ニセコイ ラスト。 ニセコイの結末がひどいし最悪?実写化映画がひどいと批判されていることも

ニセコイの結末がひどいし最悪?実写化映画がひどいと批判されていることも

ニセコイ ラスト

まずは『ニセコイ』との出会いをカンタンに ここ最近、急にアニメを観るようになりました。 そして、私はラブコメがけっこう好きなことがわかりました。 そこで、手を伸ばした作品が『ニセコイ』。 アニメを観て、みんな可愛いし、楽しかったし、続きも気になるな、ということで、漫画原作を全巻買いました(アニメは中途半端なところまでしかやっていないので)。 『ニセコイ』との馴れ初めはこんな感じ。 『ニセコイ』は好き 結末にもやもやしているのは事実で、不満もありますが、『ニセコイ』という作品自体はけっこう楽しめたし、ほっこりもしたし、好きでした。 「読み終わっちゃうのもったいないなー」と思って、けっこうちまちま読み進めたりもしていました。 彼らの世界に浸ってるのは好きでしたね。 それをご理解いただいた上で、僕が感じているもやもやと『ニセコイ』の「ここが失敗している」と思うポイントについて読み進めてただけると嬉しいです。 『ニセコイ』のここが失敗していると思う 誤解してほしくないのでハッキリ言っておくと、私は千棘エンド自体は別に不満ではありません。 漫画を読みはじめた段階、もといアニメを見はじめた段階で、「これは一条楽と桐崎千棘が結ばれるまでのラブコメなんだな」と認識したので、「最終的には小野寺は身を引くんだろうな」と予想していました。 それがまたちょっと辛かったのですが。 なので千棘エンド自体は割りと早々に受け入れていたので、結末それ自体に不満はありません。 (小野寺エンドも見たかったのは確かだけど) ただ、あの結末に至る過程や設定とか演出とか、そういう面で失敗している感は否めないと思っているので、私なりに「ここが致命的ミスだった」と思っているポイント3つを挙げて紹介します。 小野寺をあまりに可愛くしすぎた 『ニセコイ』はハーレムラブコメですが、基本としては 桐崎千棘と小野寺小咲のダブルヒロインという構成だと思っています。 ただその中でも メインヒロインはあくまで桐崎千棘で、『ニセコイ』は「いかにして一条楽と桐崎千棘が恋に落ちて結ばれるか」という物語という認識。 というかそう思わせる導入演出です。 で、あるのに。 メインヒロインが千棘なのに、小野寺があまりにもラブコメヒロインとして理想的すぎる(可愛すぎる)のが問題なのです。 私は千棘のことも好きですが、ヒロインとしては小野寺に軍配が上がってしまう、そう思っています。 そのヒロイン属性とかキャラクター設定のバランスにまず失敗していると、私は言いたいのです。 可憐さとか誠実さとか友情努力な部分とか。 (その点では橘万里花ももっと報われてほしかった) 『ニセコイ』を批判している読者の多くは、おそらく小野寺に感情移入していたのに結末が報われなすぎて絶望したことでしょう(私)。 もっと千棘のヒロインレベルを上げて、小野寺のヒロインレベルを下げる必要があったと思います(でもあの小野寺が好きだから、それはそれで複雑なんだけど)。 小野寺をメインヒロイン(もしくは単独ヒロイン)にしなかった あのままの小野寺小咲を描くのであれば、メインヒロインを小野寺にすべきだった、もしくは単独ヒロインのラブコメにすべきだったと思っています(単独ヒロイン希望)。 