世にも 奇妙 な 物語。 世にも奇妙な物語の放映作品一覧

世にも奇妙な物語のような小説を教えてください!ちなみに『世にも奇妙

世にも 奇妙 な 物語

朝井リョウさんの文章って、読んでいて「それで? それで?」と興味が湧くから手を進められます。 一体、著者の描くオチはどんなものなんだ…? と思いながら一編を読み終えると、なるほど、こうきたか! と予想を裏切られます。 やはりミステリーにおいて、オチが全く分からないと楽しいですね! 一番好きなのは『シェアハウさない』でしたね。 あのドロドロとした希望の光のない感じが好きです。 次に『リア充裁判』かな。 コミュニーケーションとは一体何? と考えさせられながら、結局はそういったオチかぁ、確かに現実でもそうかもしれないな、と思わされる物語でした。 ちょっと『何者』に近いものがありますね。 それが好きだからこそ、こちらも好きでした。 他の方も書いてますが、唯一『脇役バトルロワイヤル』だけオチが弱い気がします。 朝井さんらしくない!笑 でも、全編この物語はどういったオチになるんだろう…? とワクワクさせられるので、めちゃオススメですよ! なぜか評価が芳しくないですが、大好きな短編集です。 読書感想文にもどうぞ。

次の

世にも奇妙な君物語

世にも 奇妙 な 物語

「踊る大捜査線」、「HERO」、「101回目のプロポーズ」、「海猿」など、多くの大ヒットドラマを生み出してきたフジテレビ。 しかし、近年はヒット作に恵まれていないどころか、視聴者が何を求めているのかイマイチ把握できていない作品ばかり目立っており、フジテレビのドラマ全盛期を知る人は、悲しい思いをしているのではないでしょうか? 近年話題になったテレビドラマといえば、「半沢直樹」、「家政婦のミタ」、「相棒」シリーズが挙げられますが、そのどれもが他局のテレビドラマであり、フジテレビのテレビドラマは危機的状況にあるといえるでしょう。 そのような状況でも、放送の度に話題になるのが「世にも奇妙な物語」。 フジテレビのリーサルウェポン的なテレビドラマシリーズであり、これまで多くの人に感動や恐怖を与えてきました。 世にも奇妙な物語最大の特徴は、ショートドラマをオムニバス形式として構成されている点です。 元々はテレビドラマシリーズとして放送されており、1990年から1992年までの間に記録した当時の最高視聴率は、25. 徐々に視聴率が低迷してしまった影響でテレビシリーズが終了してしまいましたが、作品の終了を惜しむ声は少なくありませんでした。 その声に答える形で、スペシャル番組として定期的に放送されることとなり、2018年現在も続く長寿番組となりました。 最新のスペシャル番組「世にも奇妙な物語 春の特別編」は、平均視聴率10. 世にも奇妙な物語のもうひとつの特徴であり最大の魅力といえるのが、バラエティー豊かな作品の数々でしょう。 複数のショートドラマで構成したオムニバス形式として放送されており、そのどれもがハイクオリティーだと、放送直後は話題になりやすいですね。 基本的にホラーテイストの作品が多い傾向があり、中には、高額な予算を注ぎ込まれて作られたホラー映画よりも怖いと評価される名作も存在します。 また、怖い作品だけでなく、コメディータッチの笑える名作や感動作品も多いので、「ホラーを見ていると思ったら感動して号泣していた」という視聴者も少なくありません。 しかし、そのような構成ゆえにホラーが苦手な人も誤って視聴してしまうことも多く、想定外の恐怖体験を覚えてしまった人も。 これも、ある意味で世にも奇妙な物語の醍醐味かもしれませんね。 国民的なテレビアニメ「ちびまる子ちゃん」は、一度世にも奇妙な物語とのコラボレーションを果たしています。 しかし、ちびまる子ちゃんの世界観を壊すようなホラーテイストな作品ではなく、心温まる名作として高く評価されています。 西田敏行さん演じる中年の主人公は、現代社会の問題でもあるリストラに遭ってしまい、途方に暮れていました。 大切な家族にも冷たくされてしまい、電車で疲れ切って眠っていると、知らないうちにちびまる子ちゃんの世界に迷い込んでしまうのでした。 そこでまる子ちゃんたちと出会い、彼女たちを通じて人間の温かい心に触れた主人公は、元気な気持ちを取り戻し、現実の世界へ帰っていきました。 ちびまる子ちゃんのファンはもちろん、人生に疲れた人も、この作品を見ると必ず元気が出るでしょう。

