ダイソー iphone 充電 ケーブル。 iphone充電ケーブルは100均(ダイソー)に売ってる?性能や口コミは?

【ダイソー】購入前に要確認!100均 iPhone ライトニングケーブル(Lightning)

ダイソー iphone 充電 ケーブル

ダイソー:MFi認証ライトニングケーブル(1m)500円商品 パッケージにもしっかりと「MFi認証取得ケーブル」と書かれています。 もしかしたら凄く売れているのかも。 端子カバー部分は赤のメタリックです。 しっかりと「DAISO」と書かれています。 ダイソーのケーブルだと安っぽいイメージがあると思いますが…さすが500円商品!予想以上に高級感があります。 早速Macと接続してみました。 しっかり充電マークが表示されますし… ばっちりiTunesを使った同期が可能でした!外出先でノートパソコンにiPhoneのデータを同期したい時にも使える便利なアイテムです。 それが全国のダイソーで買えるんですから…これは嬉しい新製品です! スポンサーリンク ダイソー:iPhone充電ケーブルと比較 今まで発売されていたダイソーのiPhone充電ケーブルも比較用に買ってみました。 こちらは最初に書いたように「充電専用」のケーブルになっています。 ケーブルの長さは20センチの短いタイプです。 MFi認証が無いケーブルになるので…端子の一部がありません。 さらに片面しか使えない仕様なので分かりやすいように上にして差し込む側に「UPSIDE」と書かれています。 Lightning端子のデザインを比較すると分かりやすいですね。 旧タイプの充電ケーブルの方が太くなっています。 とはいえ新しいMFi認証のライトニングケーブルも塩化ビニール製になってて柔らかく取り回しが楽で予想よりしっかりとした太さになっていました。 USB端子はこんな感じ。 旧タイプは「CHARGE ONLY」と書かれているのがポイントです。 まとめ 以上、ダイソーで売っているMFi認証ライトニングケーブルを使ってみた感想を書いてみました!少し前にを880円で買ったばかりだったんですが…Lightningケーブルは何本あっても困らないアイテムなのでどちらも愛用していこうと思います!それじゃ!また!.

