マンウィズ スペアリブ。 MAN WITH A MISSIONの素顔からメンバーの年齢・出身・本名が判明!?

謎多き覆面バンド「MAN WITH A MISSION」の正体とは?その素顔を探ってみた

マンウィズ スペアリブ

MAN WITH A MISSIONの正体はGrantz説 そもそも「Grantz」とは、 どのようなバンドだったのかというと、 2002年から本格的にバンド活動を始めて、 茨城県のつくば市出身として、 2010年まで8年間活動されたバンドです。 Grantzのバンドメンバーは、 Tsuyoshi:ボーカル Nishida:ベース Hiroshi:ボーカル兼ギター Nakajima:DJ Yumiza:ドラム と、構成はマンウィズと丸かぶりです。 グランツの意味は、スラング語で「クソがき」という意味だそうです。 2003年には人気の10FEETとも共演しており、 業界では知る人ぞ知るカッコイイバンドだったのです。 現在のマンウィズも10FEETと良い関係にあるとされ、 それは前身と噂されているグランツ時代の繋がりではないか?と言われてます。 さらには マンウィズはグランツの曲を歌ったこともあり、 その演奏される曲のクオリティが、 まさかまさかの 本家のグランツにそっくりなのです! 疑われてもおかしくない・・・、 むしろ隠すつもりもない・・・と噂されてます。。 笑 ボーカルの片岡剛さんとトーキョー・タナカさんに関しては、隠すことは難しいですね・・・。 声は楽器と違って覆しようのない証拠となってしまいます・・笑。 でも、あくまで公表されていない情報なので、惑わされないでください! マンウィズの素顔と証拠 画像。 タナカ・リブ・モニカ・カミカゼ・ジョニー ちなみにマンウィズが歌ってるとされる、 グランツ先輩の楽曲というのは、 「Rock in the House」です。 マンウィズバージョンと、 グランツバーションとでは、 微妙に違いはありますが、 ボーカルの声はほぼ同じです・・笑。 また、過去に流行した ミクシィでは、 グランツのコミニティがあったそうですが、 そこで 「オオカミ野郎」というアカウントから、 グランツの告知の書き込みがあったりしたのです。 楽器構成や、ツインボーカルのスタイルなど、 メンバーの人数までもが同じということで、 多くの人がグランツのメンバーがそのままマンウィズになったと思っているいみたいですが。 マンウィズから何も公表されていないということで、 ボーカルの方以外は、誰が他の方と入れ替わってるかは謎です。 元グランツメンバーの全員が全員、 そのままマンウィズになったとは言い難いです。 噂では元グランツのメンバー3名のみが、マンウィズに加わったとも。 (真相は謎) もともと作る楽曲自体はイカしてたグランツですが、 人気が頭打ちにあっていたということで、 なかなか厚い壁を打ち破れなかったそうです。 しかし、マンウィズになってからの快進撃を見ると、 ロックの世界も個性や見せ方も重要なんだなと実感します。 これからも、あえてずっと非公開でやってこそ、 マンウィズの可愛らしさが引き立つと思うので、 ずっと変わらないマンウィズでいてほしいですね! それでも気になるのは マンウィズの由来とされる「使命」です。 もしかして、ある日、 マンウィズでの使命を果たした頃に、被り物を脱ぐ時が・・・?ジミーさんとグランツ先輩とのつながりなど、裏の設定がある可能性も?? すでに多くのファンに囲まれているマンウィズだけに、これからどれだけ売れても、マスクを脱ぐ時は来ないかも・・・。

次の

MAN WITH A MISSION (マンウィズ)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

マンウィズ スペアリブ

謎な部分も多いよね。 これを機に徹底解説するよ! 狼の格好をして集結した ロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』。 英語の歌詞もふんだんに取り入れ、海外の印象が色濃く、非常に格好良いロックバンドですよね。 しかし、狼の姿をしていることもあり、メンバーのプロフィールも含め謎の部分が多いと感じるファンも少なくないでしょう。 そこで、本記事にて、ロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の 経歴 歴史 やメンバーのプロフィール、オススメの楽曲ベスト3をご紹介いたします。 ぜひ、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の世界観を満喫するきっかけ または、参考 にしてみてくださいね。 Tokyo Tanaka トーキョー・タナカ :ヴォーカル担当、リーダー Jean-Ken Johnny ジャンケン・ジョニー :ギター、ヴォーカル、ラップ担当 Kamikaze Boy カミカゼ・ボーイ :ベース、コーラス担当 DJ Santa Monica ディージェイ・サンタ・モニカ :DJ、サンプリング担当 Spear Rib スペア・リブ :ドラム担当 の5人組ロックバンドで、頭は狼、体は人間という人狼のようなスタイルを持つ一風変わったロックバンドです。 メンバーのプロフィールに関しては、後ほどご紹介していきますが、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の魅力を一言で言い表すならば、ズバリ、 スタイリッシュな装いの中にある魂の叫びに尽きるでしょう。 端的に言えば、狼そのものを表すかのようなロックバンドと言うことが出来ます。 例えば、フジテレビ『人狼・嘘つきは誰だ?』のテーマソングとして起用された『Emotions』の場合、サビの終わりに『ウォー』という叫び声が入っていますが、その叫び声も、ただ適当に入っているだけではありません。 サビの格好良いメロディをより盛り上げるかのように、うまく『ウォー』という叫び声を乗せているのです。 元来、人が叫ぶときの衝動というのはさまざまで、悲しいときに泣き叫ぶときもあれば、歓喜の時にうれしさあまりに叫んでしまうときもあります。 また、憎しみや恐怖といった感情から叫ぶときもあるでしょう。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽は、叫びを巧みに使いこなしながら、 人の持つ感情をむき出しにして表現させる魅力を持っています。 その叫び声が歌詞やメロディ・リズムと上手く融合して、ファンたちを虜にしているんだね! 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』が放つ魂の叫びの意味 さて、ここで、改めて、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽で時折見られる 『ウォー』という叫び声の意味について考えてみましょう。 正直なところ、 この叫び声だけではファンの心を揺さぶることは不可能だと筆者は考えています。 所詮効果音と言ってしまえばそれまでですし、心に響く歌詞を埋め込んだ方が幾分かマシという気もしませんか? ところが、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』は、あえて叫び声も楽曲に盛り込んできています。 その意味とは一体何なのか・・・ あくまで、これは筆者の個人的見解に過ぎませんが、おそらくは、魂の叫びをうまく取り込むことで、対象となる人が持っている 感情をさらけ出させる効果を期待しているのではないかと思うのです。 自分たちの感情をさらけ出したものの方が見る側も気持ちの共有がしやすくなります。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』が演出する『ウォー』と入る魂の叫びは、 楽曲で描かれる人物の感情を全開にぶつけていく姿の象徴として映しだされています。 時に怒りや憎しみ、時に悲しみ、時に喜びと・・・ 喜怒哀楽あらゆる感情が、ストレートにぶつけられているんだね。 ある意味、あらゆる静物は感情の中で生きています。 それは、狼だろうが、人間だろうが同じで、その全てをさらけ出すのは、かなり気恥ずかしいんですが、だからこそ共感も生まれやすい・・・。 そのことを改めて 痛感させられるような魅力が、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽にはあります。 単純なる格好良さだけでなく、超直球な心理描写が最大の魅力! 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽は、先程からお話ししている通り、人 の持つストレートな感情を『魂の叫び』に変換して伝えています。 そして、その魂の叫びが、多くのファンの心を揺さぶっているからこそ、そこに共感が生まれ、支持されていくというわけ。