エアコン 水 漏れ 修理。 【エアコン】 エアコン本体から水漏れする

エアコンの水漏れの修理方法と料金の相場

エアコン 水 漏れ 修理

駐車場に止めておいた車の下の地面に、雨も降っていないのに水溜まりができていた。 車に乗ったらフロアマットが水浸しになっていた。 車内で水をこぼした覚えもないのに不思議だ。 こんな経験はありませんか。 原因はいくつか考えられるのですが、その対策を含めてご紹介していきたいと思います。 水漏れを発見したら確認すべきこと まず大前提として、車は設計上、車内に水が溜まることはありません。 車外も排水溝であるマフラー付近以外には、水溜まりができにくくなっています。 もしそれ以外で水溜まりを発見したら、色、臭い、粘り気の有無、水漏れの場所などを確認しましょう。 無色透明・無臭の場合 無色透明で何の臭いもない場合は、エアコンの排水漏れや雨水の侵入が考えられます。 車は基本的に、雨水など外部からの水が浸入しないような設計になっていますが、板金などを修理した場合、防水処理が不完全なときがあります。 しかし故障ではないので安心してください。 赤や緑などの色がついている水の場合 手触りはサラサラしているけれど、赤や緑などの色がついている場合は、冷却水、クーラントの可能性があります。 オーバーヒートの原因になりますので、早めの修理が必要です。 黒や茶色で粘り気と臭いがある場合 黒や茶色い色をしていて粘り気があり、さらに臭いまである場合はオイル漏れの可能性が高く、放っておくとエンジントラブルや車両火災につながる危険性があります。 修理工場に持ち込むなど早急の対応が必要です。 色や臭いで判別しづらいときは水漏れしている場所で判断 色や粘り気で判別しづらいときは、水漏れを起こしている場所で判断をしましょう。 助手席の下が漏れているときは、カーエアコンの排水の可能性• エンジンルームの先端付近での水漏れは冷却水の可能性• エンジンルームの下の黒っぽい水溜まりはエンジンオイル、ブレーキオイルなどの可能性あり ガソリンは臭いで判断できる 燃料タンクからエンジンルームまで、ガソリンはパイプで送られていますので、燃料タンクから離れた場所でも漏れる可能性があります。 ただガソリンは独特の臭いがありますので、判断が容易です。 車外にできる水溜まりはカーエアコンの排水 車の下に水溜まりがあった場合、故障を疑う前に、まず自分で判断をしてみましょう、 赤や緑などの色があったり、粘り気が臭いがある場合は、早い段階での修理が必要ですが、無色透明で臭いがない場合は、エアコンのホース、ドレインホースから出るエアコンからの排水です。 カーエアコンは水が出るように設計されている カーエアコンは、温かい空気を冷却装置で冷やして送風口から送り出しています。 その際、冷却装置の周りには温度差によって水滴ができます。 その水滴がまとまってドレインホースから排水されます。 ドレインホースの排出口付近でできた水溜まりなら、なんの心配もいりませんが、もしずれている位置なら、破損やねじれ、またゴミなどが詰まっている可能性もありますので、早めの点検をお奨めします。 助手席の水漏れの原因はカーエアコンの排水漏れ 既に書きましたが、車は構造上、車内に水が溜まることはありません。 車内に水が溜まること自体が異常なのです。 もしそれが助手席付近で無色なら、 カーエアコンの排水漏れによる可能性があります。 エバポレーターから伸びるホースをチェック カーエアコンの冷房は、エンジンルーム内にあるコンプレッサーで冷媒と呼ばれるエアコンガスを半液体状態にし、さらにコンデンサーで液状化したものを熱交換器と呼ばれるエバポレーターで熱を奪いながら気化し、冷たい風となり送風口から送り出していきます。 つまり温かい風を冷やすので結露が生まれ、結露で溜まった水はドレインホースという排水用のホースで外に流します。 この時 ホースの接続が抜けていたり、破損やカビやゴミなどが詰まっていると排水することができず、水漏れを起こしたり、流れることができない結露水がエバポレーターからにじみでることがあります。 これが助手席に溜まる水の原因です。 カーエアコンの排水漏れの対策方法 カーエアコンからの排水漏れの場合、直ぐに走行トラブルを引き起こす可能性は低いですが、放置しておくと車内が湿った状態が続きますので、 カビや雑菌などが繁殖したり、 他の計器への悪影響も考えられますので、早い段階でプロの手を借りた対策をお奨めします。 カーエアコンの故障をチェック 助手席の水漏れは、エバポレーターから伸びたドレインホースが原因ですが、ホース自体が破損や抜けていないかなどは、ディーラーや整備工場などで点検してもらいましょう。 故障個所がわかれば、そのまま修理してもらえて安心です。 エバポレーターのクリーニングをする 熱交換という性質上、結露水の生産場所でもあるエバポレーターはカビや雑菌の温床です。 その汚れを放っておくと水漏れの原因になる可能性が高いので、定期的にクリーニングすることを重要です。 確実でリーズナブルな方法が、クリーンデバイス・テクノロジー社が独自に開発、特許を取得している Dr. BAZOOKA洗浄 ドクターバズーカ です。 エバポレーターをクリーニングするために開発された高圧洗浄機を使って行いますので、カビや雑菌などの汚れだけでなく、嫌な臭いも除去できます。 メンテナンス次第で長持ちが可能なカーエアコン カーエアコンは、エンジンルーム内にあるコンプレッサーやコンデンサー、車内にあるエバポレーターなど、何種類もの装置が複合されて成り立っており、それをつないでいるのがドレインホースです。 地味ですが重要な存在でもあります。 プロの手によるクリーニングで定期的にメンテナンスすることで、10年といわれているカーエアコンの寿命を延ばすことが可能です。

