あおり 運転 ガラケー。 喜本奈津子(ガラケー女)の現在!出身と実家や経歴・卒アル画像・逮捕その後まとめ

あおり運転暴行事件を巡りデマを流された女性 豊田市議との和解を拒否

あおり 運転 ガラケー

そもそも広がっていた情報は、宮崎容疑者が茨城県の常磐道であおり運転をしていた際に同乗していた喜本容疑者が被害女性であると「特定」したデマだった。 根拠は「顔が似ている」ことや、宮崎容疑者が被害女性のInstagramをフォローしていたことだが、そもそも被害女性は両容疑者とは知り合いではなく、事実無根だ。 代理人弁護士によると、デマが広がったのは、宮崎容疑者が指名手配をされて氏名と写真が公開された8月16日の翌日のこと。 同乗していた喜本容疑者(当初は指名手配されておらず、名前も公開されていなかった)に関する憶測が広がるなかで、午後2時前、Twitterで被害女性のことを喜本容疑者であると名指しする投稿がされたことが発端とみられるという。 その1時間後にはネット掲示板「5ちゃんねる」に被害女性のInstagramのリンクを貼った記事が投稿され、コメント欄には大量の誹謗中傷が寄せられた。 さらに被害女性のプロフィールや顔写真などがネット上に大量に広がり、経営する会社も晒された。 会社への電話は1日で200件を超えたという。 デマの拡散は、被害女性への誹謗中傷は、自身が経営する会社のホームページで声明文を発表するまで続いたという。 拡散した「トレンドブログ」とは そうした情報の拡散の起点となったのが「トレンドブログ」だ。 そもそもトレンドブログとは、検索エンジン対策(SEO)に長けており、ユーザーが検索しそうなキーワードを先回りして記事化し、検索からユーザーを流入させてページビューを得ることで、広告収入を稼いでいるとみられるブログ群だ。 「犯人は?顔写真は?」などと、読み手の興味をそそるようなタイトルのものが多いが、その内容はほかのサイトの記事の引き写しや、単なる憶測に留まっていることがほとんどだ。 社会の注目が集まる事件・事故が発生するたびに、容疑者のプロフィールや顔写真を紹介するといった触れ込みのトレンドブログの記事が、大量に作り出されている。 そのため、誤った情報を拡散する起点になることも少なくない。 実際、川崎・登戸の殺傷事件では「犯人は在日」というデマを拡散。 京アニ火災では同様の情報のほか、「NHKのディレクターと犯人が知り合い」という噂をディレクターの顔写真や個人情報とともに掲載したサイトもあり、のちにNHKが公式に否定する自体にまで発展した。 「本人とみて間違いなさそう」.