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の楽曲は、ただ格好良いというだけでなく、人が持つ本音をストレートに表現しているので、非常にわかりやすく共感しやすい音楽ばかりです。 本来ならば、大人としての行動を取らなければいけないために、言いたい気持ちを押し殺すことも多々あるでしょう。 ぜひ、気持ちを押し殺さなければならず、心のモヤモヤを抱えている人に、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の楽曲を聴いてほしいです。 必ずや、 心のモヤモヤが解消され、晴れ晴れとした気持ちを持つことが出来るはずですよ。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の経歴 歴史 さて、魂の叫びが最大の魅力となっているロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』ですが、ここで、彼らが歩んできた これまでの歴史 経歴 を振り返ってみましょう。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』結成背景。 頭に狼のマスクをかぶりバンド演奏をし続けるユニークなロックバンドとして彼ら『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』は、2010年に立ち上がっていますが、 もともとは、 全く別のロックバンド『GRANTZ』として活動していました。 バンド名にはクソガキたちという意味合いが込められていて、『今の世界の不条理にもの申し音楽で風穴を開けていく・・・』というポリシーを持っていたロックバンドとして、彼らは活動していました。 ところが、2009年にバンドを解散し、完全にGRANTZは消滅しています。 そんな中、狼のマスクをかぶり、 謎の生命体(頭を狼なのに体は人間)が、ある使命を受けて地球に降り立ち音楽活動していくという、今の『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』のスタイルが生まれたのです。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の設定 使命 とは? さて、ここで、気になる 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の設定や、彼らに与えられた使命について見ていきましょう。 まず設定についてですが、19XX年、世界で戦争や紛争が繰り広げられている中、エレクトリックレディーランドという最果ての地で音楽を通じて世界を制圧するために、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』は生まれました。 彼らを生んだ科学者とは、 天才科学者兼音楽家である、ジミー・ヘンドリックス。 ジミーは、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』という頭脳明晰で音楽の才能を持つ人狼たちを創り上げ、地球を制圧しようとしていました。 その途中で、スターリーンやヒトラーに悪用利用されていたと気づき、自身の罪にさいなまれてしまいます。 そして、一度、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』を、南極に凍結しました。 しかし、度重なる地殻変動によって南極の氷が溶けてしまい、再び、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』が永い眠りから覚めてよみがえるのです。 そして、永い眠りから覚めた人狼たちは、 自身の音楽スキルを生かしながら、音楽で世界を変えてやろうとバンド活動を繰り広げる。 意外としっかりとした設定があったんだね。 チケさるくん この設定を見ても分かるとおり、世の中の不条理に対して、音楽の力を用いて一変させていくというのが大きな使命となっています。 わかりやすく例えるならば、欅坂46のように、『音楽を通じて、社会に対してもの申すといったスタンスをとり続けている』といった方がわかりやすいでしょうね。 このように、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』は、 社会に対して反発していきながら、もの申していくロックバンドとして、2010年に結成されたのです。 人狼ブームと『Emotions』の爆発的ヒット! instagram. そして、2011年6月には、フルアルバム 『MAN WITH A MISSION』でメジャーデビューしますが、まだ知名度は伸びず、地道な活動が続きます。 今でこそ、人狼ゲームは、 人狼スリアロチャンネル アルティメット人狼 人狼TLPT 人狼殺 人狼ジャッジメント 人狼最大トーナメント など、 多種多様の媒体で、映像化やイベント・舞台化され人気を博しています。 そんな人狼ゲーム人気の火付け役と言っても過言でない番組が、フジテレビバラエティ番組『人狼・嘘つきは誰だ?』でした。 そもそも、この人狼ゲームには、『昼間は人間に化けながらも、夜には狼という正体を現し村に住む人間を捕食していく人狼を村から追放していく』という、基本コンセプトがあります。 そして、この基本コンセプトは、まさに 、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』を象徴とするような設定です。 さらに、テーマソングに、『Emotions』が起用され、多くのファンに関心を持って貰ったことが、爆発的なヒットに繋がりました。 もちろん、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の人気の秘訣は、それだけではありませんが、人狼ブームと共にブレイクしていったロックバンドといっても過言ではないでしょうね。 ミュージックステーション初出場 元々、インディーズバンドとして活動していた『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』でしたが、人狼ブームと共にブレイクし、同時期に、テレビ朝日の音楽番組 『ミュージックステーション』にも初出演。 ライブ活動では、姿を現していた『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』ですが、 地上波の番組は初めてでした・・・。 彼らの姿に衝撃を受けた音楽ファンも多く、ブレイクにさらなる拍車がかかります。 ブレイク後の『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』 人狼ブームやミュージックステーション初出演などをきっかけに、ブレイクしていったロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』。 ブレイク以降は、時にアニメのモブキャラとして出演したり、数々の媒体で、彼らの楽曲がタイアップされたりと大忙し・・・。 特に、皆さんが印象に残っているのが、テレビドラマ 『ラジエーションハウス』の主題歌に起用された『Remember Me』ではないでしょうか。 後ほど楽曲の内容については詳しくご紹介していきますが、ドラマ主題歌として起用されたことも大きく影響し、今でも音楽番組で時折『Remember Me』を演奏している彼らの姿を目にします。 まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』はブレイクし続けているね! 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』のミッションは大成功! 以上が、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の簡単な経歴 歴史 となります。 彼らの基本コンセプトでもある、 音楽で世の中を変えていくということに関しては、ある意味、大成功していると言えるのではないでしょうか。 社会に対して多くの人が不満を抱き、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』が、自身の音楽を通じて、代弁している・・・ その結果として、 世界を変える第一歩に繋がっていると筆者は考えています。 今後も、世の中に対して、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』が音楽を通じてもの申してくれると思うので、どんな音楽が飛び出てくるのか楽しみです。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』メンバーのプロフィール ただ音楽を奏でるのではなく、しっかりとしたメッセージを乗せて、私たち聴き手の心を揺さぶり続けているロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』。 