デュエル プレイス デッキ。 【デュエプレ】最強デッキランキング【デュエル・マスターズ プレイス】

【デュエプレ】初心者向け 序盤の効率の良い進め方【デュエル・マスターズ プレイス】

デュエル プレイス デッキ

2019年12月31日時点 火&水文明の速攻デッキです。 火文明の攻撃力と水文明のドロー力&除去力を兼ね備えています。 《クック・ポロン》や 《不死身男爵ボーグ》等の軽量クリーチャーで序盤からシールドを割っていきます。 マナが貯まったらヒューマノイドを 《機神装甲ヴァルボーグ》に進化!一気にシールドをブレイクして勝利しましょう。 《アクア・ハルカス》や 《ペコタン》で手札を補給しつつ、 《スパイラル・スライダー》で厄介なクリーチャーに対処しましょう。 《アクア・サーファー》等のSトリガーのおかげで、殴り合いに強くなっています。 《バースト・ショット》や 《デーモン・ハンド》等の除去シールドトリガーを連続して踏んでしまうと厳しい展開を強いられますが、それでも【ボルコン】等の各種コントロールデッキに対する勝率は高いです。 高い勝率を持つと共に、速攻デッキという性質上多くの試合がこなせるのでランクマッチを多く回すには適しています。 2019年12月25日時点デッキリスト 《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を切り札としたコントロールデッキ。 略して【ボルコン】と呼称されることが多いです。 《ゴースト・タッチ》、 《汽車男》等の手札除去と 《デス・スモーク》等のクリーチャー除去でゲームの支配権を握ります。 【赤青ヴァルボーグ】等の速攻デッキに対しては 《光輪の精霊 ピカリエ》を出しましょう。 このカードはパワーの高いブロッカーであり、1ドローができる非常に優秀なクリーチャーです。 後半は《聖霊王 アルカディアス》の進化元にすることも出来ます。 ゲームのペースを握ったら、切り札の 《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を召喚しましょう。 このカードは攻撃したシールドを焼却できるため、Sトリガーを無視して安全に詰めることができます。 また 《アクア・サーファー》や 《デーモン・ハンド》等の強力な除去Sトリガーを多く採用しているため、ビートダウンデッキに対しての耐性もあります。 コントロールデッキ特有の高度なプレイングが要求されますが、デッキとしての安定感が非常に高く、強力なデッキであり使用率も高いです。 2019年12月31日時点デッキリスト 光・火・水文明のラッカカラーで構成されたビートダウンデッキ。 環境に【赤青ヴァルボーグ】等の速攻デッキが増え、これらに有利に立ち回れるよう構築されたデッキです。 光文明の 《予言者コロン》や 《ホーリー・スパーク》等のタップSトリガーが多く搭載されているため、カウンター性能が非常に上がっています。 ブロッカーが展開されていてもこれらを駆使して突破することができます。 対コントロールデッキに対しては、 《ペコタン》+ 《ミラージュ・マーメイド》のコンボを通すことが出来れば有利に立ち回れます。 環境的な立ち位置は、ビートダウンデッキが多く殴り合いになる展開が多いため非常に良いです。 2019年12月31日時点デッキリスト 火+水+自然のシータカラーで構成されたミッドレンジ(中速)デッキです。 序盤は 《フェアリー・ライフ》や 《青銅の鎧》等の各種マナブーストや、 《エナジー・ライト》等のドローソースを使用しましょう。 《ペコタン》+ 《ミラージュ・マーメイド》のコンボは一気に大量にドローできるため、【ボルコン】等のコントロールデッキに対して非常に有効です。 終盤は 《大勇者「ふたつ牙」》や 《ツインキャノン・ワイバーン》等の大型獣を連続展開して押し切ります。 ビートダウンデッキ、コントロールデッキの両方に対して勝ち筋があり、どんなデッキに対してもある程度戦えます。 デッキ自体が持っている戦略も太いです。 そのデッキパワーを活かして使用数を伸ばしてきているデッキタイプです。 2019年12月31日時点デッキリスト 光・自然・水文明の「トリーヴァカラー」で構成された中~低速デッキです。 序盤は 《フェアリー・ライフ》、 《青銅の鎧》等のカードでマナブーストをし、《光輪の精霊ピカリエ》等のキャントリップ持ちクリーチャーでドロー+展開をします。 中盤は 《ペコタン》+ 《ミラージュ・マーメイド》の大量ドローコンボや 《大勇者「ふたつ牙」》でマナブーストをしてリソースを一気に伸ばします。 終盤は各種エンジェル・コマンドを 《聖霊王アルカディアス》に進化させ、相手の反撃を封じつつ安全にフィニッシュします。 Sトリガーが豊富に採用されているため、ビートダウンデッキに対してある程度耐性があります。 構築次第で速攻デッキにもコントロールデッキにも戦えます。 特にコントロールデッキに対しては 《聖霊王アルカディアス》がクリティカルに刺さるため有利に戦えます。 2019年12月25日時点デッキリスト 《勇神兵エグゾリウス》 を除去の基軸としたコントロールデッキです。 序盤は 《ゴースト・タッチ》や 《汽車男》等のハンデスで妨害しつつ、相手のクリーチャーを 《幻竜砲》や 《デス・スモーク》で除去します。 隙を見て 《勇神兵エグゾリウス》を召喚しましょう。 このカードはアンタップしているクリーチャーを攻撃できるため、除去されない限りクリーチャーを除去し続けることができます。 コントロールしきった後は、 《光輪の精霊 ピカリエ》を 《聖霊王アルカディアス》に進化させ、安全にフィニッシュしましょう。 《アクア・サーファー》や 《デーモン・ハンド》等の強力Sトリガーを積めるので、防御面も固いです。 《ホーリー・メール》で仕込むことも出来ます。 相手に対処し続けて息切れしたところを刈り取っていく、王道のコントロール戦術が魅力のデッキです。 【ボルコン】と戦略が類似しているため、環境によって使い分けることが望ましいです。 2019年12月25日時点デッキリスト 光文明を主体としたブロッカーデッキです。 序盤は 《蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ》等の軽量ブロッカーを展開します。 守りをしっかり固めたら《雷鳴の守護者 ミスト・リエス》を召喚して後続を確保しましょう。 バトルゾーンを並べきったら、エンジェル・コマンドを 《聖霊王アルカディアス》へと進化させ、安全にフィニッシュしましょう。 《ダイヤモンド・カッター》でブロッカーたちを総攻撃させるのも有効です。 速攻デッキには強いですが、 《クリスタル・パラディン》や 《クリムゾン・ワイバーン》等のブロッカー対策には滅法弱いです。 リソース源である《雷鳴の守護者 ミストリエス》を処理されてしまうと後続が続かなくなってしまう難点もあります。 環境的な立ち位置は 《クリスタル・ランサー》や 《クリスタル・パラディン》を扱う【水単リキッドピープル】が存在するため、あまりよくないです。 序盤は《フェアリーライフ》や 《青銅の鎧》でマナを伸ばしましょう。 中盤は 《エナジー・ライト》等のドローソース呪文を使い、進化元のデーモン・コマンドと 《悪魔神バロム》を手札に引き込みましょう。 終盤は闇文明以外のデッキに対して圧倒的驚異となる 《悪魔神バロム》の能力を活かしてゲームを有利に進めましょう。 環境的な立ち位置は、ビートダウンデッキが多いため 《悪魔神バロム》が登場するころにはゲームが終了していることも多く、あまりよくないです。

