ホットバナナジュース。 ホットバナナミルクラテ(ジュース)の作り方/ミキサー不要

ホットバナナジュースの効果は?ダイエットの注意点と口コミも

ホットバナナジュース

バナナを食べる最高の時間帯は? A「朝?」B「夕方?」 実はバナナを食べるのに最高の時間帯があると言います。 正解:夕方 松生恒夫先生によると、腸が活発に動くゴールデンタイムがあり、腸が活発に動くのは夜10時~夜中2時でこれを効果的に取り入れられるのが 5時バナナだそうです。 夕方5時にバナナを食べると消化吸収が穏やかになり、整腸作用の促進が期待できるそうです。 そして松生恒夫先生によると、ダイエット効果も絶大で夕食前に5時バナナすると、無理なく食事制限が出来るので太りにくい健康的な体を手に入れることが出来るそうです。 バナナの正しい保存法は? A「山型に置く?」B「谷型に置く?」 正解:山型に置く 年間約9万トンのバナナを輸入する株式会社ファーマインド バナナ熟成加工のエキスパート 小坂恒季さんによると、保存状態が大きく変わるとのこと。 番組の検証によると、両方の置き方で10日間保存したところ、谷型に置いたバナナには傷みがあり、山型に置いたバナナは傷んでいませんでした。 小坂恒季さんによると、谷型に置くと、下の接地面が大きいところが房全体の重みで傷んでしまいます。 山型だと接地面が小さくなるので傷みが少ないのです。 実はこの時期ホットバナナジュースは大正解 松生恒夫先生によると、バナナは温めると、フラクトオリゴ糖が増えるそうです。 オリゴ糖が増えることで、それをエサにする善玉菌が増えるので腸内環境の改善・免疫力UPにつながると言う事でした。 大ヒット中!ホットバナナジュースの作り方 使うのは電子レンジ 1.バナナを皮ごと電子レンジ 600W で2分30秒加熱します。 *皮が裂けるので爆発はしないそうです。 2.皮が黒くなり、実がトロトロになるのでスプーンで実を取り出します。 ポイント:バナナの栄養が詰まった筋を丸ごと取ることができます。 3.実を器に入れ、スプーンでつぶして牛乳150mlを加え、混ぜ合わせます。 4. 3 におろししょうがを小さじ半分ほど加え混ぜて、再び電子レンジ 600W で1分加熱したら出来上がりです。 ポイント:しょうがの保温効果+バナナの食物繊維=腸の活性化、便秘改善や美肌にも期待できます。 最後に スタジオの感想は、「甘い」「バナナがトロッとくるのにシャキシャキ噛める」 「繊維が残ってる」「上品な味わい」「体が温まる」と評判でした。 美味しいはあえて入れませんでした 笑 5時バナナで温まってください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリー• アーカイブ•

次の

【みんなが作ってる】 バナナジュース ホットのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ホットバナナジュース

2020年3月3日のTBS系列・教養バラエティ番組「教えてもらう前と後」で放映された、 ホットバナナジュースの作り方についてご紹介します。 ももいろクローバーZの百田夏菜子 ももたかなこ さんが教えてくださった、電子レンジで出来るバナナレシピです。 バナナは栄養満点のフルーツとして既に知られていますが、美肌効果や老化予防に効果的な 抗酸化力もトップクラスなんです。 さらには ダイエットや 免疫力アップ効果までも。 今日は、そんなバナナのパワーについて松生院長が解説してくださいましたよ。 特に、体や肌の老化を防ぐ 抗酸化力は食べ物の中でもトップクラス! 松生先生曰く、バナナを食べるオススメの時間帯は夕方とのこと。 腸が活発に動くゴールデンタイムは夜10時~夜中2時のため、 夕方5時にバナナを食べると消化吸収が穏やかになり整腸作用がアップするんだそうです。 さらに、夕食前の5時に食べることで無理なく食事制限をすることができ ダイエットにも効果的とのこと。 また、今回のようにバナナを温めるとオリゴ糖が増えるため、 腸内環境の改善・免疫力アップにも繋がります。 個人的にヘルシーな豆乳が大好きなので(笑) バナナを皮付きのままレンジで温めると破裂しないか心配でしたが、全く破裂することなく、キレイに すぱーっと皮が裂けました。 中身がトロンと柔らかくなっているので、皮を片手で持ちながらスプーンではがすと簡単に身がはがれましたよ。 潰し具合は、 果肉感を味わいたい方は少し粗めがオススメ。 私は少し大きめの塊が残る程度に潰しました。

次の

温めるだけの簡単レシピ!ホットバナナの作り方と効果

ホットバナナジュース

新型コロナウィルス、こわいですね💦 わずか数か月ほどでパンデミックと言われる世界的な流行となりました。 この感染症については まだ不明の点も多い一方、罹患しても約80%の人は軽症で済むこと、5%程の方は重篤化し亡くなる方もいること、高齢者や基礎疾患を持つ方は特に重症化しやすいとのことです。 気付かないうちに感染が市中に拡がり、あるときに突然爆発的に患者が急増する最悪の事態も起こり得るかも……ああ、なんておそろしいことでしょう。 もし万が一感染してしまった場合、 重症化しなくてすむように免疫力を高めておく必要がある!!!ということですね。 免疫力を高めるためには、疲れやストレスを残さない程度に適度な運動をし、スタミナたっぷりの食事をし、そして老廃物を排出して体調を万全に整え、心身ともに健康な状態を保つことが必要です。 今回は3月3日にTV「教えてもらう前と後」で紹介された、 夕方5時にバナナをたべて腸の働きを活発にし免疫力を高める「ホットバナナジュース」のレシピをご紹介します。 胃で消化したバナナの栄養を、腸が活発に動く夜10時から夜中2時に腸へ届けておくことが良いそうで、夕方5時にバナナをたべることが最高の時間帯だとか。 バナナを加熱することでフラクトオリゴ糖が増えて腸内環境が改善され、便秘や美容にもよく、夕食前に食べるのでダイエット効果も期待されるとのことです。 甘すぎずトロっとした果実感が味わえてとっても美味しいです。 シナモンは「桂皮」という生薬としても知られており、健胃、発汗、鎮痛、解熱、整腸などの効果があるとされています。 血糖値を下げてくれるほか、脂肪の分解を促す効果があることが確認されていますが、1日の摂取量が多いと肝臓に負担がかかるといわれています。 600Wで2分加熱します。 まるごと加熱しても爆発しませんが、皮が避けるので少し汁が出ます。 白い筋にはバナナの実以上に豊富な栄養が詰まっているので、可食部です! マグカップに入れてスプーンなどで潰します。 再びレンジへ。 600Wで1分加熱したら出来上がりです。 師岡青果は、毎日欠かさず自社で数箇所の市場に直接仕入れに行っています。 人手や資金もかかり自社で市場へ直接仕入れに行くことはもちろん、複数の市場に出入りすることは他所ではあまりなくとてもめずらしいことです。 また北海道から沖縄まで各地に仲間がおり強靭なネットワークがあります。

次の