腰椎分離症 仕事。 脊椎分離すべり症の診断・症状・治療 [骨・筋肉・関節の病気] All About

腰椎分離症は治らない?痛みが落ち着く期間と治療法とは?

腰椎分離症 仕事

CTで、上下の関節突起の中央部が断裂しています。 1)病態 分離症は、椎弓の一部である上下の関節突起の中央部が断裂しており、連続性が絶たれて、椎弓と椎体、つまり、背骨の後方部分と前方部分が離れ離れになった状態です。 腰椎分離症は、30年も昔は、先天性と決めつけられていたのですが、現在では、体幹が柔らかい成長途上、つまり、小学校高学年から中学生頃に、スポーツでジャンプや腰椎を反らす運動や腰の回旋をハードに繰り返し行うことで腰椎の後方部分に、疲労性の亀裂が入って起こるとされています。 一般人では5%ですが、スポーツ選手では30、40%に分離症が認められると報告されています。 そして、大多数は、事故前に分離症があっても、痛みもなく、通常の日常生活を続けています。 ところが、ここに、交通事故です。 交通事故受傷の衝撃が腰部に加わり、椎体が前方向にすべり、分離すべり症となるのです。 分離は、事故前から存在したもので、それを原因としてすべり症となったのです。 2)治療 治療は、腰椎コルセットを装用、安静加療が指示されます。 安定期に入ると、腹筋・背筋を強化するリハビリで腰痛の発生を抑えます。 分離症から進行したすべり症では、激しい腰痛や神経根の圧迫による臀部・下肢の痛み、痺れで日常生活や仕事に支障が予想されます。 腰痛や神経根圧迫による臀部、下肢の疼痛、間欠性跛行で歩行できる距離が100m以内、膀胱・直腸障害が出現しているときは、神経の圧迫を除去する椎弓切除術、脊椎固定術が実施されます。 最近では、TLIF片側進入両側除圧固定術が主流となりつつあります。 被害者としては、当然、11級7号に基づく損害賠償を求めるのですが、損保は、腰椎分離症・すべり症が本件事故によるものではないとして、50%以上の素因減額を求めますから、素因減額を巡ってガチンコの争いが繰り広げられたのです。 ところが、自賠責保険が民営化されたH14-4-1以降は、自賠責保険が、等級の認定審査において、本件事故との因果関係に踏み込んで来るようになり、腰椎分離症・すべり症では、腰椎の固定術が実施されていても14級9号の認定が常態化となっています。 つまり、裁判では、被害者は、等級が11級7号であることを立証しなければならなくなったのです。 ところが、裁判所は、後遺障害等級の知見に乏しいことから、等級認定を嫌がる傾向です。 詰まるところ、これが立証できる弁護士でないと、この裁判で勝利することは困難となったのです。 MRIの画像所見、これが得られていなくても神経根ブロック療法で一定の治療効果が得られているときは、14級9号が認定されています。 事故当初から腰部神経学的所見が認められ、MRI画像においても神経根の通り道が判然としないほどの圧迫所見であっても、やはり、分離症との因果関係が認められない影響なのか、12級13号が認定されることはなく、14級9号止まりなのです。 腰椎の固定術の有無は、等級の認定に影響を与えていません。 腰椎の固定術が実施されたときは、11級7号をベースに2000万円以上の損害賠償額を請求し、最終的には20、30%程度の素因減額で矛を収める作戦を考えるのです。 11級7号をベースに戦いを挑んでも、立証に失敗すれば、14級9号で議論されることになります。 固定術に至らない腰椎分離症では、弁護士に依頼し、素因減額を論じることなく、14級9号、地裁基準で300万円前後の損害賠償の実現を目指すべきと考えています。 果敢に訴訟提起としても、勝訴の見込みが低いからです。 搭乗者傷害特約も、人身傷害と同じ扱いです。 素因減額分を人身傷害保険に請求しても、約款の規定により、相手にされません。 過失割合と素因減額は、似て非なるものであることを理解してください。 4)判例の検証 腰椎分離症、すべり症による素因減額の判例 保険毎日新聞社H26-8-28 神戸地裁H13-1-19判決 素因減額率は治療費の3分の2、後遺障害認定なし、腰椎分離症 東京地裁H17-1-27判決 素因減額率は50%、腰椎分離・すべり症 京都地裁H21-12-16判決 素因減額率は20%、腰椎分離症 名古屋地裁H22-10-22判決 素因減額率は0%、腰椎前方すべり症 大阪地裁H23-12-12判決 素因減額率は70% 腰椎分離症ないし分離すべり症 上記の判例から、以下の3つについて検証しました。 本件事故後、腰椎後方除圧固定術を受けている。 自賠責保険は、11級7号を認定、裁判所は、8級2号、9級10号を認めて、併合7級を認定、 ここまでに、問題はないが、休業損害や逸失利益については、詐欺的な請求であり、裁判官の心証を著しく低下させたと思われます。 働いて収入を得ていたものとは認められない? 会社役員として、年収600万円で休業損害を請求している? 逸失利益も年収600万円で15年間、4919万9000円を請求しているが、社会保険未加入であり、源泉徴収で控除された所得税が納税されているか不明、福祉による治療を受けるために病院には無職と告げている? 休業損害は全否定され、逸失利益の基礎収入は、600万円の70%に減額された上、素因減額で50%がカットされている、治療歴があったこと、休業損害や逸失利益の詐欺的請求が加味されて素因減額が50%とされたもので、そもそも、裁判に馴染む事案ではないと思われます。 事故前は無症状で、治療歴もありません。 自賠責保険も併合11級を認定しており、休業損害などで詐欺的な請求もなく、誇大な自覚症状の訴えもありません。 労災保険では、神経症状として12級12号、右足関節の機能障害で12級7号、右第1足趾の機能障害で12級11号、併合11級を認定しているが、右足関節と右足趾には傷病名がなく、等級に該当しない、 固定術も受けていないのに、誇大な愁訴を繰り返し、詐欺的な手法で労災等級を獲得したことが裏目に出た結果、素因減額70%、過失割合20%で請求が棄却されたもので、そもそも、裁判に馴染む事案ではないと思われます。 事故前に無症状で、通院治療歴がないこと、腰椎に不安定性が生じ、固定術が実施されていること、誇大な訴え、詐欺的な休業損害と逸失利益などの請求がなければ、裁判では、20%程度の素因減額で、損害賠償請求が認められています。 投稿ナビゲーション.