次の

冷房/除湿運転時に、エアコン(室内機)から水が飛んできたり漏れたりします。:日立の家電品

エアコン 水 漏れ 修理

エアコンから水が出てくるおもな原因は「部品の汚れ」 エアコンから水が出てくる原因はさまざまですが、その多くは部品の汚れです。 この項目では、部品の汚れが原因である場合の掃除方法についてご紹介します。 ドレンホースが原因の場合の掃除方法 エアコンから水が垂れる原因のほとんどは、 ドレンホースの汚れによるものです。 ドレンホースとは、エアコン内部の水を外に排出するための排水管のことです。 ドレンホースは外に水を排出する部品であるため、汚れで詰まってしまうと 水が逆流してエアコンから室内に垂れてしまいます。 ドレンホースは細くて詰まりやすい形状をしているので、定期的に掃除をすることが大切です。 ドレンホースが詰まりを起こす原因は、おもに排出口付近の虫や枯れ葉、ごみなどです。 ドレンホースの排出口を確認し虫などが詰まっていた場合は、割りばしなどで取り除いておきましょう。 ごみを取り除いても詰まっている場合、内部に汚れがある可能性が高いため、掃除機などで奥のほうまで吸い取るのがおすすめです。 これらの掃除をするだけで、エアコンの水漏れを抑えることができます。 フィンが原因の場合の掃除方法 フィンはエアコンのフィルター付近に設置されている、温度調節をおこなう部品のことです。 このフィンは 結露しやすく、表面に水滴がつきやすくなっています。 さらにこのフィンが汚れていると、結露が発生しやすくなり結果的にエアコンから水が垂れるおそれがあります。 そのため、フィンの結露を抑えるために表面をきれいに掃除することが大切です。 まずエアコンを開けてフィルターを取り外します。 このときフィルターも汚れているのなら一緒に掃除しておきましょう。 フィルターで取りきれなかったごみが、フィンに付着してしまうのを防ぐためです。 次にフィンの表面に付着しているホコリを、掃除機で吸い取ります。 最後にフィンにクリーナーを吹きつけて、10分ほど放置すればお掃除完了です。 このようにエアコンから水が垂れる原因がドレンホースとフィンである場合、自分で掃除して解決することもできます。 ドレンホースとフィンを掃除してもエアコンから水が出てくる場合 ドレンホースとフィンを掃除してもまだエアコンから水が垂れる場合、そのほかの部分に原因があります。 以下がそのほかに考えられる原因です。 結露が原因である場合の対応 エアコンから水が垂れる原因が結露である場合、 エアコンの設定温度を確認してみましょう。 エアコンの設定温度を部屋の温度と大きく離れた温度に設定している場合、 エアコン内部に結露ができやすくなります。 また、エアコンの風向きを調節する ルーバーが汚れていないかどうかも確認しておくことが大切です。 エアコンの設定温度と部屋の温度に大きな差がある場合、 ルーバーの汚れを核として水蒸気が結露となるおそれがあるためです。 そのため、フィンだけではなくルーバーも一緒に掃除するようにしましょう。 ドレンパンの汚れ ドレンパンとはフィンで発生した結露や、ほかのエアコン内部で発生した水分をためる部品のことです。 ドレンパンの先は、ドレンホースにつながっているため、汚れて詰まっていると水をうまく排出できなくなってしまいます。 そのため、ドレンパンの汚れもきれいに掃除することが大切です。 しかし、 ドレンホースやフィンと違いエアコンを解体しなければ、掃除することができません。 ドレンパンを自力で掃除するのは困難であるという点にはご注意ください。 部品の故障が原因である場合の対応 フィンやドレンパンが故障している場合があります。 