キリト 復活 いつ。 SAOで、キリトが精神喪失の状態になったのですが、どのように立ち直...

アニメSAO3期情報まとめ!アリシゼーション編のネタバレと解説

キリト 復活 いつ

かつて人を殺したという記憶の檻から抜け出せないキリト。 永遠にリフレインする悪夢から抜け出すには3基のSTLから入ったアスナ、シノン、リーファの記憶から抽出した呼びかけだけでは足りなかった。 インジケーターは機能回復ラインの直前で震えながら停止したままストップした。 一度回復しかけた主体意識は、"現実"ではなく、"記憶"あるいは"傷"とのみリンクしてしまい、そこから戻ってこられなくなる。 残る2つのSTLは的に占拠されたままで使えない。 もう少しなのに。 だが比嘉タケルは、3つのSTLのウインドウの他ににもう1本、画面外へと消える細い接続ラインを見つけた。 それはメイン・ビジュアライザーの巨大なストレージに繋がっていた。 比嘉はキリトのSTLへ繋がるゲートを全開放する。 それはかつてユージオと呼ばれた少年の記憶だった。 PoHの率いる軍団に敗北したアスナ達の見守る中、クラインの胸に2本目の剣が突き立つ。 しかし、その刃は弾かれた。 車椅子のキリトの失われた右腕が再生している。 PoHもそれに気がついた。 落ちていた半分に折れた青薔薇の剣をその右手で拾い上げる。 折れていた刀身が一瞬で再生する。 さらに左手で黒い夜空の剣を抜刀する。 シャツとズボンが、黒いレザーの輝きを帯びる。 こうしてキリトくん、文庫にして3冊分ぶりくらいに復活です。

次の

SAOアリシゼーションWoUでキリトの右腕は復活する?何で失ったのか?