次の

【製品レビュー】ダイソー 500円 MFi認証Lightningケーブルの性能を計測

ダイソー iphone 充電 ケーブル

ダイソーでスマホの充電器が買える! スマホやタブレットの充電器はコンビニでも販売しているくらい需要の高いものです。 けれど家以外の場所で使うためのサブの充電器やや、携帯のアクセサリとして付属していた充電器が壊れた場合に新しいものを購入しようとすると、純正品の充電器は1000円近い値段に。 そこで利用したいのがダイソーを含む100均の充電器。 様々な機種とシーンに対応したスマホの充電器がダイソーでh200円+税という価格でそろえることができます。 モバイルバッテリー• 充電ケーブル• 車用の充電器• コードリール ダイソーでUSBのコンセントタップと、ケーブルをそろえれば自分のスタイルに合わせた様々なシーンで使いやすい充電器を格安で揃えることができますよ。 100均の充電器の性能や使いやすさは? ダイソーや他の100均で販売している充電器は充電するのが目的であれば、iPhoneやandroidの専用ケーブルとさほど大差がありません。 またケーブルの長さや2wayタイプの充電器などバリエーションが豊富なのも嬉しいですね。 高速充電用のケーブル• 格安のモバイルバッテリー• リール式の充電ケーブル ダイソーで充電器は、自分の好みにあわせて購入できますし、最近は黒色や白色のケーブルだけでなくカラフルで可愛い充電器も発売しています。 ただしダイソーを含む 100均の充電器には不便な部分もあります。 iPhone用の充電ケーブルは両面ではなく片方でしか充電ができない• ケーブルが純正の物とくらべると作りがもろく、断線しやすい• データ転送ができないケーブルもある 「スマホを充電したい」と目的であれば十分に使うことができますが、ダイソーの充電器を使う際のデメリットもありますのでこの点を理解して使うようにしてくださいね。 ダイソーで買えるスマホの充電器【iPhone編】 ダイソーで販売しているiPhoneの充電器にはどういったものがあるのでしょうか。 高速充電対応の充電コンセント• 300円モバイルバッテリー• USBリールケーブル• メッシュタイプの充電ケーブル ダイソーで購入できるおすすめのiPhoneの充電器アクセサリーを4つ紹介します。 ダイソーで販売している高速充電器のタップには、200円の物と300円のものと2種類あるのですが、購入するなら300円のものがおすすめ。 ダイソーで300円で購入できる高速充電対応のUSB充電器は、充電中コンセントが熱くなることがないと評価の高い商品です。 ただし使用するには、容量の小さいケーブルは使えませんのでご注意を。 この高速充電ができる充電器を使う場合には、高速充電専用のケーブルが必要になります。 高速充電用のケーブルも、ダイソーで取り扱っていますので忘れずに購入するようににしてくださいね。 またこの300円のUSBコンセントは、android用のものとiPhone専用の2種類を販売しています。 どちらも充電できないことはありませんが、専用の物を使わないとケーブルや機種に負荷をかけてしまう可能性があります。 自分の機種にあわせた受電器を購入するようにしてくださいね。 ダイソーの 300円で購入できるモバイルバッテリーは高評価の充電器です。 軽量で持ち運ぶときにも邪魔にならない。 コンパクトでかさばらない• 一度フルにバッテリーを充電しておけば、外出先でもしスマホの電池が切れても90%程度まで充電可能 というコスパ抜群でスグレモノのモバイルバッテリーなんですね。 今販売している商品はシンプルな男性が持ち歩いてもいいシンプルなデザインです。 けれど過去にこの300円のモバイルバッテリーの限定デザインのものをダイソーでは販売していました。 旅行に充電器を持っていく時や車の中などは長いケーブルよりもコンパクトにまとまっているケーブルの方が、邪魔にならずに持ち運べるので重宝します。 100均で販売している充電用のケーブルには、iPhone用のライトニングケーブルのがとても少ないんですが、 ダイソーでリールタイプのiPhone用のケーブルもあります。 旅行用や予備のストックとして1つ持っておくと役に立ちますよ。 高速充電(2. 3A)の充電器に対応• 断線しやすい充電の接続部分を強化• ダイソー 充電器「充電器iPhone」の商品概要 種類 メッシュタイプの充電ケーブル 価格 100円 ダイソーで買えるスマホの充電器【android編】 最近はアンドロイドの機種の種類が増えてきました。 iPhoneよりも安価な値段で機種が購入できますし、高解像度の写真や独自の機能などが魅力ですよね。 ダイソーのアンドロイド用の充電器のアクセサリーにはどのようなものがあるのでしょうか。 光る充電ケーブル• リバーシブルタイプの充電ケーブル• 500円のモバイルバッテリー• USBシガープラグ ダイソーで購入できるおすすめのandroidの充電器を4つ紹介します。 ピンクやグリーンなど色々なカラーに光ります。 そうなるとコンセントが充電ケーブルで独占してしまってごちゃごちゃで見栄えもよくないし、色が同じだと「どっちのケーブルだっけ?」と探してしまいがちですよね。 けれどこのケーブルは、 片方がライトニング端子でもう片方がmicroUSBに対応しているので、表裏でどちらの機種も充電できます。 コンセント周りをすっきりさせたい人におすすめの充電ケーブルですよ。 またタブレットやゲームなど、モバイルバッテリーがあればケーブルを変えるだけで充電できるので、持ち歩いている人が増えてきました。 ダイソーでは、電池式や充電式など色々なタイプのモバイルバッテリーを販売していますが、 1000mAの用量のものが500円で販売しています。 コンパクトなモバイルバッテリーで、持ち運びにちょうどいいと好評ですよ。 