万博記念公園 アクセス。 【b

【大阪】万博記念公園の見どころを解説!太陽の塔に優美な日本庭園

万博記念公園 アクセス

太陽の塔 「万博」と言えば「太陽の塔」と言ってもいいくらい有名なこのモニュメントは、ご存知、岡本太郎氏の代表作。 万博記念公園の入口から入るとすぐ正面に見えます。 高さ約70mもあるこの塔は、大きな像と言った方がいいかもしれません。 中は空洞になっていて、万博開催当時は展示場として使われていました。 サイケ調のデザインが当時斬新的で大きな話題を呼びました。 太陽の塔には、未来を象徴する「黄金の顔」、現在を表す「太陽の顔」、そして塔の裏側に描かれた、過去を示す「黒い太陽の顔」という3つの顔があり、それぞれの意味をたどっていくと「天照大神」につながっていくそうです。 過去・現在・未来を貫いて生成する万物のエネルギーの象徴として、40年以上たってもその壮大さは失われていません。 現在は修理と耐震化工事のため公開されていませんが、近々の公開に期待が高まりますね。 expo70-park. 日本庭園 万博記念公園内にある日本庭園は会場の北側にあります。 東西約1300m、南北約200mにおよぶ広大な庭園で、万博当時、日本の出展物のひとつとして建造されました。 その頃はまだ、一般的な意味での日本庭園の良さは世界的に知られていませんでしたから、万博はその良さを知ってもらうための良い機会でした。 庭園は、平安時代、江戸時代、明治以降と3つの時代の庭園様式に基づいて作られ、京都の庭園や岡山の後楽園など、日本の有名な庭園で使われている様式をすべて見ることができる貴重な場所です。 この日本庭園には茶室やレストランなどがあり、休憩しながら散策ができます。 四季折々の植物を楽しみたいなら、この日本庭園は見逃せません。 自然文化園 万博で使われたパビリオンは万博閉会後に撤廃されましたが、その跡地の人工地盤の上に樹木や草花を植え再生した森が「自然文化園」です。 「太陽の塔」西側の森からだんだん里へ向かってなだらかに傾斜していくようなデザイン。 塔の東側には芝生を敷き詰めて平原の雰囲気が作り出されています。 園内には「森の舞台」「春の泉」などのユニークなエリアがあります。 森の舞台エリアは直径約42mの円形の芝生でできていて、その上に12支の動物を表す石が12個並べられています。 木の高さと同じくらいに建てられた「ソラード」という展望台にも登ってみましょう。 万博記念公園の敷地のほとんどは日本庭園と自然文化園で占められており、この2つの園は散策を楽しむのにぴったりです。 散策用のマップを見ながら自分に合ったコースを楽しんでくださいね。

