蓄電池 値段。 家庭用蓄電池の価格

蓄電池の値段は?選ぶポイントと注意点

蓄電池 値段

地震などの災害時に備えて家庭用蓄電池を導入することは、災害対策として非常に有用です。 近年、自然災害が増加している傾向から、万が一のときに備えて家庭用蓄電池の導入を考えている家庭も増えています。 家庭用蓄電池は5kWhで75〜140万円程度、7kWhで105〜196万円程度で設置できるので、導入を検討している方は覚えておきましょう。 またメーカーによって保証内容や性能も異なるので、選ぶ際には意識するとよいでしょう。 本記事では家庭用蓄電池を導入するにあたっての費用や家庭用蓄電池本体の値段の相場、選び方のポイントについて詳しく紹介します。 家庭用蓄電池を導入する際の3つの費用 家庭用蓄電池を導入するためには本体を購入するだけではいけません。 緊急時にでも使用できるように、環境や設備を整えてしっかりと設置する必要があります。 そのため、家庭用蓄電池を導入するには主に3つの費用がかかります。 本章では具体的に家庭用蓄電池を導入する際、どのようなことに費用がかかるのかを解説します。 家庭用蓄電池本体の費用 まず、家庭用蓄電池本体を購入するための費用がかかります。 家庭用蓄電池本体の価格は、貯めておける電気の容量やメーカーによっても異なります。 容量が大きいほど、たくさんの電気を貯めることができ、緊急時でも長い時間非常電源としての役割を果たしてくれるため、価格が高額になります。 よってそれぞれの予算と相談しながら、購入する家庭用蓄電池を決めるとよいでしょう。 家庭用蓄電池を設置するための費用 続いて家庭用蓄電池を設置する費用です。 家庭用蓄電池の設置費用のなかには、本体自体の組み立てや設置する予定の場所の基礎工事が含まれています。 また、蓄電池本体のほかにも蓄電池用パワコンや表示モニタの設置費用なども含まれます。 電気系統を整備するための費用 家庭用蓄電池を充電して万が一のとき使用できるようにするためには、電気系統の設備を整える必要があります。 具体的には、既に設置している太陽光パネルやパワコンとの接続や、家の分電盤やコンセントとの配線です。 その工賃も家庭用蓄電池導入の導入費用にかかってきます。 家庭用蓄電池本体の値段の相場 家庭用蓄電池の値段の相場は、 蓄電容量1kWhあたり本体の費用と設置・電気系統整備の費用をあわせて15万~28万円ほどです。 一般的に家庭用蓄電池の蓄電容量で多いのは5kWhと7kWhなので、それぞれ 75〜140万円、 105〜196万円程度で、自宅に家庭用蓄電池を設置できるでしょう。 家庭用蓄電池のメーカー別導入費用価格 家庭用蓄電池は多くのメーカーから、さまざまな種類のものが販売されています。 代表的なメーカーごとの家庭用蓄電池の導入費用を紹介します。 蓄電池容量1kWhあたりの価格も併せて紹介するので、比較しながら家庭用蓄電池の相場を把握してください。 パナソニック パナソニックは住宅設備から家電製品まで幅広く取り扱っているメーカーです。 そんなパナソニックの代表的な家庭用蓄電池は「 リチウムイオン蓄電システムスタンドアロンタイプ」です。 5kWhタイプで約90万円なので、1kWhあたり約18万円です。 2kWhタイプで約140万円なので、1kWhあたり約19万円です。 シャープ シャープは主に電化製品に力を入れているメーカーで、代表的な家庭用蓄電池は「 クラウド蓄電池」です。 8kWhタイプで約135万円なので、1kWhあたり約28万円です。 NEC 電気機器を主力製品としているNECの代表的な家庭用蓄電池は「 小型蓄電システム」です。 8kWタイプで約160万円なので、1kWhあたり約20万円です。 東芝 東芝はコンピューター向けの会社として有名ですが、家庭用蓄電池も開発しています。 そんな東芝の代表的な家庭用蓄電池は「 エネグーン」です。 6kWhタイプで約150万円なので、1kWhあたり約22万円です。 オムロン 太陽光発電のパワーコンディショナが代表的であるオムロンの代表的な家庭用蓄電池は「 住・産共用フレキシブル蓄電システム」です。 8kWhタイプで約143万円なので、1kWhあたり約14万円です。 家庭用蓄電池のメーカーを選ぶ際のポイント 前章で多数のメーカーの家庭用蓄電池について紹介しましたが、実際に家庭用蓄電池を選ぶ際には着目すべき点があります。 家庭用蓄電池のメーカーを選ぶ際に参考にするべき点を紹介します。 そのため緊急時に必要な蓄電池容量から、家庭用蓄電池のメーカーを選ぶとよいでしょう。 メーカーによっては自分の必要としている蓄電池容量の家庭用蓄電池がない場合もあるので、きちんと確認をするのが大切です。 万が一のときにきちんと活躍してもらうためにも、問題発生時のメーカーのサポートや保証内容を比較することが大切です。 メーカーによって保証期間や蓄電容量を保証容量やサポート体制が異なるため、購入前にしっかりと確認しておきましょう。 家庭用蓄電池の導入についての注意点 家庭用蓄電池を導入するにあたって、注意しなければならないポイントがいくつかあります。 導入してから失敗に気づくなんてことを防ぐためにも、しっかりと注意点を抑えましょう。 その後も問題なく利用するために、定期的なメンテナンスを行う必要があります。 せっかく設置した家庭用蓄電池が万が一のときに利用できなかったなんて事態を避けるためにも、定期的に状態を確認して、問題を発見した場合にはすぐにメーカーにメンテナンスをお願いしましょう。 そのため10年など一定期間をたつと交換しなければいけません。 保証期間内であれば無料、または格安で交換してくれることもあるので、購入からどれくらいたっているのかを把握し、消耗具合には気を遣いましょう。 満たす必要のある条件や応募期間などが限られているため、必ず補助を受けられるわけではありませんが、家庭用蓄電池の導入を考えている方は一度国からの補助を受けられるのかを確認しておきましょう 導入前後の費用を調べてから蓄電池導入を検討しよう! 日本は、他国に比べて非常に自然災害が起きやすい国です。 そのため、いつなんどき災害が起きても対応ができるような対策をしておく必要があります。 その対策のひとつとして、家庭用蓄電池の導入は非常に効果的です。 家庭用蓄電池を導入しておくことで、万が一停電になったとしても家庭で電化製品を使用することも可能になります。 しかし導入にかかる費用は決して安くはないため、きちんと導入費用を調べて自分で納得のいく家庭用蓄電池の導入を検討しましょう。 蓄電池の詳細を知りたい方は、ぜひ以下のページもご覧ください。