けれど ダイソーでしたらUSBのシガープラグが、100円または200円で販売しています。 100円のシガープラグと200円のシガープラグの違いは、高速充電ができるかどうかという点。 もし購入するなら200円の物のシガープラグがおすすめです。 楽天やAmazonで探しても200円で購入できるプラグはありませんのでコスパ抜群のシガープラグです。 ダイソーにはスマホ以外の充電器は売ってる? ダイソーではスマホ以外の充電器も購入できます。 ダイソーでは繰り返し使える充電池と充電器を販売• ダイソーの充電池の種類と充電器について• ダイソーのReVOLTESで充電できる回数は? ダイソーで購入できる充電池と充電器について詳しく解説していきます。 ダイソーでは繰り返し使える充電池と充電器を販売 エネループやエボルタといった充電して繰り返し使える電池がありますよね。 ダイソーでも、ReVOLTESという名前の充電池が販売されていて、電池コーナーの一角で購入することができます。 ダイソーの充電池の種類と充電器について 充電用の電池のサイズは単3と単4の2種類。 どちらのサイズも、1本100円+税で販売しています。 一度に充電できる電池は2本までで、一つの充電器で単3、単4電池どちらも充電することができます。 この充電器も1つ100円+税で販売しています。 ダイソーのeVOLTESで充電できる回数は? 繰り返しできる充電の回数は、1本あたり500回。 充電池でメジャーなエネループは1000回と倍以上ありますが、価格を考えるとダイソーのReVOLTESはとてもお得。 電池は消耗品のため、子供のおもちゃだとすぐに電池が切れてしまって気づけば電池の山になっていることもありますよね。 100均で普通の電池を購入するよりも、ずっと安く使うことができますよ。 ダイソーで買えるあると便利なスマホ周辺機器 ダイソーでは充電器以外にも、スマホ用の周辺アクセサリが充実しています。 スクリーン用液晶フィルム• 3脚スタンド• スマホ用レンズ• 落下防止リング• Bluetooth機能のリモートシャッター ダイソーで購入できるおすすめの周辺機器を5つ紹介します。 ちょっと落としただけで傷がついたり、衝撃でひび割れてしまうことも。 そのためフィルムを貼っておくのは必須。 けれどブルーライトをカットするタイプのフィルムや高耐久のフィルムは2000円以上するものがほとんどです。 そんな高価なガラス製フィルムが ダイソーでは100円で販売しているんです。 家電量販店や携帯ショップで販売しているガラスフィルムと比較するとダイソーのガラス製の保護フィルムは強度は落ちますが、それでも100均とは思えないクオリティーの高いフィルムですので、• 半年に1度くらいで定期的にフィルムを張り替えたい• あまり頻繁に持ち歩かないし、手帳型のケースを使っているのでそこまで衝撃に強いフィルムはいらない という方におすすめの画面保護フィルムです。 そんなときに便利なのが100均で買えるスマホスタンドです。 脚の部分がフレキシブルに動くので、高さや位置の微調整もききますし、大きな3脚よりもかさばらず持ち運びもラクです。 ダイソーやセリアなどで100円+税で売られているので、一つ家に置いておくと動画を見るときや音楽を流すときにも役に立ちます。 実はスマホのカメラにも、専用のレンズがあります。 その 専用レンズがダイソーやキャンドゥなど100均で購入できます。 販売しているレンズは、• 魚眼レンズ• 広角レンズ の2種類。 画質は本物の一眼レフには劣るものの、寄りすぎるとピントがあわずぼけてしまう小さな対象物や、中心だけアップになった写真などこのレンズをつけるだけで、スマホの機能だけでは取れない写真がとれるようになりますよ。 テーブルなど平面の場所であればスマホスタンドとしても使えます。 ただし 直接スマホにはりつけてしまうと強度が落ちてしまうので、スマホ用のプラスチック製のケース(ダイソー他100均で購入できます)に貼りつけて使ってください。 また一度剥がしてしまうと粘着力がガクッと落ちてしまうので、貼りなおさなくてもいいように位置をしっかり決めて貼りつけてくださいね。 そこで試してほしいのがこのダイソーのスマホ用のシャッターです。 Bluetoothのシャッターなので、ワイヤレスで離れたところからも撮影することができますよ。 キーホルダーとしてつけておけるくらいコンパクトで持ち歩いても気になりません。 android、iPhoneどちらにも対応しているのも嬉しいですよね。 ダイソーの充電器を選ぶときのポイント ダイソーの充電器を選ぶときの注意点にはどのような点があるのでしょうか。 自分の機種に対応しているかどうか確認する• ケーブルとコンセントタップの容量を確認 3. 転送用でも使用する目的の時は専用のケーブルを使う ダイソーの充電器を購入するときのポイントを3つ解説します。 確認せずに買ってしまって「いざ充電しようと思ったら充電できない」ということも。 そのためダイソーでケーブルやUSBコンセントを購入する場合は、 必ず自分の機種で充電ができるかどうか確認をするようにチェックしてから購入するようにしてくださいね。 高速充電に対応しているケーブルで無いもの使って充電• iPhone専用の充電ケーブルで大容量のiPadproを充電 というような用量があっていないものを使って充電してしまうと、 スマホや充電器に負担をかけてしまい故障の原因になります。 ヘタをすれば熱くなり火災の原因になることも。 そのため充電したいもののアンペア数に対応したケーブルやコンセントタップを購入して使うようにしてくださいね。 充電のみでしか使えないケーブルがとても多いです。 そのためスマホからバックアップのために、写真や音楽などをPCに転送をする場合は、別で転送用のケーブルを購入するかまたは兼用のケーブルを選ぶようにしましょう。