でも、いくら彼らの音楽が素晴らしくとも、所詮は謎の狼集団・・・。 それだけに、メンバーたちがどんな人物(キャラクター)なのか気になるファンも多いはず。 では、早速、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』メンバーのプロフィールを見ていきましょう。 Tokyo Tanaka(トウキョウ・タナカ):ヴォーカル担当、リーダー Tokyo Tanakaさんは、人狼ロックバンド集団『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』をまとめるリーダー。 真面目な生活で、他のメンバーの暴走を食い止める大人な存在ですが、 決して堅物というわけではありません。 ウインタースポーツ(スキー・スノボー)を始め、スピード感満載なスポーツ『エクストリームスポーツ』全般を得意とするキャラクターです。 クラブミュージックが好きで低音ボイスが魅力的! 確かに、彼自身、楽曲制作に携わっているというわけではありませんが、彼の好むクラブミュージックのテイストは、『FLY AGAIN 2019』のような、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』ならではのクラブミュージックに活かされています。 また、全ての楽曲におけるメインヴォーカルとして、より スタイリッシュに独自の音楽を声で描いている貴重な存在です。 まさに、 魂の叫びは、Tokyo Tanakaさんの低音ボイスから発せられているとも言えるでしょう。 ぜひ、彼の独特の低音ボイスを聴いて見てくださいね。 Jean-Ken Johnny ジャンケン・ジョニー :ギター、ヴォーカル、ラップ担当 Jean-Ken Johnnyさんは、 パンクロックを好む人狼アーティスト。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の楽曲の作詞・作曲を主に手がけているメンバーの一人で、英語が堪能で、彼らの流ちょうな英語の歌詞が並んでいるのも、彼の英語力が大きく影響しています。 キャラクターとしてはしゃくれ顎がチャームポイントとなる人狼キャラクター。 チキンタツタと筑前煮という両極にあるような取り合わせの食べ物を好み、リーダーとして崇拝するTokyo Tanakaさんを慕い、何かと 酒の勢いを借りて愚痴をこぼし続けているという話も・・・。 狼=怖い存在というイメージをもたれがちですが、 実にユニークな人狼キャラクターです。 Kamikaze Boy カミカゼ・ボーイ :ベース、コーラス担当 Kamikaze Boyさんは、Jean-Ken Johnnyさんと共に 、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の楽曲の作詞・作曲を手がける貴重なメンバー。 長身でイケメンではあるものの、勘違いやドジな一面も持ち、メンバーに多々迷惑かけている おっちょこちょいな存在。 ただ、そのユニークな性格も含め、メンバーから『ポンコツ』と呼ばれながらも、 一種のムードメーカーとして愛されているようです。 なお好きな音楽はロックで、趣味はベース演奏とハンティング。 まさに、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽の根幹をになう人狼キャラですね。 DJ Santa Monica ディージェイ・サンタ・モニカ :DJ、サンプリング担当。 DJ Santa Monicaさんは、 ディスクを回すお調子者というキャラクター。 お笑い芸人EXITのようなチャラい風貌というわけではなく、繊細かつ常識人という風貌ではありますが、 DJだけあって、 バンド全体を盛り上げてくれるメンバーの一人として、貴重な存在と言えますね。 なお、特技は、DJだけに留まらず、 阿波踊りも得意とし、さらにヒップホップも好きな音楽とのことで、リズミカルな『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽に、多彩な演出を施してくれるでしょうね。 Spear Rib スペア・リブ :ドラムス担当。 Spear Ribさんは、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』のリズムを刻む大きな役割を持つドラマーです。 ヘビーメタルを好み、 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽にも多大な影響を及ぼしています。 なお、キャラクター名の『Spear Rib』は、 彼自身がスペアリブを好物としていることから、名付けられたようですね。 Vedder(イー・ディー・ヴェダー):ギター担当 E. Vedderさんは、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の正規メンバーではありませんが、 サポートメンバーとして、共に活動されているメンバーです。 あくまでサポートメンバーなので、パーカーのフードをかぶり白塗りの仮面をしている特殊な装いのキャラクターであり、 狼の姿をしている 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』とも異なる不気味な存在。 ただ、単にサポートメンバーとして『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』を支えているだけでなく、一部の楽曲で作曲を手がけることもあり、彼らの音楽を支える上で大きな役割を担っているメンバーといえますね。 キャラ設定も明確化された狼軍団『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』 以上、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の簡単なメンバープロフィールです。 リーダーであるTokyo Tanakaさんを筆頭に、 個性豊かなキャラクターが集結した人狼軍団であることは、彼らのプロフィールからよく伝わりました。 ただ、ヘビメタ好きだったり、お調子者だったり刷るメンバーがいる中で、その個性が、バラバラに動くことはなく、一つの音楽としてまとまっています。 後ほど、彼らのオススメ楽曲を3曲ご紹介していきますが、ぜひ、個性豊かでありながら、 魂の叫びを通じたメッセージを受け止めてみてください。 きっと、彼らの主張に共感できる何かを感じられるはずですよ。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』のオススメ楽曲ベスト3 個性的で魅力的なロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽は、いずれもオススメしたい秀逸な楽曲ばかりです。 では、ここからは、その楽曲の中でも 特にオススメしたい楽曲を3曲厳選してご紹介していきます。 実際に、歌詞全体のほぼ9割が英語で綴られ、スタイリッシュなメロディラインであるために、実に格好良くスマートな印象を受けますし、その中で熱くメッセージが伝えられているところも好印象! サンプリングされたスタイリッシュなイントロに始まり、サビパート(厳密には前サビ)のメロディがアカペラで歌われ、一気に他の楽器と合流してAメロが展開されていく楽曲進行・・・ 特に若い女性がEmotionsを聴いたら、間違いなく魅了されてしまうのではないかと思うほど、 イントロから滅茶苦茶格好良いです。 ただ、ほぼ全て英語の歌詞で綴られているので、格好良く聴こえるものの、何を伝えようとしているのか、正直分からないという人も多いはず・・・ そこで、 英語で綴られている部分を含め、歌詞も解釈してみました。 Emotionsで描く、魂の叫びの意味とは? 実は、このEmotionsは、この世界を一つの闇と称し、 「その不条理な闇に埋もれることなく、希望を持って戦い続けていけ」というメッセージが込められていると分かります。 つまり、Emotionsを通じて、彼らが発する魂の叫びとは、世の中の不条理に対する怒りや、いいなりになりたくないという反発の気持ちだったりするわけ。 この世には、何かと不条理なことは存在するわけで、その大半の原因は、身勝手な人間たちによるねじ曲がった正義の使われ方によるものがほとんどです。 だからこそ、多くの人は、いろんな物を諦め、無気力の中で無駄に生かされるかのごとく、死ぬまでの多くのことを諦めさせられているわけです。 Emotionsは、そんな不条理に対する怒りや反発をテーマとして描かれています。 「言いなりになんてなるものか!」 「俺たちだって、ちゃんと幸せになりたいんだ!」 そんな気持ちが魂の叫びと共に訴えられている・・・ だからこそ、 世の中の不条理に納得出来ない人たちは、Emotionsを聴いて共感していくのです。 きっと皆さんも、いろんなところで、理不尽な目に遭い憤ることがあるでしょう。 