次の

【デュエマプレイス】最強デッキランキング【デュエルマスターズプレイス】

デュエル プレイス デッキ

SNSが普及し簡単にデッキレシピが手に入るという事情があるかもしれまん。 一からデッキを作り出す楽しみに比べて、コピーデッキを使って勝つことはあまりに簡単なので、そうする人が多いでしょう。 しかし、一からデッキを作り出す楽しみが消えたかと言うと、そうではありません。 コピーデッキのみの環境で、全くメタられていない自分が一から考えたデッキで勝つ。 この快感は素晴らしいものです。 また、最初はコピーデッキを使っていても、勝てなくなり、何枚か組み換える。 勝てるようになる。 何回かやるうちにまた負ける。 組み換える。 これも、「デッキを組んで戦う楽しみ」と言えるでしょう。 結局何が言いたいかというと、カードゲームの本質は今も昔も変わらないということです。

次の

【デュエプレ】無課金でも構築できるおすすめデッキテーマ一覧【デュエル・マスターズ プレイス】

デュエル プレイス デッキ

デュエマアプリ(デュエマプレイス)の攻略情報サイトです。 発売から18年間、多くの人に遊ばれ続けている大人気トレーディングカードゲーム「デュエル・マスターズ」がアプリになって登場します。 いつでも・どこでもデュエル! 本作はデュエル・マスターズのルールが、ほぼそのまま搭載されたオンライン型対戦カードゲームです。 5枚のシールドを破壊し、対戦相手にダイレクトアタックを決めることで勝利することができます。 全てのクリーチャーにボイスがついているため、場に出した際に聞くことができます。 原作の要素が搭載 シールド・トリガーのような要素もしっかり原作から搭載しています。 カード カードはパックの購入の他、ストーリーを進めてミッションをクリアすることで入手できます。 余剰カードを分解することで得られるDMポイントを消費することで、カードを生成することが可能になっています。 オリジナルのアバターを作成できる プレイヤーのアバターは「髪型」や「肌色」など、自由にカスタマイズすることができます。 ソロモードも搭載 全国のプレイヤーと再選できるマルチモードの他、オリジナルストーリーが展開されるソロモードも用意されています。

次の