次の

[mixi]腰痛、仕事、その他の悩み

腰椎分離症 仕事

腰椎すべり症って? 脊椎外科の先生は脊椎分離すべり症といいます。 このページでは、負傷部位をわかりやすくしているため腰痛分離症としています。 脊椎は缶詰を積み上げた様な形状で、缶詰を椎体といいます。 椎体は椎間板と後方の関節で繋がっていますが、椎間板か関節に異常がでて背骨がずれた状態が分離すべり症です。 原因 先天性脊髄分離症 腰の部分は奇形の多い場所ですが、腰の関節が生まれつきしっかりしていないと、中学生の頃から腰椎のずれが大きくなります。 脊椎分離すべり症(腰椎すべり症) 腰椎の関節部分に疲労骨折がおきて、腰椎がずれだします。 変性脊椎すべり症(無分離すべり症) 繰り返して腰を痛めた結果、腰の関節が変形してぐらつくことで、腰椎がずれだします。 間歇性跛行の症状がある場合は腰椎すべり症になります。 腰椎分離症は、腰に柔らかい間接が一つ増えたようなものです。 体が固くなると、腰椎分離症部分だけが不安定にぐらつき、徐々に滑り出します。 正常な関節のぐらつきは靭帯で支えられますが、腰椎分離症部分は靭帯がないので、グラツキは椎間板の繊維で支えられます。 ギックリ腰を繰り返すごとに、椎間板の繊維が伸びてしまい、腰のずれが大きくなります。 限界までずれると、足の神経は前後からはさまれてシビレたり痛んだりするようになります。 でも大丈夫!体の関節を制御する筋肉(インナーマッスル)を柔らかくすれば、ずれは止まります! 症状 姿勢が変わります おしりが後ろに出て、背中が丸くなります。 腰の反りがきつくなります。 腰痛があります 朝、動き始めの腰痛がでます。 腰痛は反らすと悪化します。 症状が進むと腰を曲げる動作で、太ももの後ろにしびれや痛みが出るようになります。 直腸と膀胱の異常がでます 残尿感や頻尿になります。 便秘になることもあります。 原因を探す 腰に負担がかかった原因までさかのぼって調べて治療をします。 モアレトポグラフィー 身体のどちらに負担がかかっているか調べます。 重心異常の原因を調べて治療します。 サーモグラフィー 体の異常は温度分布に現れます。 筋力の低下や関節炎を事前に調べて治療することで、腰椎すべり症をもとから治すことができます。 エコー エコーを使って左右の筋繊維の太さの違いを調べます。 何らかの原因で筋繊維が細くなると、関節の異常運動や代謝異常がでるので、細くなった筋肉を治療します。 鍼治療で治す 治療後 青い部分がストレスで血流が悪い場所です。 深部のコアな筋肉のけいれんがとれると、腰の血流が再開されます。 関節が正常に動きだして腰痛が良くなります。 早い機会に鍼治療をすることがおすすめです。 腰椎すべり症を治すコツ 無酸素運動 腰痛を良くするために腹筋運動をすると症状が進みます。 もし腹筋をするなら呼吸を止めないような方法ですると効果があります。 腰痛ベルトを使う 痛み止めを使って動くと、かえって軟骨を痛めて腰痛が慢性化します。 2~3日で良くならなければ、それ以上、痛み止めを続けることはやめた方が良いと思います。 痛み止めを中止にするかは、処方された整形外科の先生と相談しましょう。 治療回数について 対症療法 痛みのある時は、毎日の治療となります。 痛みがよくなったら、痛みの気になる時に治療します。 原因療法 痛みの強い期間は毎日の治療となります。 症状が改善してきたら、診察の上で症状にあった治療回数を決めます。 費用について 痛みだけを治療する対症療法と、痛みの原因までさかのぼって治療をする原因療法があります。 身体の機能を取り戻すには原因療法がおすすめです。 治療に必要な範囲は 、 、 で検査のうえご提案します。 事前に治療見積もりを作成しますので、予算に合わせて治療範囲を決めることも可能です。 治療部位・使える保険 対症療法(整骨院の療養費+自費での治療4部位)と、原因療法(整骨院の療養費+鍼灸院の療養費+自費での治療18部位)の治療例.