『ニセコイ』のコンセプト的にメインヒロインが小野寺では違和感があるので(ニセモノの恋人を演じる必要性問題とか)、全く別のラブコメ漫画になっちゃうと思いますが、それでも小野寺(みたいなヒロイン)が幸せになる漫画が読みたい。 安心して読める、約束された小野寺エンドのラブコメ、読みたい。 (『マジカルパティシエ小咲ちゃん!! 』はまたちょっと違うから、これで満たされるわけではないですね、私は。 ) 小野寺ルート展開なのに千棘エンドという違和感 多いに私の主観だということは認めますが、ストーリー上の小野寺との仲の進展やイベントが「完全に小野寺攻略ルートじゃねえか」と思うわけです。 全体として、小野寺とは決定的イベントがちょこちょこあり、千棘とはもやもや進展がちょこちょこある、そんな印象です。 最後のクリスマスデートとかもう、これは小野寺と結ばれるしかないだろう的なイベントなのに。 いったいなんだったんだ。 約束の女の子も小野寺だったのに「ザクシャインラブ」とはいったいなんだったというのか。 一条楽と桐崎千棘はいろいろ打ち解ける系のイベントが起きてはいますが、基本的にはひたすら一緒にいるだけなのでは?という気がします。 最終的な決定打は「ザイオンス効果」と呼ばれる「同じ人に複数回接触していると好きになってくる」というアレなんじゃないのか、くらいの。 (嫌いだったけど、ずっといっしょにいたら好きになっちゃったんでしょ?)(異論は認める) 小野寺と結ばれるためとしか思えない展開や進展があるのに、蓋を開けたら千棘エンドという結末がなんとももやもやするわけです。 せめてちゃんと納得させてほしかった しかも、最後の最後で一条楽の気持ちのひっくり返り方がなんかもう納得できない。 だいぶ前からそっちに傾いてた感は演出されていたけども、この自覚しての心変わりは超重要なので、もっと丁寧に描いてほしかった。 というかちゃんと納得させてほしかった。 「なぜ千棘なのか」というのが、分かるけど納得はできなくて、というか小野寺が振られる根拠としてもっと諦めがつくように演出してほしかった。 「 そりゃ仕方ないわ」って思わせてほしかった。 面白くするためなのかもしれませんが、ちょっと小野寺に対しても読者に対しても結末が残酷すぎる。 千棘エンドなのに小野寺との関係を盛り上げすぎている。 切なすぎる。 小野寺の最後の告白シーンで私は泣きました。 あまりにも救われない恋の結末に。 (るりちゃんも泣いてるのが地味にやばかった) 蛇足:九州編以降の人気急落に触れてみる 九州編から明らかに雰囲気が変わりました。 「何だこれは?」と戸惑った。 バトル展開など、ジャンプらしいといえばジャンプらしいと思いましたが、「これは『ニセコイ』に求めているものとはズレているな」とは感じました。 九州編がかなりわかりやすく感じた部分で、他の部分でもいろいろブレてきている部分があったんでしょう。 ハッキリどれとはわかりませんが、読者の気持ちが冷めていくような要素が。 連載当時のことは知りませんが、その辺りから人気が急落し、最後は打ち切りになったのでは、という説まで囁かれたようです。 確かに3年生になってからは異常に短いしね。 あんまり丁寧に演出している場合でもなかったのかもしれませんね。 総評 ひとことで言うと『ニセコイ』は 小野寺小咲に恋する漫画です。 読んだことを後悔はしていませんし、もう少し『ニセコイ』の世界には触れているつもりですが、なんというかまあ、もやもやしますね。 だからこそ筆を執ったんですが。

