ルークス 新型 2020。 【日産新型ルークス】141万円&2020年3月19日フルモデルチェンジ発売!最新情報、ハイウェイスター、燃費、価格は?

安全装備&運転支援装備で圧倒! 打倒ホンダN

ルークス 新型 2020

日産 新型ルークスのエンジンやプラットフォームは、2019年に発売されたデイズと基本的に共通。 エンジンは660ccのノーマルタイプ ノンターボ とターボを用意した。 ノーマルエンジンの最高出力は52馬力 6400回転 、最大トルクは6. 1kg-m 3600回転 と大人しいが、実用回転域の駆動力を高めている。 平坦路であれば、車両重量が900kgを超えるボディでもパワー不足を感じにくい。 ターボは64馬力 5600回転 ・10. 2kg-m 2400~4000回転 で、後者の数値はノーマルエンジンの1. 性能は1リッターエンジンに匹敵する。 また、2WDのWLTCモード燃費は18. ターボは動力性能が高い割に燃料消費量の増加が少ないため、積極的に選ぶと良い。

次の

【2020年値引きレポート】日産新型ルークス(旧デイズルークス)/ハイウェイスターの値引き限界は? | カーネビ

ルークス 新型 2020

安心と快適性を生み出すプロパイロットが素晴らしい出来だったことは既報したが、見逃せないのはデイズに続いてルークスにも「SOSコール」が搭載されたことだ。 これは前席天井に装備された緊急通報システムのことで、「SOS」と記載されたカバーを開けてボタンを押すと自動的にオペレーターセンターにつながるというもの。 エアバッグとも連動していて、衝撃を受けてエアバッグが作動した際はセンターに自動的に接続される。 この機能は「緊急自動通報システム(D-Call Net)」にも対応しており、状況に応じてセンターから救急車や警察などへ取り次ぐことも行う。 その際には通報と同時に送られてきた位置情報も伝えられ、緊急車はスムーズに現場へ到着できる仕組みだ。 しかも、事故などでドライバーからの反応がない場合でもセンターの判断で緊急車を手配できる。 一刻も争う事態に陥った時、このサービスは絶大な力を発揮するのは間違いない。 夜間での視界の確保には上位グレードに設定した「アダプティブLEDヘッドライトシステム AHS 」が役に立つ。 これは24個のLEDライトが対向車や先行車を照射しないよう、自動的にハイビームの照射範囲をコントロールするというものだ。 言い換えれば、路肩にいる歩行者や自転車などはハイビームで照らしつつ、対向車や先行車に対しては照射をカットするということ。 使い方は簡単。 ヘッドライト点灯時にハイビームにしておくだけ。 あとは他車のヘッドライトを認識して自動的に切り替えてくれる。 これによって夜間走行の安心感を生み出すというわけだ。 「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」は、真上からの映像を映し出してスムーズな駐車支援を行う機能だ。 この表示を一度使うとその便利さに手放せなくなること間違いない。 ただ、この表示はルームミラー内とカーナビゲーションのいずれかを選択できるのだが、ルークスのようなルーフが高いクルマではルームミラー内の表示は見にくいことこの上ない。 ルームミラーがかなり遠くの位置となってしまい、画面サイズもかなり小さく見えてしまうからだ。 カーナビゲーション上に表示させるには、「OPT」ボタンを押すことでルームミラーからカーナビゲーションへと簡単に切り替えられる。 天井が高いルークスの場合、ルームミラーでの表示はむしろ見にくさから周囲への気配りが薄くなりはしないかと心配してしまう。 その辺りは実際に試して、自分に合った方を選択するといいだろう。 《会田肇》.

