リンデロン vg ヘルペス。 リンデロンVG軟膏・クリームの強さ・やけどに使える?

リンデロン−V軟膏0.12%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

リンデロン vg ヘルペス

リンデロンVGの強さ・強度は? 「リンデロンVGは強いですか?」 薬局でも時々聞かれる質問ですが、含有成分のステロイドの強さに関しては答えることができます。 ステロイドのランクには ストロンゲスト(最も強い) ベリーストロング(とても強い) ストロング(強い) マイルド(中間) ウィーク(弱い) と5段階に分かれるのですがリンデロンVGに含まれるベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドは ストロング(強い)に位置づけられています。 決して強すぎないため顔や赤ちゃんにも処方されることはあります。 効能・効果 リンデロンVG軟膏・VGクリームの効能・効果は下記の通りです。 湿潤,びらん,結痂を伴うか,又は二次感染を併発している次の疾患 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,脂漏性皮膚炎を含む),乾癬,掌蹠膿疱症 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染 ヘルペス・水虫・いんきんたむしへの使用 ステロイドが入っているため水虫の原因となる真菌や、ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスには効果はなく、 逆に皮膚の免疫を抑えるため真菌やウイルスを増殖させる作用があります。 そのため家にあるからといって、水虫やヘルペスには使用しないようにしましょう。 陰部への使用 ウイルス性の疾患(性器ヘルペス、コンジローム)やカンジダなどの真菌が原因の場合はリンデロンのようなステロイドは使用できません。 ウイルスや真菌(カビ)が原因でない場合は陰部に処方されることもあります。 処方された場合は綿棒などで薄く塗るようにしましょう。 自己判断で陰部への使用は避けてください。 妊娠中・授乳中の使用 妊婦さんへのリンデロンVGの使用ですが、製薬メーカーの説明書では下記の通りとなっています。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては 大量又は長期にわたる広範囲の使用を避けること。 (妊娠中の使用に関する安全性は確立していない。 ) 引用元 リンデロンVGインタビューフォーム リンデロンVGは妊婦さんに実際にはよく使用されることがありますが薄くのばして使用しましょう。 また授乳中でも、授乳を中止することなく使用できますが、ベタベタ使用せず薄くのばして塗るようにしましょう。 ジェネリック医薬品との違い リンデロンVGには薬価の安いジェネリック医薬品が販売されています。 リンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品• デルモゾールG軟膏• デキサンVG軟膏0.12%• ルリクールVG軟膏0.12%• ベトノバールG軟膏0.12% リンデロンVGクリームのジェネリック医薬品• デルモゾールGクリーム• ベトノバールGクリーム0.12% 先発品と添加物に違いはありますが、効能・効果や有効成分は全く同じとなっています。 市販薬は売ってる? リンデロンVGと同じ成分が配合された市販薬は販売されていません。 リンデロンVGに一番近い市販薬はベトネベートN軟膏ASです。 ステロイドはリンデロンVGと同じベタメタゾンが同じ濃度で、抗生物質はフラジオマイシンが配合されています。 効き目についてもリンデロンVGと大差はないと考えられます。 カテゴリー• 4 こんにちは。 現役薬剤師Yu(ユー)です。 2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です。 健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。 最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 まだまだ成長過程の薬剤師ですが、一人でも多くの方がこのサイトがあってよかったと思っていただるように自分の抱える知識を発信してまいります。 スポンサーリンク.

