ゼンリー 友達 追加 仕方。 Zenly(ゼンリー)アプリのバンプ機能とは?やり方も紹介!

img.directresponse.net:高校生に人気の「友達の現在地や自宅がわかるアプリ」って大丈夫?

ゼンリー 友達 追加 仕方

このページの目次• Zenlyの初期設定手順 まずはアプリをダウンロードしてください。 全てiPhoneのキャプチャ画面で順番に説明させて頂きます。 初期設定手順 01. それをタップしてください。 名前の入力画面が開きます。 誕生日入力画面が開きます。 誕生日を入力して、(12歳以上でないと登録できません。 連絡先からZenlyを使っているユーザーが表示されます。 デフォルトで全部チェックマークが入っている状態です。 Zenlyの招待画面が開きます。 招待ボタンを押すとSMSでZenlyへ招待できます。 知り合いかもしれない人の追加画面が開きます。 と 14. の手順で友達を追加した場合、このような画面が友達側に出てきます。 通知機能設定画面が開きます。 設定完了です。 あなたの現在地が青い丸印のアイコンで表示されています。 Zenlyを使う上での注意事項 Zenlyは位置情報を共有するアプリのため、あなたのプライバシーを侵害する恐れがあるアプリです。 上手に使うために、注意してもらいたい点がいくつかあります。 インストール後は位置情報を常に発信• 追加できる友達には制限がある• Zenlyに退会機能はありません インストール後は位置情報を常に発信 Zenlyはインストールしてあるだけで位置情報を友達に共有します。 バックグラウンドでオフにしていても位置情報を発信しているので気をつけてください! 常に位置情報を共有していても、バッテリーの消耗がしないように開発されています。 バッテリーの消耗はそこまで気にする必要がありません。 追加できる友達には制限がある Zenly(Zenly)ではあなたの連絡先にいる人か、Zenly上の友達の友達しか追加できません。 LINEだけでしかつながっていない人や、連絡先に登録のない人は追加できない仕組みになっています。 Zenlyが犯罪などに使用されないように開発されているからです。 Zenlyには退会機能がありません Zenlyには退会機能が存在していません。 それは、Zenlyを初期登録する段階で、入会ではなく、誕生日と電話番号の情報しか取得していないためです。 Zenlyをから退会したい時はアプリを削除してください。 アプリを削除すれば、あなたの位置情報は共有されなくなります。 プライバシーを守る機能 Zenlyにはプライバシーを守る機能がいくつか備わっています。 位置情報というプライベートな情報を共有するためには必ず必要な機能です。 ゴーストモード 常に位置情報を発信したくない時は、ゴーストモードを利用してください。 あなたの位置情報を共有する友達を選ぶことができます。 プライベートモード プライベートモードをオンにすると友達の友達からあなたが追加できなくなります。 連絡先に登録の無い人からZenlyの友達依頼を受けたくない時はプライベートモードをオンにしてください。 ブロック機能 友達の招待をブロックできる機能です。 知らない友達から友達申請が来た時や、連絡先の友達から友達申請が来た時に使えます。 ブロック機能を有効にしていると、有効にしている間はその人からZenly上で連絡が来ることはありません。

次の

「Zenly ゼンリー」アプリの使い方!通知を減らす方法は?位置情報を一時的に共有できる?