次の

「ガラケーの女」デマ、法的措置へ 被害女性が会見:朝日新聞デジタル

あおり 運転 ガラケー

INDEX• 事件の発端はインスタのフォロー 2019年8月、日本中を驚かせる動画が流れました。 そこには高速道路上で必要にあおり運転をし、車の進路を塞いだ上で路上に出て被害者の男性に必要に暴力をふるう男の姿とその一部始終をガラケーで撮影する同乗者の女の姿が。 被害男性は顔を何度も殴られ、モザイクが入っていても出血がわかるようなケガを負わされていました。 あおり運転については被害者が死亡する事件もあり、ここ数年心配するドライバーも増えていましたが、それでもここまでの被害がでるのは衝撃的。 連日ニュースで取り上げられ、同じ人物が各地で同じようにあおり運転をしていた形跡があることから警察も全国指名手配し、あおり運転男を追っていました。 最初の頃、まだ容疑者という段階であったこともあり、動画の顔にモザイクがかけられていましたが、この頃からネットでは 「あおり運転の犯人捜し」が始まっていました。 しばらくしてあおり運転男の実名と顔写真が公開されると待ってましたとばかりにすぐにネット上でSNSも特定され、インスタ写真もどんどん拡散されていきました。 それと同時にネットで特定合戦が始まったのが、加害者の車に同乗していた ガラケー女。 ガラケー女については容疑が定まっていなかったこともあり、加害者男性の実名と写真が公表されてからも謎のままでした。 そこでネット上では加害者男性の繋がりからガラケー女を特定する動きがでてきたのです。 今回、ガラケー女と間違えられた女性は、加害者男性が一方的にインスタをフォローしていただけにも関わらず、 「身に着けている帽子やサングラス、洋服が似ている」という理由だけで、ある日突然犯人扱いされることになってしまったのです。 女性は勝手にフォローされていただけで加害者男性とも全く面識がなかったので、ある朝突然ガラケー女として誹謗中傷を浴びることになって大変困惑したようです。 「ガラケー女」として実名、顔写真が拡散された 女性はガラケー女としてTwitterで実名と顔写真を晒されました。 この時、ガラケー女についてはまだ警察やマスコミからの正確な報道はなかったため、世間の注目を一気に集めてしまい、瞬く間に拡散。 リツイート機能で雪だるま形式に間違った情報が流れてしまったのです。 女性は知人からこの事実を知らされ、自身のインスタでも事実無根であることを訴えましたが、犯人と決めつけられて一方的に誹謗中傷を浴びることに。 また実名や会社まで特定されてしまったことでネット上だけでなく、会社へのクレームも入るようになり計り知れないほどの精神的苦痛を味わうこととなりました。 結局、本物のガラケー女は警察によって抑えられ、実名と顔も公表されたのですが、一度出回ってしまった誤情報は訂正するのもなかなか大変です。 一旦ネットに晒された情報を完全に消し去ること、訂正することはかなり困難でしょう。 ガラケー女と間違われたしまった女性が会見を開いたのは精神的苦痛を受けたことの責任追及はもちろんですが、拡散されてしまった情報について改めて誤解を解きたいという思いもあるのではないでしょうか。 【スポンサードリンク】 あおり運転のガラケー女デマ情報はなぜ拡散された? 今回のように、個人の名前や顔写真を晒されるようなネット上の人権侵害はここ10年ほどで3倍近く増えているそうです。 ガラケー女に間違えられた女性も間違った情報であるにもかかわらず、個人情報を晒され拡散され、誰ともわからぬ人々から執拗に誹謗中傷を浴びることとなってしまいました。 なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか。 そもそも見ず知らずの人の個人情報を拡散したり、自分と全くかかわりがないのに誹謗中傷をするのいったいどんな心理が働いているのでしょうか。 1.匿名性が責任感を薄れさせる ネット上ではお互いに実名や名前を明かさず、匿名で情報をやり取りすることができます。 そのため、 実生活よりも発言や行動の責任を感じにくいところがあるようです。 今回のように確実な情報でないにも関わらず、デマを発信してしまうのは自分自身の責任を感じにくいが故の安易な行動と言えるのではないでしょうか。 情報を流す際に、自分の実名や顔写真を公表するわけではありませんし、広いネットの中の話なので、ほんの些細な事と感じてしまうのかもしれないですね。 2.正義感という名のストレス解消 「ガラケー女が許せない!」「早く自首してほしい!」など、正義感から便乗してしまったという人もいるようです。 しかし、これは明らかに本心なのでしょうか。 もちろん本人は正義感をもってとった行動かもしれませんが、本当に何とかしたいなら警察に情報提供すればよいですよね?(そういう方もいらっしゃったかもしれませんが)なぜわざわざネット上で、本人に誹謗中傷を浴びせる必要があるのでしょうか。 口汚く罵る人たちの中には普段はほのぼのとした家庭の様子や、自分の子供たち、友達との楽しい時間を発信している方も多かったようです。 そういった方の一部のお話では、「自分もあおり運転にあったことがあって許せなかった」「自分も被害にあうかもしれないので早く捕まってほしかった」などの意見があるようです。 実社会であれば、面と向かって人に文句を言うのはかなり勇気がありますが、ネット上では匿名性もあり言いたいことが簡単に言えてしまう。 そういったことも重なって助長してしまうのかしれませんね。 3.最新の情報を提供できる優越感 みんながまだ知らないことを自分が発信できるというのは気持ちの良いものです。 今回はそんな気持ちの高まりから情報を拡散させてしまった方もいたようです。 まだ警察も知らない、マスコミも抑えていない情報を自分が発見した!と嬉しくなってしまったのかもしれませんね。 本来は情報の信ぴょう性をしっかりと確認しなければ危険なことであるにも関わらず、スピード重視で発信してしまったのでしょうか。。。 ネットは最新の情報が常に発信されていますから、のんびりしていたら先を越されてしまうという焦りの心理もあったのかもしれませんね。 今回Twitterで瞬く間に間違ったガラケー女の情報が拡散されてしまいましたが、「ネット上だったら匿名だし」「犯人絶対許せない」「早く皆に教えてあげなくちゃ」とわざわざ考えてリツイートした人ばかりではなかったはずです。 リツイートはボタン一つで簡単にできてしまいます。 何も考えず、流れてきた情報をざっと読んで「そうなんだ~。 みんなもやってるし拡散しとこう」と安易にリツイートしてしまった人がほとんどだったかもしれません。 ガラケー女の情報に関心があって拡散したようにも捉えられますが、本当に関心があれば情報の真意にも無関心ではいられないのではないでしょうか。 実際に「正しい情報なのか?」「そもそも公表されてないのに実名出しちゃダメでしょ」と拡散を止めた方もいたはずです。 実際ガラケー女の情報は誤情報で、間違えられた女性はかなりの精神的苦痛を受けることになってしまいました。 リツイート一つでその後どんな影響がでてしまうのか、そこまで考えることが必要ですね。 【スポンサードリンク】 まとめ ガラケー女と間違えられた女性は今後責任追及をしていく方針だそうです。 すでに女性に対して謝罪されている方もいらっしゃるようですが、ネットでの安易な行動には気を付けたいものですね。