次の

ダイソーの充電器がおすすめ!iPhone&android別に紹介

ダイソー iphone 充電 ケーブル

ダイソーでMFi認証取得のLightningケーブルが登場! 100円ショップでもLightningケーブルは購入できますが、MFi認証を取得した信頼性の高いケーブルはありませんでした。 MFiのロゴのある製品は、Appleのライセンス契約を取得して互換性の保障がされている製品になるので、安心して使うことができるんです。 MFi認証の取得していない製品も多く販売されていますが、互換性の保障がないので、正常に使えなかったり、OSのアップデートで利用できなくなってしまうというリスクがあります。 レビュー 100円のケーブルは袋のパッケージが多いですが、500円のこのケーブルはしっかりとした箱のパッケージに入っています。 ケーブル外観 僕が購入したのはコネクタカバーが赤く、ケーブルが黒いカラーですが、他にはカバーがシルバーでケーブルが白いカラーのタイプもありました。 アルミ素材で高級感がすごい コネクタを覆うカバーの部分は アルミ素材なので、なかなかの高級感があります。 金属なので、プラスチックのカバーのケーブルに比べると、少し重さも感じます。 100円ショップのケーブルといえば、安さを否めない作りなケーブルが多いですが、このダイソーケーブルは500円もするだけあって、丁寧でしっかりとした品質を感じました。 コネクタカバーの部分には「DAISO」のロゴがありました。 これは好き嫌い分かれるかな…? 1mは長すぎず、短すぎなくて使いやすい長さですよね! 実際に使ってみた さっそくiPhone XSに繋いで充電してみました。 ダイソーのケーブルはコネクタカバーが純正ケーブルよりも少し太めなので、iPhoneに装着しているケースのコネクタ部分の開口があまり小さなものだと干渉してしまう恐れがあるかもしれません。 僕の使っていたレイアウトのケースでは、まったく問題なく挿せました。 そこまで特殊なサイズのケースでなければほぼ問題ないと思います! 2. 4A対応で充電速度も問題なし 高速出力2. 4Aに対応したケーブルなので、充電速度も問題ありません。 データ転送も問題なし 100円ショップのケーブルだと、充電のみでパソコンなどとのデータ転送には対応していないケーブルもあります。 MacとiPhoneをこのケーブルで繋いでみましたが、 MFi認証を取得しているだけあって、しっかりとデータの転送もできました。 まとめ• 500円で買えるコスパの高いMFi認証ケーブル• 4A対応• アルミ素材で高級感がある• 長さは純正ケーブルと同じ1m• 充電、データ転送に問題なし これまでの100円Lightningケーブルは、端子が貧弱そうだったりして心配でしたが、今回の500円ケーブルは とてもしっかりとした作りで、MFi認証も取得しているので安心して使えます。 1点だけ注意点があり、 コネクタカバーのアルミ部分は他の機器を傷付ける恐れもあるので、カバンの中に入れたり、モバイルバッテリーで利用する場合は、少し注意したほうがいいと思います。 純正Lightningケーブルは1800円もしますが、わずか500円でここまでの品質のケーブルが買えるのはコスパ性能高し!.

次の