次の

ニセコイの結末っておかしくないですか??

ニセコイ ラスト

『ニセコイ』最終話 ヤクソク 『ニセコイ』最終回である。 1話サブタイ「ヤクソク」ではじまり最終話「ヤクソク」で締める。 結果はご存じのように、千棘大勝利で小野寺さんは自分から察して身を引きました。 小野寺さんは敗れ去ったのだ。 コサキニストたちの断末魔である。 ネット界の荒れっぷりを見ると、みんな怒っていることは伺える。 あえて『ニセコイ』を擁護したい。 結果だけ見ると、先行していた小野寺さんが千棘に逆転のタッチダウンを決められたように見える。 しかし、そうではない。 そうではないのだ。 神(作者)は最初から千棘エンドにしようと決めていた。 千棘エンドありきで物語を描いてきたのです。 これを出来レースと言わずに何と言おう! この結末は最初から決まっていた あまりにも小野寺さんが可哀相である。 小野寺さんエンドでなく激おこプンプン丸になるコサキニストの気持ちは痛い程分かります。 分かりますよー!確かに、千棘エンドへの持っていき方が、話の紡ぎ方が、 過程が悪すぎた。 コサキニストにとっては、到底納得いかないものだったでしょう。 あまりの意味不明さに憤慨する気持ちも理解できよう。 しかし!しかしである! 怒りをぶつけるのはどうか? 『ニセコイ』は分かりやすく示していたのではないか? だってですよ! これこういう漫画(小野寺さんカマセ)だよ?と作者は 読者に優しく教えてくれていたじゃないですか。 早い段階で教えてくれていた 告白しようとしたら野球ボールが飛んできたのにはじまり、肝試しの置き去り、キムチ事件といい…神(作者)は早い段階で 「ニセコイはこういう漫画です。 それで構わないなら読み続けて下さい」と何度も何度も何度も何度もしつこいぐらいに 読者へメッセージを送っていたのではないだろうか。 そんな神(作者)の優しい忠告を無視して、勝手に期待値を高めてしまい、案の定、爆死してしまったというわけだ。 それを逆キレしても仕方がない。 もっと早く気付くべきだった。 いや、気付いていても気づかないふりをしていたのだ。 コサキニストは「負け戦と分かってて戦い切った」のだ。 むしろ誇れ! コサキニストは永遠に不滅です! 小野寺さんは僕らに色んな事を教えてくれたね。 小さい頃にいい感じの仲であろうと、 大人になれば何の意味も無い。 『秒速5センチメートル』もビックリ!どんなに努力しても、 実らない恋は実らないということを教えてくれた。 つい最近までマジ恋だと気付かなかったのに、十数年間も想い人をあっさり凌駕してしまった不条理。 「それくらい好きになっちまったから。 だから、きっともうどうしようもねえんだ」である。 説得力とかそういうものなど意味がない、理不尽さを説いてくれたのだ。 『ニセコイ』とは世の無常さを描いた哲学だったのかもしれない。 しっかし、最終回の小野寺さん…泣けましたなぁ…。 最期の小野寺さん 出番4コマもさることながら、千棘と楽のウェディングケーキを作っているというね。 小野寺さんの料理の腕が上がったのか、くっそまずいと分かってて ケーキテロを仕掛けようとしているのか。 春ちゃんも姉をおもって身を引いたのに…。 「初めて聞いた時は戸惑ったけどさ」と流されて戸惑っちゃったよ。 まあ、自分がコサキニストだから愚痴しか出ないのかもしれない。 フラットに読めば『ニセコイ』だったジャンプ史に残るラブコメ… じゃねーな! いや、ある意味歴史に名を残すんだろうけど。 やはり、 千棘を選ぶ過程が意味不明すぎる。 ドラクエ5でビアンカかフローラを選ぶ時に、ルドマン選ぶぐらい意味不明である。 何と、この私が好きと申すか!?そ、それはいかん!もう一度考えてみなさい。 千棘と結ばれて …なんだろう。 最期だけ見ると、すごく自分好みの直球王道ラブコメではある。 それでも、千棘エンドへの持っていき方が意味不明すぎて素直に感動できない。 フラットに読んでも納得できない。 最近、昔のジャンプコミックを怒涛の勢いで電子化して 「伝説復活」とか抜かして『タカヤ』など打ち切り漫画が多数のラインナップぐらい納得できない。 ある意味伝説ではあるが…。 そうなんです。 『ニセコイ』はある意味では伝説を作ったのだ。 見ておくがいい!戦いに敗れるとは…いや、 着地に失敗したラブコメとはこういうことだー!と身体を張って示してくれた。 だから、僕らも悪口ばかり言うのではなく、ポジティブに叫ぶべきではないだろうか? よっしゃあああツッ! THE ENDォォ!! <こちらもどうぞ> おすすめ無料美少女ーム 『ニセコイ』好きにおすすめの無料美少女ゲーム紹介。 目の保養と身体のごく一部を熱くさせるスマホゲーム「放置少女」「超次元彼女」も良いですぞ。 放置ゲーなので女の子を愛でるにも最適。 とにかくすべてがえちえちで「ふぅ…」と紳士諸君に大満足できる女の子たちが魅力です。 無料でプレイできるし、ちょっとした空いた時間だけで大丈夫なので通勤&通学&寝る前の一時のお供に最適です。

