膵炎 血液 検査。 急性膵炎について

急性膵炎

膵炎 血液 検査

成因 [ ] 成人の急性膵炎の原因としては と が2大成因とされている。 この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。 胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。 その他は、特発性、(ERCP)後、、膵胆管合流異常症等が上げられる。 また、感染者ではによる薬剤性のものが報告されている。 小児の場合は、といった感染症、であるやのバルプロ酸、などの全身疾患、交通事故、虐待などの外傷・遺伝性膵炎の報告もある。 その他、上皮小体機能亢進症、膵・胆道系腫瘍によるものもある。 症状 [ ] 以下の症状を認める• 上腹部(特に心窩部)の激痛• 麻痺性• 悪心・嘔吐• 背部痛• カレン徴候(Cullen徴候) 膵液によって組織が自己融解を起こし、血性滲出液が臍周囲の皮下組織に沈着して暗赤色に染まる• グレイ・ターナー徴候(Grey-Turner徴候) 膵液によって組織が自己融解を起こし、血性滲出液が左側腹部の周囲が暗赤色に染まる 検査 [ ] 血液検査 [ ] 血液検査としては以下が認められる。 膵酵素の高値(診断の指標として用いられる)• 血中上昇(特異度・感度共に一番の指標となる)• 血中上昇(48時間で最高に達し、以後下降する)• ・・高値(重症度の指標として有用) さらに疑いが強ければ次のもの。 低値(重症度の指標として有用)• 腎機能• 動脈血の酸性度• 酸素濃度• 酸と塩基のバランス(など) 画像検査 [ ] 膵臓の腫大の評価と胆石等の要因精査のために・等が行われる。 膵腫大像・周囲組織脂肪織高値像・液体貯留像・腹水貯留像• 膵壊死像・融解像(Echoで低輝度 造影CT検査で造影不良像)• 麻痺性像(colon cut off sign sentinel loop sign) 評価 [ ] 診断 [ ] 厚生労働省難治性膵疾患に関する調査研究班2008年によると急性膵炎は以下の手順で診断される 上腹部痛に急性腹痛発作と圧痛がある。 血中または尿中に膵酵素(・など)の上昇が認められる。 超音波、CTまたはMRIで膵に急性膵炎に伴う異常所見がある。 上記3項目中2項目以上満たし、他の膵疾患および急性腹症を除外したものを急性膵炎と診断する。 但し、慢性膵炎の急性増悪は急性膵炎に含める。 急性膵炎と診断した場合は重症度に関係なく、入院治療を行う。 重症度によって治療を行う医療機関が異なるため搬送が必要となる場合がある。 重症度 [ ] 重症度評価には主に以下のものがある。 日本ではである「重症急性膵炎」への適応判断のために作成の重症度判定基準が一般的に用いられる。 発症より48時間以内で評価を行うこととされる。 厚生労働省急性膵炎重症度判定基準(2008)では9つの予後因子からなる判定基準および造影CTによるgradeで重症度判定を行う。 9つの予後因子に関しては診療所等でも評価可能であり搬送基準として用いられている。 予後因子が3点以上または造影CTgrade2以上を重症と判定する。 重症度判定は48時間以内は繰り返し再評価を行う。 予後因子3点以上になった場合は集中治療が可能な施設に搬送する。 「重症急性膵炎」と診断される場合、・・を呈し、致死率が極めて高くなり、予後も不良である。 治療 [ ] 基本的に以下の治療を行っていく。 重症急性膵炎の場合は集中治療管理が必要となってくる。 絶食・大量輸液投与・安静 絶食・絶対安静とし、循環血漿量の維持のため投与を行っていく。 通常成人では1日1500~2000mlの水分が必要となるが急性膵炎ではその2~4倍量の輸液が必要となる。 重症例だけではなく軽症例も十分な細胞外補充液を用いて初期輸液を行うべきとされている。 蛋白分解酵素阻害薬の投与 メシル酸ガベキセート(FOY)・ウリナスタチン(ミラクリッド)・メシル酸ナファモスタット(フサン)の投与を行う。 重症急性膵炎に対する蛋白分解酵素阻害薬の大量持続点滴静注は死亡率や合併症発生率を低下させる可能性がある。 重症ではウリナスタチンにメシル酸ガベキセートまたはメシル酸ナファモスタットを追加することもある。 軽症例ではもちいるとしたらどれか1剤である。 メシル酸ガベキセートとメシル酸ナファモスタットは生理食塩水で溶解すると白濁することがあるので5%ブドウ糖で溶解する。 44~4. 軽症例では胆管炎の合併がなければ予防的抗菌薬投与は不要であるが重症例では予防的に投与する。 イミペネムやメロペネムといったカルバペネム系がよく用いられる。 必要に応じて静注ではなく、動注を行うこともある。 持続的血液透析ろ過療法 CHDF 急性膵炎により惹起された炎症性物質()が、全身の炎症を起こし、多臓器不全の原因になるため、により炎症性物質を除去することで、急性膵炎の重症化を防ぐ。 鎮痛薬 鎮痛薬としてはや、を投与(はを収縮させ、膵液の流出障害が生じるため禁忌)。 やが好まれる。 ERCP 胆石が原因の場合の膵炎に胆石除去を目的として行われる。 ただしERCP施行そのものでも膵炎の悪化を助長するため慎重に判断される。 合併症 [ ] 予後を左右する合併症としては以下がある。 仮性膵嚢胞 感染を併発し膿瘍化するとになる場合も多くドレナージ治療が必要となってくる。 壊死部感染 膵臓に壊死が生じ感染するとになる場合も多く、壊死組織摘出術が必要となる。 内分泌機能低下 膵臓に壊死が生じることで、膵臓の内分泌機能を失い等を生じてくる。 予後 [ ] 軽症~中等症の場合、致死率は数%であるが、重症急性膵炎の場合の致死率は30%以上と報告されている。 急性膵炎は3~15%の頻度でに移行する。 動物における急性膵炎 [ ] 中~高年齢の犬において発生が多い。 症状は激しい嘔吐、腹痛。 出典 [ ]• 小泉勝『膵臓の病気』p38、保健同人社、平成23年9月20日改定、ISBN978-4-8327-0658-3 参考文献 [ ]• 急性膵炎診療ガイドライン2010 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 日本膵臓学会• 膵臓 Vol. 26 2011 No. 6 P651-683.