次の

【日産新型ルークス】内外装から収納まで全部見せ!画像100枚|3/19発売開始

ルークス 新型 2020

日産ルークスがついに登場!気になるスペックや内外装デザインを徹底解説 日産デイズルークスがフルモデルチェンジを機に車名を「日産ルークス」と改めました。 発売日は2020年3月19日です。 今回のフルモデルチェンジで、ルークスは運転支援システム「プロパイロット」を搭載。 ミリ波レーダーを採用することで、デイズに採用されているものよりさらに進化を遂げています。 また、ルークスのハイブリッドシステムには、優れた長寿性能や急速充電性能を有する東芝のリチウムイオン二次電池「SCiB」バッテリーを採用。 日産車でSCiBが採用されるのは、デイズに続き2モデル目となります。 多彩な先進機能が盛り込まれた新型ルークスのスペックや内外装デザインなどを詳しく紹介していきます! ルークス 助手席スライドアップシートの価格表 ベース車グレード X ハイウェイスターX ハイウェイスターX プロパイロットエディション X 駆動方式 2WD 4WD エンジン BR06-SM21 トランスミッション エクストロニックCVT 価格 1,801,000円 1,972,000円 2,071,000円 1,923,000円 日産ルークスは広い室内空間でドライバーもゲストも快適に過ごせる ルークスの車内はフロント~リアまでゆとりがある 新型ルークスの室内高は139cmまであるため、子供の着替えもスムーズです。 後部座席の足元にもゆとりがあり、大人が座っても窮屈感がありません。 選択できるボディカラーはそれぞれ以下の通りとなっています。 ホワイトパール(3P)• スターリングシルバー(M)• ブラック(P)• スパークリングレッド(PM)• ソーダブルー(M)• ブロッサムピンク(TM)• アッシュブラウン(M)• プレミアムサンシャインオレンジ(M)• フローズンバニラパール(M) また、エクステリアデザインもシリーズごとに異なります。 ハイウェイスターシリーズは大きめのメッシュグリルを採用し、ワイドで存在感のあるフロントマスクに。 ルークス AUTECHのエクステリア AUTECH仕様のルークスには、フロントグリルやバンパー、エンブレムなどが標準仕様とは一味違う専用デザインが採用されています。 アルミホイールも精悍な印象の切削光輝14インチアルミホイールが装着されます。 ボディカラーは以下の9色からセレクト可能です。 ルークスAUTECHのボディカラー一覧• ホワイトパール• ブラック• ソーダブルー• ブロッサムピンク• フローズンバニラパール 新型ルークスではプロパイロットをはじめ様々な先進装備がドライバーをアシスト 日産ルークスには、運転支援技術「プロパイロット」をグレード別で設定。 疲労がたまりがちな高速道路での走行中も、アクセルやブレーキ、ハンドル操作を制御することで車間距離や車線中央の維持をアシストします。 ミリ波レーダーを採用することで、現行デイズに採用されている従来のプロパイロットよりも、遠くの先行車を検知しやすくなっています。 インテリジェント アラウンドビューモニター ディスプレイつき自動防眩式ルームミラー 日産オリジナルナビゲーションはディーラーオプションで装備可能 また、クルマを上から見下ろすような映像を映し出して駐車操作をサポートする「インテリジェント アラウンドビューモニター」もグレード別で用意されています。 移動物検知機能のため、歩行者や自転車を検知するとブザーでドライバーに警告を促します。 このほか、「アダプティブLEDヘッドライトシステム(アクセントランプ付)」「ハイビームアシスト」「インテリジェント オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)」「インテリジェント DA」「オートブレーキホールド」「ヒルスタートアシスト」「標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)」「電動パーキングブレーキ[グレード別設定]」「コンフォートフラッシャー」などの多彩な装備が用意されています。 