キリト 復活 いつ

SAOアリシゼーション人界編の最後でフラクトライトが焼かれる寸前になり、心神喪失状態になったキリト。 大戦編前半の全12話では車いすに乗り、しゃべることも動くことも表情を変えることさえもしませんでした。 唯一、補給部隊天幕でティーゼとロニエが襲われたときに守りたい気持ちが溢れる震えがあるだけでした。 そんなキリトはいつ復活して、そして主人公としての役目を果たす時が来るのか気になるところです。 大戦編後半(2020年7月放送予定)のネタバレも含めながら考察していきたいと思います。 ユージオの捨て身の攻撃の甲斐もあり、アドミニストレーターを倒すことが出来ました。 しかしながら、ユージオは助かることはなく、消失してしまいました。 そのショックでふさぎ込んで、思考回路が止まってしまっているようにアンダーワールドでは思われます。 しかし、現実世界ではもっと大変な問題でした。 まず、キリトの目的はアドミニストレーターの討伐以外に外部との連絡手段である、セントラルカセドラルの連絡コンソールを手に入れることでした。 本来、テスト中は現実世界の記憶を遮断して行われていたが、金本の薬液によってニューラルネットワークを損傷してしまい、治療のため、オーシャンタートルからアンダーワールドへダイブさせた際、記憶の遮断が行われず、2年もの間人口フラクトライトたちと触れ合ってしまいました。 そのためキリトは、研究が終われば消去されてしまう人口フラクトライトたちの保全を求めるため菊岡とコンタクトを取ろうとしていました。 アドミニストレーターを倒した後、キリトは連絡コンソールから現実世界に連絡を取ることに成功しましたが、その時に問題は起こりました。 ちょうどキリトが現実世界にコンタクトを取ったときには、オーシャンタートルが襲撃を受けているときでした。 ユージオを失ったキリトは自分を責めていました。 言い換えれば、 自分で自分のフラクトライトを攻撃していました。 そのさなかでの現実とのコンタクトでしたが、 そこで襲撃犯による主電源の切断が発生。 起こった ショートにより発生したサージ電流がSTLの瞬間出力を活性化させました。 結果、 キリトの自己破壊衝動は現実的なものになり、彼の自我を非活性化してしまったのです。 それにより、 セルフイメージ回路を機能させなくなってしまったのでした。 だから、フラクトライトは無傷でも、自分はどうするかと考えるセルフイメージ回路が機能していないので、 行動も、発言も、思考までもが出来ない状態になってしまっています。 要約すると、 現実世界で主電源が切られたことでキリトがダイブしている機械に大きな電流が流れて、それにより仮想世界で自分を責めていた思考が現実世界にもつながり、その思考のせいで自分の中の自分の存在をすべて失くしてしまったことで、心神喪失状態になったって感じでしょうか? これが、キリトが心神喪失状態となった本当の原因でした。 この話はSAOアリシゼーションWoU2話の後半で比嘉が10分ぐらい説明してくれていますので、気になる方は、アニメでも確認してみてください。 【SAO】キリトの廃人はいつまで? キリトが復活するためにはフラクトライトが活性化するだけではなく、自我を確定しすることが必要となっています。 これにはまず、原因となったユージオの死を乗り越えなくてはいけません。 ユージオを失ってしまったことで、自分のせいだ、自分がいたから、自分がユージオを巻き込んだ、自分なんていなければ、自分が現れなければ、自分さえ存在しなければ…。 このような繰り返しがセルフイメージ回路を機能させなくしてしまったのだと思います。 自分の存在否定をすれば、自己像なんて確立することできませんからね。 原作では この状態は大戦編の終盤まで続きます。 それほど大きな傷だったのだと思います。 【SAO】キリトの心神喪失状態からの復活ネタバレ キリトは、現れたアスナ、シノン、リーファに会って、過去を思い出し、少しずつフラクトライトを活性化させ自我を見つけていきます。 そんな中ラフィンコフィンのPoHが現れ、アスナが危機的状況になります。 そこでユージオの記憶が流れ込んできます。 キリト「いいのか…ユージオ。 俺は、もう一度、歩き始めても…いいのかな。 」 ユージオ「そうとも、キリト。 たくさんの人達が、君を待ってるよ。 さあ、行こう、一緒にどこまでも。 」 そのユージオの言葉を受け、自我を確定、セルフイメージを持つことでキリトは復活します。 そして、 青薔薇の剣と夜空の剣の二刀流でキリトは復活してPoHを撃破します。 とうとう、そして久々のキリトの二刀流の登場です! 二人の対話、言葉だけでなんか情景が出てきますね。 記憶の暗い世界の光が差し込んだ場所で二人が対峙してて…なんて感じでしょうか。 そして、久々に二刀流のキリトが動く。 アニメが楽しみです! まとめ 以上、キリトが現在の状況になった理由と、復活のネタバレを書かせていただきました。 キリトの現状になった理由に関しては現実っぽい言い回しになっていますが、あくまでストーリー上の設定ですので、ご容赦ください。 書いていても、現実と混同しそうになるくらいでしたww それがSAOのすごいところだと思います。 2020年7月からの放送予定なので、キリトの復活はたぶん8月後半くらいになるのではないかと想定しています。 皆さんで楽しみに待ちましょう。

次の

SAOアリシゼーションWoUでキリトの右腕は復活する?何で失ったのか?