次の

急性膵炎の検査と診断 私の血液検査の結果

膵炎 血液 検査

膵臓がん(膵がん)の検査 検査:生化学的検査 血液検査で膵臓の酵素や腫瘍マーカー値、ビリルビン値の動きをみることにより膵臓機能の異常、膵がんを発見できることがあります。 膵がんにより膵管がつまると、膵管を流れている膵液がたまり、アミラーゼ、リパーゼ、エラスターゼなどの膵臓の酵素が血液中にでてきます。 そのため、血液検査でこれらの酵素が高値を示したときは、膵臓の病気の疑いがあります。 腫瘍マーカーはが大きくなるにつれて、血液中の濃度が上昇します。 しかし、膵がんだけに特異的なマーカーではなく、膵炎でも陽性となることがあるので注意が必要です。 検査:CT検査 CT検査は身体にあらゆる角度からX線照射し、得られた情報をコンピューターで解析するものです。 造影剤を使う場合と使わない場合がありますが、造影剤を用いる方法では病変がより鮮明に描き出され、検査したい臓器やその周辺をミリ単位の断層写真として観察できます。 CT検査の結果はX線検査やの結果と総合して病気を判定することに役立っています。 また、がん治療(やなど)の効果の把握などにも用いられています。 膵臓の場合は造影剤を静脈から注射して行うダイナミックCT検査によって、鮮明な画像を映し出すことができるようになりました。 膵がんの診断だけでなく、膵がんで心配な肝臓やや、周りの臓器へのの確認が可能です。 また、手術の判断にも役立っています。 膵頭(すいとう)部がんでは、腫瘍部がやや黒くなり、それより末梢の主膵管がやや拡張します。 膵体(すいたい)がん、膵尾(すいび)部がんでも同じ像が映し出されます。 これにより腫瘍部より先にどのくらい正常組織が残っているか推測できます。 検査:PET検査 PET(陽電子放射断層撮影)検査は、がん細胞が正常細胞よりも糖分を多く必要とする性質を活かし、陽電子を放出するブドウ糖に似た薬剤を利用し、体内での薬剤の分布を画像化する診断法です。 CT検査やMRI検査が形態を画像化するのに対し、PET検査は細胞の活動性に応じて薬剤が集まる原理を利用することで、細胞の代謝の状態を画像化する検査です。 また、PET検査は1回の検査で全身において、がんの検査を行うことができることが大きな特徴です。 しかし、全てのがんをPET検査で早期に発見できるわけでありません。 薬剤の集積が少ない性質のがんもありますし、消化管粘膜に発生する極早期のがんの発見は困難です。 また、薬剤は炎症部にも集まる性質をもつため炎症部とがんとの区別が難しいという問題もあります。 PET検査で発見されやすいがんとしては、肺がん、食道がん、膵臓がん、大腸がん、乳がんがあげられ、さらに、いままでの検診では見つけることが困難であった甲状腺がん、悪性リンパ腫、卵巣がん、子宮体がんが発見できることが期待されています。 他胃がん、腎がん、尿道がん、膀胱がん、前立腺がん、肝細胞がん、胆道がん、白血病など場所によっては有用性が低い場合があるともいわれています。 また、薬剤の製造装置および撮影装置の設備費用が非常に高く、検査可能な医療機関は限られています。 肝臓、膵臓、胆道をはじめとする腹部の検査に欠かせない検査として位置づけられています。 簡便で患者さんの身体に負担が少ないというメリットがあります。 超音波検査では、手術前、手術後(再発)、がんの壁外への進展や肝臓への転移などのチェックをするのに役立つ検査法です。 膵頭(すいとう)部がんでは腫瘍部分が黒くなり、膵体(すいたい)部、膵尾(すいび)部の主膵管の拡張がみられます。 デメリットとして、技術の差により映し出される像に差が出やすいことや、身体の構造上、腸管ガスが重なり合いやすく、膵臓全体を見ることができないことがあります。 検査:超音波内視鏡検査(Endoscopic ultrasonography:EUS) 超音波内視鏡検査(EUS)は組織の構造が変化する部位で、音波が跳ね返ってくる現象()を利用して、跳ね返りの強さや部位を画像として映し出す検査です。 体表からの超音波検査では胃や腸の中の空気や腹壁、の脂肪、骨が、をとらえて画像にする際に妨げになることがあります。 また、体表からのエコー検査では検査目的とする対象臓器近辺までの画像を得るために超音波の減衰が少ない比較的低周波数の超音波により検査を行いますが、低周波数の超音波検査では分解能に限界があり、高い分解能を持った詳細な画像情報が必要となるがんの壁深達度(へきしんたつど)診断などには適しません。 その欠点を改良したものが、超音波内視鏡検査です。 超音波内視鏡は、内視鏡先端部にを送受信する「超音波」を兼ね備えた内視鏡です。 