白井 家 フル ハート。 浜松白井家の元競馬フルハートの死因は?遺体はどうしたの?

【白井家】フルハート(馬)のモザイク無し解体画像は?不適切飼育と文春砲

白井 家 フル ハート

スポンサーリンク 白井家と志村どうぶつ園との関わり 白井家の皆さんは2018年9月から、志村どうぶつ園に出演されています。 番組では、特に動物のお世話を任されている長男の鴻明さんの出演シーンが多いですね。 準レギュラーに位置づけられるほど、白井家の密着VTRは人気がありました! しかし、「愛馬解体」が事実であった場合は、 これ以上テレビに出演し続けることは厳しいでしょう。 身寄りのない動物たちを保護して一緒に暮らすという「動物愛護」のイメージから、 「動物虐待」というイメージが一度ついてしまうと、視聴者は 「カメラが回っていない、放送されていないところでは虐待しているんじゃないの?」と 疑ってしまうからです。 スポンサーリンク 白井家に動物虐待の事実があった! 白井家では過去に、動物虐待について報道されていました。 「白井家は飼育費集めのために、馬の使用済み蹄鉄を長男の鴻明くんが スプレーで塗装して販売しているのですが、そのスプレーで白いヤギの体に 落書きをしたそうです。 その日はバレンタインデーだったので、ハートマークを描いたと。 現場には日テレのスタッフもいて、映像に映り込むとまずいからと 慌てて消そうとしましたが、すぐには消えなかったと聞きました。 撮影は落書きされたヤギが映り込まないようにして継続されたようですね。 結局、落書きは1週間ほど残っていました」 これはひどいですね・・・。 そして、さらにショックだったのが落書きに使用されたスプレーが 人体や動物にとって有害な成分が含まれていたということです。 蹄鉄のペイント用に使用していたスプレーにはトルエンやアセトンといった成分が 入っており、スプレー缶にも 【脳神経系に影響し、めまい、頭痛、吐き気の症状を引き起こすおそれがあります】 【目に入れたり、皮膚や衣服に付着しないようにしてください】 という注意書きが書かれています。 できれば知りたくなかった事実です。 白井家には動物虐待以外にもトラブルが!? 多くの動物を飼育している白井家。 中には放し飼いにしている動物もいます。 そうなると「脱走しないか?」「危害を加えないか?」という心配がつきものですね。 実際に、白井家から犬や馬が何度も脱走しており、近隣で目撃されています。 かなり危険な状態が続いていた中で、ついに2017年12月、 白井家で飼われている犬に噛みつかれて、 一般女性が大けがをした事件が起こりました。 「2017年12月11日のことでした。 私の畑の野菜がヤギに食い荒らされていたので、 注意しようと白井さんの家のインターホンを押したんです。 すると犬が大きな鳴き声で吠え始めたんです」 それは一瞬のことだったという。 突如玄関ドアが開き、 飛び出してきた茶色い大型犬がDさんの右腕に噛みついたのだ。 「何度振り払っても噛みついたままで、犬の牙は長袖の服を突き破り、 腕にめり込みました。 大量の出血で服は血まみれだった。 なんとか引きはがしたのですが、激痛で、病院へ行って数針縫いました。 警察にも通報しましたが、『注意することくらいしかできない』と 言われてしまいました」 この事件から4か月後に、被害者あてに治療費2万円とお詫びの手紙が 送られてきたそうです。 脱走してしまった動物たちには罪はありません。 ただし、白井家の飼育方法にはかなり問題があると言えます。 自分の家の近くを放し飼いの犬が歩いているかもしれない・・・ まして、噛まれるかもしれない・・・ これはかなり恐怖です。 動物愛護は大事かもしれませんが、それと同じくらい近隣への配慮も必要ですよね。 白井家の動物虐待疑惑:まとめ いかがでしたか? どうやら白井家は動物虐待をしていた過去がありました。 有害なスプレーでの落書きは、もうしないでいただきたいです。 また、動物の放し飼いによって近隣トラブルが起きていたことも事実でした。 志村どうぶつ園は長年続くゴールデン長寿番組です。 そのような番組にトラブルを抱える白井家は出演し続けることは厳しいですね。 トラブルが明るみに出てくるたびに、出演終了へのカウントダウンが進んでいる といっても過言ではありません、 今後も白井家の動向に注目していきたいと思います。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

【衝撃】白井家のフルハート(馬)が違法解体された場所(現場)はどこ?