次の

家庭用蓄電池の価格・相場はどのくらい?何か補助金はある?

蓄電池 値段

太陽光発電と併用する蓄電池の価格相場がどれくらいになるのか調べてみました。 太陽光発電の設置を検討しているなら蓄電池の併用を考えたことがある方は多いと思います。 蓄電池にはいくつか種類があり、押し上げ効果と呼ばれる売電量を増やすことができるモードと自家消費を増やし電気料金を抑えることができるモードが用意されています。 売電量を増やすとダブル発電と呼ばれるカテゴリーになり、太陽光発電のみで使った場合よりも売電量が引き下げられることになります。 蓄電池にはどちらかのモードしか利用できないものもあれば、設置時にどちらのモードにするか選択できるものもあるので購入を感がている方はどちらにするか事前に検討しておく必要があります。 また蓄電池には太陽光パネルのパワーコンディショナーと機能を統一したハイブリッドパワーコンディショナーを使用するものと、単純に蓄電機能だけを有しているシステムの2種類があり、ハイブリッドシステムを利用すると効率よく電気を利用することができるようになります。 ただしハイブリッドタイプを選択するとその分価格も上がってしまいます。 蓄電池を導入するための費用はメーカーによって様々ですが、だいたい200万円から300万円ぐらいとなっています。 超小型の蓄電池で停電時など非常時に数時間だけ利用できるものは100万円以下で購入できるものもあるようですが、それだとやはり蓄電池の機能をフルに活用することができないのであまりおすすめはできません。 各メーカーが取り扱っている蓄電池に関する情報は下記のページにまとめてあるので興味のあるメーカーがあれば参考にしてください。 施行してもらう業者が既に決まっている場合はそちらに相談してみてもいいと思いますよ。