次の

ルリクールVG軟膏の効果や強さ、リンデロンとの違い|あせも、やけど、ヘルペスなどへの効果や市販の販売状況も|薬インフォ

リンデロン vg ヘルペス

性器ヘルペスの軟膏について教えてください。 4年振りに性器ヘルペスかな? という神経痛のような症状が 出たので早めにベルスクロンというアシクロビルのジェネリックを5日間飲みました。 水ぶくれや口内炎のようなものは出来なかったのですが、少し性器に灼熱感やヒリヒリがあったので アラセナAを塗ってみたら、余計ヒリヒリして止めました。 排尿時に沁みたりはしません。 お薬を飲み終わった時、まだヒリヒリもあるし皮膚科の先生からいただいたアズノールとネリゾナを混ぜた軟膏を塗ってみたら、一時良かったのですが更にヒリヒリしてきて2日程で止めました。 その際、会陰と肛門付近も赤くなってしまい、ヒリヒリしはじめました。 今日、オリモノが悪いのかと思い産婦人科に行くと、少しカンジタがいるけれど大した事はないと言われエンペシド膣錠を入れられ、軟膏のようなものを塗られ、自宅用に膣錠3日分とリンデロンVG軟膏を出されました。 が診察の2時間後から性器がヒリヒリ痛み出し、ティッシュでお医者さんに塗られた軟膏を拭き取ったらすぐ収まりました。 私がヘルペスを持っている事を知っている皮膚科の先生に再診してもらっても「少し赤くなってるけどヘルペスかどうか解らない」と言われます。 私がヘルペスをもっている事を知らない産婦人科の先生は「免疫が弱っているタイミングで弱いがカンジタ菌にやられたのでは」と言われます。 見た目ではヘルペスらしい症状は無いようです。 ステロイド軟膏でヒリヒリする事と、足の太ももの裏などがダルイような浮腫んだような感覚のせいで、ヘルペスが 治っていない恐怖から開放されません。 ワセリンを塗っているとヒリつきも無く落ち着きます。 どうかアドバイスをお願いします。

次の

【薬剤師が解説】リンデロンVGの効果や副作用と正しい使い方【ステロイド・抗生物質】

リンデロン vg ヘルペス

記事の内容• 回答:それぞれステロイドとしての強さが異なる、別の薬 ステロイド外用剤の『リンデロン』には、 DP・V・VG・Aの4種類があります。 同じ『リンデロン』でも、このアルファベットが違えば薬の成分・ステロイドとしての強さも異なる 別の薬です。 皮膚の厚さは場所によって大きく異なるため、同じ薬を塗っても吸収される量が違います。 そのため、。 塗り薬は、家に残っている薬を使ったり、家族・兄弟間で使いまわしたりといった、間違った使い方が特に起こりやすい薬ですが、医師・薬剤師に指示された使い方以外はしないようにしてください。 『リンデロン』も4種がそれぞれ別の強さにランク分けされています。 『アンテベート』や『マイザー』等と同じ強さのもので、主に手足や体幹といった部分に使用し、顔には使いません。 一般的に、体幹のうちお腹や首など皮膚の薄い部分にも使用できる強さです。 「フラジオマイシン」という抗生物質も配合されているため、眼や耳に細菌が感染し、炎症を起こしているような場合に使用します。 そのため、。 48 2 :181-3, 1967 PMID: 例えば 顔と足のうらでは、薬の吸収が100倍近く異なるため、同じ薬を使うわけにはいきません。 皮膚が厚い手足に、弱いステロイド外用剤を使っても、あまり効果が期待できません。 皮膚が薄い顔に、強いステロイド外用剤を使うと、。 「たかが塗り薬」と油断することなく医師・薬剤師の指示を守り、自己判断で勝手な使い方をしたり、家族・兄弟間で薬を使いまわしたりしないようにしてください。 薬剤師としてのアドバイス:虫刺されに『リンデロン』を使う場合は、特に注意 『リンデロン』は、虫刺されに処方されることがあります。 しかし、よく効くからといって「リンデロン=虫刺されの薬」と認識することは非常に危険です。 があるからです。 虫刺されの薬をもらう際には、どの場所に使える薬なのか、医師・薬剤師に予め確認しておくことをお勧めします。 特に、を考える必要があります。 また、虫刺されであっても動悸や冷や汗などのショック症状がある場合には、すぐに病院を受診するようにしてください。 ポイントのまとめ 1. ステロイド外用剤の『リンデロン』には、DP・V・VG・Aの4種類があり、薬の強さも成分も全く違う 2. ステロイド外用剤は、塗る場所によって厳密に使い分ける必要がある 3. 重ね塗りをする場合、方法で使います。 これは、ステロイド外用剤を不必要に塗り広げてしまわないためです。 しかし、塗布順序にとって効果に違いはない4 とされているため、塗布範囲が同じであればどちらを先に塗っても問題ありません。 3 Pediatr Dermatol. 25 6 :606-12, 2008 PMID: 4 西日皮膚. 原因がはっきりしない足の痒みは、安易に「ステロイド」を使う前に、皮膚科を受診することをお勧めします。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の