ぼたもちの方が、牡丹の花をかたどって、丸く 大きく豪華に作られました。 おはぎは小さい おはぎは萩をかたどって 小ぶりで長めに丸められて作られました。 粒あんかこしあんかの違いにおける呼び名の違い ぼたもちとおはぎは基本的には同じものですが、材料の違いでも区別されることがあります。 ぼたもちはこし餡 春は冬を越して小豆の皮が固くなっているので、食感をよくするために皮を取り除いてこしあんにされました。 そのため、春のぼたもちには こしあんが用いられました。 おはぎはつぶ餡 小豆の収穫時期と関係があります。 秋は小豆の収穫時期なので、皮もやわらかいため潰して粒あんにすることができます。 そのため秋のおはぎには、 粒あんが用いられました。 一年を通しておはぎが売られているのはどうして? しかし、今では小豆の品種改良が進み、春でも皮のまま使うことができる小豆が登場したため、一年中、こしあんも粒あんもいただけるようになりました。 そのため、おはぎとぼたもちの区別がなくなり、一年中おはぎの名称で販売する店が多くなったそうです。 おはぎの別名は半殺し? 所によってはおはぎのことを、半殺しと別名で呼ぶそうです。 炊いた飯粒が半分残っている程度につぶすことを半殺しと言うことからくるそうです。 粒々が残らずなめらかなお餅にまでついたものを、皆殺し(本殺し)と呼ぶ地域もあるそうです。 棚からぼた餅の意味は? 棚から落ちてきた牡丹餅が、たまたま開いていた口に落ちるということから、労せずしてよいものを得ることの例え。 「たなぼた」とも言う。

次の

餅レシピ17選!人気1位はつくれぽ1000超【殿堂&余った餅アレンジ】大量消費にも

おはぎ レシピ 人気

作り方• もち米と米はそれぞれ洗い、ザルに上げて水気を切っておきます。 炊飯釜にもち米、米を入れ、水を1. 5合の目盛りまで入れます。 炊飯器に入れて通常炊飯し、炊き上がったら10分程蒸らします。 バットにきな粉の材料を入れ、よく混ぜ合わせます。 こしあんはそれぞれ5等分にし丸めます。 1をボウルに入れ、水で濡らしためん棒で、米粒が少し残る程度まで潰します。 手に水をつけ、10等分に分けて丸めます。 手に水をつけ、あんこおはぎ用の3を薄く広げ、真ん中に4をのせて包みます。 同様に4個作ります。 手に水をつけ、4を薄く広げ、真ん中にきなこおはぎ用の3をのせて包みます。 同様に4個作ります。 2に入れ、全体にまぶします。 器に5、7を盛り付けて出来上がりです。

次の