ゼンリー 友達 追加 仕方

友達と位置情報をシェアZenly ゼンリー とは? ゼンリーは自分と家族や友人・知人の 位置情報を地図上で把握できるフランス産まれのアプリです。 アプリを持っている人が 無条件で検索できるのではなく、あくまで お互いに認証し合った者同士でしか位置情報は表示されません。 またその他の機能も充実しており、 チャットや ルート検索なども備わっています。 現在、Android版・iOS版ともにダウンロード可能で、Android版はすでに500万ダウンロードを突破しています。 日本では特に女子高生たちがよく使うアプリとして紹介されていますね。 仲間内で集まりやすくなるという利点もそうですが、親しい人の 安否確認などにも使えそうです。 ゼンリー内の地図でできること• 自分の現在地の表示• 認証している人の現在地の表示• 認証している人の充電残量の確認• 現在地の滞在時間の表示 ゼンリーの友達追加の方法• 自身の端末の連絡先(電話帳)から招待• Zenly IDを入力して追加する• 電話番号を入力する• お互いの端末を振る(Bump機能) ゼンリーその他の機能• チャット(1対1・グループ)• ルート検索(徒歩・車の2パターン)• 近くにいる人と電話できる• アプリ内ゲーム(世界征服ゲームなど)• 行動範囲ランキング• 自身の国外での行動履歴も確認できる ただし、認証した人同士とはいえ 位置情報が筒抜けになることに抵抗がある人も多いと思います。 なのでゼンリーでは色々な 制限をかける機能も備わっているので、以下で解説していきます。 位置情報を隠す『ゴースト』機能 自分の位置情報を特定して欲しくない時は『 ゴースト』モードにすれば姿を隠せます。 あいまい:相手に表示される自分の現在地が「だいたいこのあたり」程度になる• フリーズ:現在地が「フリーズ設定をした瞬間の位置」に固定される ゴースト機能のやりかた• 地図画面右下の人マークをタップ• 右上のおばけのアイコンをタップ• 性格・あいまい・フリーズのどれかを選ぶ 個別にゴースト機能を適用する方法• 地図上で相手のアイコンをタップ• 右上のおばけのアイコンをタップ• あらかじめ「自分はゴースト使うからね」と相手に周知しておくと気が楽かも。 どちらかが電話帳に登録していなかった場合、申請自体が送れなくなります。 プライベートモード設定• 地図画面右下の人マークをタップ• 右上の設定アイコンをタップ• また、友達の友達などにあたるユーザーを表示する「知り合いかもしれないユーザー」のリストから自分の表示を消すことができる「おすすめユーザーをオプトアウト」も利用可能で、プライベートモードの下にある表示から設定できます。 ゼンリー「ブロック」機能について ゼンリーにも他のコミュニケーションアプリ同様に「 ブロック」の機能があります。 ただし 「友達登録をする前」のタイミングに限られるため注意が必要です。 電話番号・Zenly ID・「知り合いかも」リストなどからだれかが友達申請をしてきた時にブロックするかどうかを選ぶことができます。 では、 すでに友達登録している人と縁を切ろうとした時はどうすれば良いのか。 ゴースト機能では自分の位置表示をぼやかす程度なので、完全に表示できなくするためには「 削除」するしかありません。 一度削除すれば再びお互いに承認するまでは情報の行き来は完全に無くなります。 削除された相手側には「連絡先にありません」と表示されるため、ほぼばれます。 覚悟を決めて行いましょう・・・。 自宅や職場以外によく通っている場所をチェック• ゴーストモードになる場所と時間をチェック• 相手が一人で行くには不自然な場所(デートスポットなど)にいないかチェック などなど、 浮気防止に役立つこと請け合い!(笑) ただ、お互いに認証し合っていないと使えないので利用者は普通に仲の良いカップルがほとんどかと思います。 また、不安だからと言ってこういった機能を使いすぎているとそれが破局の原因にもなりかねないので、基本的に相手のことは信用してあげましょう。 それができたら苦労しない?・・・ごもっとも。 噂を聞くとちょっと怖い感じもする Zenly ゼンリー。 しかし何でもそうですが、要は 使い方だと思います。 色んな設定方法があるので、 うまく使って便利な面を有効活用してみましょう!.

次の

ゼンリー裏技。家マークつける方法、ゴーストモード(機能)のやり方、ゼンリーを上手に使いこなそう!

ゼンリー 友達 追加 仕方

高校生人気上昇中の「Zenly(ゼンリー)」ってご存知ですか? 自分の位置情報を公開、自宅もわかってしまう 「 Zenly(ゼンリー)」という位置情報共有アプリをご存知だろうか。 AMFによる「JC・JK流行語大賞2018」のアプリ部門でも、「TikTok」「LINEのたまごっち」に続いて第3位にランクインするなど、近年 高校生の間で人気が高まっているアプリだ。 どのようなアプリなのか、そして位置情報を公開することに問題はないのか。 安全に利用するための設定までをご紹介したい。 アプリを起動すると、 自分の現在地と友達の現在地が地図上に表示される。 友達とはチャットも可能だ。 移動中でも現在地がわかり、地図上の友達が2人以上集まっていると炎が表示されるため、待ち合わせや合流がしやすいと評判だ。 「家に居ると暇だとわかるから遊びに誘いやすい」などの使い方がされているようだ。 基本的には電話番号を知っている人たち同士でつながるアプリだが、Zenly IDを知っていたり、スマホ同士を「Bump」(LINEの「ふるふる」のようにアプリを起動した状態でスマホをふること)をすると友達登録ができてしまう。 Zenlyはある程度友達がいないと楽しめないアプリのため、「 ゼンリー誰でも追加して」とIDをTwitterや掲示板で公開している子どももいる。 IDさえ知っていれば誰でも友達追加でき、自宅や現在地などを特定できるので、利用している子どもには注意しておきたい。 プライバシー設定は「オン」がおすすめ Zenlyを安全に使うためには、プライバシー設定が大切となる。 右上の設定マークをタップし、「プライバシー設定」をタップして設定しよう。 「プライベートモード」「おすすめユーザーをオプトアウト」はオンがおすすめ 「プライベートモード」をオンにすると、 現在の友達とアドレス帳登録者以外からの友達申請、メッセージを防ぐことができる。 自分がメッセージを送れる相手も同様に限定される。 オフのままだと、アドレス帳登録者以外からも友達申請やメッセージができるようになっている。 「おすすめユーザーをオプトアウト」をオンにすると、「知り合いかもしれないユーザー」に表示されなくなる。 オフのままだと、「電話番号を登録しており、Zenlyを利用しているユーザー」や「友達の友達」が表示される。 誰でも友達追加しているユーザーが友達にいる場合リスキーなので、やはりオンにしておきたい。 どちらもデフォルトとままではオフなので、必ずオンにしておこう。 ただし、子ども自身で簡単にオフにできてしまうので、なぜオンにしたほうがよいのか伝えておく必要があるだろう。 また、IDを安易に公開するリスクについてもきちんと伝えておくと安心だ。

次の