次の

蓄電池の価格相場を詳しく解説! メーカーや蓄電池の種類もご紹介します

蓄電池 値段

テスラ蓄電池 パワーウォールの日本発売は2020年春 2019年10月15日、アメリカのEVベンチャーである「テスラ」が蓄電池「パワーウォール」を日本で販売する時期を2020年春と発表しました。 この製品、予約受付自体は数年前から開始されていましたが、いよいよ販売が近づいてきました。 (2017年に予約申し込みした際には、HP上に設置予定時期は2017年夏頃、と記載されていたという経緯はありますが、今回は製品発表会を開いての発表でしたので、本当に2020年春に販売開始するのではないかと思います) ソーラーパートナーズの中村も既に予約申し込み済み、待ち望んでいた製品です。 この記事では• テスラ蓄電池パワーウォールを実際に予約申し込みしてからの経緯• テスラ蓄電池パワーウォールはいつ買えるのか• テスラ蓄電池パワーウォールの価格• テスラ蓄電池パワーウォール購入時の注意点 についてまとめてみました。 テスラ蓄電池パワーウォールの予約申込 ソーラーパートナーズの中村と申します。 太陽光発電の専門家としてメディアなど多数出させて頂いていますが、マンション住まいだったので自宅にずっと太陽光発電がなくストレスを感じていました。 しかし2018年冬に念願の戸建てに引っ越しをしましたので無事太陽光発電が自宅にやってきました。 実はこの戸建て購入計画などまだ1mmも動いていない2017年3月9日(木)に、 テスラの蓄電池パワーウォールの予約申込をしていました。 予約申込金として52,000円が即座に引き落とされました。 テスラ蓄電池パワーウォールをなぜ購入しようと思ったか テスラ蓄電池パワーウォールが日本市場でも発表された2017年当時でも2年経った2019年現在においてもその性能・価格ともに図抜けており、これから間違いなく興味を持つ方が増えてくると思いました。 しかしテスラは直販しかなく、情報があまりに少ないため、これからソーラーパートナーズへの問い合わせが増えると思い、正確に対応したいと思ったのが購入予約をした一番の理由です。 その商品を知るには自分が買って体験するのが一番です。 2019年7月テスラ蓄電池パワーウォール契約 しかし2017年3月に予約申込をしてから2年間一切音沙汰がありませんでした。 予約申込金だけは即座に引き落とされましたが。 たまにテスラの電気自動車の案内が送られてくるだけで、蓄電池については予約申込をしたこと自体を忘れてしまう程でした。 2019年5月 ようやくテスラから連絡がくる 予約申込みをしてから2年2ヶ月経った2019年5月にようやくテスラより連絡がありました。 設置工事ができる時期は未定だが、未定でいいなら契約しましょうという案内でした。 2年2ヶ月待たされていなければ、何を言っているんだという内容ですが、人間不思議なものでこれだけ待たされていると連絡が来たことに喜んでしまっていますので、どんな要望でも受け入れてしまいます。 何回かのメールやり取りの後、電子署名による契約を2019年7月に結びました。 テスラ蓄電池パワーウォール設置予定時期は未定 上記にも書きましたが、契約条件に設置時期が未定であることを受け入れることが入っていますのでいつ設置してもらえるかはわかりません。 今の所2020年中にはというざっくりとした感じではありますが、そもそも予約申込した時にサイトに記されていた設置予定時期は2017年夏頃でしたのでもうここまで来たらあと2年位は平気で待てそうです。 (その後2020年春に販売開始との発表がありました) テスラ蓄電池パワーウォールの特長 蓄電容量が13. 5kWhと大容量 パワーウォールの特長の1つ目はその蓄電できる容量の大きさです。 メーカー テスラ 長州産業 名称 パワーウォール 蓄電池ユニット 電気容量 13. 5kWh 6. 現在日本で主流の蓄電池は、太陽光発電とセットで導入するハイブリッド型の蓄電池ですが、その蓄電容量は5kWh台~6kWh台ですので、2倍以上の大きさということがわかります。 