キリト 復活 いつ

SAOアリシゼーション編の最後の結末をネタバレ! PoHとの戦いでキリトが廃人から遂に復活 物語後半、アインクラッド編で登場したあのPoHがアンダーワールドにも登場し、その圧倒的な強さにアスナ達は絶望的な状況へと追い込まれていました。 そんな窮地をひっくり返したのが、遂に復活したキリトでした。 しかし人界大戦におけるPoHとの戦いのさなかに遂に復活します。 実はアスナやシノンと対面したことで徐々に活性化しつつあったキリトのフラクトライト。 そこに流れこんだユージオの記憶と夢の中で会話したことでキリトは悲しみを完全に乗り越えました。 キリト『いいのか・・・ユージオ。 俺は、もう一度、歩き始めても・・・いいのかな。 』 ユージオ『そうとも、キリト。 たくさんの人達が、君を待ってるよ。 さあ、行こう、一緒にどこまでも。 』 出典 ソードアートオンライン原作18巻 ユージオが生き返ったわけじゃない。 でもユージオの思い出は永遠にここにある。 それを思い出したキリトはもう一度歩き出す決意をするんです。 復活したキリトはとんでもない心意の力に目覚めていました。 そこからキリトは青薔薇の剣に宿ったユージオの力を借りて、敵軍数万の動きを全て凍結。 さらに2刀流スキルコネクトでPoHを撃破します。 その後、 夜空の剣の力でPoHを樹の姿へと凍結させることでアインクラッド時代から続く因縁に決着をつけます。 関連記事 ・ ガブリエルをキリトの夜空の剣・記憶開放術が撃破 PoH撃破後、キリトは心意の力で空を飛んで最後の敵ガブリエルを追います。 ガブリエルは<全属性攻撃吸収>という化物じみた特性を持っており、流石の復活後のキリトでも苦戦を強いられました。 しかしキリトの夜空の剣の真の力をついに開放して、記憶開放術を発動します。 夜空の剣は昼だったアンダーワールドの空を星空へと塗り替え、人々の心の力を集める力を持っていました。 そして人々の心を宿した【夜空の剣】と、ユージオの心を宿した【青薔薇の剣】の2刀流で、キリトは2刀流16連撃スターバーストストリームを放ちます。 どんな攻撃も効かないはずだったガブリエルに人々の希望の心が流れ込み、最後は体中にひび割れが走って遂には崩壊します。 ちなみに夜空の剣が真の力に目覚めたのは、ユージオが死に際に『この剣の名前は夜空の剣って名前がいいな』と言ったからなんです。 キリトはずっと名前が思いつかず『黒いの』としか呼んでいませんでしたからね。 キリトがこの剣は『夜空の剣』だと強く認識したからこそ、最後の記憶開放術で人々の心を集めることができたのだと思います。 アリシゼーション編におけるラストバトルは、 キリトの剣とユージオの剣の2刀流というこれ以上ない熱い展開により幕を閉じました。 アリスは無事現実世界へ アリスは無事にワールドエンドオールター<果ての祭壇>まで辿り着き、現実世界へと移動しました。 そして現実世界では、ラースの用意した機械の体に魂を宿して活動します。 その後アリスは神代博士とともに記者会見に臨みます。 ラースの世間への真正AI開発成功の発表であると同時に、AIへの人権を認めるよう世間へ呼びかけるための会見です。 会見では「アンダーワールド人のAIを労働に利用すべきだ」「本当にプログラムではないか脳を見せてみろ」だのひどい質疑応答ばかりが続きましたが、アリスは堂々と切り返し最後にはこう言い放ちます。 アリス『私は、あなたがたリアルワールドの人々に向けて差し出す右手は持っています。 しかし、地に膝をつく足と、平伏する額は持っていない。 なぜなら私は、人間だからです。 』 出典 ソードアートオンライン原作18巻 その後もアリスは現実世界においてAIの周知を目的としてレセプションやパーティなどに連日出席する多忙な日々を送っています。 こんなイベントはアリスにとっては苦痛でしかないでしょうが、アンダワールド存続のためと使命感からこなしているんでしょうね。 AI人権問題はSAOの最新刊でも決着は着いていませんが、このアリスを見ていると人権が認められる日もそう遠くないだろうと思えてきますね。 キリトとアスナはアンダーワールドで200年の時を過ごす ガブリエル撃破後にアンダーワールドは現実比1000倍の限界加速フェーズへと突入してしまいます。 これはどんなに急いで等倍へと戻しても アンダーワールド内部時間で200年は経ってしまうほどの加速です。 これに取り残されればアンダーワールド内で200年を過ごさなければいけなくなることは確実なのですが、それを分かってキリトはアリスを現実世界へと逃がすために最後まで戦い続けました。 