かくしごと お父さん。 父の日に贈りたい…「かくしごと」「甘々と稲妻」「SPY×FAMILY」おすすめアニメ・マンガ3選(アニメ!アニメ!)

「かくしごと」最終回 後藤かくし・姫の父娘愛コメディ 感動の結末【アニメ】

かくしごと お父さん

本日、2020年6月21日は「父の日」。 日頃の感謝を、お父さんに伝える日です。 作品の中には、「親子愛」を描いているものがたくさんあります。 今回は、アニメ・マンガ作品を3つピックアップ。 「父と娘」にフォーカスをあて、魅力や見どころをお伝えしたいと思います。 2020年4月に放送をスタートし、つい先日、最終回を迎えたばかり(1クール、全12話)の本作は、ちょっと下品な漫画を描いている漫画家の後藤可久士が、愛する娘に嫌われたくないと、漫画家であることを隠そうと大暴走するホームコメディです。 その中でも「娘を大切に思うからこそ」の可久士の行動に、クスっとしながらもどこか心震えるストーリーが描かれます。 それに加え、作中では「姫10歳編」と「姫18歳編」が1話の中で展開。 上記で述べたコメディパートは、実は「10歳編」でのこと。 「18歳編」では、シリアスな要素満載で、さらに謎も多く含まれています。 私はアニメから観始めたのですが、すぐに漫画を買いました。 それほど、次の展開が気になる作品です。 また、本作で可久士役を演じているのは、神谷浩史さん。 『さよなら絶望先生』で糸色望を演じて以来の久米田先生とのタッグになります。 これにより、久米田先生と神谷さんの動画対談が実現。 久米田先生が動画に出演するのは、本企画が初となりました。 原作は、雨隠ギド先生が「good! アフタヌーン」(講談社)にて連載していた同名コミックです。 妻を亡くし、娘・つむぎと2人で暮らす高校教師・犬塚公平が、ふとしたきっかけから教え子の女子高生・飯田小鳥と3人で食卓を囲むことになります。 大切な人たちと一緒にごはんを食べる日常が情感豊かな筆致で描かれました。 大きな事件やハプニングなどは起こらず、ただ公平・つむぎ、そして小鳥の何気ない日常や感情の動きを描いているのが、本作の魅力。 料理屋の娘ですが、過去の失敗により、包丁を握れない小鳥。 そして、多忙な父が食事を出来合いものにするのにずっと耐えていたつむぎ。 公平役を務めたのは、中村悠一さん。 つむぎ役には、当時10歳の子役・遠藤璃菜さんを起用。 さらに、小鳥役は「癒し系ボイスと言えばこの人!」な早見沙織さんが演じていました。 凄腕スパイの黄昏のもとに届いた新たなミッションは、「家族を作り、とある名門小学校に潜入すること」。 そのためにロイドと名乗り、引き取った子ども・アーニャは超能力の持ち主、さらに契約結婚を持ちかけた妻・ヨルは殺し屋でした。 アーニャ以外の2人は、実はお互いの正体を知りません。 アーニャは超能力で心が読めるため知っていますが、実際に聞いたわけではないですし、またアーニャが超能力者であることも2人は知らないのです。 ある意味『かくしごと』と似た点はありますが、内容はまったくの別物! 任務のことだけを考えて生きてきたロイドと、裏稼業ゆえいわゆる普通の女性とは感覚がずれているヨル。 良かったらぜひ、お父さんと一緒にアニメやマンガを楽しむ、そして一緒に語り合うという、新しい「父の日の過ごし方」を試してみてください。

次の

父の日に贈りたい…「かくしごと」「甘々と稲妻」「SPY×FAMILY」おすすめアニメ・マンガ3選(アニメ!アニメ!)