さらに10台まで連結可能とありますので、最大で135kWhまで増やすことができます。 テスラ蓄電池パワーウォールの価格は? パワーウォールの衝撃は何といってもその価格です。 2018年10月に価格改定があり、税抜990,000円別途およその設置工事代金として税抜400,000円~550,000円かかるという表示がありますので、 あわせて税込みで1,501,200円~1,663,200円となります。 価格改定前はもっと安かったのですが、それでも圧倒的な安さです。 一般的な蓄電池の価格は? パワーウォールの価格がどれだけの衝撃的に安いのかは、現在の蓄電池価格と比較すればわかります。 現在の5kWh台~6kWh台の蓄電池価格は、およそ130万円台~140万円台です。 10kW前後の蓄電池価格で200万円を切ることがない位です。 テスラのパワーウォールと同じ蓄電容量を設置するには、300万円弱くらいの金額になりますので、如何に安いかがわかるかと思います。 ちなみに、「パワーウォール3」ではなく「パワーウォール」 今回日本で発売される製品には、当初「パワーウォール2」という製品名がつけられていましたが、いつからか名称が「パワーウォール」となっていました。 また、海外では、そろそろパワーウォール3が発表されるのでは、という噂もささやかれているようですが、今回日本発売が発表されたのは「パワーウォール3」ではありませんので誤解のないようにしてください。 テスラ蓄電池パワーウォールの注意点 注意点その1 補助金はもらえない テスラ蓄電池パワーウォールの一番のデメリットだと思いますが、国や都道府県、市区町村の蓄電池補助金をもらうことはできません。 なぜならJIS規格など日本の補助金をもらうための製品登録基準を満たしていないためです。 国の蓄電池補助金をもらうための蓄電池製品登録基準はこちら 注意点その2 設置はできない可能性もある テスラ蓄電池パワーウォールはJET認証という認証を受けていません。 このJET認証を受けていれば、電力会社との連系協議における性能確認試験などが省略されるのですが、テスラ蓄電池の場合は全て電力会社との個別協議になります。 個別協議なので、いざ設置したいとなっても協議がいつ終わるかわからないのと、最悪の場合協議が決裂し、設置不可という事もありえるということは知っておく必要があります。 注意点その3 壁掛け設置ではなく、架台設置 元々は壁掛け設置という案内だったのですが、テスラの蓄電池はかなり重く114kgあります。 日本の住宅の外壁ではこの重量は支えきれなかったらしく、エコキュートのようにコンクリート基礎を打ってその上に、ほんの少し傾斜のついている転倒防止金具を設置しそこに立てかけるような設置方法になります。 注意点その4 いつ設置してもらえるかわからない 今現在のテスラ蓄電池パワーウォールのサイトを見ても、設置可能時期の記載はありません。 それもそのはずで、2017年3月に申込みをした私の設置時期が2020年なのか2021年なのか判明しない状態ですので、今申し込んだ方の設置時期がわかるわけがありません。 (製品発表会の予定通りにいけば2020年夏ごろです) 注意点その5 予約金9,999円が必要 2年後か3年後になるかわからないテスラ蓄電池パワーウォールですが、予約申込をしないことには何もスタートしません。 私が申し込んだ時は52,000円でしたが、今でも 予約金は9,999円かかります。 サイト上でカード情報を入力して、予約申込をすると引き落とされます。 まとめ 私は仕事上、興味もあり、駄目でも多くの情報が取得できると購入しましたが、一般の方に全力でテスラ蓄電池パワーウォールを勧めるかと聞かれたら正直お勧めはしないと思います。 表記上は蓄電池の性能、価格は申し分ないのですが、なにぶんリスクが多すぎるため何かあった時の責任が取れないからです。 申込みをされる際は自己責任でお願いします。 蓄電池に関して、中立公平なお見積り、ご相談をご希望であればお気軽にご依頼ください。

次の