消毒用エタノール。 消毒用エタノールの保管方法は?直射日光は?取り扱いの注意は?

エタノール

消毒用エタノール

記事の内容• 「エタノール」の濃度には、3つの書き方がある 「エタノール」は、濃度が低過ぎても高過ぎても、その消毒効果が低下します。 そのため、適切な濃度に調製して使う必要があります。 このとき、「エタノール」の最適濃度は70%程度だというのが一般的によく知られています。 これは、その程度の濃度の時に「エタノール」と「水」の分子組成比が1:1となり、大きな疎水性表面を持つ集合体を形成するからだと考えられています1。 しかし一方で、日本薬局方の「消毒用エタノール」の濃度を見ると、その%の数字は「76. 9~81. 4」となっています。 なぜ最適濃度をよりもやや高めの数字になっているのでしょうか。 このズレを考える時にまず大前提として知っておかなければならないのが、「エタノール」の濃度表記には下記の3パターンが混在している、ということです。 水は1mLで1. 0gですが、エタノールは1mLで約0. 例えば、日本薬局方で規程されている「消毒用エタノール」の濃度は 76. 9~81. 4 vol%ですが、これは 「 溶液100mL中に、 エタノールが76. 9~81. 4mL含まれる」ことを意味します2。 9~81. 9~81. 9~75. 9~75. 9~64. 9~64. 7g含まれる) つまり、「エタノール(76. 9~81. 9~75. 9~64. 1 化学と工業. 9~81. 9~75. つまり、 だいたい70%くらいになるわけです。 「70%以下」の濃度では意味がない? このところ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって、「消毒用エタノール」は品薄の状態が続いています。 4 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の使用について(改定(その2))」 「%」の表記がない商品はどう考えれば良い? 「エタノール」の濃度が明記されていない商品も少なくありません。 そんな場合は、商品の「規制区分」が一つの参考になります。 9~81. 9~75. 9~64. また、密室での取り扱い、大量噴霧にも十分な注意が必要です。 特に、一定量以上の保管には消防法の規制がかかることも覚えておいてください。 流水と石鹸できちんと手洗いをできれば、基本的にそれで感染対策としては十分だからです。 実際、 「消毒用エタノールでの手指消毒」と「石鹸での手洗い」を比較した研究では、その感染予防効果に大きな差は示されていません4。 ただし、この時の「手洗い」とは、正しい方法での丁寧な手洗い5 です(通常、手の甲や指の間、手首までを丁寧に洗うと、手洗いには60秒くらいかかります)。 そのため、時間的・技術的・環境的な何らかの事情によってこうした丁寧な手洗いができない場合には、「消毒用エタノールでの手指消毒」の方が効果的な可能性があります6。 なお、手洗いと手指消毒は必ずしも両方やる必要はありません。 幸い、日本では上下水道が完備されており、非常に気軽に手を洗うことができます。 「消毒用エタノール」が手に入りにくい場合は、「石鹸での丁寧な手洗い」を徹底するようにしてください。 4 Pediatr Nurs. 142 5. pii: e20181245, 2018 PMID: ポイントのまとめ 1. エタノールは、薄くても濃くても消毒効果が弱まるので、適切な濃度で使う必要がある 2. 致死量は0. 3~1. たとえ直接飲用しなくても、揮発したものを吸い込む、皮膚に付着したものが吸収されるといった経路でも容易に摂取してしまいます。 消毒用に「エタノール」が品薄だからといって、工業用の「メタノール」を使うことは絶対に止めてください。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の

消毒用エタノールの保管方法は?直射日光は?取り扱いの注意は?