次の

世にも奇妙な物語フォロワーの犯人は?ミミ子の正体は誰か解説

世にも 奇妙 な 物語

「踊る大捜査線」、「HERO」、「101回目のプロポーズ」、「海猿」など、多くの大ヒットドラマを生み出してきたフジテレビ。 しかし、近年はヒット作に恵まれていないどころか、視聴者が何を求めているのかイマイチ把握できていない作品ばかり目立っており、フジテレビのドラマ全盛期を知る人は、悲しい思いをしているのではないでしょうか? 近年話題になったテレビドラマといえば、「半沢直樹」、「家政婦のミタ」、「相棒」シリーズが挙げられますが、そのどれもが他局のテレビドラマであり、フジテレビのテレビドラマは危機的状況にあるといえるでしょう。 そのような状況でも、放送の度に話題になるのが「世にも奇妙な物語」。 フジテレビのリーサルウェポン的なテレビドラマシリーズであり、これまで多くの人に感動や恐怖を与えてきました。 世にも奇妙な物語最大の特徴は、ショートドラマをオムニバス形式として構成されている点です。 元々はテレビドラマシリーズとして放送されており、1990年から1992年までの間に記録した当時の最高視聴率は、25. 徐々に視聴率が低迷してしまった影響でテレビシリーズが終了してしまいましたが、作品の終了を惜しむ声は少なくありませんでした。 その声に答える形で、スペシャル番組として定期的に放送されることとなり、2018年現在も続く長寿番組となりました。 最新のスペシャル番組「世にも奇妙な物語 春の特別編」は、平均視聴率10. 世にも奇妙な物語のもうひとつの特徴であり最大の魅力といえるのが、バラエティー豊かな作品の数々でしょう。 複数のショートドラマで構成したオムニバス形式として放送されており、そのどれもがハイクオリティーだと、放送直後は話題になりやすいですね。 基本的にホラーテイストの作品が多い傾向があり、中には、高額な予算を注ぎ込まれて作られたホラー映画よりも怖いと評価される名作も存在します。 また、怖い作品だけでなく、コメディータッチの笑える名作や感動作品も多いので、「ホラーを見ていると思ったら感動して号泣していた」という視聴者も少なくありません。 しかし、そのような構成ゆえにホラーが苦手な人も誤って視聴してしまうことも多く、想定外の恐怖体験を覚えてしまった人も。 これも、ある意味で世にも奇妙な物語の醍醐味かもしれませんね。 国民的なテレビアニメ「ちびまる子ちゃん」は、一度世にも奇妙な物語とのコラボレーションを果たしています。 しかし、ちびまる子ちゃんの世界観を壊すようなホラーテイストな作品ではなく、心温まる名作として高く評価されています。 西田敏行さん演じる中年の主人公は、現代社会の問題でもあるリストラに遭ってしまい、途方に暮れていました。 大切な家族にも冷たくされてしまい、電車で疲れ切って眠っていると、知らないうちにちびまる子ちゃんの世界に迷い込んでしまうのでした。 そこでまる子ちゃんたちと出会い、彼女たちを通じて人間の温かい心に触れた主人公は、元気な気持ちを取り戻し、現実の世界へ帰っていきました。 ちびまる子ちゃんのファンはもちろん、人生に疲れた人も、この作品を見ると必ず元気が出るでしょう。

次の