特に膵臓は身体の奥にあるため、膵臓の手前にある胃や腸のなかの空気や腹壁、の脂肪が邪魔をして、通常の体表からの超音波検査では、をとらえにくいという問題があります。 そこで、膵臓の近くの胃や十二指腸から超音波(内視鏡)検査をすることで、膵臓の詳細なエコー像を確認できる超音波内視鏡検査が役立っています。 超音波内視鏡検査では、超音波が胃など体腔内に溜まったガスを透過できない為、超音波振動子と観察部位との間に水を介在させて対応(脱気水充満法等)をしています。 超音波内視鏡先端部 脱気水充満法 超音波内視鏡画像 膵管腔内(すいかんくうない)超音波検査(Intraductal ultrasonography:IDUS): 十二指腸乳頭(にゅうとう)部から主膵管へ細い超音波プローブを挿入し、主膵管や膵臓の観察もできるようになり、より詳細な画像情報を得ることが可能になりました。 超音波プローブとは、内視鏡の鉗子口から挿通する細径タイプのプローブで、先端に超音波(エコー)が送受信できる超音波振動子を備えており、超音波内視鏡では挿入できない細い胆管・膵管に挿入することが可能です。 超音波内視鏡ガイド下穿刺(Fine needle aspiration:FNA): 病理(びょうり)検査を行うために、超音波内視鏡で膵臓周囲を確認しながら、と呼ばれる方法で膵臓の細胞を採取する超音波内視鏡ガイド下穿刺(Fine needle aspiration:FNA)が行われることもあります。 FNAでは、超音波内視鏡を挿入し、胃から膵臓のに針を刺して細胞を採取します。 体外からの組織採取(バイオプシー)とくらべて、病変部まで最短のルートで採取が出来るものです。 そのため、体外からでは検出不可能な病変組織や、小さな病変などが採取しやすい特徴があります。 1 内視鏡的逆行性胆膵管造影法 (Endoscopic retrograde cholangiopancreatography:ERCP) 内視鏡的逆行性胆膵管造影法(ERCP)は、膵液が膵管から十二指腸へ流れる出口となっている十二指腸乳頭(にゅうとう)部から内視鏡を介して造影剤を注入し、膵管をX線撮影する検査です。 膵がんの大部分を占める膵管がんを見つけるのに重要な役割を果たしている検査です。 描出能が優れているうえに、X線透視下で膵管の(細胞の採取)や膵液の採取なども可能で、病変部の詳細な情報が得られます。 一方、デメリットとして急性膵炎をおこす危険性や、技術的な難しさ、患者さんにとって負担が大きいなどがあります。 2 膵管鏡 膵管鏡は内視鏡を膵管内に挿入して観察を行う方法で、膵管内乳頭腫瘍や膵がんの観察が可能になります。 一般的に経口的に行われる膵管鏡は親子スコープという2本のスコープを用いて、十二指腸乳頭部から膵管内に内視鏡(子スコープ)を挿入して観察します。 親スコープで乳頭と膵管口を切開(内視鏡的乳頭切開術)し、続いて内視鏡(子スコープ)を膵管内に挿入します。 膵管鏡 検査:MRI検査、MR胆膵管撮影(MRCP) MRI検査は磁気による核磁気共鳴現象を利用して画像に描き出すものです。 MRI検査の結果はX線検査やの結果と複合して、総合的な判定に役立っています。 MR胆膵管撮影(MR cholangiopancreatography:MRCP) MRI検査の一種で、MRIの機械でスキャンするだけで膵管像を見ることができます。 ゆっくりと膵液の流れの動きを観察し、膵管の像を映し出します。 膵がんの大部分は膵管壁から発生するため、膵管壁の異常な像を見つけだすのに役立ちます。 造影剤を使わなくてよいこと、に比べると、細い分枝や画像の鮮明さにおいては劣りますが、何より患者さんの身体に負担が少なく、全体像を描き出すことができる点で有用です。 また技術による診断の差があまりでないこと、主膵管ががんでつまっていても、その先の部位を観察することが可能であること、急性膵炎や内視鏡を膵管に挿入できない状況でも行うことができるなどのメリットがあります。 一方、肥満や腹水がたまっていると画像が劣ることがあり、また、心臓ペースメーカーをつけている患者さんには行えないなどのデメリットがあります。 検査:腹部血管造影検査 血管にカテーテル(細い管)を通して造影剤を注入し、膵臓に分布している血管をX線撮影する検査法です。 病変の範囲だけでなく、血管や周囲の臓器へのを詳しく観察できるので、手術のために必要な情報を得ることができます。 しかし、近年患者さんの身体に負担の少ない検査法、CT検査やが発達したため、役割は減少してきています。 膵がんの診断以外に、炎症により膵臓や周囲臓器の血液の流れが激しく変化する膵炎の診断・治療のために行うことがあります。

