マウス ふるふる。 【在宅推奨?】一定時間ごとにマウスを動かすツール|いたちゃいぶろぐ

『お~とくりっか~』シンプルでインストール不要のマウスクリック自動ツール

マウス ふるふる

MouseJiggle は、微妙にマウスカーソルを移動してスクリーンセーバーの起動や省電力モードへの移行を抑止するソフトウェア。 プレゼンが終わって説明をしている最中に突然スクリーンセーバーが発動したり、PCのモニタが省電モードに入ってしまって恥ずかしい思いをした…なんて人に使ってみてほしいのがMouse Jigglerです。 (「」より引用) という使い方があるそうだ。 自分なりに考えてみると、「」で紹介したソフトウェアとある意味真逆の動作をするソフトウェア。 録画や再生している時以外は自動的に電力制御するように設定しているが、設定によって再生を一時停止するなどネットワークトラフィックが減少すると自動的に電力制御が発動してしまう。 普段は自動運用で良いのだけれど、場合によっては、例えばトイレにいくとか電話が突然入るとかデフラグするとかの時などには電力制御してほしくない(最後のやつは設定で対応できるけど)。 あるいは他人のPC をちょっと借りているときや、設定変更が禁止されている環境など、そういう時には「MouseJiggle」を使うと便利かもしれない。 zip」を解凍する。 使い方 起動のしかた 「MouseJiggle. exe」を実行する。 起動したところ。 準備 テストのためにスクリーンセーバーが最小時間(1分)で起動するように設定して準備完了(プレビューでもよいのかも)。 使い方 Enable jiggle? をチェックすると機能する。 よーく観察すると、マウスカーソルが右に少し左に少し行ったり来たりしていた。 そのほか 「Zen」 Zen jiggle? をチェックすると何が起きるのかと観察してみると、右に左に移動するマウスカーソルが表示されなくなり、気にならなくなる。 Zen は日本の「禅」を表しているのかなと思った。 「?」 「?」をクリックするとAbout が表示される。 細かな設定などは無いらしい。

次の

[B!] 「マウスふるふる」マウス移動イベントだけでなく、座標設定のAPIも呼び出した版の公開について: INASOFT 管理人のひとこと

マウス ふるふる

Written in Japanese UTF-8 2020. exe を実行してください。 「本ソフトを起動するためのショートカットをスタートアップに作成」()を利用した場合は、Windowsへログオンしたと同時に、本ソフトも起動されます。 「本ソフトを起動するためのショートカットをデスクトップに作成」()を利用した場合は、デスクトップアイコンを開くことで起動できます。 MOUSELRと同様のコマンドラインオプションを指定できる互換モードもあります。 詳しくはをご覧下さい。 表示されない場合は「」をご覧下さい。 実行画面 この状態になると、プログラムにより一定時間おきにマウスを小さく左右に揺らす状態になります(マウスを動かす命令をシミュレートします)。 スクリーン セーバーの起動を抑止したり、不用意にスリープモードに入ってしまうことを防ぎます。 アイコンを右クリック(ボタンを入れ替えている場合は左クリック)すると、メニューが表示されます。 説明 ショートカット操作 通知領域アイコン上 設定 S を表示します。 マウスのダブルクリック 一時的に機能オフにする O 本ソフトウェアの機能を一時的にオフにします。 一回選択するとチェックが付き、もう一回選択するとチェックが外れて解除されます。 一時オフ中は、通知領域のアイコンが赤くなります。 マウスのクリック で有効になっている場合 状態表示ウィンドウを表示する T 本ソフトウェアの状態をダイアログで常時表示するための「」を表示します。 - ヘルプ H ヘルプファイルを開きます。 - フィードバック F 作者へ気軽に連絡・感想・改善要望・現状維持要望等を送るためのページを開きます。 - バージョン情報/開発支援金受付 A 本ソフトのバージョンと著作権情報を表示します。 - 終了 X 本ソフトを終了します。 なお、本ソフトを2重起動しようとした場合も、終了できます。 - マウスが接続されていない環境では、タスクバーの通知領域のアイコンを右クリックし、メニューから「 設定」を選んで、を表示させてください。 「マウスを揺らすのではなく、シフトキーを瞬間的に押し離しする」にチェックを入れれば、マウスではなくキーボードの押下をシミュレートするようになります。 リモートデスクトップ接続をしている場合や、Virtual PC等仮想環境を使用している場合、マウスがクライアント側PC制御となっており、本ソフトによるマウスの位置制御と競合しておかしな動作になることが確認されているため、このような状態と認識した場合には、本ソフトによるマウス制御を一時的に停止します。 このような環境で使用される場合は、より「 マウスを揺らすのではなく、シフトキーを瞬間的に押し離しする」の利用を試みて下さい。 サードパーティ製のリモートデスクトップ接続を使用している場合、本ソフトはリモート接続を認識できないことがあります。 その場合でも、上記と同様にマウスカーソルの制御がうまくいかないことがあるため、より「 マウスを揺らすのではなく、シフトキーを瞬間的に押し離しする」の利用を試みて下さい。 大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。 また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は、右上の作成日付の時点のものとなっております。 一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。