キリトはこれから現実世界の愛する人々と離れて200年を生きることになることに一人涙を流すのですが、そこに一人の人影が・・・。 その人影はアスナでした。 アスナはキリトが自分を犠牲にしようとしていることを見抜いていて自分もアンダーワールドへと残る選択をしたんですね。 アスナ『たとえ千年だって長くないよ・・・君となら』 出典 ソードアートオンライン原作18巻 そう言ってくれたアスナと共に涙を拭き、この世界で200年の時を過ごします。 ちなみに暗黒界軍はイスカーンが暗黒海軍司令官の座につき、人界側はシェータが橋渡し役となって和平条約を結びます。 このイスカーンとシェータは後に結婚することになります。 暗黒界人と人界人の初めての婚礼ですね。 そしてその後人界と暗黒界は旅行で亜人が人界を訪れることができるようにまでなります。 一方アリスの妹・セルカはアリスともう一度再会するためだけに、セントラルカセドラルの80階で天命凍結の道を選びました。 200年の間にキリトは機竜なる空飛ぶ乗り物を発明して、暗黒界のさらに外側の世界へと進出して暗黒界人達の住処を与えたり、宇宙へと進出して新たな星を発見するなどします。 こうしてアンダーワールドに多大な影響を与えたキリトは、アスナと共に星王・星王妃の称号で讃えられるまでになりました。 (とは言ってもSTLの1000倍の加速による時間経過だったため 現実世界では数週間ほどしか経っていません) キリトとアスナは期せずして現実世界で最も長く生きた魂となったわけですが、現実で生活する上で支障がないように200年分の記憶はラースにて消去してもらいました。 アリスは自分に嘘をついてアンダーワールドへと残ったキリトを責めてはいましたが、再会できたことの喜びから涙を流します。 それからアリスの桐ヶ谷家お泊りイベントなどを経て、突如アリスのメールアドレスに差出人不明のメッセージが届きます。 それはネット上で生きている茅場晶彦(ヒースクリフ)からのアンダーワールドへのアクセスIPでした。 急いでアスナも連れてラースへと急行。 3人はアンダーワールドへと再びダイブします。 3人でダイブしたアンダーワールドで降り立った先は、なんと宇宙でした。 どこだここは?となる3人でしたが・・・彼方には央都セントリアなど見慣れた都市をのせた惑星が見えたんです。 いきなり宇宙に放り出されたことに驚く3人ではありましたが、確かに懐かしのアンダーワールドであることを確認して涙を流します。 アリス『世界よ!私が生まれ、私が愛したアンダーワールドよ!聞こえますか!私は、いま帰還しました!・・・私は、ここにいます!』 出典 ソードアートオンライン原作18巻 200年後のロニエ・ティーゼとの再会 そんな中、宇宙には2人の整合騎士が機竜(ドラゴン型の宇宙船のようなもの)を駆って飛んでいました。 スティカ・シュトリーネンとローランネイ・アラベル。 なんと、ティーゼとロニエの7代目の子孫です。 (ということはティーゼはユージオの悲しみを乗り越えて誰かと所帯を持ったのですね) スティカとローランネイはキリトを見て、なぜかこの人を知ってる。 と涙を流すんですね。 これは私個人の推測なのですが、スティカとローランネイは子孫というだけでなく、 ティーゼとロニエが転生した姿なのかもと思ってます。 というのも下記の描写があったからです。 心臓が、指先が、魂が、覚えている。 不意に、甘く香ばしい蜂蜜パイの匂いが鼻をくすぐる。 草原を吹き渡る風の爽やかさ。 穏やかに降り注ぐ日差しの暖かさ。 遠く、かすかに響く笑い声。 出典 ソードアートオンライン原作18巻 キリトの姿を見て蜂蜜パイを思い出す、というのは度々学園を抜け出しては蜂蜜パイを買って帰ってきた思い出を知っている、ロニエ達本人でしか思い出し得ないはずなんですよね。 『遠く、かすかに響く笑い声』とはキリト・ユージオ・ロニエ・ティーゼの4人でよく過ごした憩いの時間の記憶なのでしょうね。 200年経ってしまってはもう懐かしのアンダーワールド人との再会などもありえないだろうと思っていましたが、ロニエとティーゼと再会を果たせたと考えると感動もひとしおです。 そしてアリシゼーション編はキリト達とスティカ・ローランネイ達の邂逅で幕を閉じます。 そして新章へ アリシゼーション編は以上で終了となるのですが、SAO原作は現在新章・ユナイタルリングへ突入しています。 これは現実世界のALOで3人でお茶していたキリト・アスナ・アリスが突如原因不明のALO世界の異変に巻き込まれるというものです。 アリスはこれからもSAO新章に登場し続けるようなのでとても楽しみですね。 原作小説21巻からが新章突入なので、気になる方は原作をチェックしてみてください。

次の