そういうときこそEmotionsを聴いて、負けない心で日々の生活に立ち向かってみてください。 きっと、Emotionsは、皆さんが諦めかけた日常に対して、 生きる希望を与え、「不条理に負けるな!」応援してくれるはずですよ。 Remember Me 『Remember Me』は、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の10thシングルであり、窪田正孝さん・本田翼さん主演月9ドラマ『ラジエーションハウス』の主題歌にも起用された人気楽曲です。 タイトル通り、『Remember Me』は、「私を忘れないで・・・」という意味が綴られた楽曲なのですが、筆者個人の見解としては、 2つのニュアンスが含まれていると考えています。 鎮魂歌としてのRemember Me 一つは、鎮魂歌としての『Remember Me』。 そのように感じるのは、この曲がハードロックテイストでありながら、 イントロの静けさが、実に叙情的で、弱さ・儚さを感じさせるからです。 まるで、悲しい死者との別れという印象を覗かせているのです。 実際に、コード進行を見ていくと、イントロ部から、C、D、G、Amという風に進行し、メジャー進行とマイナー進行を行ったり来たりしていることが伺えます。 メロディラインを見ても明るくなったところで、 どこかもの悲しく暗い気持ちが覗かせています。 では、この少しの明るさともの悲しさの正体は一体何なのでしょうか? おそらく、その正体は、愛する人との死別の哀しい気持ちと、残された者を慰め見守る、死者の暖かい気持ちなのではないでしょうか。 『Remember Me』は、「私を忘れないで・・・」という趣旨の楽曲に変わりありません。 しかし、そのニュアンスとしては 、「 死別した後も 私を忘れないで・・・天国からあなたのことを見守り続けているから・・・」といったニュアンスに捉えることも可能です。 あくまで、一つの解釈に過ぎないのですが、死別したことで取り残された遺族に寄り添う大切な人からのメッセージと受け取ることも出来ると言うわけ。 だから、もの悲しくもあり、どこか闇から晴れて見え隠れする太陽という印象も覗かせているんだと筆者は感じました。 厳密には鎮魂歌ジャないのかもしれないけど、哀しい気持ちに寄り添ってくれるどこか優しい歌になってるね。 一人じゃないと寄り添う意味合いでのメッセージソング 『Remember Me』で描かれている登場人物は2人存在します。 そして、その2人は、 ある事情を抱え離ればなれになってしまっているようです。 ただし、それは、誰かの死を迎えた上での別れなのか、別の事情による別れなのか、はたまた、同じ空間にいながら、1人は孤独を抱え、1人は寄り添おうとしている状況なのか・・・ はっきり断言しているわけではありません だから、先程、死別による鎮魂歌としてのニュアンスをご紹介しました ただ、一方では、違う要素で別れてしまったと受け取ることは可能ですし、聴き手の多くは、 孤独を抱えた人物に対する寄り添う気持ちを綴った楽曲と受け取られると思います。 その暖かい気持ちが、メジャーコードによる進行として映しだされていくわけです。 誰しも、一人孤独を抱えてしまうことはあるでしょう。 でも実際には、孤独なんて幻想に過ぎず、周りを見渡せばあなたを助けてくれる人はたくさんいます。 『Remember Me』で伝えようとしているのは、 「一人じゃないから大丈夫、あなたを助けてくれる人はちゃんといるから、そのことを忘れないで・・・」ということではないでしょうか。 一人寂しく孤独を抱えている人は、ぜひ、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の『Remember Me』を聴いてみてください。 きっと不安な気持ちが解消され、 一歩前に踏み出す勇気を手にすることが出来ますよ。 『Remember Me』は、Emotionsと180度異なる楽曲 同じ魂の叫びを象徴する『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の楽曲でも、『Remember Me』は、先述したEmotionsと180度異なる楽曲です。 怒りや反発の感情を綴った楽曲がEmotionsなら、 『Remember Me』は、どこか優しくもあり、それでいて悲しみや哀悼を象徴とする楽曲。 その違いも含めて、一度『Remember Me』を聴いてみてください。 きっと、いろんな不安や汚れが浄化され、いろんな意味でスッキリ出来るはずですよ。 Seven Deadly Sins 『Seven Deadly Sins』は、2015年2月に発売された、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の4thシングルであり、テレビアニメ『7つの大罪』第1期後半のOPに起用された楽曲でもあります。 イントロ部分から明るい曲調で進んでいくかと思いきや、 語り口調なメロディが展開され、どこか情緒不安定な印象も伺えますが、それもそのはず、この楽曲に登場する主人公は、7つの大罪を抱え苦しんでいたというのです。 あくまで、歌詞の中では7つの大罪を犯した人々と綴られているわけですが、そもそも 7つの大罪とはどういうものなのでしょうか? これはキリスト教の用語としても用いられている話なのですが、人間はそれぞれ ・傲慢 ・物欲 ・怠惰 ・嫉妬 ・憤怒(怒り) ・貪食(大食) ・色欲 の7つの大罪で出来ていると言われています。 確かにその通りで、グルメに走って無駄に動物の命を奪ってみたり、色恋に溺れたり、嫉妬により人を傷つけてみたり、誰かに偉ぶって天狗になってみたり・・・ 言いも悪いも、些細なことで、人は誰かを傷つけながら生きているといえるでしょう。 もちろん、不完全な生き物であり、失敗だって犯してしまいます。 なので、その失敗や罪の全てを、極悪非道と捉え責め立ててしまうのは、 あまりにも厳し過ぎるというのが一般的な考えです。 ところが、『Seven Deadly Sins』に登場する、主人公は、その 過ちを罪や悪魔のような存在と見なして、どこか毛嫌いする一方、でも、 そのことを認め、自分を解き放っていこうとする気持ちも持っています。 まさに、自分の中で感じる善と悪とで揺れ動いてしまい、どこか虚無感を抱いているというわけ。 だからこそ、 メロディも結構単調に聞えたり、一部で急に明るく感じたりしてしまいます。 これから明るくなりたいと考えている人ならサビの明るいパートを中心に、一方、高ぶった気持ちを落ち着かせたいなら落ち着いたメロディラインを中心に聴いていくと、より共感でき、『Seven Deadly Sins』を聴くことが出来るでしょう。 まぁ、いずれにしても、自分に対する善悪の揺れ動きを魂の叫びに乗せて発信している楽曲です。 誰もが持ち合わせる深層心理を描いた楽曲として聴いてみるといいかもしれません。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の描く魂の叫びは多種多様! 以上が、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の中でのオススメ楽曲ベスト3です。 他にも多数オススメしたい楽曲はありますが、やはり、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』をこれから聴き始めようと刷る人に向けてお勧めしたい楽曲は、先にご紹介した3曲 特に、『Emotions』、『Remember Me』はわかりやすく超おすすめ! はオススメです。 ぜひ、いろんな感情が揺れ動く中で、、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽に触れてみてください。 きっと、いろんな感情に揺さぶられ、どこか晴れやかな気持ちにさせてくれるはずですよ。 最後に・・・ 今回は、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の魅力や、彼らの経歴 歴史 、プロフィール、オススメ楽曲ベスト3をご紹介させていただきました。 何度もお話ししていますが、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽は、 ズバリ魂の叫びを集約したような音楽です。 魂の叫びというと、人は、怒りや憎しみを想像してしまいがちですが、決してそれだけではなく、 悲しみや自問自答の感情も存在し、だからこそ、いろんなシーンに合わせて『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽を聞き分けることが大切です。 ぜひ、今回オススメした3曲を軸に、いろんなシーンに分けて、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽を、皆さん自身の視点で聞き分け楽しんでみてくださいね。

次の

MAN WITH A MISSION (マンウィズ)メンバーの年齢、名前、意外な経歴とは…?

