テスト 前日 に する こと。 【勉強法】テスト前日にやるべき勉強【中間テスト・期末テスト】

【明日はテスト!】定期テスト前日にやっておくべきこと|Cafeducation

テスト 前日 に する こと

結局中途半端にしか勉強できず、点数がボロボロ なんてことはよくあります。 冷静に考えてみればわかりますが、 前日にテスト範囲を全部やるのは絶対無理なんですよ! それが出来たら誰も苦労しないって話で。 前日は 全部やろうとしない。 6〜7割出来たら十分と考えて出やすい所だけ勉強すべきです。 テスト前日は捨てる勇気が大事です。 捨てる勇気を持てた人が点数を取れるのです。 テストで点数を取るためには、完璧主義の考え方はよくありません。 完璧に覚えるまでやる• 時間をかけてでも全部覚えきる と完璧にやろうと思って失敗する人をよく見てきました。 僕自身もこの考え方で何度もテストで失敗しました笑 テスト前日にこそ優先することと後回しする もしくはやらない ことを決めるべきです。 多くの人がまとめノートを作ったことで 「勉強した気」になり、満足してしまいます。 まとめノートを作るのはかなり危険な勉強法です。 やってることは、覚えなきゃいけないことを綺麗に時間をかけてノートに写してるだけです。 その時間があれば、 ノートに書いてあることを覚えた方が100倍マシです。 あなたもわかっていると思いますが、テスト前日は時間がありません。 いかに無駄なことをしないかがとても重要です。 まとめノートを作っている時何を考えていますか?• ココで青色を使えば、見栄えがよくなるかなぁ• カラフルな方が見やすいかな… こんなこと考えてしまってませんか? まとめノートを作るのは、覚えるためです。 決して綺麗なノートを作ることじゃありません。 まとめノートで高得点が取れた経験のある人以外は、まとめノートは絶対作らないでください それよりか暗記に時間を使ってください。 タップして読んで、点数を少しでも伸ばしてください。 これを覚えるまでやる• この教科大事だからもうちょっとだけ、もうちょっと… と 時間を決めずにダラダラ勉強してしまうのはかなり危険です。 次の日にテストがあるのは、1つの教科だけではないですよね? なのに、時間を決めずテスト勉強してしまうと失敗することが多いです。 特に覚えなきゃいけないことが多い教科についつい時間をかけてしまい、気づいたらもう時間がない…という経験はよくありますよね? テスト前日でも、「〜時までこれをやる」と決め、時間が来たら勉強する教科を変えてください。 こうやって 時間を決めて勉強することが大事です。 この教科は何時までに終わらせる• このページは、無理でもあと10分で覚えきる こうやって区切りをつけましょう。 〜できるまで、〜が終わるまで と時間で区切ってない人は、気をつけましょうね。 さっきも言ったように、完璧にやろうは危険な考え方です。 それよりも点数の取れる勉強法をしましょう。 「書いてもどうせ覚えられないから」 っていう人を見かけますが、書いたり声に出したりしてください。 書いて覚えられないのではなく、ただ書いたりするのが面倒くさいだけでしょう。 見て覚えるより、手を動かしたり、声を出す方が絶対に効率的です。 それがわかっているのにやらないなんてすごくもったいないです。 書いても覚えられないって人は、声に出して覚えればいいです。 見て覚えるなんて覚え方は絶対やめましょう。 頭になかなか入らないですから。 見て覚えるなんて明らかに非効率なやり方なので。 車や自転車があるのに、「いや走った方が早いんで」って言ってるようなものです。 復習は絶対やってください! 何よりも大事なのが復習です。 復習しないと何にも頭に残りません。 せっかく 時間をかけて覚えたことがすべてパーになります そうならないためにも復習は欠かさないでください。 暗記というのは 思い出すことで初めて定着します。 覚えた時点では、何も頭に残っていません。 白紙の紙を用意して今日覚えたことを書く これだけ! でもこれがめちゃくちゃ重要です。 ココには時間をかけても構いません。 必死に思い出そうとしたこと、思い出せたことが頭に残るのです。 予習や復習が良いといわれるのは最低でも2回できるからです。 予習した人は、授業が復習になりますから。 僕は何を質問されても、だいたい 繰り返しや復習の大事さを伝えます。 なぜなら、.