ルークスはデイズルークス時代から安全性能を大幅に向上 運転支援機能だけでなく安全性能にも力を入れている新型ルークスは、全グレードが「サポカーSワイド」該当車です。 なお、ルークスには以下の先進安全装備が搭載されています。 メーカーオプションでは、より上質で高級感のある「プレミアムグラデーションインテリア」もセレクト可能です。 ルークス AUTECHのインテリア AUTECHのインテリアはエクステリアと同様に専用デザインが採用されています。 トワイライトロゼ/アイボリーに、AUTECHのアイコンカラーである鮮やかなブルーのステッチを組み合わせることで特別感のあるインテリアに仕上がっています。 レザー調のインパネや本革巻のステアリングホイールが質感を高めます。 新型ルークス発表前に噂された内容やモデルチェンジ後の予想などを紹介 新型ルークスが2020年3月19日に発売されることを日産が公式発表。 車種名をデイズルークスから「ルークス」へ変更して新たなスタートを切りました。 ルークスの注目はなんといっても新たにミリ波レーダーを採用した自動運転支援技術のプロパイロットを標準装備するグレードを設定したことです。 軽自動車初の前方衝突予測警報「インテリジェント FCW」を採用することもトピックです。 新型ルークスが発表される前に噂された機能、エクステリアやインテリアの変化など予想を交えた情報をまとめています。 新型ルークスを2020年2月25日10時からに日産公式Youtubeでライブ配信 デイズルークスが「ルークス」に名前を替えてフルモデルチェンジします。 発表会の模様を2020年2月25日10時からインターネット生中継を日産のyoutube公式チャンネルで行います。 新型ルークスは自動運転支援技術の「プロパイロット」や駐車を支援する機能の「プロパイロットパーキング」などを搭載する可能性が高いでしょう。 新型デイズルークスが誕生するのは2020年3月頃 新型デイズルークスのフルモデルチェンジは2020年3月頃ではないかと予想(画像は現行型デイズルークス) 日産のディーラーからの情報などを根拠として総合的に判断すると、次期フルモデルチェンジが実施され、新型デイズルークスが誕生する時期として最も可能性が高いのは2020年3月頃であると判断できます。 新型デイズルークスは、2019年3月にフルモデルチェンジを実施し、高速道路においての部分的な運転をサポートする「プロパイロット」や、専用オペレーターが緊急時に対応してくれるSOSコール等の先進装備を2代目デイズと同様に搭載するものと期待します。 新型デイズルークスのエクステリアはデイズとeKクロスがベースとなり、強調されたVモーショングリルを備え、ノーマル・ハイウェイスターの各モデルのデザインはもちろんのこと、スポーティさも今回のフルモデルチェンジで大きく変わることでしょう。 「デイズルークス」モデルチェンジの歴史年表 年度 内容 2014年2月 初代デイズルークス誕生 2016年12月 マイナーチェンジで後期型へ 2020年3月 2代目デイズルークス誕生か 新型デイズルークスの車両価格帯は1,415,700円~からでプロパイロット標準装備のグレードもある 新型デイズルークスのグレード構成はS、X、オーテック、ハイウェイスターX、ハイウェイスターGがあり、ハイウェイスターGには日産の運転支援技術プロパイロットを標準装備しています。 最上位グレードになり販売価格も200万円オーバーですが、運転の疲れを軽減する最新装備なだけに人気グレードになるでしょう。 パワートレインは、全てのグレードに660ccガソリンエンジンにマイルドハイブリッドを搭載する仕様で、ハイウェイスターGのみ過給機付きのターボエンジンになっています。 燃費は、より実測値に近いWLTCモード燃費で2WDが20. 2020新型デイズルークスのグレード別販売価格一覧 グレード パワートレイン 駆動方式 WLTC燃費 販売価格 S マイルドハイブリッド 2WD(FF) 20. デイズルークスは2016年12月にマイナーチェンジを実施して、後期型へと移行するタイミングでVモーショングリルを採用。 一方のデイズは、2019年3月に実施したフルモデルチェンジで2代目へと移行するタイミングでVモーショングリルを導入しました。 