ご 理解 いただけ ます と 幸い です 英語。 「幸いです」に関連した英語例文の一覧と使い方

英語で「ご了承ください」|ビジネスメールでも使える丁寧な9個の表現

ご 理解 いただけ ます と 幸い です 英語

幸いです 読み: さいわいです 相手に実行してほしい、こうしてくれれば嬉しい、ありがたい 「幸いです」という言葉には、「相手に実行してほしい」「こうしてくれれば嬉しい」などの意味です。 自分の気持ちをへりくだって間接的に相手の行動を促す表現であり、ビジネスメールの文末で使われます。 柔らかい印象を与えてくれるため、依頼の意味以外にも「お口に合えば幸いです」など好意を伝える際にも使える表現です。 「幸いです」は敬語として正しいか? 「幸いです」は丁寧な表現ですが、敬語として正しいのか、目上の人に使っても良いのか不安な方もいるのではないでしょうか? 「幸いです」の敬語としての使い方について見ていきましょう。• 5日までにメールをいただけると 幸いに存じます。 今回ご提案させていただいた内容について、何卒ごいただけると 幸いに存じます。 したいことがございますので、お時間をいただけますと 幸いに存じます。 、弊社の担当までご一報いただければ 幸いと存じます。 上司や取引先、目上の人にお願いをする場合は、 「幸いに存じます」と添えることで敬意が伝わる表現。 「幸いに存じます」は口頭でも使える表現なので、相手に直接会ってお願いしたいときにも、失礼を与えることなく伝えることができるでしょう。 続いては、「幸いです」の言い換え表現を解説していきます。 3.「幸いです」の類語・言い換え表現 「幸いです」には同じ意味を表す言い換え表現があります。 例文:「お手数おかけいたしますが、 よろしくお願いします。 」 最後に、「幸いです」を使う際の注意点や、英語で表現したいときの例文を紹介します。 4.ビジネスで「幸いです」を使う時の注意点 ビジネスシーンで「幸いです」を使う場合は、いくつかの注意点があります。 注意点1.急ぎの依頼に対して使わない 相手への依頼の際に用いられる「幸いです」という表現ですが、頼みごとを伝えるにはあいまいな敬語表現です。 「幸いです」には「できればでので」のようなニュアンスが含まれているため、 急ぎの依頼に対しては使わないように注意しましょう。 相手に納期を厳守してもらいたい場合は、「5日までに提出していただけますよう何卒お願い申し上げます」としっかりお願いすることが大切です。 注意点2.文中では何度も使わない 「幸いです」をメールや手紙で何度も使ってしまうと、言葉の重みがなくなり心がこもっていないような印象を与えてしまいます。 文中では何度も使わず、 最後の文末で使用するなど、使いすぎには注意しましょう。 5.「幸いです」の英語表記と例文 「幸いです」を英語表記で表すと次のような表現になります。