消毒用エタノール

ご使用の際は製品ラベルに記載された「使用上の注意」およびをよくお読みください。 飲用しないでください。 車内に放置しないでください。 高温になり、容器が破裂したり発火して火災が起きるおそれがあります。 [以下、消防庁 令和2年3月18日発出の消防危第77号より]• 消毒用アルコールの使用に際して、火気の近くでは使用しないこと。 室内の消毒や消毒用アルコールの容器詰替え等に伴い、可燃性蒸気が滞留するおそれ のある場合には、通風性の良い場所や換気が行われている場所等で行うこと。 また、みだりに可燃性蒸気を発生させないため、密閉した室内で多量の消毒用アルコー ルの噴霧は避けること。 消毒用アルコールの容器を設置・保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる 場所を避けること。 また、消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与えたりする等しないこと。 消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ又は飛散しないよう注意す るとともに、詰め替えた容器に消毒用アルコールである旨や「火気厳禁」等の注意事項を 記載すること。 当社製品をご購入いただきました方へ重要なお願いです。 当社製品を小分けしたものを販売しないでください。 各種エタノール製品の製造につきまして、日本薬局方製剤にあっては医薬品製造業、指定医薬部外品にあっては医薬部外品製造業、食品添加物製剤にあっては添加物製造業の許可を得る必要があります。 また、小分けは「製造」に該当するため、小分け業者の責任でラベルを表示しなければなりません。 当社を装う違法な小分けや、無断で当社ラベルを用いた小分け販売はおやめください。 なお、購入者が小分けして使用する行為を禁じるものではありません。 (以下「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う消毒用エタノールの取扱いについて(令和2年2月28日付厚生労働省発出の事務連絡)」に拠ります。 ) イベント又は施設等の訪問者や職員等に使用させることを目的として、 他の容器へ詰め替え、使用させることは差し支えありません。 容器の詰め替えに際しては、当該事業者等の責任の下において、容器の清浄度に配慮するなど、衛生的な管理に努めてください。

次の

エタノール

消毒用エタノール

発症するとつらい病気の1つに、「インフルエンザ」があげられます。 インフルエンザにかかると全身の倦怠感や高熱にうなされます。 ウイルスが体からなくなる目安である約1週間は安静にしておかなければなりません。 インフルエンザは感染力も非常に高いため、周囲にうつしてしまわないよう、人との接触もできるだけ避ける必要があります。 また、全身の倦怠感から家事などもおろそかになってしまい、仕事だけでなく生活にもさまざまな支障がでてしまいます。 そんなつらいインフルエンザは、できれば予防したいもの……。 インフルエンザの予防に効果的なものとして、「消毒液」があげられます。 ここでは、インフルエンザ予防にもなる消毒液の特徴や活用法についてご紹介します。 家庭で使われる主な消毒液としては、『消毒用エタノール』や『消毒用エタノールIPなどがあげられます。 いずれも第3類医薬品で、皮膚や器具、物品の殺菌や消毒に効果があります。 薬局で簡単に購入できることから、一般家庭でもよく使われる消毒液となっています。 以下では、その違いについてご紹介しています。 ・原料はサトウキビ 消毒用エタノール、消毒用エタノールIPに含まれているエタノールは、ビールや焼酎に含まれているアルコールと同じエタノールであり、天然のサトウキビが原料であるため、器具や物品の消毒はもちろん、人の肌にも安心して使えます。 ・成分の違い 消毒用エタノールと消毒用エタノールIPの製品名は、とてもよく似ています。 効能も似ているため一見同じに思えますが、含まれている成分が少し異なります。 消毒用エタノールには、エタノール(C2H6O)76. 9~81. これに対して、消毒用エタノールIPにはエタノール(C2H6O)76. 9~81. なお、両者の殺菌効果は同じであり、その使い方にも違いはありません。 ・酒税の有無 エタノールは、第一級アルコールの一種。 それに対してイソプロパノールは第二級アルコールの一種であるため、酒税がかかりません。 酒税がかからないということは、低価格で提供できるということ。 消毒用エタノールIPには添加物としてイソプロパノールが含まれているため、消毒用エタノールと効果効能はほとんど一緒であるにも関わらず酒税がかかりません。 そのため、多くの場合、消毒用エタノールよりも低価格で提供できるのです。 それらを使用して身の回りのものを消毒することで、日頃からインフルエンザを予防することができます。 身の回りのものを消毒するには消毒用エタノールや消毒用エタノールIPがおすすめです。 これに対して、手を消毒する場合には保湿成分が入った手ピカジェルがおすすめです。 こうしたアルコール手指消毒剤やエタノールを使って身の回りのものや手の消毒を行うことで、より効果的にインフルエンザを予防することができます。 アルコール手指消毒剤や消毒用エタノールIPを上手く活用し、日頃からインフルエンザを予防しましょう。

次の