マンウィズ スペアリブ

「 2012」にて。 基本情報 出身地 ジャンル 活動期間 - レーベル FROM YOUTH TO DEATH RECORDS (2010年 - ) ( - ) (2013年 - ) 事務所 FYD (業務提携 公式サイト メンバー Tokyo Tanaka() Kamikaze Boy(・) Jean-Ken Johnny(・ボーカル・) DJ Santa Monica(・) Spear Rib() MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)は、の5人組である。 所属は。 所属はFYD。 は、はという外見 の究極の 5人で構成されるという設定である。 バンド名はで「使命を持った男」という意味 で、 MWAMや マンウィズ などの略称で呼ばれる。 また、その外見から オオカミバンドと俗称される事もある。 概要 公式設定としては、19XX年、が度重なる戦禍に見舞われていた時代、エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果てで、であるジミー・ヘンドリックスによるの結果生まれた生命体とされる。 ジミー自身はを趣味 としていたことで、音楽の能力がされた。 超人的な肉体とを持つため、、と言った権力者から、に至るまで利用されることとなり 、の意識に苛まれたジミーは誰の手にも渡らせぬよう、命と引き換えにのの中に氷漬けにした。 凍結中は、オオカミならではの発達したで世界中の様々なを聴いていた が、に開催されたで演奏された音を聴いたことをきっかけに 、音楽で何か世界を変えられないかと音楽活動を志すようになる。 以後凍結状態が続いていたが、になり、の影響で氷が融けてしまったために復活 し、バンド活動を開始した。 バンド自体の結成時期は公表されていない。 また、メンバーのやも非公開となっている。 楽曲制作において、ギターのJean-Ken JohnnyとのKamikaze Boyが主にを手掛けている。 は、Jean-Ken JohnnyとKamikaze Boyによってコード進行やリズムパターンとイメージが骨組みとして決定され 、その後各パートごとの詳細なをメンバー全員で話し合いながら作り上げていく手法を取っている。 Jean-Ken Johnnyがバースを歌い、Tokyo Tanakaがサビを歌う楽曲構成が大半を占める。 ライブでの登場SEにはの「Man With A Mission」という自身のバンド名と同名の楽曲を使用している。 なお、該当曲が収録されているアルバム「Recipe For Hate」のジャケットにはMWAMのメンバーと同じく頭が狼になっている人物が2人描かれている。 メンバー メンバーの中ではJean-Ken Johnnyのみが唯一日本語を操れる 設定だが、Tokyo Tanakaはボーカルを担当し歌唱しているほか、Kamikaze Boyはコーラスを担当し、と英語を使用して歌詞を書いていたり 、Spear Ribがインタビューに日本語で回答している など、発音自体は出来ないが理解はしている模様。 また、「」のライナーノーツではKamikaze Boyも喋れることが明らかになっている。 なお、彼等の言葉は、固有名詞など一部の例外を除いて平仮名を使わず、かな文字は片仮名で統一するのが公式の表記となっている。 文字数が多い場合は平仮名を使った表記にされることもあるが、これは「翻訳」と称されている。 『月刊GiGS』()では2012年8月号から編集部が独自に用意したという「マンウィズ変換器」が導入され、これによって「翻訳」されているが、この変換器はたびたび壊れており、その度に片仮名表記に戻っている。 ドキュメンタリー映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』では自動翻訳機「ガウリンガル」が登場し、Jean-Ken Johnny以外のメンバーも音声で発言している。 ライブではTokyo Tanaka、Jean-Ken Johnny、Kamikaze Boyの顔は下顎が大きく開いている。 また、ライブ映像はなぜか下顎が映らないアングルで構成されている。 Tokyo Tanaka Tokyo Tanaka 職業 担当楽器 Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ)。 リーダー。 好きなことは寝ることと歌うこと。 好きな音楽は。 マイブームはステロイド注射。 人物 通称 タナパイ(タナカ先輩の略)。 舌が右に出ている体格がいい狼。 ライブでは七分丈のパンツを愛用。 運動神経抜群、特技はや等、全般。 アイスと良く冷えたテキーラが好物。 好きな肉料理は。 最も真面目な性格の持ち主、メンバーの暴走を制止するのは彼の役割である。 Jean-Ken Johnny Jean-Ken Johnny 職業 担当楽器 著名使用楽器 エレクトリックギター• WAG• YAMAHA RGXA2 JBL• USA2 Custom• YAMAHA PACIFICA611 HFM TPP• Classic Player Jaguar Special HH• Fender American Professional Jaguar• Fender Pawn Shop Jaguarillo• Deluxe Lone Star Stratocaster• POTBELLY アコースティックギター• YAMAHA A3R Jean-Ken Johnny(ジャンケン・ジョニー)。 、、、、担当。 特技はとギター。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 下顎が若干出ている為、通称 シャクレ狼(受け口により穏やかな笑顔にみえるが、デビュー当時と顔が違う為、ファンはおろかスタッフから整形疑惑が浮上している)。 トークに定評があり、ライブのMCやメディアでの質疑応答、メンバーの通訳は彼が担当。 英語が堪能で海外のアーティストやメディアと通訳なしで話せる。 趣味は漫画と映画鑑賞。 好物は前述のチキンタツタと。 いわゆる絡み酒で、タナカによくくだを巻いている。 Kamikaze Boy Kamikaze Boy 職業 担当楽器 著名使用楽器• ・RBX4A2 WAG• ・RBX4A2 JBL• 2024X BL Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ)。 、、、担当。 特技はとベース。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 通称 ボイさん、 ナミカゼ。 メンバー1の長身痩躯、スキニーパンツを愛用。 ライブ後は打ち上げにより、大抵。 ならぬ雨狼。 遅刻や勘違いによる失敗が多く、周囲から「ポンコツ」と称されている。 公式ツイッターではメンバー1の迷走率を誇る。 ライブではベースのネックに噛み付くパフォーマンスを見せるが、そのために歯がボロボロになり、1本になっているという。 DJ Santa Monica DJ Santa Monica 職業 担当楽器 DJ Santa Monica(ディージェイ・サンタ・モニカ)。 、、担当。 特技はとDJと。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 通称 サン太、 サンちゃん。 タナカとは逆に舌が出ている。 ちなみにに行った事はない。 「皿回しパーティー野郎」の異名を持つお調子者だが、意外に繊細かつ常識人。 Spear Rib Spear Rib 職業 担当楽器 著名使用楽器• STAR Bubinga Spear Rib(スペア・リブ)。 好きなことはご飯を食べることとドラムス。 好きな音楽は。 マイブームは。 人物 通称 リブちゃん。 唯一常に口を開いており、メンバーでは最も小柄。 公式ツイッターでは語尾に「〜ニク」がつく(サインや捺印も「肉」)。 アイドル的存在である一方、辛辣な発言も多い。 好物はコーラとスペアリブ。 女性人気が特に高いことを自覚している節があり、ジョニー曰く「悦真っ盛り」。 サポートメンバー E. Vedder(イー・ディー・ヴェダー) 担当。 とは別人。 パーカーのフードを深く被り、白塗りのお面をしている。 「Feel and Think」など一部楽曲の作曲も担当。 フェスなどでは本編開始前にVedderと同様の服装をし、MWAMと同じメンバー構成、よく似た声のスタッフがサウンドチェックを行う光景が見られる。 略歴 プロジェクト始動 - インディーズ活動 2010年、プロジェクトの始動が公式アナウンスされ 、同日ににて行われた、Bar「」およびeggmanによる共同企画イベント「!! Vol. 3(バカモンロック)」にて初を行う。 、楽曲「DON'T LOSE YOURSELF」のをに公開。 、渋谷EGGMANにて行われた、World ChordおよびEGGMANによる共同企画イベント「World Standard Development Vol. 4」にて、3曲入りの初の「MAN WITH A MISSION」を会場で販売。 11月3日、FROM YOUTH TO DEATH RECORDSより、『WELCOME TO THE NEWWORLD』を1万枚限定で発売 し、全国。 