次の

ニセコイの結末がひどいし最悪?実写化映画がひどいと批判されていることも

ニセコイ ラスト

まずは『ニセコイ』との出会いをカンタンに ここ最近、急にアニメを観るようになりました。 そして、私はラブコメがけっこう好きなことがわかりました。 そこで、手を伸ばした作品が『ニセコイ』。 アニメを観て、みんな可愛いし、楽しかったし、続きも気になるな、ということで、漫画原作を全巻買いました(アニメは中途半端なところまでしかやっていないので)。 『ニセコイ』との馴れ初めはこんな感じ。 『ニセコイ』は好き 結末にもやもやしているのは事実で、不満もありますが、『ニセコイ』という作品自体はけっこう楽しめたし、ほっこりもしたし、好きでした。 「読み終わっちゃうのもったいないなー」と思って、けっこうちまちま読み進めたりもしていました。 彼らの世界に浸ってるのは好きでしたね。 それをご理解いただいた上で、僕が感じているもやもやと『ニセコイ』の「ここが失敗している」と思うポイントについて読み進めてただけると嬉しいです。 『ニセコイ』のここが失敗していると思う 誤解してほしくないのでハッキリ言っておくと、私は千棘エンド自体は別に不満ではありません。 漫画を読みはじめた段階、もといアニメを見はじめた段階で、「これは一条楽と桐崎千棘が結ばれるまでのラブコメなんだな」と認識したので、「最終的には小野寺は身を引くんだろうな」と予想していました。 それがまたちょっと辛かったのですが。 なので千棘エンド自体は割りと早々に受け入れていたので、結末それ自体に不満はありません。 (小野寺エンドも見たかったのは確かだけど) ただ、あの結末に至る過程や設定とか演出とか、そういう面で失敗している感は否めないと思っているので、私なりに「ここが致命的ミスだった」と思っているポイント3つを挙げて紹介します。 小野寺をあまりに可愛くしすぎた 『ニセコイ』はハーレムラブコメですが、基本としては 桐崎千棘と小野寺小咲のダブルヒロインという構成だと思っています。 ただその中でも メインヒロインはあくまで桐崎千棘で、『ニセコイ』は「いかにして一条楽と桐崎千棘が恋に落ちて結ばれるか」という物語という認識。 というかそう思わせる導入演出です。 で、あるのに。 メインヒロインが千棘なのに、小野寺があまりにもラブコメヒロインとして理想的すぎる(可愛すぎる)のが問題なのです。 私は千棘のことも好きですが、ヒロインとしては小野寺に軍配が上がってしまう、そう思っています。 そのヒロイン属性とかキャラクター設定のバランスにまず失敗していると、私は言いたいのです。 可憐さとか誠実さとか友情努力な部分とか。 (その点では橘万里花ももっと報われてほしかった) 『ニセコイ』を批判している読者の多くは、おそらく小野寺に感情移入していたのに結末が報われなすぎて絶望したことでしょう(私)。 もっと千棘のヒロインレベルを上げて、小野寺のヒロインレベルを下げる必要があったと思います(でもあの小野寺が好きだから、それはそれで複雑なんだけど)。 小野寺をメインヒロイン(もしくは単独ヒロイン)にしなかった あのままの小野寺小咲を描くのであれば、メインヒロインを小野寺にすべきだった、もしくは単独ヒロインのラブコメにすべきだったと思っています(単独ヒロイン希望)。 