白井 家 フル ハート

スポンサーリンク 白井家と志村どうぶつ園との関わり 白井家の皆さんは2018年9月から、志村どうぶつ園に出演されています。 番組では、特に動物のお世話を任されている長男の鴻明さんの出演シーンが多いですね。 準レギュラーに位置づけられるほど、白井家の密着VTRは人気がありました! しかし、「愛馬解体」が事実であった場合は、 これ以上テレビに出演し続けることは厳しいでしょう。 身寄りのない動物たちを保護して一緒に暮らすという「動物愛護」のイメージから、 「動物虐待」というイメージが一度ついてしまうと、視聴者は 「カメラが回っていない、放送されていないところでは虐待しているんじゃないの?」と 疑ってしまうからです。 スポンサーリンク 白井家に動物虐待の事実があった! 白井家では過去に、動物虐待について報道されていました。 「白井家は飼育費集めのために、馬の使用済み蹄鉄を長男の鴻明くんが スプレーで塗装して販売しているのですが、そのスプレーで白いヤギの体に 落書きをしたそうです。 その日はバレンタインデーだったので、ハートマークを描いたと。 現場には日テレのスタッフもいて、映像に映り込むとまずいからと 慌てて消そうとしましたが、すぐには消えなかったと聞きました。 撮影は落書きされたヤギが映り込まないようにして継続されたようですね。 結局、落書きは1週間ほど残っていました」 これはひどいですね・・・。 そして、さらにショックだったのが落書きに使用されたスプレーが 人体や動物にとって有害な成分が含まれていたということです。 蹄鉄のペイント用に使用していたスプレーにはトルエンやアセトンといった成分が 入っており、スプレー缶にも 【脳神経系に影響し、めまい、頭痛、吐き気の症状を引き起こすおそれがあります】 【目に入れたり、皮膚や衣服に付着しないようにしてください】 という注意書きが書かれています。 できれば知りたくなかった事実です。 白井家には動物虐待以外にもトラブルが!? 多くの動物を飼育している白井家。 中には放し飼いにしている動物もいます。 そうなると「脱走しないか?」「危害を加えないか?」という心配がつきものですね。 実際に、白井家から犬や馬が何度も脱走しており、近隣で目撃されています。 かなり危険な状態が続いていた中で、ついに2017年12月、 白井家で飼われている犬に噛みつかれて、 一般女性が大けがをした事件が起こりました。 「2017年12月11日のことでした。 私の畑の野菜がヤギに食い荒らされていたので、 注意しようと白井さんの家のインターホンを押したんです。 すると犬が大きな鳴き声で吠え始めたんです」 それは一瞬のことだったという。 突如玄関ドアが開き、 飛び出してきた茶色い大型犬がDさんの右腕に噛みついたのだ。 「何度振り払っても噛みついたままで、犬の牙は長袖の服を突き破り、 腕にめり込みました。 大量の出血で服は血まみれだった。 なんとか引きはがしたのですが、激痛で、病院へ行って数針縫いました。 警察にも通報しましたが、『注意することくらいしかできない』と 言われてしまいました」 この事件から4か月後に、被害者あてに治療費2万円とお詫びの手紙が 送られてきたそうです。 脱走してしまった動物たちには罪はありません。 ただし、白井家の飼育方法にはかなり問題があると言えます。 自分の家の近くを放し飼いの犬が歩いているかもしれない・・・ まして、噛まれるかもしれない・・・ これはかなり恐怖です。 動物愛護は大事かもしれませんが、それと同じくらい近隣への配慮も必要ですよね。 白井家の動物虐待疑惑:まとめ いかがでしたか? どうやら白井家は動物虐待をしていた過去がありました。 有害なスプレーでの落書きは、もうしないでいただきたいです。 また、動物の放し飼いによって近隣トラブルが起きていたことも事実でした。 志村どうぶつ園は長年続くゴールデン長寿番組です。 そのような番組にトラブルを抱える白井家は出演し続けることは厳しいですね。 トラブルが明るみに出てくるたびに、出演終了へのカウントダウンが進んでいる といっても過言ではありません、 今後も白井家の動向に注目していきたいと思います。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

【文春砲】 白井家は大赤字?収入増でもお金なくてフルハート火葬できなかった?

白井 家 フル ハート

ボランティアが数人がかりでフルハートの胴体を、トラックの荷台に積むためのリフトに乗せた 「庭先で死んだ馬を解体するなんて聞いたことがない」 この死んだ馬の処分方法について静岡県の畜産関係者に問い合わせたところ、「庭先で死んだ馬を解体するなんて聞いたことがない」と驚きを隠せない様子だった。 「死んだ獣畜の処理は法律で厳しく定められていて、死んだ馬や牛は『化製場』という施設に専門業者が運び、そこで専用の機械を使って処理されることになっています。 そもそも馬を運搬するのに2トントラックでは小さすぎますよ。 普通は4トントラックを使います。 馬はウインチという運搬設備で引っ張って積み込みますので、一般の人が手伝うこともありません。 そういった設備が揃った業者じゃなければ、行政の許可は下りないと思うのですが……」 2019年2月16日「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)より 浜松市動物愛護教育センターは取材班の質問に対し、以下のように回答した。 「馬や牛などの死体の解体は、死亡獣畜取扱場という施設以外で行ってはいけないと『化製場等に関する法律』の第2条2項で定めています。 震災などの災害時、施設へのアクセスが絶たれた際は例外的に都道府県知事が取扱場以外の場所での解体を許可する場合がありますが、それ以外の場合においては違反となり、(同法)11条1項に基づき1万円以下の罰金が科せられます」 果たして白井家による処理は適切だったのだろうか。 12月6日、自宅前で帰宅した由紀子氏に直撃したところ、解体の事実やボランティアの存在について否定した。 しかし取材後に「鈴木」とだけ名乗る人物からFAXが届いた。 鈴木氏はフルハートの「骨格標本」を制作するために自身が業者へ依頼したのだと説明している。 FAXには《本件に関する質問事項がありましたら、私宛にご連絡をお願いいたします》とあるため、鈴木氏のメールアドレスに質問事項を送るとともに取材を申し込んでいるが、現在まで返答はない。 解体された馬を積み込む凄残な現場の詳細証言や、解体された馬の写真、白井由紀子氏への直撃動画などは「」で公開している。

次の