公式先行発表されていた収録曲「DON'T ROSE YOURSELF」は、『Mutoma』2012年1月度に起用された。 11月17日より全4公演でツアーを行い 、その際に告知を見たのが「クール」と叫び、自身のステージで『WELCOME TO THE NEWWORLD』のタイトルを連呼したとされ、話題となった。 2011年、を受けて公式上で声明文を掲載 し、被災地とに向けて新曲「RAIN OF JULY」をおよびYouTube上に公開。 同曲は、収益分を全額被災地へのに充当するシングルとして急遽制作され 、ライブ会場限定でまで販売された。 、『』2011年4月度テーマソング および『Hits seeker』2011年4月度パワープレイ に起用されたシングル「NEVER FXXKIN' MIND THE RULES」を、2,029枚限定で発売。 発売直後のからは、全国ツアー『MAN WITH A MISSION JAPAN MARKING TOUR 2011』を全国11公演で開催。 、日本クラウンからのを正式に発表。 メジャーデビュー以降・2011年 、CROWN STONESより、『MAN WITH A MISSION』を発売しメジャーデビュー。 収録曲で、限定シングルで既に発表していた「FLY AGAIN」はミュージックビデオが制作され、tvk『Mutoma』2011年6月度テーマソングおよび『』2011年6月度エンディングテーマにそれぞれ起用された。 アルバムからは「FLY AGAIN」「RAIN OF JULY」「DANCE EVERYBODY」の3曲 が各局オンエアーで取り上げられ、全国計27のでおよび番組テーマを獲得した。 、東日本大震災の支援として、にてと支援物資のを行う。 、渋谷EGGMANにて、全国ツアーの最終公演にて初のワンマンライブ『MAN WITH A MISSION JAPAN MARKING TOUR FINAL』を開催し、398人を動員。 にはにて、東京会場BEACH STAGEに出演を果たす。 9月9日にはにて、初の自主企画ライブ『MAN WITH A MISSION presents THE MISSION Vol. 1』を開催。 、をコンセプトとしたミニアルバム『Trick ot Treat e. 』を発売。 の楽曲「」のを収録したほか、リードトラック「Feel and Think」はtvk『音楽缶 』2011年10月度テーマソングおよび系『』2011年10月度パワープレイに起用された。 2012年 - より、『』のジングルを担当。 、メジャーデビューアルバム『MAN WITH A MISSION』がに入選。 、日本クラウン主催の第48回日本クラウンヒット賞を部門で受賞し、贈呈式に出席。 同席したから好評と激励を受けた。 、インディーズデビューミニアルバムに楽曲2曲を追加収録した『WELCOME TO THE NEWWORLD -standard edition-』を再発。 本作で初出となる新曲「TAKE ME HOME」はミュージックビデオが制作され、系『』Baby Dragon's Gate(パワープレイ)に起用された。 、メジャー初のシングル「distance」を発売。 では、CDのみの通常盤のほかに付2枚組の初回限定盤の2形態が同時発売となり、本作付属DVDが初の映像作品の製品化となる。 タイトル曲「distance」はテレビ朝日系『』2012年4月度オープニングテーマ 、『』2012年4月度オープニングテーマ 、tvk『音楽缶 』2012年4月度テーマソング にそれぞれ起用された。 デイリーランキングでは4月4日付で4位を記録 し、自身初のトップ5入りを記録。 また、ニルヴァーナのアルバム『』のカバーを収録した『』も同時発売され、本作で「Lithium」のカバーを収録した。 同日より、NANO Media Inc. の提供により、および端末向けのアーティスト公式『MAN WITH A MISSION Official Apps』が無料配信開始。 シングル発売を記念し、発売翌日のには渋谷店にてメンバーが1日店長に就任し、本作と同時に接客やなどの営業業務を行った。 には、ニッポン放送『』にて、Jean-Ken Johnnyがに起用された『MAN WITH A MISSION ジャン・ケン・ジョニーのオールナイトニッポンR』が放送。 2ndフルアルバム『MASH UP THE WORLD』を発売。 2ndフルアルバム収録の「FROM YOUTH TO DEATH」がハッピーMusic7月オープニングテーマに起用される。 、テレビ朝日系『』に出演。 地上波の音楽番組に初めて生出演した。 、全日本CDショップ店員組合の「第5回」の大賞を「」で受賞。 、ソニー・ミュージックレコーズへの移籍を発表。 移籍後初のシングル「」は『』のオープニングテーマとして使われ、同作の第1期第18話にメンバー全員がモブキャラとして登場している。 2016年10月から「ハイレゾ級ワイヤレス」キャンペーンCMに起用され、CM初出演を果たす。 2020年2月、ドキュメンタリー映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』を公開。 詳細は不明である。 収録曲は 1. FUCKING ROCK STAR 5. BREATHE 6. 2014年 6月18日 super stomper feat. MAN WITH A MISSIONに参加。 2017年 5月24日 Stories Noticed The Data feat. Tokyo Tanaka MAN WITH A MISSION に参加。 Luster feat. Tokyo Tanaka MAN WITH A MISSION に参加。 2018年 9月5日 のトリビュート・アルバム に参加。 2019年 5月29日 Give It To The Universe feat. MAN WITH A MISSION に参加。 各曲にメンバーからのアドバイスが寄せられている。 - 初版発行• - 2012年初版発行• - 初版発行• 2011年 - THE MISSION vol. 2011年 - 『Trick or Treat e. 2012年 - DON'T FEEL THE DISTANCE~8カ所だョ!全員集合 ONE MAN TOUR~• 2013年 - MAN WITH A MISSION ヨーロッパツアー2013• 2013年 - 「Wake Myself Again TOUR 2013」 Supported by Budweiser• 2014年 - MAN WITH A MISSION「NORTH AMERICAN TOUR 2014」• 2014年 - MAN WITH A MISSION「PLAY WHAT U WANT TOUR」• 2015年 - MAN WITH A MISSION「5YEARS 5WOLVES 3SHOWS TOUR」• 2015年 - MAN WITH A MISSION「Europe Tour 2015」• 2016年 - MAN WITH A MISSION Asia Tour 2016• 2016年 - MAN WITH A MISSION Europe Tour 2016• 2017年 - MAN WITH A MISSION "Dead End in Tokyo Tour" Europe 2017 出演イベント• 1月9日 - 第弐回TENKAICHI Presented by 銀座 美酒家 忠• 1月23日 - 拍手喝祭!!! Rock Party 2011• 1月29日 - 拍手喝祭!!! Rock Party 2011• 2月6日 - 拍手喝祭!!! Rock Party 2011• 2月18日 - NO BUTS!?? 2月27日 - LionFESTA vol. 3月25日 - Ya kick so bad PUNK!? -ヤキソバパン-1st Anniversary! 3月26日 - @中目黒CAMARADA• 4月17日 - road to MONSTER baSH ~AWA baSH~• 5月4日 - METAMORGENERATION CONTACT• 5月26日 - QUATTRO MIRAGE VOL. 2 ~MORE ACTION, MORE HOPE. ~ powered by TOWER RECORDS• 6月18日 - 神戸UNIONWAY FEST• 7月7日 - ATMC2011~TA NA BA TA Session~• 7月9日 - 2011~今年も楽しむ覚悟でいらっ祭!~• 7月17日 - 蓮沼2011 supported by TOHOgakuen• 7月22日 - Jumping Buffalo's Night 20110722• 7月24日 - '11• 7月31日 - RockDaze! 2011 -druming-• 8月10日 - ISHINOMAKI MUSIC FESTIVAL ~東日本大震災チャリティーイベント~• 8月13日 - TREASURE 05X-the flashy seed-• 8月14日 - 2011• 8月19日 - FANTAZMA -心斎橋CLUB DROP 8th ANNIVERSARY-• 8月28日 - Live Plant in まつりつくば• 9月3日 - seedleSs Party 2011• 9月10日 - 2011• 9月12日 - ロックの夜明け presents 「INCIDENT 11. 