次の

「ガラケー女」デマを流された女性と弁護士の戦い 「叩きたい」安易な拡散に警鐘

あおり 運転 ガラケー

今月10日に発生した事件では、宮崎文夫容疑者(43)が運転席の男性会社員を殴ったとして、傷害容疑で逮捕されている。 交際相手の喜本(きもと)奈津子容疑者(51)=犯人蔵匿・隠避容疑で逮捕=も車から降りて、宮崎容疑者が暴行する様子を携帯電話で撮影していた。 この時の映像がテレビなどで流され、話題となった。 宮崎容疑者は16日に指名手配されたが、喜本容疑者の氏名はこの段階で公表されていなかった。 女性の代理人弁護士によると、17日未明から、女性の実名やインスタグラムのアカウントを特定しながら「ガラケー女」「自首して」などという投稿がツイッターにあったほか、ネット掲示板にも投稿された。 女性はすぐにフェイスブックで「完全に事実と異なります」と否定したが、インスタグラムには大量の誹謗(ひぼう)中傷が寄せられ、女性が代表を務める会社にも同日だけで280件の電話があった。 18日には、会社のホームページに弁護士名で声明を出し、「虚偽の情報を広める者には法的措置を検討する」と警告。 同日、宮崎容疑者と喜本容疑者の逮捕が発表された。 弁護士は、最初にデマ情報を公表した人だけでなく、不適切な言葉で拡散した人や、インターネット上の「まとめサイト」の運営者らも責任が「極めて重い」と指摘。 今後は、発信者の情報開示をツイッター社などに求め、特定できれば損害賠償を求める訴訟に踏み切る方針を表明した。 名誉毀損(きそん)罪での刑事告訴も検討するという。 女性は「普段通りに寝て起きたら犯罪者扱いされて、名前と写真が流出していた。 まさか自分のことだという認識をなかなか持てなかった」と振り返った。 今もネット上にデマ情報が残ったままの状態で、「精神的にまだ平常に戻れていない」とも語った。 (新屋絵理).

次の