次の

犬の膵炎の初期~末期症状や治療法、予防する方法まで

膵炎 血液 検査

病気と検査 膵臓機能検査 膵臓機能検査 膵臓は、おへその上、胃の裏側に位置しており腹部の内臓の中で最も深いところにある臓器です。 長さは約15cm、重さは約70gで左右に細長く、バナナの形に似ています。 膵臓の右側は十二指腸に接続し、そこから膵液である消化酵素を十二指腸に送り出します。 膵臓の働き 膵臓は外分泌機能、内分泌機能という二つの重要な働きを持っています。 1.外分泌機能(消化酵素の分泌) 食物を消化、吸収するために、蛋白質、脂質、糖のそれぞれの栄養素を消化する酵素を分泌し十二指腸へ送り出す働きをします。 2.内分泌機能(ホルモンの分泌) 血液中の糖をコントロールするインスリンやグルカゴンというホルモンを膵臓の中にあるランゲルハンス島という細胞から分泌し血液中に送り出す働きをします。 膵臓の主な病気 膵炎 膵臓から分泌される消化酵素によって、膵臓自体が消化され、炎症を起こす病気で、急性膵炎と慢性膵炎があります。 強い腹痛や、下痢、嘔吐などの症状があります。 膵癌 初期には無症状であることが多く、進行すると背中の痛みや黄疸の症状が出てきます。 糖尿病 膵臓からインスリンが分泌できなくなり、血液中の血糖値が上昇します。 検査方法 膵炎や膵癌を血液中で調べる方法として、膵臓から漏れ出てきたさまざまな消化酵素や腫瘍マーカーを調べる方法があります。 主な膵臓機能検査 膵臓機能検査 アミラーゼ でんぷんや糖を分解する消化酵素。 膵臓と唾液腺から分泌されますが、ほとんどが膵臓由来です。 血液だけでなく尿中からの検査も有用です。 アミラーゼ アイソザイム 膵臓由来のアミラーゼ(P型)、唾液腺由来のアミラーゼ(S型)を調べることで、膵疾患、唾液腺疾患の診断に有用です。 リパーゼ 脂肪を分解する消化酵素。 胃液にも存在しますが、血中のほとんどが膵臓由来です。 トリプシン 膵臓のみから分泌される蛋白分解酵素。 膵PLA2 脂質を分解する酵素。 特異性が高く、特に急性膵炎の診断に有用です。 PSTI 膵臓内でのトリプシンの活性を阻害し 膵臓の自己消化を防ぐ蛋白質。 膵炎のマーカーとして有用です。 腫瘍マーカー CA19-9 膵癌、胆道系癌をはじめとする消化器癌で高値になります。 しかし良性疾患でも高値になります。 Span-1 エラスターゼ1 膵臓に存在する蛋白分解酵素。 膵癌の早期発見に有用です。 NCC-ST-439 膵癌をはじめとする消化器癌、肺癌、乳癌で高値になります。 SLX 膵癌、肺癌、卵巣癌で高値になります。

次の