フィンが故障すると温度調節ができずに結露しやすくなりますし、ドレンパンが壊れていると水が排出されなくなってしまいます。 こういったエアコン内部に原因があるときは、自分で対処するのは難しいです。 無理に修理しようとするのは別の故障の原因にもなりますので、一度業者に相談してみてください。 ドレンホースの劣化が原因である場合の対応 ドレンホースは屋外にあるため劣化しやすく、長期間使用していると形状が変化していってしまいます。 形状が変化するとホースがたるみ、その部分に水や汚れがつまり水漏れの原因になってしまうのです。 以上の3つはいずれも、自分で掃除したり修理したりすることが困難な原因です。 メーカーやエアコン取りつけ業者などのプロに依頼して修理・交換してもらいましょう。 雨の日に限ってエアコンから水が出てくる場合は? 部品の汚れや故障がない場合でも、エアコンから水が垂れることがあります。 おもな原因としては、 雨水の侵入があげられます。 一見ほかの水漏れと区別がつかないように思えますが、ほかの水漏れはエアコンを使用するとき常に起こるものです。 しかし、雨水が侵入している場合は雨が降っているときに限られるため、日によって水漏れが起こる場合は天候を確認してみましょう。 雨水が入ってくる原因は、施工の仕方が関係していることが多いです。 通常ドレンホースは屋外に水を排出するように取りつけられますが、まれに雨水浸透管につなげて施工される場合があります。 雨水浸透管とは雨が降ったときに雨水を地中に排水するための管のことで、雨が降ると雨水でいっぱいになります。 このとき雨水浸透管にドレンホースがつながっていると、いっぱいになった雨水浸透管からドレンホースに逆流してきてしまうのです。 そのため、雨水浸透管にドレンホースがつながっている場合は、業者に依頼して外してもらうとよいでしょう。 エアコンの水はどこまで自分で対処できるの? エアコンから水が垂れる原因の大半がドレンホースといわれています。 ドレンパン、ドレンホースの掃除は自分でも可能な対処法ですのでぜひおこなってみてください。 「あまり気にならないけど、ちょっと水漏れしているなあ…」という場合は、エアコンの温度を少し上げることによって解決することもあります。 また、エアコンの前面にあるフィルターの汚れが原因になっている場合もあります。 エアコンを開けることによってすぐにわかるので、 軽く掃除してあげることで水漏れを抑えることができるでしょう。 これらの方法を試しても効果がない、対処しきれないという場合は、一度業者に相談してみましょう。 業者であれば、エアコンから水が垂れる原因を探し出し、的確に対処することが可能です。 生活110番にご連絡いただければ、エアコンの水漏れに対応できる業者をご紹介いたします。 「早朝・深夜だけど対応してほしい」「土日しか予定が開けられない」などのご要望にもお応えすることが可能です。 お電話によるお問い合わせは、24時間365日の対応となっておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。 まとめ 急にエアコンから水がポタポタたれてきたら焦ってしまいますよね。 その多くの原因は、汚れにあります。 ドレンホースやフィンの汚れは水漏れを引き起こすだけでなく、悪臭をまき散らし雑菌を飛散させるため衛生上よくありません。 水漏れがおきたときはまず掃除をしてみると、すんなり解決するかもしれません。 それでも解決できない雨水や故障の場合は、業者に依頼して解決してもらいましょう。 (この記事は2020年2月14日に加筆・修正しています).

次の

カーエアコンが故障!修理費用はどのくらい?どこに頼めばいい?

