お笑い 芸人 薬物。 【薬物逮捕?】東スポの大物歌手Aや人気モデルB&お笑い芸人Cは誰?名前特定か

大ブレイクしたビジュアルのいいお笑い芸人Xは誰?違法薬物疑惑!TOCANA|waonのブログ

お笑い 芸人 薬物

近年はコンプライアンスの関係上、麻薬や違法薬物での報道が昔より加熱しているようです。 そして一度違法薬物で逮捕されると、この世から抹殺されたような感じになってしまい、もう芸能人としては活躍できない状況をマスコミは作り上げようとしています。 そして違法薬物をやってしまって逮捕されたら、芸能界を完全追放の雰囲気(空気)があるのに、止まること無く薬物で逮捕される芸能人はいなくなりません。 なぜかは当然快楽(楽)をしたいからだと思うのですが、そんな状況の中、近頃は超大物お笑いタレントがついに逮捕されるのではないか?、という報道がありました。 そんな超大物お笑いタレントが逮捕されたら怖いです。 一体誰なのか気になるところです。 また、元ジャニーズのタレントさんも逮捕秒読みとも言われています。 そういったいろいろのことを以下で詳しく見ていきたいと思います。 麻薬物疑惑のある超大物お笑いタレント逮捕間近の名前は誰? 2019年3月にピエール瀧さんがコカイン所持の疑いで逮捕され、2019年5月には田口淳之介さんと小嶺麗奈さんが大麻所持の疑いで逮捕されました。 その後、次の逮捕される芸能人は誰かと、マスコミを筆頭に日本中が大騒ぎになっています。 そんな中、2019年6月19日の東京スポーツ(東スポ)の一面に、 超大物芸能人の逮捕が迫る、という記事が載ったのです。 「関東信越厚生局麻薬取締部(通称・ マトリ)は、早くも次なるターゲットを絞り込んでいるという。 その標的は、 お笑い界の超大物タレントに 違いないとささやかれている。 引用: お笑い界の超大物タレントと聞くと、いよいよこの時が来てしまったか、という感じを受けます。 大物お笑いタレントではなく、 超大物お笑いタレントということなので、今まで逮捕された芸能人とは比べものにならないくらいの衝撃が走るかも知れません。 大昔に 超大物俳優の勝新太郎さんがコカインで逮捕されたことがありますが、その時はコンプライアンス的にそれほど厳しくもなく、一般の人も勝新太郎さんがコカインで逮捕されても、それほど衝撃的なことと受け止めていなかったような風潮もあったようです。 しかし今回、もし超大物お笑いタレントが逮捕されることになると、勝新太郎さんのように「パンツはかなきゃいいんだな」と、コカインを隠しておいたパンツに問題があるような 冗談を言うことはできないでしょう。 そんな超大物お笑いタレントの逮捕間近ということですが、噂ではいろいろな大物タレントの名前が挙がっていますが誰なのでしょうか。 次の逮捕者、超大物お笑いタレントの実名は? 小嶺麗奈さんが 警察にゲロってしまったと言われる 超大物お笑いタレントですが、バラエティ番組などで活躍する超大物お笑いタレントのようです。 50代以上のお笑い芸人として… ビートたけし、 明石家さんま、 タモリ、 ダウンタウン、 とんねるず、ウッチャンナンチャン、爆笑問題、ヒロミ、さま~ず、今田耕司、東野幸治など。 40代のお笑い芸能人として… ナインティナイン、雨上がり決死隊、くり~むしちゅう、ネプチューン、華丸大吉、FUJIWARA、ココリコ、ロンドンブーツ1号2号、おぎやはぎ、ケンドーコバヤシなど 東スポWebで言われている超大物お笑いタレントは「超」が付く大物です。 個人的には40代に 超大物お笑いタレントと呼べる人はいない気がします。 やはり超大物お笑いタレントと言うと 50代以上の方々です。 ビートたけしさん、明石家さんまさん、タモリさん、ダウンタウン、とんねるずの5組の方々が超大物感を醸し出していると思われます。 この5組の方から、1組でも薬物で逮捕されることがあると、「なんだよ、あの人も薬物をやってたのかよ!」と日本中が驚愕するでしょう。 確かに上記5組の芸能人が本当に逮捕となると、一般の人はもちろん、業界内のお笑い芸人の方々はドン引きでガックリ来てしまいそうです。 しかしこの5組の芸能人の方々を見ていくと… 北野たけしさんは今年で72歳で、違法薬物をやる意味があるのか?と思える年齡です。 明石家さんまさんは、仕事中もプレイベートも元気で、睡眠も少なく食にあまりこだわらなさそうな感じを受けます。 また痩せている状況なので薬物をやっているのでは、という噂が挙がりましたが、明石家さんまさんは「やるわけがない」と完全否定しました。 また、もし薬物をやっていてずっとあの元気で、あの調子だったら体力的に持たないと思います。 タモリさんは73歳でたけしさんよりも年上です。 「笑っていいとも」が終わって、現在はブラタモリやミュージックステーション、タモリ倶楽部など、ゆるいのんびりとした番組をやっているので、薬物をやっている感じは全くありません。 