09」• 9月18日 - 2011• 9月29日 - 未来音来 2011 Vol. 9月30日 - ロックの夜明け presents 「INCIDENT 11. 09」• 10月2日 - Candy Stripper 15th Anniversary Party• 10月8日 - MAD Ollie 2011 autumn• 10月9日 - 北海学園大学十月祭60周年記念SPECIAL LIVE 2011• 10月11日 - ~IBSP 10th ANNIVERSARY~ IBSP,DUCE PRESENTS「POSITIVE NOISE」• 10月15日 - タワレコオリヤマナイト• 10月23日 - 音龍門 presents LIVE DROGON GATE 002• 10月30日 - SABBAT NIGHT2011• 11月1日,11日 - House of Chaos3• 11月18日 - Ya kick so bad PUNK!? 11月20日 - COLLAVOLUTION tour 2011• 11月25日,27日 - Brand New World Tour• 11月29日 - SKULLSHIT presents SKULLMANIA Vol. 0 ~SKULLSHIT 15th ANNIVERSARY 第二弾~• 11月30日 - Presents 「Tribute to JAPAN」• 12月1日 - LOVE! LIFE! 12月3日 - COUNTDOWN TO FREEDOM 2011• 12月9日 - FAT PROP Brand New World Tour• 12月18日 - Boo Xmas 11• 12月23日 - SEEDS OF HOPE TOUR 2011-2012 Day 16• 12月29日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY• 12月30日 - shibuya eggman 30th anniversary [音故知新] FINAL!!! 12月31日 - LIVE DI:GA JUDGEMENT 2011 -UDAGAWA OVER DAY 2-• 2月18日 - presents BLARE DOWN BARRIERS 2012• 3月10日 - 夢チカLIVE SP in• 3月17日 - MUSIC CUBE 12• 3月25日 - 卒フェス2012 ~サクラサクトキトビラアク~• 4月28日 - 12• 5月20日 - GREENROOM FESTIVAL'12• 6月30日 - EMOTIONS tour• 7月5日 - JAPAN EXPO 2012• 7月7日 - 京都大作戦2012~短冊に こめた願いよ 叶いな祭~• 7月15日 - NIIGATA Rock Museum 2012• 7月21日 - KESEN ROCK FESTIVAL'12• 7月22日 - 2012• ウイダーinゼリー~BAND NATION~• 8月5日 - 2012• 8月8日 - Talking Rock! FES. 2012• 8月18日 - SUMMER SONIC 2012• 8月19日 - SETSTOCK'12 10th Anniversary in Bihoku• 8月25日 - 2012• 8月26日 - 2012 ~one pray in nagasaki~• 9月1日 - TREASURE05X ~dancing colorz~• 9月2日 - 2012• 9月6日 - TSUTAYA オリジナルLIVE「ツタロック」• 9月8日 - BAYCAMP 2012• 10月7日 - 2012• 10月21日 - JAPAN TOUR 2012• 10月28日 - 主宰 HALLOWEEN PARTY 2012• 11月29日 - イベント「ドギマズン」• 12月15日 - オールナイトニッポン45周年感謝祭 ALL LIVE NIPPON• 12月16日 - 『 Brand-New Life 2012』tour• 12月23日 - presents「ポルノ超特急2012」• 12月30日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY• 1月20日 - NO MATTER LIVE• 2月23日 - TOYOTA BIG AIR• 3月30日 - 2013 <OSAKA>• 3月31日 - PUNKSPRING 2013 <TOKYO>• 4月27日 - ARABAKI ROCK FEST. 5月11日 - Japan 2013• 5月17日 - Tour「相克」• 5月25日 - 2013• 6月2日 - [NOID] FESTIVAL 2013• 6月22日 - MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2013• 7月6日 - 京都大作戦2013~天の川 今年も宇治で 見上げな祭~• 7月14日 - KESEN ROCK FESTIVAL'13• 7月19日 - SiM "EViLS TOUR 2013" 2 MAN SHOWS• 8月2日 - 2013• 8月4日 - FORMOZ FESTIVAL 2013 野台開唱• 8月10日 - SUMMER SONIC 2013 <OSAKA>• 8月11日 - SUMMER SONIC 2013 <TOKYO>• 8月24日 - TWINKLE ROCK FESTIVAL• 8月25日 - MONSTER baSH 2013• 8月31日 - 音楽と髭達2013-CARNIVAL-• 9月14日 - 万博2013• 9月21日 - GUNMA ROCK FESTIVAL 2013• 10月31日 - AKASAKA HALLOWEEN WEEK 2013• 11月7日 - GRINDHOUSE 3. 徳島から福島へ• 11月9日 - MADOllie2013 powered by Monster Energy• 11月17日 - FUNKIST FESTIVAL 2013• 11月23日 - 東北ジャム2013 in 石巻• 12月19日 - Boo Xmas 2013• 12月29日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY• 1月18日 - ニッポン放送開局60周年記念イベント LIVE EXPO TOKYO 2014 ALL LIVE NIPPON Vol. 3月6日 - 第6回CDショップ大賞2014 SPECIAL LIVE• 3月12日 - 『Tales of Purefly』発売記念フリーライブ• 3月15日 - NO MATTER LIVE Special• 3月21日 - ROTTENGRAFFTY "Walk" TOUR 2013-2014 FINAL SERIES• 3月29日 - PUNKSPRING 2014【TOKYO】• 4月27日 - ARABAKI ROCK FEST. 5月24日 - TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2014• 5月29日 - SAYONARA国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT『Japan to the World』• 7月20日 - JOIN ALIVE 2014• 7月26日 - '14• 8月24日 - 2014• 8月30日 - SWEET LOVE SHOWER 2014• 9月5日 - タイバンビガロ VOL. 9月7日 - TREASURE05X 2014 -galaxy of liberty-• 10月31日 - AKASAKA HALLOWEEN 2014 「ROCK' N HALLOWEEN」• 2014• 11月8日 - ミュージックドラゴン LIVE 2014• 11月16日 - JAPAN 2014• 11月24日 - SKULLSHIT presents SKULLMANIA vol. 11月26日 - JAPAN TOUR 2014• 12月23日 - ポルノ超特急2014• 3月7日 - Japan Tour 2015• 3月28日 - PUNKSPRING 2015 <OSAKA>• 3月29日 - PUNKSPRING 2015 <TOKYO>• 4月16日 - 「」~スペシャルライブ~SSSL• 4月25日 - ARABAKI ROCK FEST. 7月5日 - 京都大作戦2015~いっ祭 がっ祭 感じな祭! 7月12日 - DEAD POP FESTiVAL 2015• 7月20日 - presents 真夏のWOW• 7月26日 - NUMBER SHOT 2015• 8月8日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015• 8月14日 - 2015 