次の

【万博記念公園】アクセス・営業時間・料金情報

万博記念公園 アクセス

万博公園への行き方・アクセス 万博公園は公園の南側に大阪モノレール「万博公園駅」があり、駅の目の前が万博公園となっています。 この大阪モノレールは大阪の玄関口「大阪(伊丹)空港」 を起終点としており、空港からそのまま万博公園へ行くことができるうえに、大阪管内の各主要鉄道とも接続しています。 この他万博公園の敷地内を中国自動車道が横断し出入り口が整備されているなど万博公園は大阪郊外にありながらも抜群のアクセスの良さを誇ります。 電車でのアクセス・最寄り駅• 京都駅から JR京都線には大阪モノレールへの乗換駅がない為、JR京都駅もしくはJR茨木駅から直通バスに乗りアクセスすることとなります。 バスの本数はJR茨木駅発の方が充実しており近鉄バスまたは阪急バスで、エキスポシティ・日本庭園・阪大病院方面行きが約15分間隔で運行しています。 JR大阪駅及び新大阪駅から 徒歩で梅田駅まで移動し地下鉄御堂筋線に乗り千里中央駅で大阪モノレールに乗り換え万博記念公園駅で下車。 また新幹線発着駅である新大阪からは徒歩で地下鉄御堂筋線乗り場に移動し御堂筋線に乗り以降はJR大阪駅に準じます。 大阪空港(伊丹空港)から 大阪モノレールで万博記念公園へ。 関西国際空港から 南海電鉄もしくはリムジンバスでOCAT(なんば)まで行き、地下鉄御堂筋線「なんば駅」に乗り千里中央駅で大阪モノレールに乗り換え。 万博記念公園で下車。 車でのアクセス 車でのアクセスの場合は万博公園のすぐ隣に関西圏の大動脈である名神高速道路と中国自動車道が交わる吹田ジャンクションがあり名神高速道路の吹田ICを降りてすぐが万博公園となります。 余談ではありますが高速道路上から見える万博公園の光景はドライバー達にとって大阪入りした証でありこの光景を見ることにより「やっと大阪に到着した」と実感するのだそうです。 万博公園へのアクセスについて 万博公園は大阪郊外にあり、目の前を高速道路が走っていることからどうしても車で行きたくなります。 もともと万博公園及び周辺は道路や駐車場がよく混雑することで知られていましたが2015年に大型複合施設「EXPOCITY」がオープンしてからはさらに混雑が目立つようになりました。 万博公園には鉄道版の環状線ともいえる大阪モノレールが走っており鉄道によるアクセスも非常に便利なものとなっています。 現状ではできることなら公共の交通施設を利用して訪れるのが一番無難なアクセス手段となっています。 格安航空券の料金比較・購入 格安航空券の検索・予約を24時間リアルタイムで行うことができます。 (全航空会社対象) 各レンタカー会社の料金比較 全国12社のレンタカーを料金比較。 タイムリーで最安値のレンタカーを選ぶことができます。 万博公園周辺の宿泊施設をさがす 大阪府吹田市を中心とした旅館・ホテル等の宿を予算に合わせて選べます。