ダウンタウンの松本人志さんと浜田雅功さんは、若いときから自分を貫き、好き勝手にやってきた2人で、やりたい放題なので充実した生活を送っているように見えるし、違法薬物をやる意味もないと思われます。 とんねるずの石橋貴明さんと木梨憲武さんも、ダウンタウン同様、若い頃から好き勝手にやってきて、成功している方々なので、やる意味を感じません。 ウッチャンナンチャン以下にの芸人の方に関しては超大物という感じでもないです。 また、以前から芸能人の薬物逮捕のニュースが流れると、千原ジュニアさんなどの芸人の方々は「 芸人は薬物をやっていない」と言っています。 なぜなら「 お笑いという麻薬を知ってしまったから、 薬物に手を出す必要もない」と言っていました。 しかしもし超大物お笑いタレントが逮捕となると、「お笑いは麻薬ではなかった」ことになってしまいます。 そして超大物お笑いタレントが逮捕されると、連日ワイドショーはこの逮捕の情報を取り上げるでしょうから、そのワイドショーに出演している芸人の方々のコメンテーターはどういうコメントになるのか気になります。 「 小嶺麗奈にはある美人の親友がいたといいます。 その女性は、 芸能界では有名なアラフォー美女で、数多くの ジャニーズタレントとも交友があったことで知られているんです。 」 さらに 小嶺麗奈の親友の女性は「誰もが知る人気者で、現在もバラエティー番組などで活躍する 超大物お笑いタレントと以前、 男女の関係だったというのです」 「実際に小嶺麗奈と元カレのサパークラブのオーナー、そしてこの 大物お笑いタレント、そしてその彼女だった 小嶺麗奈の親友の女性は、よく 4人で会っていたようです。 ある時なんか、この 4人が挙動不審で言動不明瞭な様子で、 都内カフェで密会している場面が目撃されたこともあった」 引用: この情報が本当なら、この超大物お笑いタレントはずっと前から薬物を使用していて、薬物をやっていることが当たり前になってしまっているかも知れませんね。 超大物ということは、 それなりの年齡でしょうから健康のために違法薬物は 止めて欲しいです。 大物芸能人逮捕間近 元ジャニーズアイドルで遊び人 東スポでは、超大物お笑いタレントが逮捕間近と言われているいますが、それと並行して元ジャニーズで遊び人の方も逮捕間近と報道されました。 KAT-TUNを辞めた赤西仁 元ジャニーズで遊び人ということでネットで噂になっていたのが、元KAT-TUNの 赤西仁さんです。 その理由として… 「日刊ゲンダイが元アイドル A氏の薬物疑惑を報道したから」 「ATLASがアメリカで活動する Aの見た目の劣化と奇行を報じたから」というものです。 KAT-TUNの元メンバーの 田口淳之介さんは大麻で逮捕され、同じく KAT-TUNの元メンバーの田中聖さんも 大麻で逮捕されました。 こういった関係上、元ジャニーズアイドルの遊び人となると、赤西仁さんの名前が浮上するというのです。 ATLAS編集部によると… 「 あの二枚目なルックスは完全に崩壊しているらしく、顔面にはその年齡に見合わない いくつものシワが目立ち、 眼球は白濁しているという」 「昼間から ボサボサの髪型で徘徊し、 独り言をつぶやきながら歩く様子も、近所の人に目撃されており、 薬物の副作用ではないかと指摘されている」 「 本人や家族もすでに取り締まりの監視下に置かれていることは理解しており、必死に薬物摂取を我慢していると思われる。 」 もし赤西仁さんが薬物をやっているのならば、必死に薬物摂取を我慢するよりも、病院や施設にいくなりしたほうが、逆に気持ちが楽になって安心した生活が送れるかも知れません。 赤西仁さんはイケメンで有名でしたから、顔が年齡に合わない劣化が進んでいるとなると、少しさみしい気がします。 その元メンバーの 渋谷すばるさんが、逮捕間近の元ジャニーズアイドルとの噂が挙がっています。 理由としては…• 遊び人との噂がある• 突然アメリカに行った• 激やせした 渋谷すばるさんは2018年4月15日、突然ジャニーズの脱退を発表し、そしてアメリカへ渡ったのです。 超大物お笑いタレント、元アイドル薬物逮捕のまとめ 東京スポーツでは、今までにない超大物お笑いタレントが薬物で逮捕されるとの報道が出ました。 もし本当に超大物お笑いタレントが薬物で逮捕となると、芸能界はおろか他の業界にも波紋が広がり、日本経済にも悪影響が出そうな気がします。 お笑いの方々は基本的に愉快なことを考える思考構造になっていると言われますので、薬物を使用して愉快なことを考えて欲しくないです。 また、アイドルは根っからのアイドルであれば、薬物を使用することはないと思いますが、無理にアイドルを演じていると、苦しくてつい薬物に手を染めてしまう可能性はあるのでしょうね。 まぁ、一般の人もちょっとしたキッカケで違法薬物に手を出してしまうのですから、人前にさらされている芸能人は、それ以上のストレスが溜まると思います。 しかし違法薬物は身体に悪いので、もしストレスを溜めて苦しくなったら、仕事をセーブしてお寺に行ってほしいと思ったりします。