次の

【テスト前日】たった1日で点数を10点以上UPさせるための勉強法とは?

テスト 前日 に する こと

突然ですが、僕はテストで点を取ることが大好きな人間です。 点を取るための戦略を考え、自分を律し、自己管理を徹底しながら勉強していくのが好きでしょうがありません。 そんな進学塾メイツ代表の僕が、定期テスト前にやっていたことをまとめてみました。 メイツ生 塾生 にはなるべく同じようにやらせようとしています。 体調管理には気をつける コンディションが悪いと、十分なパフォーマンスを発揮出来ません。 体調管理はハイパフォーマンスのためには必須です。 風邪などは引かないように、気をつけましょう。 自分の得意不得意を把握する 苦手な科目に時間を割いても、コスパ コストパフォーマンス が悪いです。 不得意科目は成績が下がらない程度に勉強して、得意科目で高得点を目指したほうが、総合成績を上げることができます。 目標を設定する 目標がない状態で勉強するのと、目標がある状態で勉強するのは、結果が大きく違います。 より高く、かつ現実的な目標を設定しましょう。 高すぎると結果が悪くなることがあるので、注意が必要です。 また現実的ですが低すぎると、たいした結果に結びつきません。 ライバルを用意する どんな少年漫画にもライバルは存在します。 ライバルが居ることで頑張ることができるのです。 推奨ライバル:やってねぇ君 リンク【「】 5. テスト勉強開始前に今までの授業範囲をノートをまとめる テスト勉強を開始しようとした時に、ノートをちゃんと書いていなかったり、汚かったりすると、やる気が失われ、勉強効率も落ちます。 事前にノートをきちんとまとめておきましょう。 友達のノートをコピーするのはあまりオススメ出来ません。 まとめるのも勉強になります。 コピーは大学生になったらしましょう。 提出物を期限前 理想はテスト勉強開始前まで に終える 「提出物をやったぐらいで、テスト勉強をした気になるな!」 声を大にして言いたいですね。 提出物はテスト勉強ではありません。 テスト勉強の準備程度です。 提出物をやることに、貴重なテスト前に時間を割くことは無駄だらけです。 無駄無駄ァ! 7. テスト範囲を把握する テストに出ない範囲を勉強するのは、かなりの時間・労力のロスです。 しっかりテスト範囲は把握しましょう。 テストの傾向を分析する 各学校の各先生によって、大きく傾向が変わります。 綿密なテスト傾向分析が、良い結果を生むのです。 過去問を大切に取っておくことを習慣にしましょう。 いままでのテストを研究するべし! 9. やらなければいけないことを把握する 上記の「範囲」「傾向」を把握すれば、自ずとやらなくてはいけないことが見えてきます。 見えて来なければ、傾向分析が足りません。 テスト2 3 週間前までの予定を決めておく 推奨は3週間前です。 「『やらなければいけないこと』をいつやるのか?予定表に書いてあるでしょう!?」という状態にしましょう。 現実可能な予定を立てるのが大切です。 1週間前までに理解科目 数学など をひと通り終える 予定の立て方のヒントになりますね。 理解科目の問題集などは最低でも3周は終えたいので、1週間前までには2周を終えるようにしましょう。 2周目、3周目は間違えた問題だけでいいです。 質問なども、塾の先生や学校の先生に聞いておきましょう。 