in EZO• 8月16日 - SUMMER SONIC 2015 <TOKYO>• 8月22日 - MONSTER baSH 2015• 8月23日 - Sky Jamboree 2015 ~one pray in nagasaki~• 9月21日 - いしがきミュージックフェスティバル 2015• 9月27日 - 風とロック芋煮会2015 KAZETOROCK IMONY LAND• 10月11日 - MBS音祭2015 Final Party• 11月15日 - 尽未来際 ~尽未来祭~• 11月20日 - ROCK-O-RAMA 2015• 11月21日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル 2015• 12月20日 - MERRY ROCK PARADE 2015• 12月27日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2015• 2月3日 - 「XENO WORLD TOUR 2016」• 2月11日 - New Album「The World's On Fire」発売記念 スペシャルフリーライブ• 5月1日 - 茨城県常総市復興支援イベント「Dappe Rock's」• 5月14日 - ~VARIOUS PEOPLE,ONE SKY~ ふくしま おおぞら フェスタ2016 AIR LIVE• 6月4日 - SATANIC CARNIVAL '16• 6月5日 -• 7月9日 - JAPAN EXPO 2016• 7月16日 - KESEN ROCK FESTIVAL'16• 7月17日 - JOIN ALIVE 2016• 7月23日 - FUJI ROCK FESTIVAL'16• 8月9日 - "STOP THE WAR TOUR"• 8月11日 - 旅祭2016• 8月21日 - WILD BUNCH FEST. 2016• 8月27日 - 音楽と髭達2016 -C'mon OTOHIGE-• 8月28日 - 2016• 9月17日 - 氣志團万博2016 ~房総ロックンロール・チャンピオン・カーニバル~• 10月30日 - ドギマズン 2016• 11月5日 - LIVE 2016• 11月6日 - KNOTFEST JAPAN 2016• 11月9日 - PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT SPECIAL vol. 12月3日 - SKULLSHIT 20th ANNIVERSARY 骸骨祭り• 12月23日 - 2016• 12月25日 - ポルノ超特急2016• 1月3日 - がんばろう! 九州 HUIS TEN BOSCH New Year Special Live 2017• 1月14日 - 東日本大作戦番外編• 1月18日 - 『新宿スワンII』スペシャルライブ~SSIISL• 1月28日 - JAPAN TOUR 2017• 2月13日 - 「JUICE UP!! TOUR FINAL SERIES」• 2月19日 - LIVE EGG BUDOKAN ~shibuya eggman 35周年 大感謝祭~• 3月28日 - PUNKSPRING 2017 EXTRA SHOW• 3月29日 - PUNKSPRING 2017 EXTRA SHOW• 4月18日 - 「試練のTAIMANツアー 2017」 主な出演 CM• 「ハイレゾ級ワイヤレス」(2016年) 映画• MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-(2020年) 脚注 注釈• - Revolver・2016年1月21日閲覧。 Musicman 2017年8月21日. 2020年1月13日閲覧。 国税庁法人番号公表サイト. 2020年1月13日閲覧。 トライストーン・エンタテイメント. 2020年5月4日閲覧。 com編集部 2011年3月30日. ナリナリドットコム. 2012年2月13日閲覧。 日本クラウン. 2012年2月13日閲覧。 SANSPO. COM. 2011年6月8日. 2012年2月13日閲覧。 New York Times(うそ) 2010年4月22日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 オリコンニュース 2012年10月18日. 2018年1月30日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 2012年2月13日閲覧。 YAMAHA. 2012年2月13日閲覧。 安井幸代 2010年7月25日. TANK! the WEB. 2013年10月24日時点のよりアーカイブ。 2012年2月13日閲覧。 Listen Japan. 2011年10月5日. 2012年2月13日閲覧。 竹内美保. music UP's. 2012年2月13日閲覧。 Skream! 2012年2月13日閲覧。 『月刊GiGS』()2012年8月号P17• New York Times(うそ) 2010年3月7日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 New York Times(うそ) 2010年3月7日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 YouTube. 2010年3月15日. 2012年2月13日閲覧。 New York Times(うそ) 2010年7月6日. MySpace. 2012年2月13日閲覧。 2010年8月11日. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 MySpace. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 サンケイスポーツ 2011年4月16日. MSN 産経ニュース. 2012年2月13日閲覧。 日テレNEWS24. 2011年4月16日. 2012年2月13日閲覧。 Ameba. 2012年2月13日閲覧。 YouTube. 2011年3月19日. 2012年2月13日閲覧。 MAN WITH A MISSION 2011年4月8日. Twitter. 2012年2月13日閲覧。 ナタリー. 2011年3月30日. 2012年2月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年4月28日. 2012年2月13日閲覧。 FLYING POSTMAN PRESS. 2011年6月14日. 2012年2月13日閲覧。 ぴあ関西版WEB. 2011年6月15日. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 Narinari. com編集部 2011年6月7日. ナリナリドットコム. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年8月15日. 2012年2月13日閲覧。 海江敦士 2011年10月19日. EMTG MUSIC. 2012年2月13日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年2月13日閲覧。 RO69 2012年1月27日. 2012年2月13日閲覧。 MUSICMAN-NET. 2012年2月10日. 2012年2月13日閲覧。 ORICON STYLE. 2012年2月11日. 2012年2月13日閲覧。 2012年2月13日. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 001」、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、2012年3月20日、『VA』2012年4月号 vol. 117。 BARKS. 2012年1月30日. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 MUSICMAN-NET. 2012年4月5日. 2012年4月6日閲覧。 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 mwamjapan. info. 2012年4月6日閲覧。 ナタリー. 2013年2月19日. 2013年3月10日閲覧。 デイリースポーツ社. 2013年2月22日. 2013年3月10日閲覧。 ナタリー. 2013年3月7日. 2013年3月10日閲覧。 - 2013年8月19日• - 2013年8月19日• 『ログ・ホライズン 完全設定資料集』(2014年、)P107• ORICON STYLE. 2016年10月17日. 2016年10月17日閲覧。 海外作品のためオリコン集計なし• 海外作品のためオリコン集計なし• 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 mwamjapan -• manwithamission -.

次の