次の

次に逮捕される芸能人は誰?「大物芸人X」は不倫疑惑のツッコミ担当?

お笑い 芸人 薬物

薬物で逮捕?極秘内偵リストの3人とは? 薬物疑惑が浮上している3人について東スポWebは次のように報じています。 そうしたなか、 本紙はマトリが新たに逮捕を狙っているという 「極秘内偵リスト」を入手。 そこには 3人の芸能人の名があった。 まずは 大物歌手Aだ。 「以前から不自然な言動が多いと評判だった。 感情の起伏が激しく、 必要以上にハイテンションなことも多いので、 薬物の噂は絶えない」 (芸能関係者) 次は 人気モデルB。 とても違法薬物に手を染めているようには見えないが、「 とにかく交友関係が怪しい。 クスリ疑惑のある人物とよくつるんでおり、 一緒に使用しているのでは? と水面下でささやかれている」 (同) 3人目はマルチな才能を持つ お笑い芸人Cだ。 「AやBと違って、 Cは芸能マスコミで噂になったことすらなかった。 ただマトリは数年前から内偵していた。 上記の通り、一部からは 「長渕 剛」さんの名前が挙がっていました。 事実、彼は1995年に 大麻を所持していたとして逮捕されています。 家宅捜査を受けた際、自宅から大麻1gが発見され、本人が使用を認めたため、 その場で現行犯逮捕されました。 こうした過去があるため、芸能人の薬物疑惑が浮上する度に長渕さんの名前が挙がってしまうというわけです。 しかし、現在において彼が 薬を使用しているという事実は一切ありません。 そのため、今回の一件とは 無関係と判断できます。 ちなみに、長渕さん以外の大物歌手としては 「玉置浩二」さんの名前も挙がっていましたが、こちらも 全くの事実無根です。 しかし、冨永さんに 薬の疑惑が浮上したことは一切ありません。 恐らく、彼女の名前が挙がった背景には長渕さんの存在が関係していると思われます。 実は、2015年に2人の 不倫疑惑がスクープされているのです。 「週刊文春」で 不倫疑惑を報じられた、 歌手の長渕剛とモデルの冨永愛。 「文春」によると、 いまや冨永は長渕に心酔し、 長渕以外の人間の言うことは聞かず、 国内外に活躍の場を広げてきたモデルの仕事にも消極的になっているという。 しかし、冨永さんが薬物を使用しているという事実は一切ありません。 入手ルートは元不倫相手or暴力団? 現在のところ、沢尻容疑者が合成麻薬(MDMA)を 入手したルートは不明です。 ただ、彼女は 以前からMDMAの使用が疑われていたのです。 それは2011年の時。 当時の沢尻容疑は、元夫である高城 剛氏と 離婚協議中でした。 それがスペイン人の セルジオ氏でした。 そのため、現在でも沢尻容疑者がセルジオ氏と交流を持っていれば、彼を経由してMDMAを入手した可能性は否定できません。 そのルートというのが 「暴力団」です。 というのも、彼女を逮捕したのは警視庁の 「組織犯罪対策5課」なのです。 違法薬物を所持していたとして、 警視庁 組織犯罪対策5課は麻薬取締法違反の疑いで、 女優の沢尻エリカ容疑者を逮捕した。 そのため、この部署が捜査に乗り出したということは、沢尻容疑者と暴力団に 何かしらの接点があることを意味します。