従来モデルでのデイズルークスとデイズの違いのひとつは、Vモーショングリルを採用しているかどうか。 次期フルモデルチェンジで誕生する新型デイズルークスは、2代目デイズが導入しているVモーショングリルよりも主張の強いデザインを取り入れて存在感をアップし、エクステリアにおいての差別化を図るものと考えます。 特に売れ筋であるエアロスタイルの「ハイウェイスター」は、ワイルドなVモーショングリルに、シャープで鋭い印象の二段式ヘッドライトを組み合わせて大迫力を与えるものと期待します。 新開発のプラットフォームを導入して室内スペースを拡張させる2代目デイズルークスは「ゼログラビティシート」等を導入して内装を充実させる見込み 新型デイズルークスは内装の質感向上も期待される(画像は日産デイズ ハイウェイスターのエボニーインテリア) 2020年3月に誕生する見込みの2代目デイズルークスは、先にフルモデルチェンジが実施された新型デイズと同様に新開発のプラットフォームを採用し、車両重量の軽減化・静粛性の向上・室内スペースの拡張を実現させます。 新型デイズルークスには、「ゼログラビティシート」などのアクセサリーの標準装備、あるいはオプション設定も期待されます。 新型デイズルークスは「プロパイロット」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などを装備して安全性を強化 新型デイズルークスには、デイズの現行モデルが先に導入している、高速道路においての一部状況下で運転操作をシステム側がアシストする「プロパイロット」や、ブレーキペダルとアクセルペダルを踏み間違えているとシステムが判断すれば、エンジン出力を抑えて衝突を回避する「踏み間違い衝突防止アシスト」などを装備して安全性を強化します。 インテリジェント アラウンドビューモニター(車両は日産デイズ) 新型デイズルークスに搭載する際には、デイズにグレード別に設定されている「インテリジェント アラウンドビューモニター」や「電動パーキングブレーキ」等の先進技術をそのまま流用するのではなく、ソフトウェア等に改良を加えるものと予想します。 新型デイズルークスは新開発のBR06エンジンを搭載して最高出力と最大トルクをアップさせる デイズルークスの現行モデルは、三菱製のエンジン「MIVEC 3B20型 」を搭載しています。 現行型のデイズルークスとライバル車が搭載しているエンジンスペックを比較すれば、優位性があるとは言えないのが現状です。 次期フルモデルチェンジで誕生する新型デイズルークスは、2代目デイズが初採用した新開発のNMKV・BR06エンジンの搭載が確実視されています。 同エンジンは、ルノーと日産が新興国市場向けに開発した800㏄クラス・エンジン「BR08」を日本の軽自動車規格に適合させる為にダウンサイジングしたもの。 導入によってデイズルークスはよりパワフルな走りを楽しめる車となる見込みです。 デイズルークスの現行車のカタログ燃費(JC08モード)をN-BOXなどのライバル車と比較すれば、見劣りしているのが現状です。 先にフルモデルチェンジを実施したデイズは、スマートシンプルハイブリッド等の先進技術を導入し、NAエンジンを搭載するグレード「ハイウェイスターX」では29. そのため、新型デイズルークスも2代目デイズと同様の先進技術を導入すれば、先行するライバル車と同レベルの低燃費を達成する可能性は十分に高いでしょう。 デイズルークス(現行型)とライバル車の燃費比較表 (JC08モード) デイズルークス タント スペーシア N-BOX NAエンジン 22. 日産と三菱が共同で立ち上げた軽自動車事業に関わる合弁会社であるNMKVが、規格・開発・製造などに関わるデイズシリーズや、eKワゴン・eKスペースの販売台数は他社がラインナップする主力車と比較すると好調であるとは言えないのが現状です。 2019年3月28日にフルモデルチェンジが実施されて、2代目デイズと4代目eKワゴンの販売がスタートしました。 2020年3月には新型デイズルークスが誕生する見込みです。 新型デイズルークスは「プロパイロット」や「踏み間違い衝突防止アシスト」等の日産の先進技術を導入して、安全性を強化して先行するN-BOXなどのライバル車を追随していきます。

次の