次の

【割引あり】万博記念公園 水あそびの口コミ|3種類の滑り台にミニプールなど楽しめる|あそびめも

万博記念公園 アクセス

自然文化施設 [ ] に選ばれている。 各を撤去した跡に作られた広大な芝生の広場や、など季節の花がある。 もこの園内にある。 - 万国博覧会出展のために作庭された約26ヘクタールの池泉である。 設計及び施工指導は。 上代・中世・近世・現代の4庭園で構成され、各時代の様式を一堂に見ることができる「庭園博物館的な機能」を兼ね備える。 自然観察学習館• ソラード - 森の空中観察路。 森の木の高さと同じ高さ(3~10メートル)に作られた観察道。 森の集音器、展望台などもある。 - 世界9ヵ国から寄贈された希少な品種などのバラ約140品種・約5600株があり、カナダ政府からで寄贈されたカエデの木が植えられている。 文化施設 [ ]• - を併設した研究施設。 - 万国博覧会開催当時のパビリオンのひとつ。 - 万博開催当時のパビリオンであった「鉄鋼館」を利用してに開設された。 万博の映像・写真などを展示している。 もみじ川芝生広場 - 自然文化園の中にある。 野外が開かれ、が主催するも1990年から毎年開催されている。 スポーツ施設 [ ]• 万博テニスガーデン• 万博フットサルクラブ• 少年球技場• 少年野球場• スポーツ広場• 軟式野球場4面• ソフトボール場1面• サッカー場2面(天然芝、人工芝)• 総合スポーツ広場• 人工芝サッカー場1面• 多目的グラウンド1面• 運動場• 400mトラック6コースなど• 弓道場• サイクリングコース他 レジャー施設 [ ] 在りし日の国立国際美術館(2004年2月)• - 2009年8月までに全アトラクション施設が撤去。 休憩所や階段・通路等の構造物も2013年11月からの工事で撤去された。 詳細はを参照。 - 老朽化でに解体。 - もと万国博美術館。 老朽化により、に移転。 - 国立国際美術館とともにに解体。 両館の跡地は新設の「日本庭園前駐車場」になっている。 日本館(万博記念公園開園後もしばらくは残存していたが、再使用されることなく解体された)• テーマ館の地下展示部分及び周囲の構造物 - 大屋根と共に撤去された。 青春の塔・母の塔 - 元々は太陽の塔の右側に青春の塔が、左側に母の塔が建てられていた。 両方とも岡本太郎の芸術作品である建造物であった。 大屋根撤去の際に青春の塔のみエキスポランド内に一時移設されたが、後に撤去された。 万国博協会別館(万国博覧会郵便局)- 万国博記念館として整備された後、1991年に記念館を縮小して1階がの体験型ショールーム「生活誕生館DILIPA」となった。 DILIPAは横への「ハグミュージアム」開設に先立ち2014年9月23日で閉館し、建物全体が2015年5月までに解体され、跡地は駐輪場になっている。 博覧会閉幕後に設置されたが現在は撤去または閉鎖された施設 [ ]• 万博 - 博覧会閉幕後に南駐車場の一角に作られたが、に閉鎖。 2005年に撤去され、「総合スポーツ広場」に転用された。 万博場 - 博覧会閉幕後に西駐車場に隣接する緑地の一角に作られたがに閉鎖され、跡地はコートに転用された。 サイクルランド - 博覧会閉幕後に南駐車場の一角に作られたが、閉鎖され、跡地に転用された。 スターダスト千里 - 万博閉幕後に西駐車場の一角に作られた。 乗用車エンジンのアイドリングを避けることが難しいことなどから2001年に閉鎖され、跡地は「万博おゆば」に転用された。 - 1984年開館。 やを中心に約70万点の関連資料を所蔵していた。 が大阪府知事に就任後、財政再建の一環としてに統合することとなり、2009年12月末で休館、2010年3月末で正式に廃止された。 - エキスポランド跡地に2010年より開園された農業体験公園。 2011年5月15日に閉園。 中華人民共和国展覧会 [ ]• 日本万国博覧会当時は中国の代表として()がパビリオンを出展していたため、中華人民共和国からの出展は行われていなかった。 その後に日本はとのを実現し、同年9月に大阪商工会議所の会頭の発案により中華人民共和国展覧会が計画され、在阪の経済団体が連盟となり関係当局に働きかけ1973年1月には佐伯会頭自ら訪中しての交渉も行い開催を決定。 当時残存していたテーマ館の旧展示部分やその周囲の売店部分をメイン会場とし、この他旧万国博美術館(後の国立国際美術館)が第2会場として手工芸品や文化部門の展示を行い、万国博ホールでは映画が公開された。 会期:1974年7月13日 - 8月11日• テーマ:新中国の紹介-理解と友好• 主催:中華人民共和国国際貿易促進委員会• 受入団体:財団法人大阪中国展覧会協会• 来場者数:2,606,320人 アクセス [ ] 電車・バス [ ]• (大阪モノレール)• - 太陽の塔、自然文化園、など、記念公園中央口への最寄駅• - 国立民族学博物館、大阪日本民藝館、、日本庭園、平和のバラ園など、記念公園東口への最寄駅• 大阪高速鉄道または• - フットサルコート、パークゴルフなど、記念公園西口への最寄駅 以下は駅より路線バス(または)利用• (JR西日本)• 阪急電鉄• 大阪高速鉄道または• 車 [ ]• 備考 [ ]• かつては万博お祭り広場では、の興行がよく行われた。 ・制作・放送のドラマ『』の第7話「死神カメレオン・決斗! 万博跡」の撮影ロケ地でもある。 また、・東映製作・放送の『』の第30話でも前で太陽の塔をバックに撮影された場面が登場している。 園内には、のへの移住に尽力したが帰国時に持ち帰ったがある。 この木は里きの故郷・片田(現・志摩町片田)に植えられていたが、万博記念公園の開園の際に移植された。 同公園の運営を管理していたは、にが実施ので廃止の方針が決定し、同機構は「独立行政法人日本万国博覧会記念機構法を廃止する法律」 により、2014年3月31日付けで解散した。 公園の管理・運営は指定管理者制度により「万博記念公園マネジメント・パートナーズ」(2018年10月-2028年9月)が担う。 脚註 [ ] [].

次の