疑問点は残さないように。 1週間前までに暗記科目 社会など の暗記準備 ノートまとめなど を終える 予定の立て方のヒントになりますね。 「何を暗記したらいいかわからない」などとテスト前に慌てふためくのは愚の骨頂です。 暗記をしても忘れてしまうので、この時期は暗記の準備をしていましょう。 もちろん、余裕があれば暗記しても構いません。 テスト1週間前を切ったら、理解科目の弱点箇所だけを勉強する 問題集で2周目でも間違えた問題などが該当します。 解ける問題をこの時期に解くのは、圧倒的な無駄です。 無駄無駄無駄無駄ァァ!! 14. テスト1週間前を切ったら、暗記科目を必死に覚える この時期に暗記をせずに、いつ暗記をするんだ!? 暗記に音読は必須です。 出来る生徒はブツブツ言いながら勉強しています。 人間の脳を舐めないでください。 定期テストで覚えなきゃいけない量くらいなら、楽勝で脳みそに入ります。 睡眠不足には気をつける 【 】によると さらに、睡眠は記憶を忘れ難くするだけでなく、記憶を向上させる効果もあるのです。 例えば、あなたが今20個の英単語を覚えたとします。 そして、しばらく時間をおいてから英単語を覚えているか確認すると、そのうちの4個(20%)しか覚えていなかったとします。 一方で、単語を覚えてからすぐに仮眠をとったとします。 そして、同じように英単語を覚えているか確認すると、今度は8個(40%)の単語を覚えていた、といった具合です。 暗記力向上には、しっかり睡眠をとる必要があるのです。 睡眠不足徹夜をするくらいなら、もっと前もって勉強しましょう。 そのための予定表づくりです。 6時には起き、7時に朝食を取るようにする 【 】によると 脳をフル活動させるなら食事をした2時間後。 そして、起床してから3~4時間たったころがベストだ。 したがって、朝食を食べて出勤した午前中の時間がもっともパワーアップしている。 また、昼食の後の午後3:00前後も狙い目だが、脳の働きからみると午前中のほうが、もっとも活発に働くといわれている。 アイデアを考えたりする作業は午前中を利用しよう。 企画書の作成や重要な会議やミーティングなどは午前中に済ませるようにすると、よいアイデアが生まれやすい。 ビジネスマン向けですが、中高生にも当てはまります。 早寝早起き、朝食をしっかり取りましょう。 テストが終わっても、ガッツリとお昼寝はしないようにする 【 】によると カリフォルニア大学の心理学者サラ・メドニック助教授は、『Take a nap! Change your life 昼寝であなたの人生がかわる 』という著作を出版しています。 メドニック助教授は、お昼寝にはこんなにもすばらしい効果があるといいます。 ガッツリとお昼寝をすると、昼の勉強時間が減り、おまけに夜に寝れなくなります。 僕は心配だったのでお昼寝はしないようにしてました。 あまりお昼を食べないようにもしてましたね。 終わったテストは気にせず、次に向けて準備をする 気にしてもしょうがありません。 予定表通り、黙々と勉強しておきましょう。 友達にどうだったか聞かれた場合は、「悪くはなかったかな」程度にしておきましょう。 一番かっこいいです。 くぅ~、疲れました! ライフハック的に書いてみたんですが、なかなか難しいですね。 異論はあると思いますので、一例としてお考えください。

