精 器 クラミジア 感染 症。 性器クラミジア感染症〔せいきくらみじあかんせんしょう〕|家庭の医学|時事メディカル

東京都感染症情報センター » 性器クラミジア感染症 Genital chlamydial infection

精 器 クラミジア 感染 症

クラミジア・トラコマチスという病原体が原因の性感染症です。 クラミジアはおもに、泌尿器、生殖器に感染し、男女ともに無症状の保菌者が多数いるために蔓延(まんえん)しやすく、その患者数は、すべての性感染症のなかでもっとも多いといわれています。 クラミジアの無症候性感染は、相手を感染させる可能性があるだけでなく、女性の不妊症や母子感染の危険にもつながるため非常に重要な問題です。 [症状] 1.男性 感染後1~3週間で男性は尿道炎を発症します。 淋菌性尿道炎と比較して、潜伏期間が長く、発症が比較的ゆるやかで、排尿時痛も軽度です。 分泌物もサラサラして少量のため、尿道を外尿道口に向かって圧迫しないと確認できないこともあります。 場合によっては、ほとんど症状がなく、どのタイミングで感染したかわからない場合もあります。 また、まれにクラミジアが尿道から精子の通り道を逆行して、精巣(せいそう)上体炎を起こし、陰嚢(いんのう)がはれて痛みが出ることがあります。 2.女性 感染後1~3週間でクラミジア性子宮頸(けい)管炎を発症します。 子宮頸管炎の症状として、おりものの増加や不正出血、下腹部痛、性交痛などがあらわれることがありますが、半数以上は自覚症状がまったくありません。 しかし、クラミジアは、感染の経過中に子宮・卵管を経由して、おなかの中にひろがり、子宮付属器炎や骨盤内炎症性疾患を発症することがあります。 おなかに入ったクラミジアの量が多い場合や感染が持続する場合は、腹膜炎を発症し、激烈な下腹部痛や上腹部痛が生じることがあります。 また、無症状の場合でも、卵管に炎症が生じると卵管障害や内臓の癒着(ゆちゃく)をひき起こし、不妊症の原因になります。 妊婦の場合は、クラミジア感染により子宮が収縮しやすくなり、流産、早産の原因になります。 さらに、分娩時に新生児にもクラミジアが感染し、新生児が結膜炎や肺炎を発症することがあります。 このように女性の場合は、男性のクラミジア感染症とくらべて、長期的にもさまざまな合併症や後遺症が起こりうるので注意が必要です。 3.咽頭感染 オーラルセックスなどにより、クラミジアは咽頭に感染することがあります。 無症状のことが圧倒的に多いですが、一部の感染者では、上咽頭炎が生じて、鼻閉(びへい)や咽頭痛、頸部リンパ節の腫脹がみられます。 [検査] 男性では尿、女性では子宮頸管の分泌物を検体として、PCR法(細胞の遺伝子を増幅して調べる検査)によってクラミジアのDNAを検出することで診断します。 [治療] おもにマクロライド系、キノロン系、テトラサイクリン系の抗菌薬(アジスロマイシン、クラリスロマイシン、ミノサイクリン、レボフロキサシンなど)を内服して治療します。 【参照】女性の病気:.