次の

「幸いに存じます」の意味と使い方、類語・言い換え、メールの例文、英語表現

ご 理解 いただけ ます と 幸い です 英語

相手に理解を求める趣旨の言い方 日本語の「ご了承ください」という言い回しを字面通りに捉えれば、「どうか事情を受け入れてくださいませ」というお願いの趣旨と解釈できます。 お願いの趣旨なら相手に「ご理解ください」と伝える表現が無難に使えます。 丁寧かつ控えめなニュアンスの出せる表現を選びましょう。 We kindly ask for your understanding. We kindly ask for your understanding. は相手に理解を求める意味合いの表現です。 素直に訳せば「何とぞご理解くださいませ」という風になるでしょう。 ask for は「求める」「要求する」という意味の句動詞 です。 kindly は副詞で、この一語があると「どうか~願います」という懇切なニュアンスがいっそう加わります。 We kindly ask for your understanding. 何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます I hope you will understand this. I hope you will understand this. は「ご理解くださるよう願います」という意味合いの表現です。 this 部分は指示代名詞でなく our situation(我々の状況)のように表現したり、あるいは具体的な事柄を明示的に述べたりもできます。 I hope you will understand ~. は日本語の「ご了承ください」のような畏まった場面でばかり用いるとは限らず、I hope you will understand my feelings. (察して欲しいんだけど)というような言い方にも用いられます。 Please kindly note that you need another ticket for the entrance. ご入場の際には別のチケットが必要になりますので、了承ください Please forgive ~. または Please excuse ~. forgive や excuse は「許す」「多めに見る」といった意味合いの動詞です。 どちらも「 ご容赦ください」と述べる場面で使えます。 forgive は軽微でない罪や過失を「赦す」というニュアンス、罪を憎んで人を恨まず的なニュアンスのある語です。 excuse は、そこまで重大ではない失敗やポカを「勘弁する」というようなニュアンスが中心です。 相手の理解に対して感謝を示す言い方 文脈によっては、「理解を求める」よりも「理解を示してくれることに対して感謝する」という見方から捉え直した方が、より英語的にしっくり来る表現が見つかります。 Thank you for your understanding. ビジネスメールや顧客への連絡・通知といった場面で「ご了承いただけますようお願い申し上げます」というように言い添える場合、英語では Thank you for your understanding. (ご理解のほど感謝申し上げます)というように感謝を表明する言い方が一般的です。 了承してくれることが想定されるというような状況で、文末などに添えるように用いられます。 ビジネス関連のメールなどにおいて一般的に使われている表現です。 There may be a slight delay of the shipping due to the weather. Thank you for your understanding. 天候によって配送に多少の遅れが生じる場合もございます、ご了承くださいませ もちろん、相手は必ずや理解を示してくれるという前提がないと、この(先んじて感謝する)表現は適切には響きません。 相手は納得してくれるかもしれないし、納得してくれないかもしれない、可能性は五分五分、・・・・・・というような場合は、真摯に理解を請う表現を選びましょう。 I appreciate your understanding. 感謝の表現としては、thank you の代わりに I appreciate you と述べる言い方もできます。 thank you よりも丁寧・懇切なニュアンスで感謝を表明できます。 thank you は前置詞 for を続ける形を取りますが、appreciate の場合は目的語を続ける形を取ります。 I would appreciate ~. と仮定法による婉曲的な表現を加味すると、「もしご理解いただけるなら・・・・・・」というへりくだったニュアンスをさらに色濃く表現できます。 I would appreciate your understanding in this matter. 本件につきましてご理解いただけますと幸いです Thank you for your patience. 相手に多少の不便を強いてしまうような事柄についても、その不便が避けがたい(と相手も承知している)ような代物なら、感謝を述べる言い方で「ご了承ください」に換えられます。 たとえば、待ち時間が長い(長く待たせてしまう)ような場面で「ご不便をおかけしますが、なにとぞご了承ください」というような場合、patience (辛抱)の語を使って Thank you for your patience. と表現できます。 あるいは、「ご協力ありがとうございます」という趣旨で Thank you for your cooperation. と表現する言い方もアリでしょう。 Thank you in advance. Thank you in advance. も「ご了承ください」の意味で使えるフレーズといえるでしょう。 基本的にはビジネスメールにおいて、日本語のメールの結びの「よろしくお願いします」に相当する言い回しとして紹介されるフレーズです。