次の

【明日はテスト!】定期テスト前日にやっておくべきこと|Cafeducation

テスト 前日 に する こと

こんにちは、ワンキャリ編集部です。 就職活動の中でも面接の日程は直前に決まることも多く、準備をする時間も用意しづらいかと思います。 そこで今回は前日から間に合う効率的な面接対策を5点に絞ってお伝えいたします。 <目次> ・・・・・・ 面接前に焦って企業パンフレットや採用Webサイトをとりあえず読んでおく人は、多いのではないでしょうか。 面接の場面に即した準備をするために、まずは「当日質問されそうなことリスト」を作ってみましょう。 説明会でのメモや採用Webサイトは、リスト作成の資料と考えます。 作るリストは、以下の5分類です。 (1)どの企業でも確認されそうな質問 具体例:「なぜ弊社へ応募されたのですか?」 対応策:を参考に、先輩が質問された内容を見て考える。 (2)自分のESや応募資料の内容から想定できる疑問 具体例:「あなたの成績はやや低いようですが、これはどういった理由ですか?」 対応策:自分の応募資料から疑問に思いそうなことを想像してみる。 (3)企業の都合から出てくる質問 具体例:「弊社では海外勤務がありますが、問題ありませんか?」 対応策:その会社が学生から内定を蹴られるとしたらどういう理由がありそうかを考える。 その上で、可能な限り準備を行う。 なお、フェルミ推定・ケース面接の対策は以下の書籍で事前に対策しておくことをオススメいたします。 ・ ・ ・ (5)逆質問 具体例:「何か質問はありますか?」 対応策:ウケの良さそうな質問を調べておく。 詳細の対策方法は、逆質問の記事を参照。 この5パターンでそれぞれ質問されそうなことを3~5問用意します。 特に、(1)どの企業でも共通の質問や、(2)自分の応募資料から想定できる質問は、数社受ければ使い回せるレベルまで到達し、準備はほぼ不要となるでしょう。 質問ができたら、いよいよ回答の準備を進めていきましょう。 面接で最もありがちな失敗は「質問に答えられない」ことです。 私が新卒採用の面接を担当したときには、以下のようなやりとりが多くありました。 私:あなたの長所と短所を教えてください。 学生:僕は大学時代にラグビー部で副主将を務め、全国大会に出場する試合では最多得点を稼ぎました! 特に課題となったのが体の故障で……(以下自己アピールが3分続く) 私:(きっと緊張して質問の意図がくみ取れていないのだろうけれど、面接ごときで緊張されちゃ先が思いやられるな……。 ) このように、 不必要に緊張し過ぎてしまったり、前のめりになりすぎたりして、質問に答えられないとマイナスとなります。 質問への答えを最初に述べ、回答は簡潔にしましょう。 質問に対し簡潔な回答ができたら、そう思うに至った背景を述べましょう。 たとえば「あなたの長所は何ですか?」というどの企業でもされる質問に対して、「みんなが投げ出しそうな状況でも最後まで取り組めます」とシンプルに答えたとします。 これだけでは主張の根拠がはっきりしません。 しかし、シンプルな回答に続けて「私が大学2年のとき、悪天候で所属するサークルの大会開催地へたどり着けないトラブルがありました。 そこで出場を諦めた選手もいましたが、私は最後まで粘り強く交渉し……」と、回答を補強するエピソードを伝えたらどうでしょうか。 シンプルな回答+回答を強化するエピソードのセットを用意することで、あなたの発言内容に信頼性を付与できます。 採用担当者は、ときに圧迫面接と呼ばれるひねくれた質問で学生の実力を測ることがあります。 「キラキラしたイメージと裏腹に地味な業務も多いけど、本当にできるの?」といった質問です。 圧迫面接はその企業がかつて内定した学生に内定辞退や早期退職をされた苦い経験から「すぐに辞めそうな学生には辞退してもらいたい」という動機で生まれています。 対策として、「私は大丈夫です」と採用担当者へ安心感を与える回答を用意しておきましょう。 睡眠時間は翌日のパフォーマンスへ大きく影響を及ぼす大事な要素です。 寝る前の食事やカフェイン摂取は控え、またイメージトレーニングのし過ぎなども注意が必要です。 余裕を持って、睡眠に入りやすい状況を作りましょう。 どうしても眠れないときは、30分程度のジョギングやストレッチ、必要であれば睡眠薬の使用も検討しましょう。 (ただし、睡眠薬は効きすぎると寝坊のもと。 数日前に1度試してからにしてください) もう1点、注意したいのが飲酒。 深酒は睡眠の質を下げてしまいます。 それだけでなく、つい飲みすぎて終電を逃し、友人宅から面接会場へ走るなんて事態となれば乗り換えミスなど思わぬトラブルも発生しかねません。 それが原因で身だしなみの注意を受けることなどがあれば、面接官への印象は最悪。 目も当てられません。 万が一面接の前日と飲み会が重なってしまったら断る勇気を持ちましょう。 ここまで、翌日の面接までにできる対策を5つご紹介してまいりました。 ここまでご覧いただけた方であれば、もうどうするか具体的な解決策が見えているはず。

次の