次の

クラミジア感染症とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

精 器 クラミジア 感染 症

原因 クラミジア・トラコマチスという細菌が粘膜から侵入し、尿道や子宮頸管、咽頭、直腸などにある円柱上皮細胞と呼ばれる部位に伝染することで起こる。 クラミジアに感染している保菌者と非保菌者との間でのキスや性行為による粘膜や分泌物との接触で感染する。 感染しても症状が出ない無症候性感染の状態のまま菌を持ち続けているケースもあるため、感染に心あたりがない場合、過去に性交渉を持った相手が保菌者であることが原因として疑われることもあり、感染経路を特定するのが困難なことも多い。 また、分娩時に新生児が産道を通ることで母子感染を起こすケースもある。 クラミジアは細胞内でしか増殖ができない細菌で空気中や水中ではすぐに死滅してしまうため、粘膜や分泌物との接触以外で感染する可能性は極めて低い。 空気感染はもちろん、感染者と同じプールや温泉などに入ることが原因で感染する心配はない。 症状 男性は尿道に感染が起こることが多く、尿道のむず痒さや不快感、排尿痛、粘り気の少ない膿が出るなどクラミジア性尿道炎の症状が出る。 その他、副睾丸(精巣上体)の腫れや圧痛、発熱などが起こる場合もある。 女性の場合は子宮入口にある子宮頸管に感染し、クラミジア性子宮頸管炎を引き起こす。 感染後1~3週間でおりものの増加や生理痛に似た下腹部の痛み、不正出血、性交痛などの症状が現れることもあるが、多くの場合は症状がほとんどないか、症状があってもごくわずかのため自覚しにくい。 感染が子宮から卵管へ進むと卵管炎を起こして卵管が閉塞したり、骨盤まで感染が広がると骨盤内炎症性疾患を起こすことがある。 まれではあるがクラミジアが眼に感染し、結膜炎を引き起こすことも。 都道府県からクリニック・病院を探す 産婦人科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 産科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の

男女別クラミジアの症状

精 器 クラミジア 感染 症

性器クラミジア感染症 Genital chlamydial infection 更新日:2017年3月31日 1 性器クラミジア感染症とは 性器クラミジア感染症とは、細菌の一種であるクラミジアに感染することによる性感染症です。 世界中で発生がみられ、国内においても年間を通じて患者の報告があります。 2 原因と感染経路 病原体は、クラミジア・トラコマチス( Chlamydia trachomatis)です。 クラミジア・トラコマチスは、主に性交や性交類似行為により、感染部位の粘膜との接触や分泌物との接触によりヒトからヒトに感染します。 分娩時の産道感染で母子感染することがあります。 3 症状 自覚症状がなく感染しても気が付かないことが多くあります。 潜伏期は1~3週間ですが、男性では尿道炎により、排尿痛、尿道不快感、腫れなどの症状がないにもかかわらずかゆみを感じるなどの症状がでることがあります。 女性では子宮頸管炎、骨盤内付属器炎、肝周囲炎、不妊などを起こしますが自覚症状は多くの場合ありません。 性交類似行為により咽頭に感染した場合は、咽頭炎により首のリンパ節が腫れるなどの症状があります。 妊婦が感染すると、流産や早産の原因になることがあり、分娩時の産道感染では、新生児に結膜炎や肺炎を起こすことがあります。 結膜炎になる場合は生後5~12日に、目やにや結膜充血などの症状が出ます。 肺炎になる場合は1~2か月の潜伏期を経て、通常は熱が出ることはなく、呼吸が頻繁になる、呼吸時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という音がする、痰や喀血を伴う湿った咳がでるなどの呼吸器症状がでます。 低出生体重児などでは重症化する場合もあります。 4 治療 治療にはテトラサイクリン系薬、マクロライド系薬、およびニューキノロン系薬などの抗生剤を使用します。 5 予防のポイント 予防接種はありません。 また、感染して治っても、免疫を獲得しないので再度感染します。 予防には、性行為だけでなく性交類似行為も含む性的接触時にはコンドームを必ず使用することです。 無症状で感染している場合があるので、不特定の相手との性的接触を繰り返し行う場合や、複数の性的なパートナーがいる場合には定期的な検査が感染の拡大を防ぐためにも必要です。 (福祉保健局) また、母子感染を予防するために、妊婦の感染を早期に発見し治療を行います。 6 診断・感染症法との関連 病原体、病原体の抗原や遺伝子、または抗体の検出で診断します。 感染症法では、五類感染症(定点把握対象)として定められ、定点医療機関から毎週患者数が報告されています。 7 さらに詳しい情報が必要な方は• (福祉保健局)• (厚生労働省)• (国立感染症研究所)• 一般社団法人 日本性感染症学会.

次の