次の

腰痛(脊椎分離すべり症)で悩んでいる方

腰椎分離症 仕事

腰椎分離症・分離辷り症 腰椎分離症・分離すべり症ってどんな病気? 腰椎には椎体と呼ばれる前方の臼の様な部分と、椎弓と呼ばれる後方の輪の様な部分があります。 この椎弓の一部で骨の連続性が絶たれ、椎体と椎弓が離れてしまった状態を腰椎分離症といいます。 さらに腰椎分離症の中で、分離部が大きく離開して椎体が前方にずれてくるものを腰椎分離すべり症といいます。 昔は腰椎分離症は先天性疾患と言われていましたが、その本態は成長期に過度の負荷がかかって起こる椎弓の疲労骨折である事が判明しています。 腰椎分離症・分離すべり症の症状 腰椎分離症・分離辷り症の主な症状は腰痛です。 運動時、動作時に生じる事が多いですが、安静時に痛みが出る事もあります。 高齢者の変性すべり症に比べれば頻度は低いものの、分離すべり症に進行して馬尾神経や神経根が圧迫されると下肢の痛みやしびれが生じる場合もあります。 腰椎分離症・分離すべり症の原因とは 腰椎分離症のほとんどは10歳代の成長期に激しいスポーツなどの過度な負荷がかかって起こる椎弓の疲労骨折です。 この疲労骨折が自然に癒合せずに、いわゆる偽関節の状態になって骨が分かれてしまったものが分離症です。 中学・高校生でスポーツをされる方の腰痛を軽視すべきではありません.分離が形成された時期には気付かずに、大人になってから腰痛を自覚して、初めて分離が形成されているのが分かる事もあります。 分離症・分離辷り症は第5腰椎に発生する事が多く、全人口の4〜8%が分離症を有していると言われています。 分離症の中でどのような場合に分離すべり症に進行するかは完全には解明されていませんが、いくつかの解剖学的な特徴などが報告されています。 腰椎にすべりを来す他の疾患としては、先天的な腰椎の形成不全に起因する稀な形成不全性すべり症と高齢者に発症する変性すべり症があります。 形成不全性すべり症では高度のすべりに進行する頻度が高く、変性すべり症では脊柱管狭窄による下肢の痛み・しびれ、間欠性跛行が生じる事が多いです。 腰椎分離症・分離すべり症の検査と診断 問診、理学所見に加えて、X線検査が必須です。 分離症の診断にはX線を斜めから撮影する斜位撮影が有効です。 さらに分離部の状態を正確に把握するためには、CTやMRI検査が必要になる場合が多いです。 腰椎分離症・分離すべり症の治療法 治療には保存療法と手術療法があります。 保存療法はスポーツ活動の制限などの安静、コルセット(本人用に採型するもの)の装着、薬物療法、理学療法があります。 X線で分離がまだ明らかでなくMRIを撮ると椎弓内に信号変化がみられる分離の前段階では安静のみで治癒する事も多いです。 またX線やCTで分離がはっきりしていても、MRIで炎症所見がみられる段階では、分離部が癒合する事を期待して数ヶ月の安静やコルセット装着を行います。 逆に分離が完成してしまっており、安静をとっても癒合が望めない場合には、周囲や体幹の筋力強化で分離部の安定化を図ります。 これらの保存療法で症状が改善しない場合や、すべりが高度で下肢の症状がある場合などには分離部の固定を行う手術療法が考慮されます。

次の