エアコン 水 漏れ 修理

駐車場に止めておいた車の下の地面に、雨も降っていないのに水溜まりができていた。 車に乗ったらフロアマットが水浸しになっていた。 車内で水をこぼした覚えもないのに不思議だ。 こんな経験はありませんか。 原因はいくつか考えられるのですが、その対策を含めてご紹介していきたいと思います。 水漏れを発見したら確認すべきこと まず大前提として、車は設計上、車内に水が溜まることはありません。 車外も排水溝であるマフラー付近以外には、水溜まりができにくくなっています。 もしそれ以外で水溜まりを発見したら、色、臭い、粘り気の有無、水漏れの場所などを確認しましょう。 無色透明・無臭の場合 無色透明で何の臭いもない場合は、エアコンの排水漏れや雨水の侵入が考えられます。 車は基本的に、雨水など外部からの水が浸入しないような設計になっていますが、板金などを修理した場合、防水処理が不完全なときがあります。 しかし故障ではないので安心してください。 赤や緑などの色がついている水の場合 手触りはサラサラしているけれど、赤や緑などの色がついている場合は、冷却水、クーラントの可能性があります。 オーバーヒートの原因になりますので、早めの修理が必要です。 黒や茶色で粘り気と臭いがある場合 黒や茶色い色をしていて粘り気があり、さらに臭いまである場合はオイル漏れの可能性が高く、放っておくとエンジントラブルや車両火災につながる危険性があります。 修理工場に持ち込むなど早急の対応が必要です。 色や臭いで判別しづらいときは水漏れしている場所で判断 色や粘り気で判別しづらいときは、水漏れを起こしている場所で判断をしましょう。 助手席の下が漏れているときは、カーエアコンの排水の可能性• エンジンルームの先端付近での水漏れは冷却水の可能性• エンジンルームの下の黒っぽい水溜まりはエンジンオイル、ブレーキオイルなどの可能性あり ガソリンは臭いで判断できる 燃料タンクからエンジンルームまで、ガソリンはパイプで送られていますので、燃料タンクから離れた場所でも漏れる可能性があります。 ただガソリンは独特の臭いがありますので、判断が容易です。 車外にできる水溜まりはカーエアコンの排水 車の下に水溜まりがあった場合、故障を疑う前に、まず自分で判断をしてみましょう、 赤や緑などの色があったり、粘り気が臭いがある場合は、早い段階での修理が必要ですが、無色透明で臭いがない場合は、エアコンのホース、ドレインホースから出るエアコンからの排水です。 カーエアコンは水が出るように設計されている カーエアコンは、温かい空気を冷却装置で冷やして送風口から送り出しています。 その際、冷却装置の周りには温度差によって水滴ができます。 その水滴がまとまってドレインホースから排水されます。 ドレインホースの排出口付近でできた水溜まりなら、なんの心配もいりませんが、もしずれている位置なら、破損やねじれ、またゴミなどが詰まっている可能性もありますので、早めの点検をお奨めします。 助手席の水漏れの原因はカーエアコンの排水漏れ 既に書きましたが、車は構造上、車内に水が溜まることはありません。 車内に水が溜まること自体が異常なのです。 もしそれが助手席付近で無色なら、 カーエアコンの排水漏れによる可能性があります。 エバポレーターから伸びるホースをチェック カーエアコンの冷房は、エンジンルーム内にあるコンプレッサーで冷媒と呼ばれるエアコンガスを半液体状態にし、さらにコンデンサーで液状化したものを熱交換器と呼ばれるエバポレーターで熱を奪いながら気化し、冷たい風となり送風口から送り出していきます。 つまり温かい風を冷やすので結露が生まれ、結露で溜まった水はドレインホースという排水用のホースで外に流します。 この時 ホースの接続が抜けていたり、破損やカビやゴミなどが詰まっていると排水することができず、水漏れを起こしたり、流れることができない結露水がエバポレーターからにじみでることがあります。 これが助手席に溜まる水の原因です。 カーエアコンの排水漏れの対策方法 カーエアコンからの排水漏れの場合、直ぐに走行トラブルを引き起こす可能性は低いですが、放置しておくと車内が湿った状態が続きますので、 カビや雑菌などが繁殖したり、 他の計器への悪影響も考えられますので、早い段階でプロの手を借りた対策をお奨めします。 カーエアコンの故障をチェック 助手席の水漏れは、エバポレーターから伸びたドレインホースが原因ですが、ホース自体が破損や抜けていないかなどは、ディーラーや整備工場などで点検してもらいましょう。 故障個所がわかれば、そのまま修理してもらえて安心です。 エバポレーターのクリーニングをする 熱交換という性質上、結露水の生産場所でもあるエバポレーターはカビや雑菌の温床です。 その汚れを放っておくと水漏れの原因になる可能性が高いので、定期的にクリーニングすることを重要です。 確実でリーズナブルな方法が、クリーンデバイス・テクノロジー社が独自に開発、特許を取得している Dr. BAZOOKA洗浄 ドクターバズーカ です。 エバポレーターをクリーニングするために開発された高圧洗浄機を使って行いますので、カビや雑菌などの汚れだけでなく、嫌な臭いも除去できます。 メンテナンス次第で長持ちが可能なカーエアコン カーエアコンは、エンジンルーム内にあるコンプレッサーやコンデンサー、車内にあるエバポレーターなど、何種類もの装置が複合されて成り立っており、それをつないでいるのがドレインホースです。 地味ですが重要な存在でもあります。 プロの手によるクリーニングで定期的にメンテナンスすることで、10年といわれているカーエアコンの寿命を延ばすことが可能です。

次の