次の

次に逮捕される芸能人は誰?「大物芸人X」は不倫疑惑のツッコミ担当?

お笑い 芸人 薬物

日本全国に「清原逮捕」の波紋が広がる中、なんと「お笑い界にも違法薬物が蔓延している」という衝撃的な情報が浮上した。 記者は薬物汚染の実態をつぶさに知る現役芸人と接触。 その口からは驚きの証言が飛び出した。 「ここ数年、若手芸人の薬物汚染はひどい状況です」 厳しい表情でこう明かすのは、大手お笑い事務所に所属する芸人Aである。 「バンドマンに負けず劣らず、芸人でハーブ(危険ドラッグ)を日常的にやっているヤツはものすごく多いですよ。 東京だと、新宿のお笑い専用劇場のすぐそばにハーブ屋があって、ライブのあとに大量に購入し、個室居酒屋で回して吸っている芸人のグループもいました。 このハーブ屋は2年ほど前に摘発されたため、今は別の店から入手しています」 違法薬物を求める若手芸人たちは独自のドラッグ入手ルートを構築している、とAは証言する。 「最近は若手芸人の間でハーブの売買が横行しているんです。 ハーブを仕入れてきて売る『プッシャー』をバイト代わりにやっている芸人は、僕の知るかぎりでも5人以上いますね。 そのうちの1人は『ハーブ工場とつながっている芸人がいて、そいつから仕入れている』と言っていました。 調達役から売人までの全てを芸人間で担当しているんですが、実際、店で買うのと同じぐらいの値段で売っているみたいです。 ハーブのほか、彼はマリファナも扱っていて、なかなかいい品質だと自慢していましたよ。 彼は芸人としては月収1万円未満ですが、プッシャーとして月に50万円以上稼いでいると聞きました。 『売れてもいないのに金を持っているヤツ』として、一部では有名です」 そんな「プッシャー芸人」の販売手法は、きわめて大胆なものだという。 Aの事務所関係者も、その現場を見ていた。 「事務所のマネージャーもいる定期ライブの打ち上げの居酒屋で、タバコの先にハーブを詰めた『特製タバコ』を作って、他の芸人に試し吸いをさせるんです。 そしてトイレに一緒に行く振りをして、パッケージで売る。 彼はこのやり方だけで相当なリピーターを確保したんじゃないですか」 Aが再び証言する。 「若手の芸人って、事務所の月例ライブやオーディションとか、他の芸人と定期的に顔を合わせる機会が多いので『リピーターに連絡する手間が省ける』とプッシャー芸人も言っています。 たまたま数人分の『在庫』を持っていた芸人が、歌舞伎町の路上で警察官に職務質問されて肝を冷やしたこともあったそうですが、急いでいる振りをして奇跡的に逃げられたとのことでした。 リピーターのリストをスマホの画面で見せてもらいましたが、有名な芸人も入っていて、流出したら相当ヤバイ事件になると思いましたね」 所属芸人に違法薬物が蔓延しているとなれば、事務所側の管理責任が問われるところだが、なんと当の「事務所スタッフもどっぷりハマってますよ」とAは言うのだ。 「数年前、大手事務所で敏腕マネージャーと言われていた人が前ぶれもなく急に退職して『何があったんだ』と話題になりました。 後日談として『薬物を日常的にやってるのが社内でバレた』ことが退職の理由だと聞きました。 表ざたにはなりませんでしたが、裏では相当な問題になっていたそうですよ」.

次の