次の

「ご理解ください」の意味と使い方、例文!ご了承・ご容赦との違い

ご 理解 いただけ ます と 幸い です 英語

よってここでは、少しカジュアルな「ご了承ください」やフォーマルで丁寧な言い方もご紹介します。 目次: ・相手から「理解を得る」ための「ご了承ください」を使う場面例 ・相手に「納得してもらう」ための「ご了承ください」を使う場面例 ・英語で表現するには「類語」を使うとわかりやすくなる? 「~の可能性があることをご了承ください」の英語 ・カジュアルに使える「ご了承ください」 ・丁寧なビジネスメールなどで使える「ご了承ください」 ・「予めご了承ください」の英語 ・「申し訳ありませんが、ご了承ください」の英語 ・「何卒ご了承ください」の英語 ・「悪しからず(あしからず)ご了承ください」の英語 ・「数に限りがございますのでご了承ください」の英語 ・「ご留意ください(ご注意ください)」の英語 1.「ご了承ください」とはそもそもどんな意味?類語は? ビジネスで口頭表現やメールでも丁寧な言い方として多くの社会人が使っている「ご了承ください」。 その意味を知っていますか? 大きな意味として、 「理解を得る」や 「納得してもらう」という2つの目的があります。 「了承」とは、相手の事情に対して理解、納得、または受け入れるという意味があります。 相手から「理解を得る」ための「ご了承ください」を使う場面例 すでに発生した(事実)、またはこれから発生することに関して理解を得る場合に「ご了承ください」を使います。 下記がその例となります。 こちらは禁煙地区のためご了承ください(ご遠慮ください)• 当店では現金もみの支払いとなりますのでご了承ください。 次の「納得してもらう」でもそうですが、まだ発生していない場合は、 「予め(あらかじめ)」を付けるのが一般的です。 相手に「納得してもらう」ための「ご了承ください」を使う場面例 ビジネス取引の場面でとても使う表現でもあるのですが、下記が例文となります。 こちらのコースであれば不利益が発生する可能性がございますが、それは自己負担となります。 予めご了承ください。 数に限りがございますので予めご了承ください。 わざとそういうことはしないのですが、どうしても発生した(発生する場合があるので)それは納得して受け入れて下さいというニュアンスです。 英語で表現するには「類語」を使うとわかりやすくなる? では、この「ご了承ください」ですが、英語で表現するとどのような表現がいいのでしょうか? それは、 「理解して頂いて感謝する」、 「理解して頂くようにお願いする」というのがベストです。 「理解して頂く」という類語を使うことで表現がしやすくなります。 「ご了承ください」を類語の日本語で置き換えると次のようになります。 ご理解ください。 ご理解ありがとうございます。 「ご理解いただけますと幸いです。 」でもOKですね。 ご理解お願い致します。 2.カジュアル・ビジネスメールでの「ご了承ください」の英語表現一覧 さて、先ほど「ご了承ください」を表現するには「理解して頂く」という類語を使うといいと解説しました。 それを踏まえた上で、様々な「ご了承ください」の英語表現を見てみましょう! カジュアルに使える「ご了承ください」 さて、ここではさほど丁寧ではないけど口頭でも簡単に使える「ご了承ください」を解説します。 「Thank you for your understanding. 」 これが一番口頭などでも使われる表現です。 「Thank you for ~. 」で「~をありがとう」と感謝の気持ちを表現しています。 メールの最後に使っても問題ありません。 カジュアルなトーンで言うと、「理解してくれてありがとう」という感じになりますね。 また、「Thank you very much for your understanding. 」と「very much」を付けることで感謝の気持ちの大きさを表現してもOKです。 丁寧なビジネスメールなどで使える「ご了承ください」 「Thank you for your understanding. 」を更に丁寧にした言い方はいくつかあります。 日本語で言うと下記のような感じです。 ご了承くださいますようお願い申し上げます• ご了承の程お願い申し上げます(ご理解の程よろしくお願い申し上げます) このような表現をビジネスの口頭やメールでしたい場合は次の丁寧な言い方を使うようにしましょう。 「I appreciate your understanding. 」 「thank」より「appreciate(アプリーシエイト)」が更に丁寧な言い方になります。 また、「thank」は人に対して感謝しているニュアンスに近いのですが、「appreciate」は人の行動などに感謝しているという時に使います。 『』の記事も確認しておくと使い方がさらにわかりやすくなります。 「I would appreciate your understanding. 」で「would」を付ける場合もありますが、仮定法の一つで、「もし理解して頂けますと感謝いたします(理解していただけますと大変嬉しく思います)」というニュアンスになります。 「We kindly ask for your understanding. 」 「kindly ask for ~」は「どうか~をお願いします」という熟語として覚えておきましょう! 