『ニセコイ』のコンセプト的にメインヒロインが小野寺では違和感があるので(ニセモノの恋人を演じる必要性問題とか)、全く別のラブコメ漫画になっちゃうと思いますが、それでも小野寺(みたいなヒロイン)が幸せになる漫画が読みたい。 安心して読める、約束された小野寺エンドのラブコメ、読みたい。 (『マジカルパティシエ小咲ちゃん!! 』はまたちょっと違うから、これで満たされるわけではないですね、私は。 ) 小野寺ルート展開なのに千棘エンドという違和感 多いに私の主観だということは認めますが、ストーリー上の小野寺との仲の進展やイベントが「完全に小野寺攻略ルートじゃねえか」と思うわけです。 全体として、小野寺とは決定的イベントがちょこちょこあり、千棘とはもやもや進展がちょこちょこある、そんな印象です。 最後のクリスマスデートとかもう、これは小野寺と結ばれるしかないだろう的なイベントなのに。 いったいなんだったんだ。 約束の女の子も小野寺だったのに「ザクシャインラブ」とはいったいなんだったというのか。 一条楽と桐崎千棘はいろいろ打ち解ける系のイベントが起きてはいますが、基本的にはひたすら一緒にいるだけなのでは?という気がします。 最終的な決定打は「ザイオンス効果」と呼ばれる「同じ人に複数回接触していると好きになってくる」というアレなんじゃないのか、くらいの。 (嫌いだったけど、ずっといっしょにいたら好きになっちゃったんでしょ?)(異論は認める) 小野寺と結ばれるためとしか思えない展開や進展があるのに、蓋を開けたら千棘エンドという結末がなんとももやもやするわけです。 せめてちゃんと納得させてほしかった しかも、最後の最後で一条楽の気持ちのひっくり返り方がなんかもう納得できない。 だいぶ前からそっちに傾いてた感は演出されていたけども、この自覚しての心変わりは超重要なので、もっと丁寧に描いてほしかった。 というかちゃんと納得させてほしかった。 「なぜ千棘なのか」というのが、分かるけど納得はできなくて、というか小野寺が振られる根拠としてもっと諦めがつくように演出してほしかった。 「 そりゃ仕方ないわ」って思わせてほしかった。 面白くするためなのかもしれませんが、ちょっと小野寺に対しても読者に対しても結末が残酷すぎる。 千棘エンドなのに小野寺との関係を盛り上げすぎている。 切なすぎる。 小野寺の最後の告白シーンで私は泣きました。 あまりにも救われない恋の結末に。 (るりちゃんも泣いてるのが地味にやばかった) 蛇足:九州編以降の人気急落に触れてみる 九州編から明らかに雰囲気が変わりました。 「何だこれは?」と戸惑った。 バトル展開など、ジャンプらしいといえばジャンプらしいと思いましたが、「これは『ニセコイ』に求めているものとはズレているな」とは感じました。 九州編がかなりわかりやすく感じた部分で、他の部分でもいろいろブレてきている部分があったんでしょう。 ハッキリどれとはわかりませんが、読者の気持ちが冷めていくような要素が。 連載当時のことは知りませんが、その辺りから人気が急落し、最後は打ち切りになったのでは、という説まで囁かれたようです。 確かに3年生になってからは異常に短いしね。 あんまり丁寧に演出している場合でもなかったのかもしれませんね。 総評 ひとことで言うと『ニセコイ』は 小野寺小咲に恋する漫画です。 読んだことを後悔はしていませんし、もう少し『ニセコイ』の世界には触れているつもりですが、なんというかまあ、もやもやしますね。 だからこそ筆を執ったんですが。

次の