かくしごと お父さん

(ダジャレかい) 可久士は、可愛い娘である姫が生まれた時に、病院で「えっちな漫画を書く人だ」と反応されたことをきっかけに、自分の仕事は一生隠し続けようと決意したのでした。 可久士は、とても有名な漫画家で、シモネタ盛り盛りの漫画を書いていますが、出版から数年経った後も、知名度が下がるわけでもなく、サインを頼まれるなど、何かと苦労をしているようです。 娘の姫は、小学生になっても、自分の父が何の仕事をしているのか知りません。 可久士は、服装や原稿の保管場所など、かなり気を使って姫が察しないように必死なのです。 今では、服を着て原稿を書くまでになりました。 しかし、仕事場でアシスタントたちと待てど、新担当者が来る気配がありません。 「もしや自宅に行ったんじゃ・・・」という言葉に反応して、可久士は猛ダッシュして家に向かいます。 自宅に着き、「自宅に来るなんてまぬけな担当者、いないか・・・」と考え直す可久士でしたが、姫がしっかりと編集者:十丸院にお茶を用意した後でした。 しかも、読者プレゼントとなる漫画のTシャツを着ています。 可久士は急いで画を「ポリキュア」に書き直すのでした。 七夕の時期、学校の友達に「男は出世が全てだ」と入れ知恵された姫は、家の短冊に「お父さんがえらくなりますように」とお願い事を書きます。 それを見た可久士は少しショックを受け、もっと売れる漫画家になるために、ダークファンタジーに手を出してみようかと思いつきます。 可久士の突然の思いつきと軌道変更に、アシスタントの顔は泥色になりますが、ここで編集者:十丸院の出番。 「漫画家が書きたいことを書かせない」ように仕向けようとします。 しかし、可久士も本当はダークファンタジーを書きたい訳ではないことを知った十丸院は、あっさりと引き返すのでした。 可久士は、「偉い=有名になること」と仮説し、有名になることを目標にしようとしますが、有名になれば、姫にかくしごとを知られる可能性も高くなります。 可久士にとっては、姫に自分の仕事がばれないことが重要なのでした。 猫を助けてくれた時の可久士の出現範囲が、姫にとって父に「おしゃP=おしゃれピープルがいるから近寄るな」と言われていた坂の上であることが判明します。 姫たちは坂の上に行ってみることになりますが、小学生に「おしゃP」と呼ばれたオカマに追いかけられ、それをたまたま目撃した可久士は、再び英雄となることになるのでした。 【かくしごと】第1話のストーリー性についての感想 アニメ「かくしごと」、めちゃめちゃ面白いです! 漫画家の気持ちがよく分かるアニメであり、小学生の夢のある世界が楽しめるアニメでした。 主人公の可久士が漫画家なので、もちろん漫画ネタがたくさん登場する訳ですが、「読者プレゼントのTシャツは着れるやつに!」とか、漫画業界のあるあるが面白いです。 それに、「進撃の亜人」とか、現実世界のパロディ的な要素があちこちに散りばめられています。 テンポもかなりよく、ギャグもうまいこと整っていて、すごくすごく面白かったです。 でも、単なるギャグアニメで終わらず、ちょっと切ない描写もちらほら。 あと、アニメを見るまでは、あらすじを見て、「えっちな漫画を書くなんて、ちょっと抵抗ある内容かな」なんて思っていましたが、すごい幼稚なシモネタギャグ系の漫画家なようで(クレヨンしんちゃんのゾウさんレベルかと)、全然抵抗なく楽しめました。 【かくしごと】第1話のキャラクターについての感想 可久士はシモネタギャグ漫画を書く漫画家な訳ですが、すごく好きになれるキャラでした。 絶対良い奴です。 かなり純粋なキャラだと思います。 姫との家族シーンもすごく素敵で、漫画家として働いている時も、純粋で面白いヤツです。 一方、姫の方も純粋でいいキャラで、物事の解釈が自由で心打たれます。 「無職」と「無色」・・・いっぱい色つけられるね!なんて言葉には感動すらしました。 その他の登場キャラたちも、見ていて嫌な思いをすることがない気持ちの良いキャラばかりです。 【かくしごと】第1話の作画についての感想 作画はキレイだし、抵抗なく入れる感じで、キャラも可愛い系でしたね。 特に、姫が目をキラキラさせるところとか、すごく可愛いですが、登場キャラはみんな可愛らしい感じです。 でも、甘すぎるわけでもなく、可久士の行動の面白さがうまく伝わる感じに描かれていて、本当に面白かったです。 【かくしごと】第1話の声優についての感想 「かくしごと」の声優さんは、みんな上手いです! 豪華声優陣なので当たり前なのですが、皆さん、すごくキャラに入りきっているし、違和感ある声や喋り方のキャラもいなくて、もう最初っからアニメに入り込めますね。

次の

【かくしごと】の解説!弟の正体についても

かくしごと お父さん

あらすじ ちょっと下品な漫画を描いている後藤可久士。 一人娘の小学4年生の姫。 可久士は何をおいても愛娘・姫が最優先。 親バカ・可久士が 姫に知られなくないこと。 それは、自分の仕事が漫画家であること。 作品情報• 著者・原作 : 久米田康治の漫画• ジャンル : ほのぼの日常アニメ• 放送期間 : 2020年• 話数 : 12話 登場人物• 後藤可久士・・・漫画家。 自分の職業を娘に隠し続けている• 後藤姫・・・可久士の娘。 小学4年生。 ぱっつん前髪がトレードマーク。 志治仰・・・可久士の職場のチーフアシスタント• 墨田羅砂・・・ゴトープロのアシスタント。 メンバーの中では気が利くほう• 筧亜美・・・ゴトープロのアシスタント。 主に仕上げと服飾を担当、得意な技法は「カケアミ」• 芥子駆・・・ゴトープロの新人アシスタント。 十丸院五月・・・「週刊少年マンガジン」の編集者.

次の