「I appreciate your understanding. 」という表現ばかりメールで送るよりも、このような表現など交互に使うことで英語の幅が広がります。 「Please kindly understand this matter. 」(この件についてどうかご理解ください)という表現もありますが、「We kindly ask for your understanding. 」の方がさらに丁寧な言い方と捉えて下さい。 また、似たような表現で、 「We will hope you understand this matter. 」とお願いする英文もあります。 「予めご了承ください」の英語 「予めご了承ください」と、まだ発生していないけど、「事前にご理解ください」という場合は多いですよね。 「予め」には「beforehand」や「in advance」などの表現があるのですが、ビジネスメールなどで表現する場合は、 「in advance」が使われます。 Thank you for your understanding in advance. I appreciate your understanding in advance. などでOKです。 しかし、この「in advance」は英語では必須ではないので、付けなくても問題ありません。 「予め」の英語については、『』の記事をご参照ください。 「申し訳ありませんが、ご了承ください」の英語 「申し訳ありませんが(ございませんが)、ご了承ください」という場合もありますよね。 これがポイントです。 なので、今まで解説した「Thank you for your understanding. 」や「I appreciate your understanding. 」などの表現のみで構いません。 これが日本語が英語に直訳できないところですが、謝るより、感謝する表現が英語としては適切な場合が多いということを留意しておきましょう! しかし、実際に何か自分たちのせいで不具合があって、謝る場合は「I We apologize for ~. 」という表現を頭に付けることはOKです。 何もしていないのに謝るのは避けましょう! その場合は、『』の記事を参考にしてみて下さい。 「何卒ご了承ください」の英語 これは、「ご了承ください」の丁寧な言い方の 「I appreciate your understanding. 」で構いません。 「何卒、ご理解の程お願い致します」という意味です。 更に「感謝の程度」をアップして表現する場合は、 「I greatly appreciate your understanding. 」と「greatly(すごく)」という副詞を付けることで表現することができます。 「悪しからず(あしからず)ご了承ください」の英語 「悪気はないけどご理解ください」という意味合いになります。 これも、「申し訳ございませんが」という類義語で表現できます。 「I apologize for the inconvenience. But please kindly understand this matter. 」などで表現できますが、基本的に悪いこと、失敗していない場合は謝るフレーズを使うことは避けましょう! 「~の可能性があることをご了承ください」の英語 予定の変更がある可能性がある場合、希望に添えない可能性がある場合に使うのがこの表現になります。 可能性がある場合は、「It might be ~」や「It could be ~」という副詞の表現が使えます。 「Please kindly note that it might be a change in the plan. 」というような表現が使えます。 後ほど紹介しますが、「~に留意してください」という時に 「Please kindly note that ~. 」という表現が使えます。 または、「It might be a change in the future. But we would appreciate your kind understanding. 」という英文でもOKです。 それと「Please kindly understand that it might be a change in the future. 」でも同様です。 「数に限りがございますのでご了承ください」の英語 数に限りがございますが・・・という表現は販売店でのセール、また仲介での卸業など様々な業種で使えるの表現ですね。 その場合は、ご了承くださいの前に、「There are limited limited numbers. (There is a limit to what we have. など)」を付けるといいでしょう。 例文として、「There is a limit to what we can sell before Christmas. So please kindly understand in advance. 」などです。 「ご留意ください(ご注意ください)」の英語 ご理解くださいと同じようなニュアンスになりますが、そのような場合は、 「Kindly note that ~. 」 という表現が使えます。 (現時点で十分な在庫がないことをご了承ください(ご留意ください)」などの表現です。 note(ノート)は動詞で「留意する」、「注意する」という時に使える単語です。

次の