次の

スクリーンロックさせない方法

マウス ふるふる

Written in Japanese UTF-8 2020. 何秒おきにマウスをゆらすか(あるいはキーの押し離しエミュレートをするか)を指定します。 1〜2147483の間で指定して下さい。• 上の指定秒数と異なる秒数を指定した場合、上下の指定秒数間でランダムな時間でマウスが揺れることになります。 上下共に0を指定した場合は、マウスは揺れなくなります。• マウスカーソルの位置を変えたままにしたり、マウスの移動量を大きくしで正方形の四隅を描くようにマウスが移動するようにしたりします。 なお、オプションを使う場合、マウスの位置によっては、マウスが動かないことがあります。 また、ユーザのマウス操作を妨げる場合があります。 最小の揺れ幅 … デフォルトのモードです。 マウスのカーソル位置は、すぐ元の位置に戻します。 揺れが目で見てわかるように揺れ幅を大きくする … マウスの移動量を大きくしで正方形の四隅を描くようにマウスが移動します。 人の目にも明らかにマウスの移動を見て取れるようにするためのモードです。 通常操作に支障が出る恐れがあります。 1ピクセル分揺らし次のタイミングまでそのまま … マウス移動イベントを発生させ、かつ、マウスの座標を変えたままとします。 マウス座標を認識して離席等を判定するアプリ向けのモードです。 マウス操作ではなく、キーボード操作のエミュレーションによりスクリーンセーバー・スリープモード等へ入ることを防止します。 この機能は、マウスがない環境の他、Virtual PC等仮想環境やリモートデスクトップを使用している環境のようなマウスカーソル共有環境 クライアント側に本ソフトを入れる場合 に対しても有効です。 Shiftキー, Scroll Lockキー, Pauseキーのいずれのキーをエミュレーションするかを選択できます。 過去バージョンとの互換から Shiftキーがデフォルトになっていますが、ユーザー操作への影響が少ないのは Scroll Lockキー, Pauseキーとなります。• が表示される場合に、透明度を指定できます。• 上記「状態表示ウィンドウの透明度」について、マウスが状態表示ウィンドウの上を通過したときの透明度を指定できます。• Windows Vista以降では、セッションの終了を行わせないための状態を一時的に生成します。 異常終了や強制終了を抑止できるものではありません。 あくまでも通常のシャットダウン・再起動・ログオフ等を抑止するための機能です。• Windowsセッションの終了がOSから通知されたら、拒否をOSに応答するかどうかを確認ダイアログにてユーザに確認します。 ここのチェックが行われない場合は、問答無用で拒否をOSへ応答します。 確認の間、他のアプリケーションは終了してしまう可能性があります。 なお、Windows 8以降のOSでは、通常シャットダウン・再起動・ログオフのプロセスが開始されると画面全体を覆うように文字情報が表示され、デスクトップが隠蔽されてしまうため、本ダイアログを表示してもユーザは見ることができないようであり、あまりこの設定を行う意味はないと思われます。• 通知領域アイコンの右クリックメニューの「一時的に機能をオフにする」を、アイコンの左シングルクリックで実行できるようにします。• 本プログラムを起動するためのショートカットを、スタートアップに作成します。 これにより、Windowsにログオンするたびに、このプログラムが自動的に起動するようになります。 ショートカットを作成すると、このボタンは、そのショートカットを削除するためのボタンに変わります。• 本プログラムを起動するためのショートカットを、デスクトップ上に作成します。 ショートカットを作成すると、このボタンは、そのショートカットを削除するためのボタンに変わります。• リモート接続を検知すると警告のバルーン表示を行う機能を抑止します。• ここで指定した秒数、ユーザーがマウスを動かしていない時間が経過したら、一時的にマウスを震わせるのをやめます。 再びマウスを動かすと再開します。 キーボードは感知対象外です。 なお、時刻指定で一時的にマウスを震わせるのを止めたり再開したり、本ソフトを終了したりしたい場合は、と(その他のオプション)を活用してください。• ここにチェックを入れると、次回設定ダイアログを開いた時より、設定画面を強制的に拡大します。 これはテスト中の機能です。 無理やり拡大しているので、表示が乱れることがありますが、ご容赦ください。 補足 タスクバーの通知領域にアイコンを表示したくない場合はからMOUSELR互換オプションで起動してください。 大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。 また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は、右上の作成日付の時点のものとなっております。 一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。

次の